富士山登山(須走口往復・日帰り) 4. 完結

須走口本8合目から上は吉田口の登山道と合流するので、
ハイシーズンのご来光登山には大渋滞が発生するらしく、
ネットにもその大渋滞の模様がちらほらとアップされて
いるのだが、ああいうのを見ると、絶対に使いたくない
もんだと思う。煽られるのも、前がつかえるのも御免だ。

201209_subashiri_20.jpg

が、9月の平日の日中だったもんで、本8合目から上も
スカスカで楽々~

201209_subashiri_21.jpg

去年もこのルートを、9月中旬の超晴天の日曜に登ったが、
あのときもスカスカだったね。昼間だったからかな?
今年は9月に入ってからのご来光登山ですら渋滞が発生した
らしいが。

201209_subashiri_22.jpg

でも、ほんと。
登山道で渋滞で動けないなんて冗談じゃないよね。
夜間登山は御殿場口に限りますな。
今年登れなかったのは非常に残念。

9合目

201209_subashiri_23.jpg

もう、脚は何ともなかったし、呼吸も何ともなかった。
フツーに進めました。

201209_subashiri_24.jpg

あとすこし!

201209_subashiri_25.jpg

やたーーっ!

201209_subashiri_26.jpg

須走口頂上到着は15:30。去年と同じ。

201209_subashiri_27.jpg

でも、頂上はガスと小雨でぼけぼけ。

201209_subashiri_28.jpg

火口の中も何も見えないので、スパッツを着けたら早々に退散。

御殿場口に回ろうかともチラリと思ったんだが、
須走口を下りることにしたのだった(16:00)。

201209_subashiri_29.jpg

須走口の下りは、結構下の方までブルと共通で、

201209_subashiri_30.jpg

幅の広い斜面をだらだら下りていくんだが、

これが膝に結構キツイ。

富士山登山で厳しいのは、登りよりも寧ろ下りなんじゃないかと、
毎回そう思うのであった。

特に僕は100kg以上ある体重のせいなのか、膝の上の筋肉がキツイわー。
だから、ゆっくり下りるようにしてたら、妻にも、同じ頃山頂を下り
始めた人たちにも、登りで追い抜いてやった人にも追い抜かれてしまった。

201209_subashiri_31.jpg

なんだか結構情けないんだが、大陽館の手前頃になって、気がついた。
やはり下りも呼吸法なのだった。下りだからってんで、重力に従順に、
膝のクッションだけに力を使おうとしていたのが駄目で、呼吸も力強く
積極的に走るくらいのつもりで下りた方が楽なことに気がついた。

大陽館到着は18:00ってところで、

201209_subashiri_32.jpg

ここで日没となる。以下、写真無し。


須走口の砂走りは相変わらず走りにくい。砂走りと呼ぶには大きな石が
ゴロゴロしていて、暗闇の中でヘッドライトの明かりを頼りに下りるには、
足元がちと危ない。

それと、去年とは若干ルートの変更があったようで、なんだか時間が
かかってしまった。

砂走りが終わって砂払い五合の吉野屋から先は森の中だが、これが、
ほんと、ヘッドライトが無いと一歩も歩けないレベルの漆黒の闇で。
鼻先で手を振ってもなんも見えないレベルです。
足元には露出した木の根が絡みつき、急な段差のトラップ続出。
樹の幹に手をついたらひやりでぬめぇ~っと。
灯りで照らせばナメクジさんがこんにちは!!!

まぁ、下山道を示すロープがずっとガイドしてくれているので、
迷うことはなかったが、ちょっと意志の強さみたいなもんを
試されている風ではあったね。

まぁ、ああいう真っ暗な森の中をヘッドライトの明かりだけを頼りに
歩くというのは貴重な経験です。偶には体験した方が良いです。

須走口5合目の山荘前に戻ってきたのは20:30のこと。
去年より30分以上余分にかかったのは何故だろう?
山荘は2軒とも終わっていて、ああ、キノコを食いそこねました!

あとは、タクシー呼んで、御殿場駅へ。
バスが終わってて、次の列車まで1時間ほどあったので、
駅前のチェーン店系居酒屋へ。

201209_subashiri_33.jpg

こういう居酒屋にはいるのは10年ぶりくらいだけど、
意外といけるもんだ。瓶ビールも安いし。
それと、御殿場の駅前って、夜は結構と賑やかなんだね。
出張族とかも多いのかなぁ?
ホテルからわぁーーーっと繰り出すおっさん族多し。
客引き多数。おいらは無視されました!!!
って、山の格好だし。

JR御殿場線で、沼津までは行かず下土狩で下車。
タクシーで自宅で終了でお疲れ~



という感じの2012年富士山登山でした。

ちょっとメモと感想・・・


●過去、下山後に妻の膝の調子がおかしいことがあって、
今年は僕のお古の膝サポーターをあげたのを装着して
下りてもらったら、膝は何ともなかったようです。

膝サポーターは、僕が筋トレのときに膝を保護するために
使っていたもので、マジックテープで固定するタイプの
ものです。ちょっと緩くなってきたのでお役御免とした
ものでしたが、役にたってよかったです。

●過去3回、僕は下山時につま先を痛めていました。
家に帰ってみる見ると、足の親指と人差し指の爪の下に
内出血があり、冬頃には爪が剥がれるということを
繰り返して来たのですが、今年は無事でした!
痛くも何ともない!最後までつま先は健全でしたん。

いままでは登山靴があっていなかったことと、履き方が
甘かったようです。
登山靴は大きめを選び、ハイカットの上まで紐はガッチリ
結ぶというのが重要だったのでした。
5本指ソックスと厚手靴下の二枚履きもよかったのかも。

●アミノ酸系サプリを摂取しつつ登下山したのでしたが、
翌日、全身的には疲労が少ない様に感じました。
脚の疲労と筋肉痛ははんぱ無かったですが。
普段、スクワットで追い込んでいるのとは違う感覚ですな。
カーフ(ふくらはぎ)が特にやばかったですなぁ。
しばらく、カットが入ってキレキレのピキピキでしたわ。

●これで富士山は4回登ったことになります。
初登山は2007年の御殿場口の夜間で、
2回目が2010年の御殿場口夜間。
3回目が2011年の須走口日中で、そして今回。

で、須走口はとても登りやすい登山道だと思いました。
2回ともそういう感想。道幅も広いし、急ではないし。
山小屋の間隔も、結構絶妙な感じ。

まぁ、2回とも登ったのは9月なので、ハイシーズンのことは
知らんのですが。まぁ、また登るなら9月ですなぁ。
9月中旬まではそこそこ上の方まで山小屋も開いてるしね。
まぁ、9月以降の登山に関してはノーコメントですが。
各自が自己責任で決めることです。

で、ご来光狙いなら御殿場口夜間に限るでしょう。
富士宮や吉田、つまり須走の上の方の大混雑の話を聞き、
大渋滞の写真を見たら、尚更そう思います。
御殿場はいいですねぇ。あの荒涼とした景色。大好きです。
初心者向けじゃないとか言われますけどね。まぁ、そんなの、
各自が自己責任で判断することです。

他方、下りは御殿場口が最高なんじゃないかしらん?
特に、暗くなったあとは御殿場口が下りやすい。
須走の砂走りは大きな石が混じっていて、踏んじゃうと
グラッと来ますし、最後の森林が暗くなるとやばい。

御殿場口は一本調子で、大石茶屋と駐車場の灯りを頼りに
下りていけばいいのだから、暗くなっても須走よりマシです。
タクシー代も御殿場の方がちょっと安いし。
その気になれば御殿場の街まで歩けます。

公衆WCは須走が圧倒的に綺麗ですが。って、有料ですが。
御殿場のはちょっとツライです。

吉田口は、まぁ、登らんでもいいです。
わざわざ富士山の向こうまで回るのはあほらしいですから。
しかも、8合目から上は須走と同じ。
富士宮口も、登山下山同じで混んでて急な石の階段らしいから、
まぁ、登らんでもいいかなって思ってます。
8合目かのトイレの奥から御殿場口へ抜けるってのは興味津々ですが。
最近、そのルートを使った登山記録を見るようになりました。
このネット時代に、無いことにはできないですよねぇ。

宝永火口を抜けていくプリンスルートは、これは使うかもなぁ。
宝永火口の内側を夜登ってみたいし。満月の晩がいいや。

2012年富士山登山記 以上

***

そういえば、富士山の世界文化遺産登録が佳境の様ですが、
僕はどっちかというと反対ですな。なんか、登録されたら
色々とめんどくさそうだし。登山料とか、登山員数制限とか、
そんなこと言ってる声もあるし、なんか、うっとぉしぃなぁ。

ニュースで見たんだが、村山浅間大社の集落住民の困惑は当然だし。

白神山地とか、世界遺産化で禁猟になってマタギ文化が消滅の危機
らしいとか聞くと、ほんと、あほらしいというか腹立たしいというか。

信仰っても、民間信仰の、何でも有りの猥雑でカオスな感じが
いいと思うんですよね。なんか、わけわからんままにわーーっと
大勢で登って、ご来光見たらうわーーーってなるだけでいいじゃん?

夜間登山で寒い寒いのが、太陽出たらいきなり暖かくって
ほっとするのを体験したら、太陽信仰が極めて自然なことが
身を以て理解できるのであって、それでも十分に宗教的体験。

だから、山小屋や土産物屋が林立していようが、頂上に自販機が
あろうが、そんなことはどうでもいいと思うんですよね。
カオスで猥雑であってこそ、民間信仰としては健全だと信じています。
ゴミが散乱していようが、それがありのままなんだったら仕方がない。
トイレは綺麗にして欲しいけどさ。ウォシュレットにして!!!!

富士山にユネスコのお墨付きなんか要らんと思うのです。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 登山・ハイキング
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

No title

政さん、こんにちは。富士山登頂おめでとうございます。

何事もピークをはずすと快適になるものですね。私が登ったときはいまほどのブームではありませんでしたが、8合目からはアリの行進でしたから・・・。

それから、世界遺産登録の件ですが、私もどうでも良いのになぁと思います。京都とか鎌倉なんかは良いのでしょうが、自然相手の場合は、デメリットのほうが多いように思います。管轄する行政とか商工業者のトップだけが力を入れているんだと思います。箔をつけたいんでしょうねぇ。

富士登山

>SUZYさん

ども!有り難うございます!!
今年も富士山に登ることができて、満足しています。
9月に入って山小屋の開いている期間は、かなり快適です。
とてもアプローチしやすい土地に住んでいるんですもの、
登らなくっちゃ勿体ないです。

土曜日に須走口六合目から御殿場口六合目まで、
富士山の山腹を歩いてきたので、ぼつぼつエントリします。

にしても、世界遺産なんかどうでもええです。
認定されたら、不便の方が増えそうで、なんか面倒やなぁ。
プロフィール

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク