アカハタの清蒸だった筈なのだが・・・

いつものように清水町の『食遊市場』を定期巡回していると、
魚屋で赤い魚を発見!!たぶんアカハタなので速攻でget!!

もう、見た瞬間にこいつをどうやって食うか決まっていた。

ずばり、中華風の蒸し物、清蒸ですよね~

年末に帰省したその日に、いつものように四条烏丸の
『老香港酒家』で昼飯を食ったのですが、そのとき水槽の中に
アコウがうようよ泳いでいたのさ。ああ、こいつら清蒸やなぁ、
食いたいなぁ~とか思いながらもぐっとこらえたのさ。

あのときから僕の頭の中には魚の蒸し物がぐるぐる回っていて、
そんなところにアカハタが飛び込んできたのだから、考える
余地なんか無いじゃないか!

ってわけで、アカハタですが・・・

201301_akahata_mushi_01.jpg

買って帰ったときに初めて気がついたのが、うちにはこいつを
丸ごと放り込めるような蒸し器なんかないよ!

ってか、専用調理器具としての蒸し器というものがない。

いつもは我が家で一番の大鍋に網をしいたりして蒸し器として
代用しているだけで、その鍋からもはみ出すサイズだ、これ。

そこで思いついたのは、オーブンを使うのはどうだろうか?
うちのは一応スチーム機能が付いているし、いけるんじゃね?

というわけで、鱗ばらして、エラとはらわた抜いて綺麗に洗い・・・

201301_akahata_mushi_02.jpg

葱と生姜を並べた上にハタを置いて、更に生姜と葱をのせる。

100℃に設定したスチームオーブンに放り込んで30分!で出すも、
あれぇ~生っぽい・・・って、表面温度を測ったら70℃くらい!
全然加熱できてへんやん!!!

ってか、このオーブンのスチーム機能を使ったのは初めてだが、
それは僕が想像していたのとは全然違った。

僕が勝手に思い描いていたのは、ほれ!業務用のスチームコンベ
クションみたいな、扉を開けるとなかから湯気がぶわぁぁ~って
出てくる迫力で食材を蒸し上げる様だったのだが、こいつときたら
え?本当に蒸気出したの?出してるの???蒸せてる??はぁ??
なにそれ?おまえのスチームってそんなもんだったの!!!???
はぁ???はぁ????はぁぁぁぁぁ~っ!!!????

ってかんじで、全然思ってたのと違う!!!

でも、こんなのチンタラしてたら不味くなっていきそうなので、

201301_akahata_mushi_03.jpg

しゃぁ~ないから高温水蒸気モードで一気に加熱してやったぜ!

そしたら・・・

201301_akahata_mushi_04.jpg

これって清蒸っていうより、オーブン焼きじゃん!!!!
鰭とか唇とかかちかちに乾いてるやん!!!
ハタの蒸しもんってさ、唇とか鰭がフルフルしてるのが
美味いんじゃないかよ!!

それでも気を取り直して、ハタを皿に取って、バットには
別途作っておいたソースを煮立てたのをザッと流し入れて
網で漉したのをハタにかける。

ソースは中華スープと紹興酒と醤油にナンプラー、少量の砂糖。
参考にしたレシピ本2冊ともに「シーズニングソース」という
特殊な調味料の指定があったんだが、無いもんはしゃぁ~ない。

で、魚の上に白髪葱と針生姜を乗せて、熱々に加熱したピーナツ
オイルをじゅわわわぁぁぁ~とかけて完成!
ここんとこ、ごま油はやめた方がいいと思う。白身魚には風味が
強すぎるから。ああ、でも太白ごま油ならいいかもですね。

201301_akahata_mushi_00.jpg

まぁ~あれですよ。

最初に思い描いたものとは別物になってしまいましたが、
味はすばらしかったの。やっぱ、ハタはこういう食い方美味いなぁ。
アコウの、それも活かったのやったら最強なんでしょうけど。

そういや、以前中華街で食ったのは、ちょっとタレに旨味系の味が
強すぎて、結構残念なものでしたわー。使うなとは言わんが。
要するに、あんなもん、たかが調味料の一つなんやから、要するに
使い方ですね。そういや、僕はMSG抜き指定はやめた、一時期してたが。

で、清蒸といえば!

201301_akahata_mushi_05.jpg

オンザライスですな!

あの、ぼそぼそ・ごわごわっとした中華の乾麺の茹でたのを絡めても
美味いですよね。在庫が無かったから出来なかったけど。

それにしても・・・

まともに蒸せなかったのはショックだな~
やっぱ、半分にしてもかまわんから鍋で蒸すべきだったんだよなぁ~

あぁぁぁ~ちゃんとした蒸し器が欲しいなぁぁぁぁぁ~っ!!!

とここで叫んでおくと、妻から購入許可が下りるかもしれんので
叫んでおくのですた!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : おうちごはん
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

おぉぉ・・・

我が家の電子レンジ・・・
意外に高級品なのかも!
でも「チン」と「焼魚」にしか使っていませんでした。
多分・・・
こんな料理も出来るのですね。
真面目に「取説」読んでみます。
(笑)
これ・・・
旨そうですね。
色々な魚で出来そうです。

丸魚の清蒸

>裕治伯爵殿っ!

ほんとは強火の蒸し器で一気に蒸し上げるのがいいんですが、
こんなオーブン焼きでも結構かなり美味いものになりましたよ。

で、これって白身の丸魚ならなんでも美味いでしょう。
イサキでもイトヨリでもホウボウでもコチでも・・・
ただし!最重要なのは新鮮であることですね。
本当は絞めたばかりの活かってるのがいいのですが、
刺身で食えるレベルなら問題ないでしょう。



プロフィール

政

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク