青とうとおじゃこの炊いたん

aoto_jako_00.jpg

これも「京のおばんざい」とかゆぅて、紹介されそうなもんやな。
でも、店でわざわざ頼んで食うものでもあるまい。
そらまぁ、突き出しとかで出てきたら嬉しいけどな。
だが、グルメレポーターがオーバーアクションで褒めちぎるものではない。
これはただの家庭料理。家で作って食うもん。

これも子供の頃は全然好きやなかったなぁ。
30も半ばを過ぎてから求めて食うようになった味。
味の底にある「苦み」が身上。
酒も飲めるし飯も食える一品。

作り方は簡単。
たぶん、どこの家にもその家なりの作り方がある。
使うのは青とうなら何でもよい。
ピーマンでも作ることがあるが、伏見や万願寺の方が断然美味い。

今回は万願寺唐辛子を使った。
manganji.jpg

京都から買ってきて貰った最後の一把。

ちりめんじゃこはカンカンに乾いたのを使う。 
ojako.jpg

これはこちらのスーパーで「京ちりめん」という名で売られていたものだ。
やはり「京」ちりめんになるのね。

当地に越してきたとき、こちらでは「釜揚げしらす」という、
全然乾かしていないものが普通に売られているので驚いた。
こちらでは新鮮なシラスが手近にあるので、わざわざカンカンに乾かす
ことはしないのだろう。
柔らかくて美味いのだが、やはり僕は関西の上干ちりめんの方が好きやな。

シラスと言えば、生シラスは沼津や蒲原の名物である。
こちらに越してきたときに沼津港の寿司屋で初めて食って感動した。
が、生シラスだからと言って必ずしも美味いとは限らないことを知るのに
時間はかからなかった。
生シラスについては、それだけで独立した内容になるので、また後日。

本題に戻る。

1. 青とうはへたと種を取って刻む。

aoto_jako_01.jpg

はい、準備完了。

2. 鍋でも、フライパンでもいいので、油で青とうを炒める。

3. ちりめんじゃこをいれて混ぜる。
酒と淡口醤油と水を適当に入れる。
ちりめんじゃこから塩気が出てくるので、醤油の量には注意。

4. 水気が無くなるまで混ぜながら加熱する。

完成。

この料理には、家庭や個人によって様々なバリエーションがあるだろう。
ちりめんじゃこを入れたら醤油をちょっとさして完成とか。
(でも、それは「炊いたん」やのうて「炒めたん」やな。)
ちりめんじゃこをわざわざ水で戻して作る作例を見た記憶もある。

以上



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 簡単レシピ
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

政

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク