トリッパと茄子のブカティーニ

久しぶりにトリッパ(ハチノス)食いたいなってことで。

うちの方ではトリッパは白くしたのを冷凍品で売ってるので、

201207_trippa_02.jpg

臭くなくなるまで白湯で茹でてから・・・

201207_trippa_03.jpg

香味野菜等と一緒に柔らかくなるまで茹でる。

ここで香味野菜の選択がちょっと考えどころで、
トリッパってばフレンチ・イタリアンにも中華にも使うんだけど、
どの用途に使うかによって選択する香味野菜も違ってくると思う。

まぁ、家庭料理的には気まぐれにどちらにも使える方が良い感じ
なので、葱、玉葱、胡椒、人参くらいがいいんでないかい?
花椒と生姜が出過ぎると西洋風には厳しい気がするし、
セロリが強くなると中華じゃ無いよねって感じがする。
だったら、いっそ、香味野菜なんか使わないでという選択もありかもなー。


柔らかくなったら、汁ごと冷まして汁ごと保存容器に。

201207_trippa_04.jpg


少なくても多くても手間は一緒なので、今回は1.5kg茹でました。
大体、6回分です。


で、トリッパ1回目

201207_bucatini_01.jpg

作り置きのミートソースの始末も兼ねて・・・
茄子も一緒に煮てブカティーニに絡めて食いました。


ここで「ブカティーニ」ってのは

201207_bucatini_02.jpg

ロングパスタなんだが

201207_bucatini_03.jpg

穴も開いてるというユニークな乾麺だね。

で、茄子は

201207_bucatini_04.jpg

こんな風に油を引いたフライパンに皮を下にして並べて、
皮からじっくり焼いた方が良いです。
油を吸わないし、それから茄子は皮の加熱がアマイと
なんか青臭いでしょう?

で、茄子が焼けたらよけておいて、トリッパを炒め焼きにする。
塩で下味を付けておく。

201207_bucatini_05.jpg

適当なところでミートソースと茄子を入れて、水とワインで
水加減して煮込む。


適当なところですり下ろしたチーズを入れる。

201207_bucatini_06.jpg

今回はペコリーノロマーノですた。

201207_bucatini_07.jpg

で、ゆでたてのブカティーニを入れて和えて完成。

201207_bucatini_00.jpg

ブカティーニは太いので重たいソースにも負けませんが、
穴が開いているので口に入れて噛むと軽い感じがします。
面白い食感です。



ところで・・・

201207_trippa_01.jpg

この表示なんだが、ハチノスを生で食う猛者がいたら見てみたい。

そういえば、
牛の内臓と言えば、生レバーが外食で食えなくなった訳ですが、
僕はレバー類は原則嫌いなのでたいした問題ではないなぁと・・・
そう思ってたら、ああっ!!

かなり以前、『マノアール・ダスティン』がまだ銀座にあった頃、
あそこで食べた子牛レバーのカルパッチョがすばらしく美味しくて、
あれをもう一度食いたい食いたい食いたい!と思ってたのでしたが、
もう再会出来る可能性はないということですか!!!???

あぁ~もう~
自己責任でいいじゃん!自己責任で!!!!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : おうちごはん
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

僕も生レバーに関して基本自己責任でいいと思うのですが、
発端の焼肉屋社長の言動を見ていると
こういう人が飲食やったら駄目だなって思ってしまいます。
誠意がない人は飲食やったら駄目ですね。
まあ誠意がないとこはそもそも美味しくないと思いますが。

なんかもー
僕はパターナリスティツク制約って大嫌いです。
すぐに公的な制約を求める人がいるのがなんとも。
コンニャクゼリーとかもそうです。

>誠意がない人は飲食やったら駄目ですね。

飲食業って、実は客の生命・身体に直接的な影響がある
コワイ業界なんですよねぇ~極端に言えば命預けてるんだから

でも客の側も、適正価格をはるかに下回る安売りを求めちゃ
いかんでしょうと、そう思います。絶対、歪みがあるし。
安モン食って腹壊してビョーキになんてね、あほらしすぎます。
プロフィール

政

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク