真っ白富士山


今日は御殿場で筋トレなんだけど、
御殿場駅おりたら富士山が真っ白どした

街にも残雪がいっぱいで、
やっぱ、御殿場は三島とは別世界やと思いますた
関連記事
スポンサーサイト

紅ほっぺ

201601_benipoxtupe_00_01.jpg

先日の休日のこと。

前日、就寝が遅くて、早起きして遠出はしんどいなぁ~ってんで、
出来るだけ早く起きてから行くとこを決めようということだったのが、
起きたのが10時!

それじゃぁ~もう、山なんか無理だよねぇ~ということで、
それなら韮山方面にイチゴを買いに行くかということになった。

伊豆の国市、伊豆箱根鉄道の駅で言うと原木~韮山~伊豆長岡の辺りは
イチゴのハウス栽培が盛んで、この時期は産直もあちこちにあるのだ。

その辺りまでは三島からはだいたい路面距離で10kmってところなので、
昼からのゆるいウォーキングには程よい感じの距離ですしね。
しかも!目の前にニンジンならぬイチゴがぶら下がっているのですから。

時間的にもフツーに歩いて2時間半前後ってところです。

つーわけで!

先ずは大場川沿いをチンタラ歩いて行きます。

201601_benipoxtupe_01.jpg

振り返ると富士山。

201601_benipoxtupe_02.jpg

5km程度で安久橋(超ローカルネタだなぁ~)

201601_benipoxtupe_03.jpg

この辺りは数年前までは月に2,3回はきていたんですがねぇ。
『麺まるい』が清水町に移転してから、まるで来なくなりました。

川沿いに進んでいくと、左手に『マックスバリュ』が見えてくるので、
そこで川沿いから離れる。川沿いに行くと遠回りになっちゃう。

マックスバリュの前で熱函を渡り、まっすぐ。
蛇ヶ橋(じゃがばし)を渡って、ラーメン『もかすけ』のとこで左折。
適当なところで右折して、あとはチンタラチンタラと…

201601_benipoxtupe_04.jpg

遙か向こうに見えている山並みは天城山です。

んで、当日の目的地は蛭ヶ小島近くの直売所だったのさ。

201601_benipoxtupe_05.jpg

去年のシーズン終わり近くに初めて利用して、すばらしーーーーっ!と。
だから、今シーズンもリピート!



そういえば、途中でフツーの農家っぽい家からイチゴを抱えた人が出てきた
ところを見たんだが、そのあとすぐにクルマが停まって、下りてきた人が
そのお宅へ…というのを見たんだが、きっと直売なんだろうな、と。
あの辺りには屹度ジモティ~しか知らないイチゴの直場がいくらでもあるん
だろうなと予想しているんだが、まぁ、僕はネット検索で出てくるとか、
テレビで観たとか、直売所の看板・幟を掲げているところだけでいいや。


ところで、本来のイチゴの旬は春4月5月の筈なんだが…っていうか、
そういう話はもう、めんどくさい!!

いいんだよ、そういうのは、もう、どうでも!!!

現にこの時期に美味いイチゴが手に入るんだからさ!


で、イチゴと言えば色んな品種があるけど、
食べた中で僕がいちばん好きなのは、ズバリ!紅ほっぺです。

あの硬いめの果肉と酸がいいんです。
その上、特に甘い個体だったら、もう最強!

めちゃ甘くてしっかりと酸もあるというのが重要なんです!!!!

他方、僕は酸のないイチゴは好みではありません。

去年からだったか、
静岡県では『きらぴ香』という新品種をプッシュしていて、
僕も2回3回と試してはみたんですが、どうも酸が弱くて。
そのうえ、僕が当たったのは甘さも弱いやつでして…
酸が弱くて甘さも弱いとなると、もうね、味がぼやけてどうしようもない。

甘さは個体差の問題かと思うんだが、酸が弱いのは品種特性なのかな?と。

だったら、僕はひたすら紅ほっぺでいいです。
紅ほっぺだけあればそれでいいです。

帰りはJAの直売所に寄りました。

201601_benipoxtupe_06.jpg

にしても…

201601_benipoxtupe_07.jpg

富士山、いいよなぁ~
富士山が観たければ、1月から2月がいいです。確率が高いです。

因みに、帰りは伊豆箱根鉄道です、当然!
往復なんか歩いてられまへん!

さて、買って帰った紅ほっぺ

201601_benipoxtupe_00_03.jpg

で、これは大きい個体なんですが、
これくらい大きくなると葉っぱの付け根の芯が結構かたくなってしまいます。

そこでっ!

201601_benipoxtupe_00_02.jpg

こんな感じで葉っぱごと芯をぐるりとえぐり取ってしまうと良いです。
ペティナイフの先っぽを使って。

それと、水洗いの後は一粒一粒ペーパータオル等で表面の水気を排除すべきです。

こんなことで味わいは大きく変わってきます。

201601_benipoxtupe_00_01.jpg

尚、これは撮影用です。普段はこんな様に並べたりしません。

で、この紅ほっぺ、最高でしたん。
甘くて酸もある。そのバランスが重要なのだと再確認しました。

以上
関連記事

テーマ : 果物・フルーツ
ジャンル : グルメ

和三盆シフォンケーキ

久しぶりにケーキを焼きました。

で、今年最初のおっさんスゥィーツは!

201601_sifon_00_01.jpg

和三盆シフォンケーキでございます。

材料はこんな感じね。

201601_sifon_01.jpg

でも、最初はフツーのシフォンケーキにする予定だったのが、
フツーの砂糖が残り僅かになっていたことが判明してしまい、
それではきなこ餅のきなこに回す分がなくなる!
今から買いに行くのはめんどくせぇぇ~っ!!

ということで我が家の食材墓場を探してみたら、
賞味期限をはるか徒過してしまった和三盆を発見!!

201601_sifon_02.jpg

味見したら別に何でもねぇ~よっ!
まぁ、砂糖の賞味期限なんか無いみたいなもんだからなっ!
よしっ!和三盆シフォンだ!

まぁ、シフォンはあんまり難しくないですね。

要はしっかりしたメレンゲを泡立てればだいたいオッケーかと。

因みにおいら…

201601_sifon_03.jpg

いまだに電動泡立て専用機を持ってません!

201601_sifon_04.jpg

メレンゲはこんな感じで。

で、卵黄パートに一部をよく混ぜ混ぜしてから、全体を混ぜて。

201601_sifon_05.jpg

僕はヘラではなく手持ち泡立て器で生地を混ぜてます。

シフォン型へ入れる。

201601_sifon_06.jpg

ところで、
良いシフォンの生地は流し入れられるレベルでは柔らかすぎて、
カードですくって入れるレベルでなくてはならないという説が
あるけど、ほんとかな?

その主張の人のレシピを使っているんだが、流し込みレベルになってしまう。


あとは焼くだけ…

尚、焼き上がり直後の写真はありません…

で、今回はなんだか膨らみ損ねかと思ってたんだが、

201601_sifon_07.jpg

冷ましたのを見たら、案外そうでもなさそうだった。

ところでみなさん!

シフォンを綺麗に外したかったら!!

201601_sifon_08.jpg

やっぱ、専用道具を使いましょう。

201601_sifon_09.jpg

ほれ!綺麗でしょ!気分が良いです!!

こびりついた生地を食うのは作った人の特権だ!

201601_sifon_10.jpg

これが美味い!!カステラの底の紙のやつと同じことですな。

切り分けて食う!

201601_sifon_00_02.jpg

久しぶりにしては上出来かと思われました。

201601_sifon_00_03.jpg

通常はこの20cm型を6つ切りにして妻と3回で食います。
材料費はざっくりと計算して300円くらいじゃないかな?
ああ!今回は和三盆だったからもっと行くはずですが、
フツーの砂糖・グラニュー糖なら安いもんです。

つーわけで、おっさんもどんどんケーキを焼きましょう!!

以上
関連記事

テーマ : 手造り!パン・ケーキ・スイーツ
ジャンル : グルメ

ふぐ白子の天ぷらで謹賀新年

201601_Fugu_shirako_Tempura_00_01.jpg

あけましておめでとうございます。

本日、帰省終了で三島に戻りました。

なんつーか、正月なんで、晩飯に何かいっぱつ!
豪華に料理屋の豪華なお弁当でも買って帰るか!と思ったが!

正月4日なんてまだどこもやってねぇぇぇ~っ!!!

とゆーことで、なんかええ食材を求めて錦市場をふらふらと…

こっちもまだ開いてないとこ多すぎっ!!!

それでも、開いてた鮮魚店の店頭にふぐの白子を見つけて!
妻としばし協議の末に購入!

三島へ帰宅後、早速の調理となったのでした。

と、ゆーわけで!

201601_Fugu_shirako_Tempura_01.jpg

ふぐの白子です。

高いよ。これだけで5000円以上します。
もともと高い食材の上に正月だもん、いつもより割高かもよ。

もうね、料理屋の折り詰め弁当、菱岩とかのんが買える値段だぜ。
でもね、ふぐの白子はまじヤバイデス。たまらん美味いのです。

それに、こんなん、こっちじゃ売ってないしね。
京都の錦、大阪の黒門で、この時期に買って帰る値打ちがあるのは
これだと言うことになっております、当家では。はい。

で、ふぐの白子の食い方ですが、ゆるゆると低温調理的に茹でたのを
しっかり冷やしてポン酢醤油で食うのが、調理にまず失敗もなく、
味的にも俺的最強なんですが

201403_fugu_shirako_00.jpg

↑こういうのです。過去ログは→こちら

今回はサクッと食いたかったので天ぷらにしました。

てんぷらは簡単です。

固そうな筋を掃除したら…

201601_Fugu_shirako_Tempura_02.jpg

掃除には手袋をして、ハサミで筋を取り除くと良いです。

尚、このハサミは料理用ではなく本来は金属工作用だそうです。
でも、僕は例えば豚肩ロースの筋切り等、細かい切り込みを
入れたい場合に使っています。包丁よりも細かい作業が出来ます。

そのいきさつは→こちら

で、筋を掃除したら、あとは適当に切り分けて、衣を付けて揚げるだけ。

細かい天ぷらの作り方は、省略!

ま、結構おおらかに作れば良いと思います。
よっぽど変なことをせんかぎり美味いもんです。

なんやかんやで完成~

201601_Fugu_shirako_Tempura_00_01.jpg

まぁ、素人天ぷらの上に、あしらいも何もないので無愛想な景色ですが。

塩で食います。
ふぐの白子は天ぷらもたまらん美味しさです。

確かに白子は鱈も美味いですし、鯛も美味いのですが、
やっぱふぐの白子が最強だと思っています。

どこまでもなめらかで、臭みもなく、
ねっとりと濃厚で、それでいて軽やかなんですなぁ。

少々値が張っても、年に1度は食いたいもんの筆頭格です。

というわけで、皆様、今年もよろしくご愛顧の程を。

当年は更新頻度をあげたいです。
関連記事

テーマ : 美味しかった♪
ジャンル : グルメ

手向山八幡の鳩灯籠


東大寺の境内に手向山八幡という神社があって、そこの石灯籠の鳩のキャラがわいいのです

二羽の鳩が形作るハートが、出すところに出せば受けそうです

縁結びとか
関連記事

大仏殿


今日はお年始で奈良

んで、大仏っつぁんの御尊顔を拝みに来てみました
関連記事
プロフィール

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク