かぶら蒸し

年末に京都で遅い昼飯に妻と入った京都高島屋の『たん熊本家』で、
天丼だけでは寂しいので一緒に注文したかぶら蒸しが結構美味くて、
あーーーーもっと食いてぇーーーーっ!!!気分が盛り上がったので、

201401_kaburamushi_anago_01.jpg

聖護院かぶを買って帰ったのでした。
で、一緒に買って帰ったのが明石の焼穴子です~。
教科書的にはかぶら蒸しには一塩のの赤甘鯛だったりするんですが、
焼穴子のんも美味いです。

それと焼ぎんなん。

カブラ蒸しに入れる具材は加熱済みであるか、あまり火を入れないでも
食えるものであることが重要でしょう。茶碗蒸しと同じですね。
ぎんなんなんか生で入れたら半端な加熱で食えません。

というか、ぎんなんに十分に火が入るようでは蒸し過ぎでしょう。

で、作り方は簡単なんですよ。

穴子は炙りなおした方がいいでしょう。

201401_kaburamushi_anago_02.jpg

かぶらの皮を剥いたらすり下ろして・・・

201401_kaburamushi_anago_03.jpg

あーーっと、皮は分厚く、皮のすぐ下にある網目状の筋々を取り去る様に
分厚く剥くのが肝要ですな。でないと舌触りが悪くなります。

分厚く剥いた皮は、繊維に垂直に刻んで、塩をふって手でもんで、
即席の漬け物にでもして食えばいいです。
即席ではなく、昆布と一緒に簡単漬け物器にかけてもいいでしょう。
勿体ないから。

で、おろしたかぶらはザル等に入れて水分を絞ったら

201401_kaburamushi_anago_04.jpg

泡立てた卵白を混ぜ込んで

201401_kaburamushi_anago_05.jpg

器の中に具材と一緒にこんもりと盛り上げて蒸すです。


蒸し上がりと同じタイミングを見計らって、だし汁を沸かして
塩と醤油で調味して、水溶きの本くず粉でとろみをつけたら、

201401_kaburamushi_anago_06.jpg

これは是非とも本葛粉を使いましょう。
片栗粉ではいけません。

蒸し上がったところに流し入れて・・

本山葵を、

201401_kaburamushi_anago_07.jpg

これ、絶対に本山葵でないと駄目です、

201401_kaburamushi_anago_00.jpg

トッピングして完成です。


ちょっと、絞るのが足りんかったか、蒸し加減を誤ったか、
卵白の固まった泡が浮いてきてしまい、不細工な出来になって
しまったのが悔しいです。


で、1回作っても、まだかぶらが半分残っていたので・・・

201401_kaburamushi_tachiuo_02.jpg

2回目は太刀魚を使ってみました。

太刀魚は火を入れると身質がふんわりと柔らかくなって、
かぶら蒸しに合うと思ったのですね。

でも・・・

201401_kaburamushi_tachiuo_03.jpg

皮は剥いた方がいいでしょう、この場合は。
これをそぎ切りにして、塩を少々あてておきます。

201401_kaburamushi_tachiuo_04.jpg

皮は炙って適当に刻んでポン酢醤油で食いました。最強です。

それと・・・

201401_kaburamushi_tachiuo_05.jpg

ぎんなんとゆり根は予め蒸しておきます。

あとは、同様なので省略

201401_kaburamushi_tachiuo_00_01.jpg

うん。

201401_kaburamushi_tachiuo_00_02.jpg

予想通りの出来です。
身はふんわり柔らかく、カブラとの相性もいいようです。

カブラ蒸しは、もっと気楽に家庭でも作られるべき料理でしょう。


因みに、この太刀魚は店で頭を落としてはらわたを出して
4つに切ってもらったものですが

201401_kaburamushi_tachiuo_01.jpg

それでも1kgありました。

太刀魚もこのくらいの大きさのものが脂ののりもよく、
身の厚みもあるので美味いです。

沼津港では太刀魚がけっこう揚がる様でして、これで2000円でした。
まぁ、太刀魚も小さなものなら600円とか1000円しませんが、結局、
これ位の大きさのものをまるのまま買い求めて自分で捌く方が、
食味の点でも、調理の用途の点でも、良好な結果が得られるようです。
身質も長持ちしますし。

やーーまるで買うのなら、本当は頭もつけたままで持って帰りたいん
ですが、だって、太刀魚ってかわいい顔してるでしょう?
結構好きなんですよ、太刀魚の顔って、僕は、
でも、長い魚なんでそのまま持って帰ると途中で身が傷みやすいので、
結局、切ってもらうことが多いです。

で、この太刀魚・・・
あと2回は我が家の鉄板メニュー

201401_tachiuo_yakishimo.jpg

焼霜にして食いました。


やっぱ、太刀魚の焼霜は最高!っすね!!!!

これで2人前です。材料費は600円程度になるのかな?
外じゃありえへんでしょ、この値段で。

こういうのは家で食ってりゃいいなぁーって、まじ、そう思うのでした。


以上
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : おうちごはん
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

政

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク