黄精飴

「おうせいあめ」と読む。盛岡市の岩手県物産館『らら・いわて』で購入。

こんな感じに、

201203_ouseiame_01.jpg

ひとつひとつ紙に包まれたのが箱の中にきっちり納められていて、
素晴らしいことに!!!脱酸素剤入り密封パックではない!!!
無駄に長く日持ちさせようとしていないのが、実に実に素晴らしいです!!

で、「黄精飴」というのは

201203_ouseiame_02.jpg

こんな感じの、一種の「求肥」です。要するに、「飴」だけど餅菓子系。
まぁ、熊本の「朝鮮飴」も「飴」とつくけど求肥なので、類例は他にも
色々あるでしょう。又、長野の「みすず飴」は常温の寒天ゼリーやしね。
(どっちも好きだっ!デパートの諸国銘菓コーナーでしばしば買います。)

で、この黄精飴なんですが、去年、乳頭温泉の帰りに盛岡で昼飯を食いに
途中下車したときに『らら・いわて』で初めて見かけ、直感的にぴぴっ!
ときたので買ったのでした。箱がね、箱と包みが良くって、原材料欄見たら
スカスカでシンプルだったんです。

で、帰って食ったらいっぱつで気に入りました。
おいらの心の琴線をぶっちぎりだぜ。

むっちりしたテクスチュアに甘さは控えめ、アフターにかすかに香るか香ら
ないか程度の漢方薬的なニュアンス。

こんなのリピートするしかないでしょっ!!!!!

で、これは『長沢屋』っていう老舗が製造販売しているそうで、
お店の方にも行ってみたかったんですが、今回は予定がカツカツだった
ので断念しますた。「葡萄飴」ってのもあるそうで、食ってみたいなぁ。


そういえば、今回で盛岡は3回目だったのですが、ほんと、食うか、食いもんを
買うかしかしてないのが、我ながら笑えます。史跡名所とか、全然知らんし。

ああっ!

そういえば晩飯に『肉の米内』に行ったんですが、その極めて近所に
『藤原養蜂場』って蜂蜜屋があったことを、極々今さっき知って、
非常~に悔しがっています!!!

僕は蜂蜜が大好きなんですもん!!!!
食ったことのない花や樹木の蜂蜜を見たら買ってしまうんですが、
買っても食ったらなくなるのが惜しくて、結構色々たまってしまって
妻に叱られてるんですが、その蜂蜜屋もめちゃ色々売っているようだ!
ああっ!悔しいっ!!

まぁ、盛岡にはこれからも行くことになるでしょうけど。
秋田に行くにも、青森に行くにも通り道やしね。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 和菓子
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

黄精飴

黄精飴でググってお邪魔しました。

これ、美味しいですよね!
むかし、盛岡に親戚がいたので、よくお土産にいただきました。
今度盛岡に行くので、久々に懐かしい味を買ってくる予定です。
本店に行かなくても買えるんですね。
情報がわかって、ありがたいです。

葡萄飴も美味しいですので、次回は是非に!
ブログを拝見するまで、葡萄飴は記憶の底に沈んでいたので思い出せてうれしいです。

お邪魔しました~♪

ayaさん、ようこそ。

これ、ほんと、美味しいですよね。
『葡萄飴』も美味しいですか。
そりゃぁ、益々食ってみたくなりました。
盛岡にはまた行くに違いないので、
次回はお店の方にも行きたいと思います。
プロフィール

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク