梅雨の晴れ間の富士山登山(須走口~頂上~宝永火口~富士宮口)3. 完結

例によって例の如く間延びしてますが、完結させます!

なんてエクスキューズもマンネリでありますが、
まぁ、いいぢゃないか、いいぢゃないか。
そんなもんです。

で、5時間も切れずに登頂したワタクシ。

須走口も公式にオープンした後だからってんで、
頂上の山小屋が開いていることを期待してたんですが、
まだ開いてなかったのでかなりがっかりしちまいますた。

コーラー飲みたかったんですよ。コカコーラ。
頂上では500円もするけど好きなんだよ。

で、妻とこの後どうするかと協議。

ほんまは剣ヶ峰まで行くつもりやったんですが、なんか、2人とも疲れてしまい。
んじゃぁ、白山岳行っとくと聞いたら却下されたんで、んじゃぁ、まぁ、下山。

下りは御殿場口から宝永火口を抜けて富士宮口の予定。

で・・・

御殿場口頂上へお鉢をとぼとぼ移動開始~

にしても!
201407_fujisan_20.jpg

富士山頂上は火口の景色が値打ちですよねぇ~

201407_fujisan_21.jpg

この雄大な火口が見れてこその頂上だと思うのです。

201407_fujisan_22.jpg

201407_fujisan_23.jpg

30分位で御殿場口頂上。

201407_fujisan_24.jpg

このとき(7月12日)は、まだ静岡県の公式では閉鎖中だったんだけど、
べつにどぉ~ってことなく通れるのは、各種ネット情報で判明していたので、
迷うこと無くGO~
にしても・・・

201407_fujisan_25.jpg

僕は下りがグダグダです。

201407_fujisan_26.jpg

頂上~赤岩八合館までは岩階段が多いんですよね。
何より岩の階段を下りるのが大嫌いです!

なんでかなぁ~と思いながら下りてたんですが、
どうもポールでいちいちバランスを取りながら下りるのが駄目なんじゃないか?

ポールを多用するのは膝をかばいたいが為なですが、ちょっと過保護なのかな?
下りるのが速い人をみてると、みなさんポールなんか滅多に突かずにスタスタ
下りて行くんだもんなぁ~

っても、やっぱ膝は気になる。膝を壊すと筋トレの殆どが出来なくなるもんね。
特にスクワットな。あれこそ筋トレをしているという実感と満足を与えてくれるのです。
まだまだ使用重量を上げて、もうちょっと先を見てみたいのです。

201407_fujisan_28.jpg

途中、太ももの裏がつりながらも、なんとか赤岩八合館に到着したのは1452。
なんと頂上出たのは1340だから1時間以上かかってるし。

そうだ。赤岩八合館の手前で

201407_fujisan_27.jpg

こんなド!!!派手なカメムシ見つけました。

「ヒメハサミツノカメムシ」と言うそうです。へぇ~

で、赤岩八合館で砂走りに備えて早々にスパッツを装着し、立ち上がったら
いきなり太ももの裏がピキーーーン!!!ぎゃぁぁーーーっ!!
なんか脚がつりまくりで、低酸素なんだよ、まいったなぁー。

結局、赤岩八合館を出たのは1525で、30分も休憩していたことになる。

201407_fujisan_29.jpg

富士宮口5合目発1705の三島駅行きに乗るつもりだったので、ってことは
あと100分しかないやーん!間に合うんかーい!過去の実績ではカツカツやね。

そこから下は岩階段ではないから楽ちんだー

砂走館

201407_fujisan_30.jpg

わらじ館 

201407_fujisan_31.jpg

どんどん通過

砂走りに入ります。

201407_fujisan_32.jpg

梅雨の晴れ間だったから

201407_fujisan_33.jpg

砂煙が舞い上がらず快適~

ところで、大砂走りって「豪快に走って下れる」とか、「1歩で3m」などと
案内にあったりしますが、あれって嘘でもありほんとでもあり。
結局、それは人によりけりで、普段から運動しないジョギングしない、
ウォーキングすらしないようなメタボ中高年には絶対無理ですよ。

毎年、気の毒なほどにぐでぐでになってとぼとぼ下っている人を
フツーに何人も見ますもんね。

そうなるのが嫌なら、普段からトレーニングすることです。
楽しめるのは前提となる体力があってこそですから。

やがて・・・

201407_fujisan_34.jpg

宝永山との分岐に到着。時刻は1608。やべっ!1時間ないやん!

宝永火口を一気に下るのです!

201407_fujisan_35.jpg

ここも砂走りみたいなもんで、下りるんは非常~に楽ですが、
登るのは涙目~ですぜ!

201407_fujisan_36.jpg

プリンスルートって最近よく使われている用ですが、
富士宮5合目から宝永火口底までは鼻歌的楽ちんさでしょうけれども、
宝永火口内を登る時に心がズタボロにされるかもですよぉ~
フツーに御殿場口登ってる方が、時間はかかるが楽かもですね。
火口内ほどには足元が崩れないですもんね。

宝永火口底1635!!!あと30分やぁ~

201407_fujisan_37.jpg

火口縁まで絶望的な遠さに見えるのは視覚マジックで、

201407_fujisan_38.jpg

実は10分かからんのだが、ここから後は必死必死~

途中、宝永山荘横の自販機でコーラ買って、
あーーーー宝永山荘とこからバス停までがまた遠いんだ、
前行く人に後ろから声かけて抜かさせてもらって、
ずっと走って・・・

201407_fujisan_39.jpg

バス停到着が1702で、あーなんとか間に合ったのです。
後は三島駅まで乗ってるだけで直行だから楽々~

途中~裾野市須山でこんな看板発見!!!

201407_fujisan_40.jpg

須山口ってみんな知ってましたか?
水ヶ塚のとこにも須山口って看板ありますが、知らん人の方が多いでしょう。

バスは2時間ほどで三島駅北口に到着~

後は歩いて帰るだけだが、帰ってから晩飯作るのはありえねー感じやったし、
前から気にはなっていた『しおや』っていう牛タン焼の店で晩飯食いました。

201407_fujisan_41.jpg

焼いた牛タンにとろろ汁に麦飯って、仙台風とでもいうのか?
少なそうにみえるが、他にビール飲んでお通し食ったら、結構満腹になった。
味も悪くない。牛タンも厚めで柔らかかったし。

で、歩いて帰宅~

はい、お約束の富士山土産。

201407_fujisan_42.jpg

へこんだペットボトルでございます。

下は赤岩八合館で飲んで栓をしたもので、上はバスの中、水ヶ塚辺りで飲んで
栓をしたものです。当然、赤岩八合館で栓をした方がベコベコですな。


つーわけで、今年1回目の富士山登山は結構グダグダでしたが、まぁ、こんなもんだ。

まだ須走口4時間半は諦めてないし、御殿場口夜間も予定してます。

ま、あと2,3回は行きたいなと思ってます。

あー御殿場口、朝から日帰りもやりてぇー

以上!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 登山・ハイキング
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク