FC2ブログ

水ヶ塚バス待ちちう~


バス待ちなんで、おでん食ってます

結局、今日は山体観測装置まで登り、
御殿庭上から幕岩上までトラバース
で、水ヶ塚にもどりました

でわまた
関連記事
スポンサーサイト



宝永第三火口


絶景やばいです
関連記事

御殿庭なう~


ふじさぁん
関連記事

富士山真っ白!


三島駅発水ヶ塚行きのバスが11月末までなんで、
今日は今期最後になるどあろう富士山ハイキングどす

っも、下から見ても雪が多そうなんで、宝永山までも登らんかも

せいぜい双子山位になるでしょう

でわまた
関連記事

二階滝バス停ナウ~

なんかペースよかったんで、八丁池口から下まで下りちゃいますた

予定より早いのに乗れます

でわまた
関連記事

三筋山頂上ナウ~


青空に生える大風車!

駅から2時間ちょいどした

でわ八丁池口へ行きます
関連記事

伊豆稲取駅~


今日のハイキングのご予定~

伊豆稲取駅~三筋山から~八丁池口バス停

ちょっとぬるめどす

でわまた
関連記事

プロウンマサラ

こんなの作ってみた。

201711_PrownMasala_00_02.jpg

プロウンマサラ、要するにエビのインド風炒めもん。

もう10年近く前になると思うのだけれども、
東京の『ダバ・インディア』で南インド料理の洗礼を受けて以来、
もっと頻繁に色々と南インド料理を食いたいと思っているのだ
けれども、この辺りには店がない。

最近ではここ三島市にもインド料理屋が何軒かあるのだけれども、
南インド料理を看板に掲げている店はないのだった。

要するに、でっかいナンとカレー出してりゃOKって感じで、
そりゃぁ、まぁ、その中でレベルの差はあるにはあるのだが、
まぁ、なんしか、インド料理と聞いて日本人が想起するであろう
範囲内のインド料理屋しかないのだった。

だったら自分で作るしかないのだけれども、
実際、過去には何度か僕の中で「インド料理ブーム」があって、
その度に色んなスパイスを買いそろえたりしていたのだけれど、
使い切れないままに古くなって行くのが常なのだった。
(「ヒング」なんてガラス瓶に厳封したまま何年にもなるぜ!)

でも、また最近、個人的にブームが起こっているのでした。

きっかけはこの本。

201711_PrownMasala_01.jpg

『南インド料理とミールス』 ナイル善己著 柴田書店

著者をみれば判るように、これは専門料理人発のインド料理書です。
それが先ずいいところではないかな。
すくなくとも「なんちゃってインド料理」である虞はないでしょう。
って、俺には判断する経験も知識も無いけど。

最初の方に南インド料理で多用される食材、スパイスの解説があります。
解説はかなり実用的に詳しいです。タマリンドの使い方の詳しい説明を
見たの初めてやわ。

次いで「ミールス」についての説明がなされ、
更に個別の料理レシピが続きます。マサラドーサまで載ってる。すげー。

内容的にも充実した、使いやすい料理書だと僕は評価しています。
久しぶりにアマゾンのアフィリ貼っとくね。



で、先日はこの本の中から「プロウンマサラ」を作ってみたのです。

使うスパイス類~

201711_PrownMasala_02.jpg

コリャンダー、クミン、フェヌグリーク、パプリカ、ターメリック

インド料理の本を見ていて思うのだけれど、
あんまりスパイスの種類は多様せんのねぇ~って。
ほれ、よくグルメ系の番組でカレー屋なんかでてきたら、
スパイスを二十種類も三十種類も使うみたいなのがあるけど、
インド料理のカレーのレシピではそんなに使わんのだなぁ。

でも、たった数種類のスパイスを揃えるだけでも、
スーパーとかで買ったら無駄に高くなってしまうのがアレやね。
ほれ、あの、小瓶にちょっとずつしか入ってないやつ。
あれ、高すぎ。コリャンダーなんか結構な量を使うのにさ。

だから、僕はスパイスは専ら通販です。圧倒的に安いです。

それにエスニック食材屋というのは、結構使いにくいところもあるしね。
日本式接客がアタリマエだと思っていたら面食らったり。
商品の並べ方にも哲学やら思想やら、そういった部分が反映されるし、
そこから馴れないうろ覚えの名前を見つけ出すのもめんどい。

勿論、そういうことを楽しめるなら問題ないのだけれども、
つーか、現実問題、
地方在住者にとっては、しのごの言うまでも無く、
エスニック食材をまともに扱っている実店舗がない!!!!

今回のは10月に東京に遊びに行った時に、
手元にないものを買いそろえたのでしたが。

レシピに関しては、丸写しになるだけなんで省略。
自家薬籠中のものとなり自分の言葉で説明できるまで黙ってろ。

でも、

201711_PrownMasala_03.jpg

カレーリーフはドライでも使った方が全然いいです。

パクチーもすっかり市民権を得たようですね。

201711_PrownMasala_05.jpg

そういや、今年の夏頃に日清がインスタント麺で
黒歴史シリーズって感じのを何種類か復刻したのを
食ったのですが、「へっ?」って感じでした。

発売当時はあの程度のエスニック風味でも
受け入れられなかったのでしょうか?

今じゃ物足りなさすぎるエスニック風味でしたわぁ。

201711_PrownMasala_04.jpg

同書ではココナツオイルの使用を勧めていたので、
今回初めて使ったのでしたが、さて?




なんやかんやで完成~

201711_PrownMasala_00_01.jpg

へぇ~って感じです。へぇ~、結構、外で食ってる的な味。
これは何回もリピートしてカスタマイズしたいです。

尚、

201711_PrownMasala_00_02.jpg

カレーリーフは固くて食えません。
取り除き乍ら食うのはめんどいし、
でも、使った方が美味いし、ちょっと悩む。

生のを使ってみたいなぁ~


でわまた
関連記事

テーマ : 作ってみた
ジャンル : グルメ

エスケープして持越温泉バス停ナウ~


なんかペースあがらんかったんで、
魂の山をおりたとこから持越へエスケープしますた
ここからバスで帰ります

でわまた
関連記事

仁科峠ナウ~


まだ行くです
関連記事

旧天城トンネルナウ~


本日のご予定は
ここ旧天城トンネル脇から天城峠に登り、
伊豆山稜線歩道を行きます

戸田峠まで行けたらいいのだけれども、
ロングトレイルはひさしぶりなんで、
エスケープもありうるなぁ~

でわまた
関連記事

三島行きバス車中ナウ~


乗れますた

今日はきつかったどす!涙目レベルっ!

感想

大砂走りなんか登るもんぢゃねぇっ!

でわまた
関連記事

宝永山頂上ナウ~


きつかったどす!

でも、景色ばっちし!

でわ、1630のバス目指します

でわまた
関連記事

御殿場口2合8勺ナウ~


幕岩から須走口下山道経由できますた

きつかった!

ここから大砂走りを宝永山まで登ります

でわまた
関連記事

水ヶ塚ナウ~ひさしぶりのハイキング


やっと晴れた~

さて、1ヶ月ぶりの山歩き
今日はここ水ヶ塚から富士山の中腹をウロウロ

とりあえず御殿場口2合8勺まで行って、
大砂走りを逆走し、
ウロウロ最後は宝永山まで登りたいどす

でわ
関連記事
プロフィール

政

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク