FC2ブログ

鶏セセリ焼(塩味とケバブ風)

201809_ToriSeseriRost_00_01.jpg

過去にも登場したけど、鶏のセセリ(首の肉)、

201809_ToriSeseriRost_01.jpg

売ってれば安くて美味いので、必ず買うって感じ。

で、塩味はフツーに塩をふるだけなんだが、
今回はケバブ風を指向して・・・

201809_ToriSeseriRost_02.jpg

ボールにおろしニンニクとおろし生姜、
他にパウダースパイス(ターメリック、クミン、
黒胡椒、パプリカ)を分量適当にいれる。
まぁ~クミンとパプリカは控えめに入れることだけ注意したら
ひどいもんにはならんのとちゃうかな。知らんけど。

ここへ塩をふってしばらく置いて味を馴染ませたセセリを
入れて混ぜてしばらく置く。

201809_ToriSeseriRost_03.jpg

おく時間は適当に。

串に刺して焼く。

201809_ToriSeseriRost_04.jpg

以前はグリルパンで焼いていたのだけど、
最近はガステーブルにセラミック金網をのせたんで焼くのが
復活しました。やっぱ、直火の方が美味いわ!!

で、煉瓦で熱源からのスペースをとって金串打って焼く。

火加減は滴った脂が炎を上げない程度の弱火。
よくいわれる「強火の遠火」ではないです。弱火です。

だって、炎が上がったらめんどくさいもん、色々。
ガステーブル汚れるし、煙たいし、食材が変に焦げるし。
つきっきりの番もめんどくさいし。

だから、俺は炎が上がらない程度の弱火でいいんです。

アルミホイルで全体を覆って焼きます。

201809_ToriSeseriRost_05.jpg

食えるようになるまで両面焼く。トータルで20~30分くらいかなぁ?
その間、何度か場所を入れ替えたり、右と左を代えたりして、
均等に火が当たるようにするのだけど、その程度の手間は、やはり必要。

201809_ToriSeseriRost_06.jpg

まぁ、そこんとこは食材の量とか、各自の調理環境で違ってくるので、
個別具体的に対応してください。

この方式の自作の調理器具を作ろうかなと考えていたんですが、
どうせすぐに油と煙で汚れて、熱でボロボロになるのだから、
もう単純にアルミホイルで覆うだけでいいやぁ~ってなりますた。
あ!アルミホイルは何度か使い回します。当然です。

それでも、

201809_ToriSeseriRost_00_02.jpg

この程度の焼け具合にはなります。

201809_ToriSeseriRost_00_03.jpg

でわまた。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : おうちごはん
ジャンル : グルメ

網膜に穴が開いて山も筋トレも禁止中~

こんなことになっております・・・

201809_moumaku.jpg

この前の土日、漸く晴れたというのに、
どこの山にも行かずに家にいたのですが、
それは網膜に穴が開いたからです。

これは中高年なら誰でも起こりうることなので、
この体験談をうpしておきます。

僕は今54歳なのだけれども、
僕の右目には少年時代から飛蚊症がありまして、
視界の中にチラチラ動く半透明の糸くずの幻には
もう慣れっこになっていたのですが、それがあの晩、
突然、なんの前触れもなくぶわぁっ!と増えたのです。

見え方も半透明の糸くずではなく、
黒い糸がもつれたように見えるようになり、
もつれた糸くず、というか、
高分子蛋白質の3DモデルのCGがあるやん?
あんな感じのが目の前でぐるう~って動いてるん。

ま、なんしか、
昔からつきあってきた飛蚊症とはレベルが違うことが
すぐに判ったのですが、痛みがあるわけでなく、
見え方にも他に異常があるわけでないので、
その晩は遅かったこともあり、とりあえず寝てしまいました。

で、翌朝、目を覚まして空を見上げると、
あのウネウネがが視界の中に漂っていて、
他にも細かい細かい半透明の粒々が右目の視野一面に散っている。

これはもうなにかやばいことが右目に起こったに違いあるまいと、
眼科を受診しようと決めたのですが、さて、問題はどこの眼科?

だってそれまで眼科にはあまりお世話になったことは無く、
学生時代に空手をやっていたときに、スパーリングで相手の蹴りの
指が目に入ってしまったときに一度と、それからコンタクトレンズを
作る時に何度かだけ。

そうです。

眼科医と行ってもコンタクトレンズの検診専門になっているような
ところは避ける方がええんとちゃうかな?
ちゃんとした眼科の専門医でなくてはと、ネット検索をしまくって、
アクセス等も勘案し、決めたのが沼津市の某眼科専門医院。

で、三島から沼津に行って、受付済ませて、視力やら眼圧やら、
一通りの検査が済んで、医者による眼底検査のあとの診断結果が!

「すぐに来たのは大正解!網膜に穴が開いてます~」

原因は眼球の硝子体が加齢によって変性して、それが網膜と癒着することが有り、
そいつが何らかの拍子に網膜から剥がれるときに網膜をピッ!とやっちまうことが
あると、まぁ、そんな感じ。要するに、歳をとったのが原因だと。

で、ほっといてふさがるということはなく、寧ろ進行して網膜剥離に進み、
そうなると本格的でめんどくさい手術になるが、今の段階ならレーザー光線で穴の
回りを固めて進行を止めることが可能で、この後すぐに出来ますがどうですか?と。

断る理由はないので、んじゃお願いしますって感じで。

んで、何種類か目薬さされて、なんか器械にアゴのせて、なんやかんやで終了~

特に痛みはない。
でも、レーザー照射の瞬間瞬間に後頭部にズンズンと微妙な衝撃を感じていたかも
しれない。右目に何かが見えるものではなく、ちょっと光がチラチラするだけ。

レーザー照射はごく短く、しかし何十発も打ったようで、術後の経過観察で撮った
写真を見ると、開いた穴の回りにレーザー照射痕ががぐるりと3重に取り囲んでいた。
それが固まって穴が広がるのを防ぐのだということらしい。

一応、処置は成功したようで一安心なのだけれども、問題は術後の養生の注意事項で、
2週間はスポーツ禁止!!!山も筋トレも、頭を激しく動かすの禁止。震動は大敵!
トレラン?とんでもない!とにかく、治療箇所が安定するまで安静を心がけてください~

で、いまでようやく1週間が経とうとしているところなのです。

でも、まじ、キツイわぁ~

特にここ何年か、俺から筋トレと山歩きをとったらなんも残らん様な感じなんで、
もうね、ぼぉ~って感じで。わい、どないしたらええねん~???

それでも、これからまだあと何年も筋トレも山歩きも続けていくつもりだし、
僅か2週間程度の辛抱が出来ずに視力を損なうのはあまりに馬鹿馬鹿しいので、
ここは我慢のしどころかと。そう、なんとか自分に言い聞かせているのだけれども。

ああっ!筋肉が落ちるのが怖い!使用重量が下がるのが辛い!
俺はこのままではクソガリになってしまうっ!!!
ジムに行きてぇっ!スクワットやりてえぇつ!ベンプレがしてぇっ!
体重が100kg切ったら泣けるね!そんなん、ガリガリやん!痩せすぎですわ!


なんしか、

20180714_subashiri_01.jpg

これ、今年の7月に富士山山頂で撮ったやつやけど、
あと10年くらいはこのレベルの体格を維持したいのよ。
あとはシックスパックできたら完璧!

でも、一応2週間と言うのは目安で、どこでスポーツを再開し、
それでどうなるかは自己責任でよろ!ってことだった。
ま、それでいいけど。

つーわけで、中高年のみなさん、特に飛蚊症を自覚している人達、
飛蚊症の程度がいきなり甚だしくなったらすぐに目医者に行きましょう。
それも専門医で、即日手術が出来るような医院でないとだめでしょう。

とにかく、早ければ早いほどいいそうです。

ご用心

あ!費用は3割負担で5万円ちょいですた!!!

でわまた
関連記事

活けアジで3種盛り(沼津の内浦・淡島)

なぁぁぁ~んか、トップに広告出されてるし!!!
って、更新したら消えるそうんなんやけど。

って、1ヶ月以上更新をしていないとは、驚いた。

なんか、8月にガラケーからスマホにチェンジして、
富士山登山中にからモバイル更新したら上手くいかんで。
当然、スマホからでも更新する方法は在る筈なんだが、
でも、モバイル環境からはツイッターの方が相性が良く、
っても、細かいことを一々つぶやくのはあんまり性に合わん。

で、久しぶりの料理ネタを・・・

ちょっと前に話になるが、まだ今月のこと

201809_IkeAji_00_01.jpg

沼津の内浦で買って帰った活けアジを使ってお造り的な何かを3種。

フツーのお刺身

201809_IkeAji_00_02.jpg

所謂タタキ

201809_IkeAji_00_03.jpg

それから、なめろう的な何か

201809_IkeAji_00_04.jpg

活けアジは沼津の内浦漁協直営の食堂兼土産物屋の『いけすや』で買ってきますた。

201809_IkeAji_01.jpg

1匹200円で、土産物コーナーレジで注文すると、奥から持ってきてくれた。

ホイと渡されたのは氷水詰めの活けアジで、まだ中でビチビチ跳ねていやがる。
関西人的には活け締めにしたいところだが、まぁ、贅沢は言うまい。

んで、買ったのは15時頃で、その日の晩に作ったのだが・・・

201809_IkeAji_02.jpg

活け締めにせんでもまだ身はブリブリやし、

201809_IkeAji_00_05.jpg

アラに鼻を突っ込んでも臭わんし。
(これはアラ汁にしますた。
サイズ的に身を食うのはめんどくさいので汁だけ飲んだらええやん。)

で、なんつーか、このアジは最強!!!

特筆すべきはなめろうのテクスチュアで、

201809_IkeAji_00_04.jpg

細かく刻んで葱、生姜、味噌とまな板上で切り刻んでも、
一粒一粒の身の角がしっかりしていて、
口の中でも明確な輪郭を保っていて実に美味しい!

なめろうというのはそもそも漁師料理で、漁師が船上で手っ取り早く云々・・・
という話から、俺はなめろうは活かってるアジでつくらなあかんのでは?と
思っていたのだったが、やっぱ、そうなんじゃね?

だって、いままでスーパーとかで買ってきた鯵、それでも刺身で食えるほどには
新鮮な奴、でなめろう的な何かを作ってそれなりに満足していたけど、
やっぱ、ちゃうわ。活けアジで作った方が圧倒的に美味い!

つー訳で、沼津の内浦に行ったら『いけすや』で活けアジ買うのはおすすめ。
自分で魚をおろして造れるならやってみるべきではないかと。

レシピ?省略でよろしく。
つか、自分で捌ける人には自明でしょう、こんなの。

***

ところで内浦に行ったのはちょっとした物見遊山で、
9月の上旬に土日に雨が続いたでしょう。
もう山に行けないでふてくされていたところ、
日曜日の昼から晴れてきたので、どっか行きたいので
んじゃ、淡島でも行っとくか、と。
あそこの山のてっぺんには神社があって、
行くのはちょっとした山登りらしいし、と。

淡島には三島からなら伊豆箱根鉄道で伊豆長岡まで行って、
バスに乗って三津まででてちょっと歩くのがいいだろうと。
沼津からバスだとちょっと時間がかかるし。

つーわけで、伊豆長男岡駅に着いたら~

201809_Awashima_01.jpg

うふふ。空いてるからツーショット撮ってもらいますた!
妻に!!

そしたらバスもラブライブ号やしっ!

201809_Awashima_02.jpg

俺、伊豆箱根バスのんに乗るんは初めて。
そしたら車内放送の広告アナウンスもCVなんでびっくり!

201809_Awashima_03.jpg

ダイヤさんが「温泉まんじゅう」とか言ってるのにはエモっ!!
胸熱やなっ!車内アナウンスに関しては東海バスに勝ってる。
そういえば、伊豆箱根バスのラブライブ号には3号車が登場したそうで、
んで、伊豆箱根タクシーのラブライブ号は全9台リニューアルしたとか。
まだ1台も見れてないのだ。

で、三津の浜からちょっと歩いて淡島への渡し船乗り場。

201809_Awashima_04.jpg

料金はマリンパーク代金込み1800円で、渡し船だけってのはない。
まぁ、安くないけど、カエル館にも行きたかったし。

船上からみた沼津アルプスの稜線。

201809_Awashima_05.jpg

あそこを歩くのは晩秋から冬の間くらいが丁度良いです。
今の時期は暑すぎ!!

んで、ちょっと淡島の山登りでもするかと。

201809_Awashima_06.jpg

登り始めたが・・・

201809_Awashima_07.jpg

10分で終了~

201809_Awashima_08.jpg

ちょっと物足りんなぁ~往復50分程度って、盛りすぎでしょう~

作中にも出てきた頂上の神社やけど、意外にもでかい。

201809_Awashima_09.jpg

祠が大きくなったレベルのものを想像してたのだけど。

蚊の来襲から逃げるように下山して、楽しみだった「カエル館」

201809_Awashima_10.jpg

写真は上手に撮れなかった・・・

201809_Awashima_11.jpg

そういえば、カエル館は2回目だったが、
前回はラブライブのラの字もなかった頃で
まさかこの辺りがあんなに有名になって
若いのが大挙して押し寄せてくるようになるとは思いもしなかったわ。

土産物屋にも関連グッズがいっぱいで・・・
特に気に入ったのが伊勢エビのぬいぐるみで・・・

201809_Awashima_12.jpg

このポップの左の子が持ってる伊勢エビのぬいぐるみっ!
思っていたよりはるかに縫製もしっかりしていて、
触覚の先まで詰め物がしっかり詰められていて、
かなり欲しかったのだけれども、置く場所にも困るので、
泣く泣く断念したとゆーーー。

つー感じで、最後に

201809_ikesuya.jpg

『いけすや』で活けアジを買って帰ったのですた。


でわまた。
関連記事
プロフィール

政

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク