富士山のマツタケ食ったからよしとする

ここ何年かは、10月から11月の上旬くらいは甲府方面に遊びに行く
ことになっているのだが、今年は台風にやられた身延線がいまだに
全面復旧していないので、甲府方面物見遊山はお流れとなった。

やっぱこちらから甲府へ行くには身延線の特急を使わなければ
時間がかかってしゃぁないしね。山梨ワインの新酒祭りにも興味が
あったんだがなぁ。

で、秋に甲府方面に行くのは天然きのこ料理を食いに行くということと
ほぼ同義なので、だから今年は口に入らず。
まぁ、山のきのこならば富士山須走口の名物でもあるのですが、、
須走口のきのこは日帰り富士登山で食ったきのこうどん1回切りだった。

ところで、須走の富士あざみラインの入口の所に道の駅が出来ている。
『道の駅すばしり』というのがそれで、結構かなり前の先日に、
ちょいと遊びに行ったのです。バスで!


んで、須走口の道の駅だからってんで、山のきのことか売ってるんじゃ
ないかと期待していたのですが、だって、山梨側の鳴滝村の道の駅には
天然きのこが何種類か売ってたし、いそいそと売り場へ向かうと・・・


ん~正直、ちょっとがっかりかな。

なんつーか、製品的なお土産というか、お土産を狙った製品というか、
まぁ、そういうもんが多くて。あんまり「産直」って感じではなかった。
既に準ジモティーと化しているおいら達には、あまり珍しさはないね。
因みに、この辺の道の駅なら富士吉田の物産館の品揃えが面白かったです。

んで、ちょっとがかーりしてると、パッとね、ぱっと目に入ったのが、
見紛う事なきあの形!松茸!!!!

富士山のマツタケだそうで、それなりの値段はするが、国産としては
べらぼうに高くはないので、さぁさぁ!
妻と協議するも一瞬で合意に達したのですた。買うべし!!!

で、買って帰ったのでしたが、うん。もうかなーーーり前の話なので、
今年はもう終了でしょう。でも、ブログネタにはキャッチーなので、
マツタケ食ったどーーーって自慢しときます。

で、富士山麓のマツタケなんですが、富士山ではマツタケは赤松では
なくてコメツガの針葉樹林に生えるそうな。

201110_matsutake_01.jpg

だからコメツガマツタケな訳ね。

201110_matsutake_02.jpg

形も素晴らしーーー食べ頃っ!

で、素晴らしいことに

201110_matsutake_03.jpg

虫食い無し!!!!!!!もう、スパーンと綺麗でした。

さて、こういうのは、もう王道として松茸ご飯と吸い物で決まりでしょう。


惜しげもなくいれちゃう。

201110_matsutake_04.jpg

一部はご飯と一緒に最初から炊飯器に入れて、残部は炊きあがりの後で
投入してしばし蒸らす。

で、こんな感じで。

201110_matsutake_05.jpg

201110_matsutake_06.jpg

お陰で、今年はTVの旅とグルメのお気楽番組でマツタケをみても全然
羨ましくなかったわ!へへへ。

以上、マツタケ食った自慢ですた。

***

ところで旅とグルメのお気楽番組といえばテレ東なんですが、なぜか
当地のケーブルTVではテレ東が観れる。でも、大人の事情があるようで、
たしか来年までだったかなぁ、まぁ、期限付きなのですが、それはさておき、
テレ東で旅とグルメの番組を見ていて最近とっても気になること!!!

     ぼかしが多すぎっ!!!!!

スポンサーへの配慮なんだろうけど、酒とか清涼飲料水の瓶とか看板とか
自販機等にぼかしが入ってるのさ。画面に映った街の風景のほんの隅っこに
チラリと入る程度のものにまでご丁寧にボカシが入っている。
甚だきしは、レポーターがたまたま出逢ってちょっと話したその土地の
子供が手に持っていた飲み物の缶にまでボカシ!!!あれにはびびった。

なんだかなぁ~
うんざりっていうか、興ざめっていうか、何もそこまでっていうか、
あれって製作の下請けが過剰に気を利かせてるの?
それともそうしないとスポンサーからネチネチいぢめられるの?

でも、視聴者からすれば、かなり変ですよ?ね。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : おうちごはん
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク