銀杏の素焼き

なんでも、静岡市の清水区には銀杏の名産地があるそうで、
だからこの辺りも準地元とでも言うのか、おこぼれ頂戴か、
清水の大きな銀杏が結構普通に売っている。

んで、食い方ですが、殻を剥いて薄皮のまま素揚げにすると
皮が簡単に剥けて食べやすい上に油のコクも加わって美味い
のは、かなり前に当ブログで取り上げたのですが、まぁーーー

201112_ginnan_suyaki_00.jpg

揚げ油の準備とか面倒な向きには、やっぱ素焼きにしちまう
のがベストかと。

201112_ginnan_suyaki_01.jpg

ペンチでもニッパーでもヤットコでもええので、殻にパシッと
ヒビを入れて、オーブントースターで殻ごと焼くだけです。

201112_ginnan_suyaki_02.jpg

目安は殻がちょっと焦げる程度かなぁ。

201112_ginnan_suyaki_03.jpg

この殻の焦げた景色が晩秋から冬を思わせる風情なんですなぁ~

201112_ginnan_suyaki_04.jpg

ああーーーええ色やわーー
銀杏って、つるんとした光沢とか、色とか、すごく良いでしょう?
好きやわーーー


因みに、茶碗蒸しに入れるのも美味いんですが、
あれは下ごしらえとして素揚げでも素焼きでも下茹ででもしてから
使った方がいいです。ってか、せんとあかんでしょう。
大昔に一度生のまま入れたら、生煮えで不味かったんですよ。
まぁね。茶碗蒸しの卵液の最適蒸し加減を考えると、当然かと。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : おうちごはん
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク