すぐき

なんか、もう、
既に更新が月1回ペースに突入してしまいそうな感じではありますが、
へぇ、まぁ、それはさておき

201402_suguki_01.jpg

「すぐき」でおます。

酢茎菜の酸っぱい漬けもんですが、今や知名度は全国区でしょうかねぇ?
僕はちっちゃい頃からこいつが好きで、帰省の度に買ってくるんですが、
持ち帰ったすぐはピチピチの包装なんですが、すぐ食うのが勿体ないので
大事に冷蔵庫に締まっておくんですよ。すると、そうしている間にも
乳酸菌発酵が進み、気がつけば包装が発酵ガスのせいで膨らんでパンパン
になります。そして、妻に「スグキはよ食べな膨らんでるやん!」と言われて、
ようやく食べるのでした。

201402_suguki_02.jpg

で、これって

201402_suguki_03.jpg

好みで適当に刻んでですなーーー、
あーーっと、葉っぱのとこは細かい方がええです。

んで、こいつを食うのに忘れちゃなんねぇのが!!!

201402_suguki_04.jpg

じゃぁぁぁーーーん!!!!
味の素でおますぅぅぅぅ~っ!!!

うん!!

かつての自分への当てつけも大いに込めて、叫ばせてもらうわ。


スグキに味の素かけたくらいで大騒ぎするんじゃねぇっ!!!
うっとぉぉぉぉぉぉ~しいわ!!!

なんつーのかなぁ?

化学調味料、今は旨味調味料と呼ぶべきなんだろうけど、
これってグルメ系っていうかそっち系では結構微妙な話題だったり
しちゃってますような気がするのですよねぇ。

僕が無化調教信者でないことは何度も触れてますが、実は20歳代後半から
40歳代前半までは、意識的に無化調生活してたんですよねぇ。
単体はもちろん、加工食品も「アミノ酸等」と書かれていないものを
探したりして。このブログの記事にしても、はじめたばかりの頃は、
そういう感じの記載があったような気がしますが、40歳代も半ばを過ぎ、
齢アラフィフを意識する頃から、なんかどぉぉぉぉ~でもよぉなったと
いうか、なんつーか、食い物に関してはおおらかでありたいと思って
おります。なんか食品添加物に関しては、非科学的なオカルトじみた
ほとんどいちゃもんレベルの言説もありますしねーーー
あーーーもぉーーうんざり~!

で、まぁ、話をスグキに戻しますが、無化調教生活の中ではスグキも
味の素はかけずに食ってた訳ですが、正直、なんか物足りんかった気も
してたのかも知れませんな。
で、2,3年前のあるとき、ふと思ったのですよ。そういや年寄りはみんな
味の素かけて食ってたよなぁ。あれってうまかったのかなぁ?って。

でも、手元にはもう十年以上旨味調味料なんてものはないので、
蛮勇を奮って味の素を買ってきて、スグキにかけて食ってみたら、

   うまぁーーーーーーーーーっ!!!!!!!!

なんつーの、うますぎ!
正にであいもんというか、マリアージュというか、相性よすぎですわ。

そういや湯木貞一も酢のもんには味の素を使うのを否定していなかったよな。
酸っぱいのと合うんやよ、きっと。

で、ここで旨味調味料を否定して、調味料を使わずになんとか
グルタミン酸の旨味をスグキに纏わせたいとなると、例えば昆布で
挟んじゃったりとかする?でも、それって昆布くさぁなりませんか?

せやし、やせ我慢せんと、味の素なりハイミーなりかけたらええやん!

でもね!

だからちゅぅ~ても、予めメーカー段階で添加するのはやめてね。
旨味調味料も調味料なんだからさ、お加減には好みっちゅーもんがある。
えてして、使いすぎなんですよね、既製品ってのは。
特に漬け物は旨味が強すぎて不味いレベルになってるものもあるよね。

って、まぁ、味の素単体ぶっかけるのはスグキが少数の例外で、
味噌汁には煮干しやイワシ節、混合雑節で出汁とりますしーー、
煮物は昆布と鰹節や混合雑節ですしーー

出汁をとるなんて簡単です。

難しいことにしたがってる蘊蓄親父もいるかもしれんけどな!
プロでも出汁を引くのは難しいので、ご家庭では大変!!!
だからうちの出汁の素を買いなさい!!!とかいう商売とか。

はぁ???何言ってるの?

プロの世界で出汁を引くのが難しいというのは、それは色々変化する
諸条件の元で常に一定の味と品質の出汁をひくというのが難しいという
意味なんじゃねぇの?
家庭料理でちょっと汁物とか煮物に使うのに使う出汁を引くくらい、
そんなもん、なんのこともないです。

つーか、その程度のことは、何の手間でもありません。
昆布と鰹節等で出汁をとる程度のことが手間なんて、意味不明です。

でね、普段から昆布で出汁ひいてなければ、昆布出汁の旨味密度が
どんなもんか知らんやろうから、旨味調味料を使いすぎるということも
あるでしょう。
インスタントのスープの素だって、あれって、鶏ガラやくず肉と野菜で
スープをとった経験が無いと、メーカー指定の分量がいかに多すぎるか
判らんのではないかな。第一、あんな派手な味にはならんでしょう。
裏で支えてりゃいいものを、具材を押しのけて表に出てきやがるしね。

だからといって、無化調は美味を保証してくれるもんじゃないが。

あーそういや、一時期、高級中華では無化調注文してたこともあるけど、
あれもあほらしなってだいぶ前から止めた。

だって、ちゃんとした料理人なら適切に使えるでしょう、旨味調味料だって。
あんなもん、ただの調味料のひとつに過ぎんのだから。塩加減とかと同じ。
で、馬鹿な使い方の味加減してたら再訪しないだけのことですから。

そうそう。
豚骨ラーメンとか、過剰な旨味に舌を浸すのが却って快感なこともあるよね。

偶にそういうのが食いたくなるし、偶にそういうの食ったからといって、
舌がどうなるもんでもなし。

っていうか、別に俺は自分の舌が馬鹿舌でもあほ舌でも貧乏舌でも、
そんなことどうでもええです。あほらしいです、そういうの。

もうね、とにかく、食いものに関してはおおらかでありたいですーー

って感じで、最近、食生活してます。


で、味の素をパラリとしたスグキですが~

201402_suguki_05.jpg

あとはお醤油かけて~

201402_suguki_06.jpg

ご飯にのっけて食うです。うまいです!

201402_suguki_07.jpg

お茶漬けにしても美味いんですわ、これ。
お茶は番茶がええですね。
番茶って、京都風の焙煎のキツイ、あれですが。
番茶っても、地域によってそれが指し示すお茶が異なったりするのが
ややこしぃですな。

因みに妻はスグキを食べませんのですわ。
奈良では食わへんのかなぁ?
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 美味しいもの
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

すぐきはすてき

時々それまでの未読を全部拝見しています。
すぐきは大好物ですのでコメントお許しください。
昔JAの人にすぐきのおいしいのんを訪ねたら、上賀茂神社境内の
六郎兵衛を紹介され、買って食べたらおいしかったので、時々食べています。
葉は醤油もいらないくらいですが、味の素かけたらおいしいかな。
紹介されている村上重のんも一回買ってみようと思いました。

すぐき

>たけやんさん
はじめまして、コメありがとうございます~

上賀茂といえば本来の本場ですよねー
六郎兵衛って、有名ですよね、食ったことないのですが。

村上重は帰省の時に買いやすいのでなんとなく買ってるだけなんで、
次の機会にはそっちを試してみたいです。

それにしても、すぐきに味の素、破壊力満点ですわー
抜けられまへん

またコメントください、お気楽に
プロフィール

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク