須走口~吉田口往復(お中道とコノスジ中途道) 1.

須走口から御殿場口までお中道を歩いた一週間後、
今度は須走口六合目から吉田口までお中道を歩き、
吉田口から須走口新六合目までコノスジ中途道を
歩いてきたのは、ケータイからリアルタイム更新
した通りであります。

当日は・・・

201210_ochudou2_01.jpg

一週間前とは大違いの超!快晴!!!

これって、もっと早く五合目まで来れたならば
頂上まで登るべき天気でした。かなり残念!!!

こういうときにクルマを持ってないとあかんなぁ。
三島から須走五合目までタクシーでなんぼかなぁ?
いっぺん調べておくか・・・

しっかし・・・

201210_ochudou2_02.jpg

快晴時の森の中は清々しいというか

201210_ochudou2_03.jpg

木漏れ日がええ感じですなぁ~


途中、道ばたにホコリタケ発見!

201210_ochudou2_04.jpg

よし!子孫繁栄の手助けをしてやろう!

201210_ochudou2_05.jpg

ホコリタケの恩返しとかされるとしたら、
何をされるのであろうか?
夜中に玄関をノックする音があり、
開けてみると巨大なホコリタケが・・・とか?

山登りは呼吸法だっ!と悟ったおいら

201210_ochudou2_06.jpg

難なく六合目に到着!!

ここからお中道を通って吉田口を目指します。

で、瀬戸館の裏に回って先に進むとすぐに

201210_ochudou2_07.jpg

御胎内がある。

これって熔岩洞窟で、「御胎内」っていうだけあって、
古い信仰の対象っていうか、
昔は鳥居を立ててお祀りしていたようなんだが、
なんか荒れてんなぁ~
近くに鳥居が倒れたままで放置されてました。

以前は中に入れたそうなんだが、とても無理です。

先に進む。

201210_ochudou2_08.jpg

って、ルートは明瞭明瞭!
ずんずん行けます。

201210_ochudou2_09.jpg

すぐに吉田口の下山道が見えてくる。

林を抜ける。

201210_ochudou2_10.jpg

溶岩流を渡る。


あちこちにマークもあるし、かなり楽ですね。

201210_ochudou2_11.jpg

快適快適

201210_ochudou2_12.jpg

フツーに歩いて50分程度で、

201210_ochudou2_13.jpg

吉田口下山道に到着。

吉田口の下山道を登ってきたら

201210_ochudou2_14.jpg


この大きな岩が目印になるね。
安全管理センターのとこから下山道を登って、
落石よけシェルターを二つ抜けた先のところ。

ちょっと先の左の路肩から踏跡なりマークを探すことに
なりそうです。

ここからちょっと下って、安全管理センターの建物の
近くからコノスジ中途道に入って須走口に戻ります。

(続く)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 登山・ハイキング
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

政

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク