冷やし中華

201208_hiyashichuka1_04.jpg

冷やし中華って結構よく食うんだが、
いまいち決定版に出遭っていない気がするのだった。

うち飯はもとより、外食でも大衆中華定食屋にラーメン屋、
高級中華の2,3千円クラスのものまで色々食ったが、
何か物足りないんだなぁ。

高級中華の冷やし中華っても、要するにトッピングの具材が
豪華になっていくだけで、所詮は冷やし中華なんだよなぁ。
だから、冷やし中華は高級じゃなくていいんだが、
安いのが良いのかどうかは、また別の話だ。

そういえば、記憶に残る冷やし中華といえば、
京都の四条河原町と三条河原町の間の、どこやったか忘れたが、
『太陽軒』とかいうとこのんが美味しかった記憶がある。
記憶は不正確かもしれんが、ガラスの鉢にかち割り氷を入れて、
その上に麺。タレはゴマだれで、具は細切りのチャーシューの
赤身部分と、これまた細切りのキャベツだったと思うが。
あれは結構美味かった様に覚えているんだがなぁ。
まぁ、思い出は美しすぎるのかもしれんが。

冷やし中華専門店ではなかったのだが、夏の間は実質的に
冷やし中華専門店みたいになっていた感じ。
なんか、いつの間にか店が無くなっていて、その後で百万遍に
移ったとか言う話があって、百万遍は僕にとって懐かしの
学生街なんですが、まるで気がつかなかったのだった!!!!
でも!店があった期間と在学期間が重なっていたらしい!!!
ネットで調べたら、最近までやっていたそうなんだが、
ついに閉店だそうで、あの冷やし中華は幻となってしまった。

冷やし中華なんか、大学の学食のんも結構気に入ってたんですが。
鉢の中に麺とタレと、四角くて丸い窪みのある製氷器の氷が数個、
キャベツの千切りがわらわら~ってあって、缶詰のミカンも入って
いた筈だ。マヨネーズが鉢の縁に絞ってあるんだが、
食べ進むとマヨがタレの中にもやモロモロと細かく散っていくのよ。
そうそう!
缶詰のツナも入ってて、あれが散って底に沈んで食べにくい!
などと、妻と学食の冷やし中華で盛り上がったのでした。
同窓なもんで。

うん。学食のは結構美味かったのかもしれない。
ってか、冷やし中華は、そんな程度で十分なんじゃね?

でまぁ、暑い夏には冷やし中華ってんで、ここいらでひとつ、
おうちで食べる冷やし中華のスタンダードを決定してみよう!
ということで、妻と色々試食してみたのでした。

で、冷やし中華といえばタレですが、まぁ、醤油ダレが簡単で
いいですが、味ははっきりしていないと駄目でしょう。

だって水でしめた麺にかけるわけだから、濃すぎるくらいでないと
味がぼやけて、はっきり言って水くさくって不味い。
薄ら酸っぱいとか、薄ら甘いとか、薄らしょっぱいとか、駄目!!
だから、醤油も砂糖も酢もはっきり効かさねばならんのだが、
反面、僕は酸っぱいのが嫌なんです。

乾麺でもチルド麺でも、市販のインスタントの冷やし中華のタレって、
どうしてあんなに酸っぱいの?酸っぱいというよりも、ツンツンと
酸味が立ってる。爽やかなんてもんじゃないね、あれは。
むせることあるよ。「むせる」といえば『ボトムズ』だが、まぁ、いいか。

乾麺インスタントなら中華三昧の、昔は美味かったと思うんだがなぁ。
なんか、いまのは酸っぱく感じる。
そういや、ハウスのマダム楊の冷やし中華はよかった記憶があるが。
あれはゴマだれだったと思う。

で、話を元に戻すと、
酸味がない冷やし中華の醤油だれなんてありえないので、
僕は醤油と砂糖と酢を混ぜたのを一度沸かします。
分量はすべて同量。量は重量比です。
んで、中華出汁の素を入れる。量はお好み。ハッキリ志向で。
いいんだよ!冷やし中華はそんなもんで!!
オイスターソースなんかも入れたりして。
で、生姜の絞り汁を入れて、冷まして醤油ダレは完成。
なんしか、ハッキリした味がいいんです、これは。

麺は細麺でしょう。
冷たい麺は食うときのドライブ感が重要なんですよ!
だからもしゃもしゃ食わねばならん太麺は嫌なんだよなぁ。

で、細麺っても色々あるんですが、結局、市販のを買ってくる
しかないので、各自が見つけてくるしかないので省略。
中華乾麺もいいですね。歯ごたえコキコキして。
乾麺といえば『マルタイ』ですが、あれで作る冷やし中華はなかなか。

んで、お次は具材となりますが

やっぱ、キュウリは外せませんかねぇ?
モヤシ乗ってるの見たことあるけど、あれって美味いの?
レタス。あんまり野菜野菜して欲しくないんだなぁ。
わいはウサギちゃうどぉぉぉ~って暴れたくなります。
キャベツはゴマだれの方が合う気がします。

ハム。いいですね。
薄焼き玉子。OKOK。ってか必須でしょう。
茹でた海老。上等上等。でも、生臭い不味い海老は嫌だなぁ。
アタマとシッポは邪魔。予め外しておいて欲しい。

チャーシュー。細切りでしょう。でも脂身不可!!

冷たい麺に固まった脂身なんか乗せないでよね!!
口の中がねちゃつくでしょう!
でも、炙った熱いのなら可。熱いのと冷たいのとを同時に
口に入れるのは、あの感覚は結構かなり美味いですよね。

蒸し鶏、または茹で鶏。

201208_hiyashichuka1_01.jpg

合わないわけがない。

忘れちゃならない紅ショウガ!!練りカラシ!!!

でも、紅ショウガはゴマだれじゃないねぇ。


1回目

201208_hiyashichuka1_02.jpg

妻の作品

201208_hiyashichuka1_03.jpg

えーーーー紅ショウガ入ってないじゃない!!!
量も少ないしっ!

201208_hiyashichuka1_04.jpg

これだよ!!!
んで!!!

201208_hiyashichuka1_05.jpg

マヨネーズとカラシ装備!!これ常識!!!

でも、この海老!ちょっと不味かった!!臭かった!!
安物に手を出した俺があほやったわ!!!

2回目

201208_hiyashichuka2_01.jpg

棒々鶏とともに

201208_hiyashichuka2_03.jpg

2種の棒々鶏ソース

201208_hiyashichuka2_02.jpg

色の濃い方は花椒が強いです

201208_hiyashichuka2_04.jpg

麺に乗せたら、まぁ、合わないわけがないよね


ってな感じで、でも、結局

201208_hiyashichuka2_05.jpg

この辺がいいんじゃないかと
きわめてありきたりな結論に至る。

そういや、うどんに「すうどん」があるように、
そばに「かけそば」があるように、
「す冷やし中華」を作ったらこんな感じか?

主夫的昼飯に作ったんだが、いくら「す」冷やし中華っても、
キュウリは外したくないねぇって感じ。

201208_hiyashichuka3_01.jpg

でも、外で食う冷やし中華は、やっぱ割高感があるんだよなぁ?
あれは何故なんだろう??ほんと。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : おうちごはん
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

文字化け直っております!
よかったです><
何度きてもひし形イッパーイでどうしようかと…!

冷やし中華、お肉をのせるの、はじめてみました。
鶏肉。
写真で見るだけでも美味しさが伝わってきます。

「2回目」
の、お皿に山盛りに盛られたONLY麺には目が点に…(((( ;°Д°))))
冷やし中華にマヨネーズ以上のインパクトでした・・・。

政さんのブログってほんとう面白いですよね(*≧∀≦*)

文字化け

文字化けなおったんですね。
よかった、よかった。

冷やし中華ですが、やっぱ僕は鶏肉のんが
好きみたいです。ササミなんかいいですね。
茹でたのを手で裂いてね、トッピング。
ササミって、安い割に美味いです。

山盛り麺は、一応、2人前です。
4タマしか茹でてないので。
まぁ、量的にはそんなもんでしょ?

でわまたー

来月は・・・

関西グルメに行ってきます。
今回のテーマは「ハイとロー」です。(笑)
さて「冷し中華」ですが・・・
意外に自宅で喰う場合「具なし」も好きですね。
「冷し中華」がメインじゃない。
鍋とか喰った後にとか(笑)
そして「カニ棒」は忘れてはいけないでしょう。
外食の冷し中華・・・
5杯位食べないと満腹にならないです。(笑)

冷やし中華

これは伯爵殿どもです。

かに棒ですか、なるほど。
昔、昔、大衆中華でかに玉を食ったら、
カニ肉ではなくカニかまだったのを思い出しました。
って、カンケーないことですが、カニかま見る度、食う度に、
純情だった頃のことを思い出しますなぁ。

そうそう。
外で食う冷やし中華が不満なことの一因として、
量の問題はかなり大きいかもしれませんね。
冷たいからあっという間に食っちゃうし。
スープは全部は飲まないし。
大きいかもなぁ。

関西食い倒れツアー楽しそうですね。
ブログ楽しみにしています。
コメント欄も早く復活するといいですね。
ツッコミ入れたいのに入れられないのは
身体によくないです。
プロフィール

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク