コーンポタージュ

初夏にフレッシュのスイートコーンが売ってる時期だけ作る。

201206_cornpotage_00.jpg

作り方はとても簡単で、

201206_cornpotage_01.jpg

実をばらしたスイートコーンとタマネギを焦がさないように
バターで蒸し焼きにして、

201206_cornpotage_02.jpg

冷ましてあら熱が取れたら牛乳と一緒にミキサーにかける

201206_cornpotage_03.jpg

十分に潰れたら漉していくんだが

201206_cornpotage_04.jpg

201206_cornpotage_05.jpg

201206_cornpotage_06.jpg

結局は目の粗いものから細かいものというふうに、
3回くらいに分けて漉していくのが目詰まりも少なく、
おまけに減耗も少ない方法でしょう。

でも、こういうの、ムーラン使うと楽なのかなぁ?
さすがに持ってない。安くないし。あんまり使いそうもないし。

そういえば、漉さなくていもいいとかいう流儀もあるみたいだが、
キッパリ「嫌だ!!」と言っておく。

まぁ、ね。
ジャガイモとかカボチャにニンジンとかなら漉さないけどね。
漉してないコーンポタージュなんて美味しい訳ないじゃん!!!
ましてや外食でそんなの出されたら、俺、切れちゃうかもっ!!??

はぁ、はぁ、はぁ・・・

って、まぁ、布で漉すことまではしないけどさ。
個人の許容範囲の問題やね、結局。

あとは、牛乳で濃度決めて、沸騰させないように温めたら、

201206_cornpotage_07.jpg

焦げやすいし注意、塩で味を決めて完成!


毎年作って、毎年思うんだが、
これってスープの素等の入り込む余地はないでしょう。
なんであんなもん使いたがるのか理解出来んなぁ。
余計な旨みは邪魔になるだけです。
塩だけで十分に美味しい。コショウも要らんわ。


ところで、これってトウモロコシから実をばらすのがちょっとだけ
大変だけど、、実の付け根、芯の際際のところまでばらしたい。
でも、包丁で掻き取るのは結構危ないかも。
サクッ!あれっ???血が出た~!!!とか。

だから、もう、これですわ!

201206_cornpotage_08.jpg

ニトリル手袋の厚手のやつ。

他には栗の皮剥くときとか、牡蠣の殻剥ぐときとかに使う。
そもそも水産加工用らしいんだが、なるほどね。
貝殻とか骨とか刃物から手を保護する需要があるのか。
水濡れにも強いだろうから、ますます料理向けだね。

で、これは刃物に対して結構丈夫なので

201206_cornpotage_09.jpg

包丁から手を護ってくれます。

注意なんかしてもしきれるもんじゃないしね。
栗とかトウモロコシなんか、大雑把にカッカッカッ!と剥きたい。
歳をとったら傷も治りにくいしさ。
そもそも、怪我して痛いのなんかあほくさいわ!!

201206_cornpotage_10.jpg

手袋使えば、ちゃらんぽらんでも楽に安全にばらせます。

ちょっと予防線を張っておくだけのことで怪我のリスクが回避
できるんなら、やらなきゃ損です。

まぁ、この方法でも怪我したっ!とか言われても、
僕の知ったことではありませんので、あしからず。
そこんとこ、よろしくね!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : おうちごはん
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

政

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク