御中元

世の中年諸氏は御中元の一つや二つは貰っているのであろうが、
生憎と主夫に御中元をくれる奇特な御仁がいる筈もない。
ただ、当地に越して来てからも、或る一軒の割烹料理屋だけは
毎年御中元と御歳暮を送ってくれる。

ochuugen_01.jpg

誠に嬉しい関西との縁である。

ochuugen_02.jpg

それは決まって削り節である。

ochuugen_03.jpg

初めて貰った時には、その白さに驚いた。

ochuugen_04.jpg

鮪節かとも思ったが、尋ねてみれば鰹だという。
上等の血合い抜きの真っ芯だけを自店用に囲って、
それを掻かしているのだという。
僕は鰹節の目利きはできないのだが、屹度いいものに違いない。
我が家では鰹節は原則として削り箱でその都度掻いて使うのだが、
これには敵わない。

結構な量があるので、

ochuugen_05.jpg

食べきる前に劣化せぬようにジップに入れて、
空気を抜いてぺっちゃんこにしてフリーザーへ。
これがベストの保存法のようだ。


ochuugen_00.jpg

さて、どうするか?どないして食うか??

以前、持たせて貰った尾札部も使って、
これで出汁を取れば、美味い吸い地が出来る。
今の時期なら牡丹鱧にとどめを刺す。
が、相応しい鱧がないから作れへんわ。
自分の技量の限界に挑戦する出汁巻きとか。
それよか、伏見の青とうの焼いたんに醤油かけて、
これを山盛りにのせて食べたい。
実はお好み焼きにのせても、勿体ないが美味い。
白飯にのせて醤油をかけたら高級ネコマンマ。

などと悩ましてくれる、誠に嬉しい到来物である。

偶にしか行けへんのに、おおきに、大将。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 和食
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

拝見させていただきました。

「割烹 政」様
「トリッパの焼いたん」。 ソウルフードに打ちのめされました。

御中元のお品は、真っ白では、ありませんか!
おかか と呼ぶには、ちょっと引けます。

>保存法 劣化せぬようにジップに入れてフリーザーへ。
勉強させていただきました。

>高級ネコマンマ。
コレには、爆笑です。

今日もご馳走様です。

ごっとハンド様
私もまっしろな削り節には驚きました。その薄さにも。薄いから尚更白い。
いろんな食材があるものですな。
保存法ですが、ジップ内の空気を抜いてぺっちゃんこにすることを付け加えました。

プロフィール

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク