富士山日帰り登山2013(登り須走口~下りプリンスルート) 4.完結

下り続行(1620)

201308_Fujisan_subasiri_29.jpg

あーーー

201308_Fujisan_subasiri_30.jpg

ここが富士宮口8合目へのトラバースなんね。なるへそ。
砂走館と赤岩8合館の間にあるのねー。
でも、暗いと判らんやろなー。

砂走館とわらじ館を抜けて、大砂走りへ~

201308_Fujisan_subasiri_31.jpg

前回、スパッツ無しでも全然なんともなかったので、
今回もスパッツ無しで突入したのですが、今回は泣けました。後述。

201308_Fujisan_subasiri_32.jpg

何も見えんガスの中の下りですが、実はこういうのも大好きです。
なんつーの、非日常的体験っていうか、そんなの。

途中で

201308_Fujisan_subasiri_33.jpg

宝永山方面へ進路変更しました。

201308_Fujisan_subasiri_34.jpg

なんか、富士山下りるのに、毎年、豪快な下り間違いが発生する
そうですねぇい。吉田に下りるつもりがまっすぐ行って須走になんて
のはかわいい方で、なんか、須走に下りるつもりが御殿場って、
そういうのって、いったいどうやったら間違えることが出来るの?
標識みないの?

で、この辺で、僕は靴の中が小石だらけで酷いことになってました。

ってのは、前回、スパッツ無しでも平気だったのはハイカット靴+
ズボンの裾が小石の進入を防いでいたかららしい。
今回はスポーツ用のレギングスにランパンっだったので、靴を覆う
裾がない!!いかにハイカットとはいえ上から砂がザクザク入る。
それがなんか痛いのなんのってば!

途中~

201308_Fujisan_subasiri_35.jpg

宝永山に寄り道(1720)


靴の中の砂を出すおいらの姿が見られたという。

因みに、当日は

201308_Fujisan_subasiri_36.jpg

こんなウェアで登ってました。
真夏の日帰りなんてこれで十分でしょう。
当然、リュックに防寒防水ウェア入れておくことを前提でね。
長袖の方がいいですよねぇ。日焼け対策。帽子必携。

胸が酒場放浪記っぽいですが、勘弁しといて。

ん??おなか?
シックスパック間に合わなかったが、
つきたてシングルパックですわぁ~

ささ。バスの時間があるので移動開始。

201308_Fujisan_subasiri_37.jpg

宝永火口内部を下ります。

ああ!!!宝永火口最強!!!
好きだ!宝永火口っ!この荒涼感がたまらんのですよ!!!

201308_Fujisan_subasiri_38.jpg

なんかヒャッハーが出てきそうでゾクゾクしませんか?
食い物全部置いていけっ!ヒャッハーーーー!
汚物は消毒だっ!ヒャッハーぁーーーって!!!

因みに、プリンスルートの登りって、この宝永火口の内側を
登ることになるわけですが、楽しめますよぉーーー

大砂走り登ってるみたいなもんですからねぇーー
あーー満月の晩に登ってみたいなぁーここ。

あーーーこの夏、もう一度夜間やるつもりだったのに!!
おわっちまったじゃないかよ!

宝永火口の底に到着し、ベンチで再び靴の砂出し。
あぁーーースパッツ着けりゃよかった。

で、ここから宝永第1火口縁まで登り返しですが・・・

201308_Fujisan_subasiri_39.jpg

写真で見たらなんかめっちゃやばそうな感じですが、
実際、火口底に立ったらすげぇスケール感で、
いったいどんだけ時間かかるのぉ~?的な不安に襲われますが、

201308_Fujisan_subasiri_40.jpg

フツーに歩けたら10分かかりませーーん。

んで、

201308_Fujisan_subasiri_41.jpg

向こうに見える富士宮口6合目の山小屋までも、

201308_Fujisan_subasiri_42.jpg
サクサク進めば10分かからん。案外近いもんだ。

後は自販機でコーラ買って、駐車場まで下りて・・・

201308_Fujisan_subasiri_43.jpg

三島駅行きのバスに乗って、あとは寝るだけ、めでたしめでたし。

***

感想とまとめ

●なんといっても、今年はサクサクと登れるようになったのが
嬉しいです。まじパねぇーっすよ。去年比で2時間半も早く登れた。
これは年初め頃から毎週定期的にジョギング&ウォーキングで心肺
機能を鍛えていたからに違いありません。ウェイトトレーニングの
内容はあまり変化がないのだから、きっとそうでしょう。

今年、あと1回は登る予定なので、たぶん須走口になるでしょうが、
そんときは4時間30分を目指します。

因みに妻は「去年までひぃこら言ってアタシの足を引っ張ってた奴が
調子こいてんじゃねぇぞ!ごらぁっ!」って言ってますが。

はぁ?それなんのことぉ???
おいらは生まれ変わっちまったんだからさぁ~
前のことなんか知らねぇ~んだよぉ~げひひ

とにかく、速く登れることには大変大きな意義があります。
移動の速さは余裕を生みます。余裕は安全の前提でしょう。
そして、移動の速さには身体能力の向上が必要。

ってわけで、普段からジョギング&ウォーキングで心肺機能を
鍛えましょう。筋力も必要やろうけど、僕は筋力は十分かも。
ベンチは160kg、スクワットは200kg挙げますから。
だから僕には心肺能力の向上が超!!必要だった訳です。

んで、鍛えるにはキツイ位にしないとだめです。
中高年は無理をしないようになんて言われますが、
ハッキリ言って無理をしないトレーニングなんて無意味です。
ハードでなければトレーニングではないでしょ!

ただし、怪我をしない程度に無理をすることが重要なのですが。
フツーに回復可能な程度にハードであることが重要だと思います。
根性主義は駄目です。無駄です。無意味です。危険です。
根性出し過ぎて回復不可能になりました!!なんてね。あほでしょ?

まぁ、どの程度の無理?どの程度のハードさ加減?なんてのは、
個別具体的な個々人の問題なので、なんも言えませんが。
そういうのって追々自分で判っていくしかないでしょ。

ただ、楽なことしてるだけでは駄目と断言だけは出来る。
ジムでキツクもない加重でチンタラやって、だらだらと
インターバル取ってて身体機能が向上するわけないですよねー。

富士山で余裕をもって遊ぶには普段のトレーニングも必要という
ことだったんですよねぇー。
体重が100kg以上あっても、そんなの些細なことです。
動けるガチムチおやぢになればよろしいのです。

●富士宮口5合目から三島駅への直通バスは使えます!
めちゃ楽です!なんで今まで使わへんかってんやろ?
でも、季節運行なんで、使いたい人は自分で調べて。

でも、いつでも空いてるんかなぁ?
混んでたら嫌やなぁ。
三島駅までなんか立ってられっか!!!

●一応、今年も「閉山」とやらのようですが、さぁ?
9月半ばまで須走・吉田は開いてる山小屋がフツーにあるので、
登るのになんの躊躇もないです。

ただねー、閉山過ぎたらバスがたちまち不便になるので困ります。
うちはクルマがないもんでねー。

富士宮口なんか一番早いバスで1045着だしなー最終バスは1800だし、
まぁ、富士宮口往復なら出来るのでしょう。
ただ、富士宮口は上の方の小屋が全部閉まってるそうで、
ってことはトイレがない。ってことは連れが困るってことで却下ね。

御殿場口は、使えるバスが無い。始発遅すぎ。
弾丸やってもいいけど、アメダスによれば頂上の明け方が
もう零度くらいやしなー、寒すぎるのやだなー
で、小屋が赤岩8合が7日までだそうで。わらじ館は20日過ぎまでだったかな?
でも、ちょっと頂上まで遠いのでトイレ問題がキツイなー

ってことで、やっぱ9月は須走口の日帰りになりそうです。
下りは富士宮口に行けば新富士から新幹線で帰れるので楽ですが、
9月9日~27日まで須走口頂上~御殿場口頂上は歩道の補修工事で
通行止めらしい。
となると御殿場口に回るには反時計回りでお鉢を進むしかないし。
富士宮口18時の最終バスに乗るには、頂上を15時には出たいしなぁ。
お鉢回っていくのに1時間は要るんやなぁ~とか。ちょっとカツカツ。

やっぱ、須走口に下りるのかなぁ?途中からお中道とか?
あーー白山岳だけには屹度登っておきたいですぅ~

お中道とかも、ああいうバリエーションぽいのは空いてる時期が
いいですね。お節介な人がいるんだよ、往々にして。
こっちはわかって行ってるのにねぇ。


●あーーーいっぺんコスプレ登山してみたいっす!

ヒャッハーのコスプレで御殿場口・宝永火口を徘徊してみたいっすねー
きっと似合うよ、ヒャッハーと御殿場口!

そいえば先日TVで『マッドマックス2』観たんですよ、メル・ギブソンの。
ほんま、『北斗の拳』って、もろ影響受けてますな!やばすぎ!
でも、メル・ギブソンって全然マッチョじゃないのね。細いわー。
んで、敵役の半ケツモヒカン野郎が、あの愛すべき『コマンドー』の
敵役ベネットと中の人が同じって、後から知ったんだが!
うぅぅう~ん!おいらは中の人が同じと知る前から大好きなのさ!
カッケェーよね!あいつらデカクて、マッチョで!!!

おいらもモヒカン・マッチョ・ヒャッハーで富士山登りたいっす!

以上!!!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 登山・ハイキング
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

政

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク