技術革新のアカザエビのパスタ

冬の間は駿河湾のトロール漁があって、アカザエビもその獲物。
このエビって、活けの大きいのは結構高いんやけど、あがって
小さいのは一盛り幾らでそこそこ安い。

201202_akazaebi_01.jpg

でも、これって小さいうえに、メインの可食部である尻尾の中の身は
更に小さいのだが、まぁ、パスタソースの出汁には十分でしょうと。

201202_akazaebi_02.jpg

一緒に買ったホッキ貝も入れちゃうことにしてですな~

201202_akazaebi_03.jpg

エビの殻の水分を飛ばすようにカラッと炒めて、白ワインを
じゃぁ~っとしたところでなんとなく・・・

201202_akazaebi_04.jpg

小鍋にうつして、マルチクイックで潰してみる気になったのだった。

エビやカニのガラを炒めてパスタソース等に用いることは、普通に
何度もやってきたことだったが、この様にしようと思ったのは初めて。

って、こんなの手法的にはありふれていることなんだけど、ビスクとかで、
でも、何となく自発的に出てきたところを自画自賛したい気分なのだった。
これは技術革新ですよ!僕的にはね。

漉したら、

201202_akazaebi_05.jpg

綺麗にしたフライパンに戻して、トマトペーストと生クリーム、
塩コショウで味加減。

別途、バターで炒めた海老の身とホッキ貝をフライパンに入れて、
ゆでたてパスタと絡めて完成。

201202_akazaebi_00.jpg

ん~やっぱ、イタリアンパセリでも散らした方が好印象なんやけど、
ないものはしゃぁ~ないですなぁ。

味は、狙い通りで濃厚でおいしい。ガラを潰しながら炒めるより
エキスが良く出るみたい。甲殻類アレルギーの人は無理だろうけどね。

小さい小さいケガニなんかも安く売られてることもあるので、あれで
同じように作っても美味いのとちゃうかな?見たらやってみたい。

ところで、アカザエビの身って、火を入れたら柔らかいよね?
あんまりプリッとしてへん。味は良いけど食感の点において、
加熱調理は次点かなぁと思う。活けの刺身が最高。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : おうちごはん
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

アカザエビ加熱したら微妙ですか。
今の時期はまだギリギリ冷凍していない甘エビ食べれるんで甘エビばっか食ってますが、一度アカザエビを加熱したらどんなもんか調べてみたいですね。
つか、これからは生のオニエビに走りそうですけど(笑

あ、あと、更新毎回凄く楽しみにしています。

>himuroさん

アカザエビですが、いままで外食でも食べてきたわけですが、イタリアンとかフレンチで、
そりゃぁまずくはなく、出されりゃフツーに美味しくいただきますが。
要するに好みの問題で、高いカネだして積極的に選ばないなぁって感じです。
変だなぁ。エビ、カニの類は、加熱してあるものが圧倒的に好きなんですが。

冷凍でない甘エビなんか、もうどれだけ食ってないことやら!
そもそも、この辺には売ってないんですもの。
オニエビってのは食ったことがないんですが、なんか美味そうですね。
生の海老と言えば、ガスエビも、また食いたいです。
プロフィール

政

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク