2013年5月の筋トレ近況~

ども!

身長180cm(自称~) 体重110kg 体脂肪26%程度のアラフィフ~ブログ主です。

筋トレは継続中です~さぼらずまじめにやってます~
ってか、他にあんまり趣味もないので~最低週1回はジム通いです。


2013年に入ってからの大きな変化といえば、
ランニングというかジョギングというか、とにかく走るようになりました。
これは妻が走りたがっていたのにつきあって走るようになったのです。

だから、休日には、山歩きの他、妻と一緒に走りに行ってます。

よく行くのが沼津港から千本海岸を走るコースです。

千本浜はですね

201305_senbonhama_01.jpg

201305_senbonhama_02.jpg

250m毎にこういう標識がずぅぅぅぅ~っと続いているので、
それが走行距離の目安になるのがいいんですよ~

吉原駅や田子の浦漁協までとか、由比や新蒲原から沼津港までって感じで千本浜を走ってます。

田子の浦漁協がゴールというのが如何にもなんで笑えますが。

この前も・・・

201305_senbonhama_03.jpg

釜揚げ買って帰りましたし~
うちは、やっぱ、『進悦丸・加藤しらす店』のが好きかなぁ~

先日は三島市の自宅から片浜まで行って、流れ鮨食いました。

他には三島から東、要するに箱根西麓も走るのにいい感じです。

熱海駅から石仏の道伝って十国峠越えて田代通過して三島の自宅までとか。
北箱根山林道まで平安鎌倉古道を駆け上り、って、歩きの割合が多いですが、
林道通って三島ビューティータウンまで下りるとか、まぁ、適当にあちこち。

以前からの趣味であった山歩きにもランニングの要素を取り入れて、走れる
箇所はなるべく走るようにしています。

で、走るようになって以来、なんつーか、妻の体力というか走力の向上には
めざましいものがあって、持久走では完全に負けていますわぁ~
彼女は30分以上も淡々と走り続けてくれやがります~

僕ですかぁ?

無理!僕は長距離・持久走は若い頃から苦手なんです!
だから、1、2分だぁーーーって走って1分ほど歩いて、また1,2分走って・・・
要するにインターバルトレーニングですな、そんな感じが多いです。

でも、それって、ウサギとカメ式に、結局、妻においてかれることが多くて
嫌になりますがぁ~


で、走るようになって以来、大きな身体の変化があったか!?というと、
ん~相変わらず体重は108~110kgを推移しているようですが、なんか
悲しいことに!!2月、3月頃はスクワットがボロボロでした!

だって去年の末ぐらいまでフツーにあがっていた200kgがあがらなくなって、
時には180kgですらあがらんかったんですもの。もちろんフルです。念のため。

って、この体重でこの程度ですから自慢も何も、ショボイんですが。
まぁ、アラフィフなんで大目に見てください。

よく、有酸素をやるとウェイトの使用重量が下がるとか言われるのですが、
ああーー本当やったんかなぁ~走るのやめたろかなーとも思ったんですが、
それでも妻につきあって走り続けていたら、次第に身体もなれてきたのか、
最近、漸く200kgが復活したのでした。メデタシ、メデタシ・・・

んで、スクワットといえば、最近フォームの改造に取り組んでいます。

ん~筋トレに興味のない人は置き去りにしちゃうけど、いいよね?

今まで僕はずっとハイバーでバーベルを担いできたのですが、この歳になって
ローバーにしようかな?と思い、ローバーを試しています。
で、マックス狙いには、やはりローバーはいいんじゃない?って気がしてます。
そういや、youtubeでみるパワーリフターのスクワットは、圧倒的にローバー
ですもんねぇ。みんなが支持する安心のローバーって感じ?

でも、今までの身体の使い方とは、やはり違うようなので、まだちょっと怖い。
特にバーベルが後ろにずり落ちるんじゃないかしらとか思ってしまうんですよ。
あと、スタートポジションの高さも違うし、スタートポジションまで後ろに
歩いていくときのバランスも違うし、身体がとまどいつつ必死に適応しようと
している感じですねぇ。そりゃぁ、百数十キロ担いでるんだから、必死でしょう。
ああ、脚幅もワイドスタンスになる。ハイバーの時は、僕は肩幅程度です。

一応、180kgまでは問題なくあがってくれましたが、体幹部への加重が違うなぁ。
まぁ、ローバーはまだ着手したばかりなので、徒に重量を上げることはせず、
身体がなれるまで130kg程度の軽い目の重量で地味にやってます。

でも、ローバーは大腿四頭筋への刺激が物足りないといえば物足りない。
大腿四頭筋への刺激なら、補助的にマシンでレッグプレスという手もありますが、
僕の行ってる体育館のジムには125kgまでしかおもりがありません。
だから、フルレンジで20レップスも30レップスもやらねば効かないんですよ。
でもね、そんなに繰り返してやっと効くのと、6レップス位で限界がくる重さと
ではトレーニング効果が違ってくるのでですよね。
だから、結局、両方やるしかないなぁと、そう思ってます。

次!ベンチプレス

悲しいことに!!進歩無し!!!つか、停滞どころか衰退してます!

去年の6月に160kgが挙がるようになったのでしたが、今、挙がらん!!!
150kgは3レップス挙がりますが、160kgはペシャってなりましたわ!
これじゃぁ~180kgは遙か彼方で、200kgなんか夢物語やないですか。
ここ数年間は毎年最大重量を更新し続けてきたのに、老化でしょうか?

でも、去年、160kgを挙げたのと同じくらいに、なんだか左肩の調子が
おかしくなってきたのもあって、MAX重量を上げる方向はいったんお休み
していたということはあります。負け惜しみですが。

使用重量は140kgに留めてストリクト指向でバーベルは上げ下げするように
留意してきましたしー、それまでしてこなかったインクラインベンチと
ショルダーもやって、肩の強化にもつとめてきたんですよー
それと、肩周りのストレッチも。
そしたら、段々と肩の痛みもなくなってきたのでーーーー、
そろそろブレイクしてくれてもいいんじゃないかって思ってます。

とにかく、160kgを復活せしめて、年内175kgを目指したいです。


そして、デッドリフト

聞かんといて下さい。
これも進歩ないです。これが一番ショボショボです。
せいぜい200kgです。しかも、くるぶしの高さ。
パワーラックのセーフティーの一番下ですな。

今年度は、もうちょぃとデッドにも力を入れたいですが~
せめて、トップサイドは250kg位は引けないと恥ずかしい。
ん~トップなら300kg位は引けって感じもしますが、この体重では。

でも、腰が怖いんですよねーーデッドは。
んで、変にがんばって挙っちゃったときが一番やばいんですよねぇ~
だから、8割程度の頑張りでやるように心がけています。

背中といえば、ラットマシンがようやく100kgで10レップス引けそうな
感じです。これはめでたい。でも、とにかく、ラットが嫌いでねぇーー。

まぁ、背中は弱点といえば最大の弱点ではあります。
今年はもっと背中にメリハリを付けたいです。

上腕二頭筋(力こぶ)・・・全然さぼってます。筋トレの最後にちょろっと
するだけです。だから思いっくそチカラ込めて43cm位です。とほほ・・・

そして、腹!おなか!!シックスパックはどうなった!!

いや、同世代の男性程度にはあるでしょう。腹筋!!
ただ、ちょっと、諸般の事情で見えにくくなっているだけでしょう!

しっかし・・・
筋トレだけじゃつまらんです。
何か他人様と腕っ節等を競い合って闘うことがしたいっす!!!


そうだ!ヒトコト言わせてもらうわ!!

昨今の若い男性タレントの細マッチョって、あれはなに?
あれって脂肪率が低いから筋肉のスジが浮いて出ているだけやん!!
あんなんマッチョちゃいます!

マッチョと呼べるのはゴリマッチョだけです!

僕のあこがれのマッチョといえば!!!
ワールド・ストロンゲストマン・コンテストのファイナリスト達ですよ!
彼らこそ真のマッチョなのです!!

以上!!!!!!!!


****

筋トレといいますと、つい最近知ったのですが、あのジョー・ウィダー氏が
今年の3月にお亡くなりになっていたのですね。知らなかった。享年92とか。

氏のことを知らなくても、『ウィダー・イン・ゼリー』なら知ってる人は
多いのでは?あのウィダーって、この人のことです。

そういえば、あの、しょーもないことでも載ってるウィキペディア日本版に、
なんと、ジョー・ウィダーの項目がないのには驚いた!!!

で、僕にとってジョー・ウィダーといえば、この本です。

201305_weider_01.jpg

『ウィダー・ボディビルディング・バイブルⅡ』

学生時代、筋トレに出合った頃に手に入れた一冊で、正にバイブルでした。
当時は当然インターネットもなく筋トレの情報もあまりなく、
殆どすべての筋トレ情報はこの本から得ていたのでした。

実家にあったのを持ってきておいたのですが、おもしろいモノが
挟まっていたんですよ。

201305_weider_02.jpg

当時の筋トレの記録です。

なんか、今の自分からすればめちゃ軽いのでやっていたので驚きます。
ベンチなんて、まだ100kg挙ってないしね。今は100kgなんてウォーミング
アップに過ぎないのですから。でも、もっと若い頃、今くらいのパワーが
欲しかったです。当時20歳代、今アラフィフ。今の方がパワーがあるのは
喜んでいいのか、どうなのか?

そういえば、僕が生まれて初めて筋トレに出合ったジムは、
ハードコアなガチムチ御用達なジムというわけでなく、
エアロビのスタジオもあるマシン中心の、そう、ジムというよか
フィットネスクラブで、大学の近くに出来たものだから、
ちょっとやってみるかと軽~いノリでふらふらーと。
丁度、コマンドーのシュワちゃんもかっこいいよなーとか思ってる時期でも
あったし。まぁ、筋トレってもんを体験したかったんですよ。

そしたら、なんかそのフィットネスクラブの一角だけ異様だったんです。
パワーラックとベンチがあって、ダンベルがたーっと並んでいて。
そこの主みたいなガチムチの兄ちゃんが、そのフィットネスクラブの
チーフトレーナーだったんですな。
んで、若い僕は速攻で捕まって、気がつけばそのコーナーに入り浸り~

彼は大学時代にレスリングをやっていたそうで、フリーウェイトも
結構みっちりしていたみたいです。んで、僕が最初に彼に教わった
バーベルトレーニングがスクワットだったのでした。

その刷り込みがあるからかどうかは知りませんが、僕はスクワットが
一番好きなトレーニングです。なんつーか、如何にも筋トレしてるっ!
という充実感があります。
これも記録では学生時代は140kg位までしか挙らなかったみたいですが。

うん。あのチーフトレーナーには感謝しなくてはなりません。
スクワットこそキング・オブ・トレーニングなのですから。
一つだけ筋トレ選べといわれたら、僕は迷わずスクワットといいます。

でも、アラフォーで再開してこの歳でここまでこれたのだから、
若い頃にもっとやってればもっともっと先に行けていたのではないか?
なんて、思っちゃったりもするわけです。

そういうのって、歳ですね。嫌だなぁ。

で、なんでしたっけ?

ジョー・ウィダー氏でした。

なんしか、当時はネットがなくて、ウィダー・トレーニング・バイブルが
最大の情報源だったのですが、いまはネットに筋トレ情報が幾らでもある。
まぁ~中には相当いかがわしいものもありますが、詳述はやめときます。
ま、僕は基本的にその人の身体と使用重量しか信用しませんので。

つーわけで、興味のない人にはごめんなさい!でした!!!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : トレーニング
ジャンル : ヘルス・ダイエット

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

政

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク