FC2ブログ

オオコシオリエビの味噌汁

201812_KOSHIORIEBI_00_02.jpg

冬の駿河湾は深海トロール漁の季節なんで、
市場にも深海魚がチラホラ並ぶ。

っても、大手チェーンのスーパーなんかでは
あまり見かけないのだけれど、
例えば清水町の『食遊市場』なんかには、
漁期には駿河湾の深海の獲物が並んでいる。

で、先日、目にとまったのがこれ。

201812_KOSHIORIEBI_01.jpg

深海のエビでオオコシオリエビという。
で、これは味噌汁が間違いないでしょう。

作り方は簡単で、エビを洗って適当な大きさの鍋に入れ、
適量と思われる水を注いだら強火にかける。
わぁ~っと沸いてきたら吹きこぼれない様に火加減を調節して、
しばらく沸かしながら浮いてくるアクを一通り取り除いたら、
とろ火にして20分ほどじっくりと出汁を煮出す。

あとはお好みの味噌をお好みの分量で溶いたら完成!

201812_KOSHIORIEBI_00_01.jpg

なんて見た目インパクトのある味噌汁!!

深海エビとか小さいカニとか安く売ってるけど、
この作り方で、まぁ、殆ど大丈夫なんじゃね?

今回、オオコシオリエビを料理したのは初めてだったけど、
この方法でOKでした。

因みに、身はあまりありません。
しっぽの中には身もあるけど、小さいですね。
味は良いのですが、ちょっとめんどくさい。
汁だけ飲んでりゃいいんじゃないかな?
その観点からは、ビスクの材料にするのがいいかもですね。

ところで、このエビに手を出す気になったのは、
沼津港みなと新鮮館の『丸勘』という干物屋兼海鮮丼屋で
偶に出てくるのを何度か食って、めちゃ気に入ってたから。

このお店は生しらす丼もワンコイン500円で食えるのが素晴らしい~
しかも、朝どれが入荷した日にしか出さないという筋の通し方。
因みにこの店は、いまやラブライバー御用達になってる感があり、
彼らの旺盛な食欲で早く売り切れちまうことも。
でも、あこそで生しらす初めて食って、その後も何度か食ったら、
要求水準が高くなってしまうんじゃないかな?
でも、それはとても素晴らしいことやと、俺は思う。

でわまた
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : おうちごはん
ジャンル : グルメ

天城峠から戸田峠までハイキング(伊豆山稜線歩道)

夕闇迫る達磨山山頂から見た富士山

20181124_IZUTRAIL_15.jpg

先週ですが、久しぶりに長い目のハイキングをしますた。

伊豆山稜線歩道というハイキングコースがありまして、
それは天城峠から山の中をずぅ~っと通って行って、
仁科峠、船原峠を通過して戸田峠に至るコースです。

伊豆山稜線歩道は僕ら夫婦が本格的に山歩きを始める
きっかけになった様なコースで、初めて歩いた2005年1月以来、
何度も歩いてきました。その何回かは当ブログの過去ログにも
あるのですが、とにかく、このコースは長いのです。

天城峠バス停から戸田峠までのコース距離は約28.6km、
標準タイムは休憩無しで11時間50分なのに、修善寺駅から一番
早いバスでも天城峠バス停スタートは時刻0900になってしまい、
戸田峠から修善寺駅へ帰れる最終バスは時刻1851。
こんなのフツーのスピードでは無理!
しかもいくつものピークを越えるアップダウンの連続!

でも、それ故にバスのある時間に日帰りで歩き通すことが、
我々夫婦の目標になっていたのです。
なにしろ、初めて歩いたときは、命からがら逃げ帰ったしね。

その後、何回もの敗退と数年間のブランクを経て、
初めて成功したのは2016年12月のことでした。
正直、俺等の感想としては富士山日帰りよりキツイね。
富士山の方が絶対楽やし気楽やと思うわ。

その後、2017年は敗退し、今年2018年は4月に成功。
んで、今年はもういっぺん行っとくか?って感じで行きますた。

つー訳で、
修善寺駅から東海バスに乗って天城峠バス停からスタート!

20181124_IZUTRAIL_01.jpg

先ずはトンネルの横から旧天城隧道まで登ります。

20181124_IZUTRAIL_02.jpg

んで、天城峠まで登って横移動開始~

20181124_IZUTRAIL_03.jpg

横移動ってもアップダウンはあるんやけどね。

歩きにくいとこも通るし

20181124_IZUTRAIL_04.jpg

二本杉峠を通過して

20181124_IZUTRAIL_05.jpg

台風の爪痕激しい

20181124_IZUTRAIL_06.jpg

三蓋山~

20181124_IZUTRAIL_07.jpg

仁科峠

20181124_IZUTRAIL_08.jpg

風早峠から県道を下りてちょいと寄り道

20181124_IZUTRAIL_09.jpg

ここにはコース中、貴重なWCがあるのだ!
でも、ここによると30分弱余分にかかるけど。
この存在に気づいたのは、まだ去年のことやけどなっ!

この辺、開放感のある気持ちの良いトレイル!!

20181124_IZUTRAIL_10.jpg

森の中のアップダウンを進むと

20181124_IZUTRAIL_11.jpg

船原峠

20181124_IZUTRAIL_12.jpg

ラブライブサンシャインの聖地

20181124_IZUTRAIL_13.jpg

土肥駐車場を経て

20181124_IZUTRAIL_14.jpg

ラスボス!!達磨山!!!を倒したのは時刻1702!!

20181124_IZUTRAIL_15.jpg

薄暮の富士山がすばらしーーーーー

20181124_IZUTRAIL_16.jpg

で、戸田峠到着は1802
バスまで間がありすぎるので達磨山レストハウスまで歩いてゴール!

って感じですた。

詳しくはヤマレコの方をどうぞ(→クリックすると別窓が開く)

興味のある方、トレランでなく歩き通せるタイムの参考にしてください。

因みに、この伊豆山稜線歩道、
近年はITJ(伊豆トレイルジャーニー)というトレランの大会で有名になりました。
ITJは松崎をスタートし、長九郎林道経由で二本杉峠へ至り、伊豆山稜線歩道で戸田峠、
ゴールは修善寺温泉だとゆーー今年のレースは12月9日だとゆー。

この日も試走に来ていた何人ものトレランさん達に抜かされますた。
彼らの走りを、ちょっとは身につけたいですねー痩せたくないけど。

にしても・・・
なんか、初めて行ってから10年以上を経て通しで歩けるようになった、
ってことは、今アラフィフの俺が10歳若い自分に勝ってるってことなんで、
それが嬉しい。オマケに俺は今、体重105kgあるしね。

アラフィフで105kgの俺。
はぁ?メタボ??BMI??黙れ!!!って感じっ!!

でわまた
関連記事

テーマ : 登山・ハイキング
ジャンル : 旅行

プロフィール

政

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク