FC2ブログ

『箱根SAGAMIYA』の「ナッツヴェセル」

箱根湯本駅の駅前に『箱根SAGAMIYA』っていう菓子屋があって、
菓子屋というか、ガトー・セック、
焼き菓子屋なんだが、
そこの「ナッツヴェセル」っていうのが大好きなんです。

201902_HSAKONESAGAMIYA_01.jpg

こんなの。

201902_HSAKONESAGAMIYA_02.jpg

薄く焼いたクッキー生地の上にクリスピーなキャラメル生地で
各種ナッツを寄せて固めたもん、とでもいう感じのお菓子。

このキャラメルの固さが絶妙なんやなぁ~
以前、ハイキングで箱根湯本駅に立ち寄ったとき、
何も知らんと入って買って食ったら、たちまち大ファンになったのよ。

んで、先週の土曜日に夫婦でウォーキングに行った時に買い求めたのです。

因みに、そのウォーキングは三島市自宅から箱根峠を越えて小田原まで
歩いたのでした。

三島市自宅から~

201902_ODAWARA_01.jpg

元山中集落を通過して平安鎌倉古道ってのを登り

201902_ODAWARA_02.jpg

こんなハイキングコースな

201902_ODAWARA_03.jpg

箱根峠通過!

小田原側の石畳をトコトコ

201902_ODAWARA_04.jpg

有名な『甘酒茶屋』

201902_ODAWARA_05.jpg

201902_ODAWARA_06.jpg

甘酒うまぁ~

途中、箱根湯本駅前で上記のお菓子を買い、
閉店ぎりぎりで突入したから写真とかあらへん

んで、小田原市に入り

201902_ODAWARA_07.jpg

『くまもとらーめん ブッダガヤ』でゴール!

201902_ODAWARA_08.jpg

うぅぅぅ~ん!豚骨!とんこつぅぅぅ~

201902_ODAWARA_09.jpg

以上の行程で8時間半って感じ。
道中ジョギングすらしてないので、まぁ、運動強度は中くらいかなぁ?
俺みたいなアラフィフ100kg超オヤジでも問題なし!

詳しくは『ヤマレコ』にうpしてあります。
興味のある方は読んでください(→クリックすると別窓)

でわまた
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : お菓子
ジャンル : グルメ

ホッキ貝飯

久しぶりの料理ネタで更新!

201902_HoxtukigaiMeshi_00.jpg

ホッキ貝の炊き込みご飯を作りますた。マジ、簡単です。

殻付きで活けのホッキ貝です。

201902_HoxtukigaiMeshi_01.jpg

剥きます。

201902_HoxtukigaiMeshi_02.jpg

これを更に開いて、緑色のワタを取り除いて、適当な大きさに刻みます。

それを昆布だしでサッと煮て、1分程度、取り出して冷ましておきます。
小さなボールに取り出して、乾かないようにラップをかぶせ、
速やかに冷めるようにボールを冷水に浮かせておくと良いでしょう。

ごめん!この工程の写真とるんわすれてたわ

貝を煮た汁は、炊こうとする分量の米に合うように加減して、
塩、淡口醤油で程よく調味しておきます。ちょっと濃いめがいいです。
自分のセンスを信じて仕上がりの味を想像しながら調味すると良いです。

その汁でフツーに飯を炊いたら、冷ましておいたホッキ貝の身を混ぜて、

201902_HoxtukigaiMeshi_03.jpg

しばらく置いてできあがり。

うん、簡単だね。

201902_HoxtukigaiMeshi_00.jpg

まぁ~生きた貝をバラすのがハードルかもしれんけど、
アサリでもハマグリでもシジミでも生きてるのが値打ちやし、
ホッキ貝はちょっとデカイだけだぜ?

でわまた
関連記事

テーマ : おうちごはん
ジャンル : グルメ

アブラゴソの干物

アブラゴソの干物を作ったのを焼いて食った。

201902_AburaGoso_00.jpg

って、去年の12月なんやけどね。ブログ水増し企画!

これってレアアイテムの筈で、
こちらに来て、その存在を知ってからずっと食いたいと
思い続けていたのに全然お目にかかれなかったのが、
去年の12月に久しぶりに整形外科にかかったとき、
帰りに近くのスーパー『マム』に寄ったらあったとゆー。

んで、この「アブラゴソ」だが、標準和名は「ヒウチダイ」という。
割と稀少らしく、その上味の評価も良いらしく、
戸田とかの料理屋では結構良い値で出しているらしい。

201902_AburaGoso_01.jpg

こんな顔。なんか、顔に透明な鎧をかぶってる。

因みに、沼津で「ゴソ」と呼ばれている別の魚もいて、

goso_sioyaki_01.jpg

これな。これの標準和名は「ハシキンメ」で、割とフツー。
フツーっても、大手スーパーにはまず並ばないが、
地元志向スーパーとか個人商店魚屋では、
トロールの漁期には割とフツーに見かけるはずだ。
味は小骨が少なくって食いやすい白身です。

で、今回のアブラゴソ、本来はレアアイテムで高いはずが、
きっとサイズが小さすぎであるが故に、すげぇ~安かった。
全部で100円!!!

でも、やっぱ小さいので、面倒なことをする値打ちはないだろうと、
簡単に一夜干しにして食いました。

腹腔部ごと頭を落として水洗後3%の塩水に20分つけます。

201902_AburaGoso_02.jpg

金網に並べて、ラップをせずに冷蔵庫に24時間ばかり
メヒカリとかの小魚を少量の干物にするなら、この方法が一番だと思う。

201902_AburaGoso_03.jpg

程よく乾いたら

201902_AburaGoso_04.jpg

串を打って焼きます

201902_AburaGoso_05.jpg

完成~

201902_AburaGoso_05.jpg

小さいから食いにくいのだけど、味はメチャ美味かったです!
身は柔らかく、筋繊維からしみ出る味の良い脂。変な癖なし!!
これは珍重されるのがわかるわ。
次はもっと大きいサイズのに出遭いたいです。

因みに、これに遭遇した清水町のスーパー『マム』なんやけど、
沼津港産の所謂「未利用魚」が結構売られていて、面白いです。
自分で魚を捌いて料理するのが楽しみな人にはいいのではないかな。

でわまた
関連記事

テーマ : 美味しかった♪
ジャンル : グルメ

プロフィール

政

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク