御殿場口から富士山登山2013 (その2)

御殿場口5合目を出発したのが1740ですが、
ああ、そういえば、高度順化って僕らには不要みたいです。
去年、一昨年、須走から登ったときも、割とすぐ登ったけど、
特になんともなかったからね。
そんなんするより、ゆっくり歩き出した方がマシなんじゃ?
僕らは二人ともイラチな関西人なんで、やってられへんわ!!!

まぁ、こういうのは個別的な問題なんで、一般化はできないけどさ。
だから、あなたが高度順化時間をとらないで登ってしんどくなっても、
それを僕のせいにするのはなしにしてね、念のため。

で、御殿場口入口の鳥居から10分程度で・・・

201307_gotenbaguchi_06.jpg

最初の山小屋『大石茶屋』に到着するのですが、
まぁ、とりあえず用はないので先に進みます。

ここに泊まって早朝出発ってのもありでしょうね、御殿場口。
ってか、早朝出発の日帰りってのが一番楽なんでしょうけど。

次の山小屋は『わらじ館』で標高、これが3050mだったり
3100mだったりしてよくわからんのだが、まぁ、なんしか、
3000mよか上に、時間にして登山地図の参考タイムによれば
5~6時間登らんことには次の営業している山小屋がないという
ところが御殿場口なんですよねぇ。そりゃぁ、空くでしょう。

空いているのは良いことなですが、もう1から2軒くらいは
山小屋の経営が維持できる位は利用者がいてもいいんじゃ?

御殿場口は4つ在るメジャーな登山口の中でも利用者数が最低で、
2012年の統計では夏山シーズンで15462人だったそうで、これは
富士山全体の登山者数のわずか5%だそうな。

ほんと!スカスカ!!ですよ!スカスカ!!!

201307_gotenbaguchi_07.jpg

にもかかわらず登山道と下山道が分かれているんだから。
わらじ館のちぃっと下辺りから一緒になるけど、どこでも
渋滞知らずでしょう。

ほんと、富士山に限った話じゃないのだけれども、
山ってのは時々登山道のど真ん中で休憩しているやつがいて
「イラッ!」とさせられますよね。
須走なんか上の方では吉田と合流するから、チラホラとそういう
輩がいたのでとってもウザかったです。

あのなぁーーーー休憩するなら脇に避けろや!!
歩みののろい者は道を譲るのが当然なんだよ!!!
ここじゃ年功序列もへったくれもないんだよ!!!
悔しければ身体鍛えろや!!!

って感じですな。

まぁ、ヘロヘロになったら自分のことで一杯一杯になって、
周りが見えなくなるんでしょうけどね。

とにかく、歩みの遅い者は道を空けようね、当然。
登山道の真ん中で休んでんじゃねぇっ!


にしても、あぁーーーー

201307_gotenbaguchi_08.jpg

この荒涼感がサイコ~ですぅ~

うへっ!

201307_gotenbaguchi_09.jpg

行く先で砂嵐が起こってやがるわ!
なんかわくわく!


御殿場口は結構上の方までじゃりじゃりの砂礫の道が、
時々ブル道とクロスしつつ長くて緩いジグザグを繰り返しながら
だらだらと続いているだけです。

201307_gotenbaguchi_10.jpg

だから楽です!非常~に楽です!!
淡々と歩いているだけなので膝に優しくってええわぁ~

時々、突風がぶわぁっ!と襲ってきて、砂粒がバチバチバチって
容赦なく身体にぶち当たってきてくれやがりました。

その度に耐風姿勢で両腕の間に頭を突っ込んでやり過ごすのでしたが、
はっきり言って面白い!!!非日常的なわくわく感がぱねぇっす!
ってまぁ、その程度の風しか吹いてなかったってことですが、下の方は。

で、最初の目印の2合8勺気象庁避難小屋跡。

201307_gotenbaguchi_11.jpg

高度は2090m。
ここって下山道の大砂走りの脇にあって、登山道からは離れているが、
何もない御殿場口ではちょっと目立った存在なので、なにかと目印に
されているような感じですな。

到達時刻は1910で、登山地図の参考タイムに遅れてはいないね。
よしよし。
ってのは、今回は昭文社の山地図の参考タイムに負けないで登る
というのが重要なテーマだったんですよ。

やっぱ、勝ち負けを気にして登った方が面白いですからね。
その方がトレーニングになる。
僕にはフィットネスの一環ですから、山歩きってのも、筋トレ同様。
そういう意識が芽生えてきたんです、段々と。


やがて・・・

201307_gotenbaguchi_12.jpg

辺りはすっかりと暗くなり・・・

201307_gotenbaguchi_13.jpg

2600mの小屋到着が2120
参考タイムにまだ負けちゃいないようだ。

せやけど、ここの小屋が開いていたらめちゃ楽なんやけどなぁ。
せめてWC位は開けといて欲しいですなぁ。
入山料とるとかいうんやったら、ここにトイレ作れやっ!
ウォシュレット希望!!!!当然!!!!!500円くらいなら出す!

(続く)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 登山・ハイキング
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

政

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク