伊勢エビのパスタ

で、前回の続きなんですが、しっぽの上身を食ってしまった伊勢エビ・・・

じゃん!

201311_Iseebi_pasta_00.jpg


パスタの出汁にして食いました。

伊勢エビのアタマは・・・

201311_Iseebi_pasta_02.jpg

幾つかに割ってしまうのがいいですね。
中華包丁が便利です。

出刃包丁でも良いのだろうけれども、
僕はこういう用途には専ら中華包丁を使います。
刃が薄くて重くて、殻や骨への食いつきがすごくいいんですよね。

出刃も持ってるけど、ほんと、出番がないなぁーーー。
柳刃もすっかり使わなくなったなぁーーー。
所謂「男の料理」の弊害ってやつだね。

たいして使わない調理器具にカネかけてしまうんだよ。
そういうのって、主夫的観点からはあほくさくていけません。

そうそう。

エビのアタマ割るときにはエビの胃袋を除いた方がいいですね。

201311_Iseebi_pasta_01.jpg

これ、エビの口に直結している袋状の器官ですが、
ほんと、何を食ってるかわかったもんじゃないしね。
背わただって、あの黒いのエビのウンコなんだぜーーって知ってた?

それと、エラもとっておいたほうがいいです。
カニでもエラと胃袋は取ってほかしてしまうでしょう。おなじ。

で、準備完了。

201311_Iseebi_pasta_04.jpg

因みにパセリはイタリアンパセリの方がいいでしょう。

201311_Iseebi_pasta_03.jpg

これって値段が高いのが腹立たしいのだけれども。

だから自家栽培しようと思ってタネは買ってあるんですが、なかなか。
プランター菜園だって挑戦して何回かタネをまいたけど、
一度も収穫できたためしがないんですよ。
すぐに「自然農法!!!!」になってしまって!!!!
水やりとか、ほんと、めんどくさくて。
僕には絶対に農業は無理なようです。

あと、本当はトマトソースを準備しておきたいところなんですが、
なんと!トマト缶を切らしていたので野菜ジュースにしました。

って、甘くないタイプね。
フルーツ入りの甘い野菜ジュースってあるけど、あれって大っ嫌い!!
おいしないし!!

で、伊勢エビのアタマをニンニクの香りを移したオリーブオイルで
炒めるんですが、これって強い火でしっかり十分に炒めた方がいい
んですよねーーー。

201311_Iseebi_pasta_05.jpg

でないと生臭いもん。

なんだか、日本人的感覚としては、こういう新鮮なものはサッと火を
通すに留めたくなるような気がしないでもないが、やっぱ、こういう
のはしっかり火を通した方が美味いでしょう。

実は僕は、あの伊勢エビのアタマの味噌汁ってのが、あんまり好きじゃない。
旅館なんかで前の晩の伊勢エビの刺身のアタマを翌日の朝に味噌汁にして
お出しします系のあれなんですが、なんつーか、味の底に生臭さを感じて
しまうんですなーーーー。

エビミソ、カニミソの類は、脳内補正して食ってる部分も
結構あるんじゃないかって、そう思っています。
カニミソ・エビミソの類、マズイのは本当にマズイですから。
ヘドロ味とかするもん!って、ヘドロなんか食ったことないけど。

ところで、パスタソースにおけるニンニクの扱いですけど、
僕はみじん切りにしてしまうことが多いです。
つぶして弱火で煮るように炒めて取り出すとか、よくあるけど、
ほかすのもったいないし。って、食えばいいのだけれども。
だったら最初からみじん切りにしてしまえばいいじゃん。

でも、今回のような場合はつぶして炒めたのを取り出しますが。
ってのは、こういうエビの殻は強い火でしっかり炒める必要が
あるのだから、ニンニクがみじん切りだったら焦げちゃう虞が
あるんですよね。焦げたニンニクの風味は特殊ですから。
こういうのには邪魔でしょう。
でも、エビ炒めたあとで戻しましたけどね。焦げる心配ないし。

で、フライパンはステンレスがいい。
トマト入れたら鉄はカネっ気が出るし、フッ素加工は伊勢エビの
殻のトゲで傷が付く。

で、まさかこんなブログを参考にして作る人もいないだろうから、
だっておっさんがほざいてるだけやからね

ってことで、

201311_Iseebi_pasta_00_02.jpg

色々省略して完成!!

やっぱ、伊勢エビの殻が乗ってると見栄えがしますなーーー。

って、僕はこういう風に食えないモンや部分を皿に載せることに
対しては、極めて極めて批判的なんですが。

だって、食いにくいでしょう。

だから、エビは無視して麺だけどんどん食べちゃう。
因みにパスタはリングィーネ・ピッコレです。

201311_Iseebi_pasta_06.jpg

これだよ・・・

この皿に残った殻が腹立たしいんだよなーーーー

だって、美味そうじゃないか、ほじって食べると。
で、そういうことをお外でやらされると、非常に腹立たしい。
食いにくいもんなーー

でも、家なら遠慮会釈なしにどうにでも食えるので、
まぁ、よしとしましょうか。
だって、美味いのはわかりきったことなんだから。

おまけ!

201311_Iseebi_ashi_00.jpg

これって伊勢エビの脚を塩ゆでにして剥いたもんですが、
非常~に美味かったです。身質が適当に繊維質で、
プツンプツンと歯がかみ切っていく感覚が。

本当はパスタの具に入れてやろうと思ってたんですが、
剥いていて味見したらやたら美味かったので、
単品へと昇格したのでした。

以上
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 料理日記
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

政

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク