鶏セセリガパオ

枯れ木も山の賑わい~

つーことで、ガパオ2連続投稿!

201508_seserigapao_00_01.jpg

鶏のセセリ、

201508_seserigapao_01.jpg

要するに鶏の首の肉で作ったガパオでおます。

俺、鶏のセセリって大好きなんですよ。
味が濃くって、身質がしっかりしていて、
鶏の中では一番好きな部位なんじゃないかしらん。

201508_seserigapao_02.jpg

で、あとはフツーにガパオにするだけ。
調味料も、目分量でいけるようになりますた。
シーユーダムは控えめを心がければいいようです。

んで、このときは~

201508_seserigapao_03.jpg

TVでやってたみたいに飾り用のガパオを素揚げにしてみた。

けど、俺的にはめんどくさいだけだったわ。

それから

201508_seserigapao_00_02.jpg

ライスはジャスミン米にしました。

ところで、タイ米っていうけど、
長粒種が全てタイ米ではないことはOK?

インド料理ではジャスミンじゃなくってバスマティですよね。

って、馬脚を表す前に止めときますが。

因みに、当地(静岡県三島市)でジャスミン米が欲しければ、
清水町のサントムーンの中の米屋に売ってます。

んぢゃまたっ!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : おうちごはん
ジャンル : グルメ

豚ガパオ

帰省ネタをため込んだまま、またもやサボってましたが、
そうこうしているうちに、8月も程なく終了~とゆ~

この週末は富士山御殿場口夜間登山の予定が、
どぉ~も天気がやばそうで、うへぇ~とゆ~

まぁ、富士山も9月第2週までなら山小屋もそこそこ開いてるし、
須走口なら大陽館が10月中旬まで開いてるので~、
まだ機会はあらぁ~なっ!てことで。

それはそうと、こんなん作りました!

201508_butagapao_00.jpg

豚ガパオでおます。


正式名称は知らんけど、
いっちゃんメジャ~なガパオっていうのは鶏肉かと予想するのですが、
その鶏肉を豚肉に代えただけです。だから豚ガパオ。

まぁ~ガパオってのはタイの大衆料理でしょう?
だから肉は何でも代替できるんじゃないかな。

201508_butagapao_01.jpg

それに、買いそろえたタイの調味料~

201508_butagapao_02.jpg

傷む前に使わなければ勿体ない。

作りかた?

俺みたいな初心者に聞くんじゃないですよ!

でも、個人的工夫はあります。

豚肉の炒め方なんですが、僕は基本的に豚臭いの大嫌い!なので、
本来、みじん切りニンニクと唐辛子を炒めたところへ豚肉いれるのを、

201508_butagapao_03.jpg

こんな風に豚肉をカラカラにこんがり焼いて、
脂が滲出したところへニンニクと唐辛子を入れて炒めます。

そうしないとニンニクが焦げちゃうからね。

あとは、まぁ、フツーに。

そうそう。

201508_butagapao_04.jpg

タイ風に目玉焼きは沢山の油で揚げ焼きにしますた。

因みにガパオは大阪の黒門市場にあるタイ食材店で買ってきました。
黒門市場っても、メインストリートじゃないけれども、すぐ判った。

201508_butagapao_05.jpg

タイ食材店が国立文楽劇場の近所にだいぶ前からあるのは知っていて、
パッタイペーストを買いに行ったこともあるのだけれども、
今回の帰省で調べたら、黒門のとこにも食材店を出していたのでした。

いいねぇ、東京も大阪も。
こういうのは都会でないと売ってないのよねぇ。

やっぱ、種を取り寄せてプランター菜園すっしかないかな。

んぢゃまたっ!
関連記事

テーマ : 作ってみた
ジャンル : グルメ

鱧フライ

京都から買って帰った鱧を使った第3弾!!

201508_HamoFly_00.jpg

鱧フライ!!!!!

鱧の落としも牡丹鱧も鱧の棒寿司も、
そんなもんは料理屋でも食えるのですが、
数ある鱧料理の中で、
鱧フライこそが是非とも家で作って食うべきもの
ではないでせうか?

これってあんまり新鮮でない鱧でも美味しく食えるんですよ。
下手くそな骨切りでも、あんまり骨が気にならんし。

だから、普通のスーパーで売ってるような鱧でも美味しく食えます。

これも16日に買ったのを19日に調理したもんやしね~
でも、フライにするなら充分。
いや、個人的にはちょっと古いくらいが美味いのではないかと。

んで、これは骨切りした切り身にフライの衣を
まぶして揚げるだけなんで、レシピ省略!

201508_HamoFly_01.jpg

ってか、まともにレシピなんぞ載ってない当方、
一応、料理ブログを名乗ってはいますが、はい。

んで、これって

201508_HamoFly_00.jpg

とんかつソースどばどばかけて食いましょう。

鱧の真味とか繊細な鱧の持ち味とか、
そんな辛気くさいこと言ってるんじゃねぇっ!!!

いいですか?

鱧のフライにトバトバととんかつソースをかけて食うのは、
鱧のフライにドバドバととんかつソースをかけた味が好きだからです。

鱧のフライにドバドバととんかつソースをかけた味は
鱧のフライにドバドバととんかつソースをかければこその味です。
鱧のフライにドバドバととんかつソースをかけないとこの味にはならん!


そこんとこよろしくっ!!

んじゃまたっ!!
関連記事

テーマ : 美味しいもの
ジャンル : グルメ

鱧の棒寿司

買って帰った鱧の第二弾!

201508_hamo_bousushi_00_01.jpg

鱧の棒寿司!!!!

自分で鯖や鯵で棒寿司を作ったことがあるならフツーに作れるかと。

骨切りしてある鱧に串をうちます。

201508_hamo_bousushi_01.jpg

焼きます。

201508_hamo_bousushi_02.jpg

途中、タレを何度かかけながら焼きます。
タレは醤油と味醂を同量でいいんじゃないかな。

201508_hamo_bousushi_03.jpg

ここで骨切りし立て活かってる鱧を焼くと、
身がぷぅーとふくれて、
骨切りの切れ目1つ1つがぱぁーーっと開いて、
タレが中にさぁーっと染みていくんですが、
まぁ、骨切り済みのしまった鱧では仕方ないですね。

もちろん、焼いてある鱧を使えば更にお手軽ですが。
自分で焼くより美味しかったりしてなっ!!!!!

で、酢飯を巻くんですが、本来、晒し布を使うべきところ、
なんか、晒しを汚して洗うの面倒くさく思ったので、
不織布のキッチンペーパー使ってみました。

湿らせたキッチンペーパーに焼いた鱧を据えます。

201508_hamo_bousushi_04.jpg

皮には切れ目を入れると良いでしょう。

別途用意した酢飯を、
鱧の切り身を見ながら酢飯の量を加減しつつ、
縦長のおにぎりにして、鱧の上にかぶせます。

201508_hamo_bousushi_05.jpg

尚、鱧は鰻や穴子に比してかなりあっさりした味なので、
酢飯の味加減がきつすぎるとバランスが良くないです。
特に酢がキツイのは合わないと思う。
鯖寿司用よりも優しい味付けで。

ペーパーでくるっと包んで手で絞めて形を整えます。

201508_hamo_bousushi_06.jpg

鯖寿司程にはキツキツに絞めない方がいいかと思う。
もちろん巻き簀を使ってもいいでしょう。

開くと…

201508_hamo_bousushi_07.jpg

案外、悪くないよね。

切り分けて、盛りつけて完成!!

201508_hamo_bousushi_00_02.jpg

料理屋のと比べるべくもないが、家庭料理なんだしっ!
これでも充分に鱧の棒寿司を食った気になれます。

因みに、鱧の棒寿司というのは店屋ではかなり値の張る物です。
だから、京都とかの割烹なんかででお土産に作らせるなら、
まぁ、懐具合には注意した方がええでしょう。

って、大きなお世話ですが。はい。

つー訳で、こういうの、
身内で食うだけならフツーに日常的に作ればいいと思います。


んじゃ、また。
関連記事

テーマ : おうちごはん
ジャンル : グルメ

鱧にゅうめん(簡略バージョン)

201508_hamo_nyuumen_easy_00_01.jpg

帰省終了で三島市自宅に戻ったら20時を過ぎていた。
まだ晩飯を食ってないので、何か食わねばとゆーことで、
京都で買ってきた鱧を使って「鱧にゅうめん」にした。

っても、手軽に作りたいので簡略バージョンとしました。

でもねーーー

鱧なんだが当てにしていた魚屋が休みで。
そりゃぁ、お盆期間の個人商店で日曜日なんてね、
そりゃぁお休みでしょう~って感じで。

201508_hamo_nyuumen_easy_03.jpg

だから結局『大丸』の地下で骨切り済みのを買ったのだった。

いや、ま、べつに悪くないのよ、ここのも。
ただ活かってることは期待できないだけで。

まぁ、色々半可通を振り回すのはめんどくさいから止めます。

201508_hamo_nyuumen_easy_01.jpg

で、とりあえず昆布をとろ火にかけて出汁を引きます。

昆布だしを引いている間に旅装の片付け等してりゃいいし。

昆布だしが充分に引けたところで、鰹削り節を投入して、
とろ火で数分間加熱。吸い物の地をとるわけではないので、
濃いめの出汁が欲しいのであった。

因みに、ぶっ込んだ削り節は…

201508_hamo_nyuumen_easy_02.jpg

血合い抜きの真のところだけを薄く?いたもので、
大阪にあるなじみの割烹がお中元に送ってくれるものを、
ジップロックに入れてフリーザーに放り込んであるのです。

うちでは一番グレードの高い削り節なんで、勿体ないから
ちまちま使ってます。

ところで、いつでも出汁とかとるわけではなくって、
当然、既製品のめんつゆも食うし、ヒガシマルのインスタント
うどん出汁もかなり好きで、昼飯に食ってます。
削り節も雑節の方が好ましいこともありますし~。

が、折角京都から買って帰った大好物の鱧なんですから、
それなりの敬意も手間も払うべきだし、出汁も鱧には
昆布と鰹節のが一番良いと思います。

つー訳で、簡略バージョンとて昆布と鰹節で出汁をとらない
訳にはいかない。

で、塩と淡口醤油と味醂少々でお好みに調味。
麺なのでちょっと濃いめにしないといけない。
ちょっと濃いめにしないと、麺を放ち入れると薄いです。

因みに、使う麺ですが鱧にはそうめんがバランスが良いです。
加熱した鱧の身質は柔らかく細かいので、太くてコシのある
うどんなんかではバランスが悪いと思います。

だからそうめんがいいんですが、あーーーーーっ!!!!
なんということだぁぁぁーーーーっ!!

そうめん切れで冷や麦しか無かったのです。

まぁ~冷や麦でも良しとしましょう。


で、そうめんにせよ、ひやむぎにせよ、麺の量に比して
多すぎるくらいのお湯で茹でます。
そうすることで水洗いと温め直しを省略するのです。
それに、そうした方が、にゅうめんには美味いと思う。

因みに、ここでは200gの麺に5リットルのお湯で茹でてます。

んで、食いたいだけの鱧を小さく小口に切り分けたら、
201508_hamo_nyuumen_easy_04.jpg

汁の中でさぁ~っと炊きます。

201508_hamo_nyuumen_easy_05.jpg

うん。
こういう生魚を具にするときには、
さぁーーっと沸かした方がいいと思います。

んで、このタイミングで麺が茹で上がるようにしておいて、
麺は水洗いしないで、湯切りだけして丼鉢へ。

鱧ごと汁をじゃぁーっと注いだら完成。

201508_hamo_nyuumen_easy_00_01.jpg

鱧、うまぁーーーーっ!

201508_hamo_nyuumen_easy_00_02.jpg

赤いのは一味粉です。

因みに、簡略で無い時には、鱧は味醂と醤油で付け焼きにして、
出汁も焼いた鱧のアラでとったりするわけです、はい。

そういうの、過去ログにあったかもしれません。

でわまた。
関連記事

テーマ : おうちごはん
ジャンル : グルメ

帰省終了~


ただいま三島へ向かう新幹線車中どす

んで、中村籐吉本店の生茶ゼリー食ってます

甘さ控えめなのが凄く良いので、リピートしますた
関連記事

興福寺 三重塔


興福寺の塔と言えば五重塔が有名だが、
実は三重塔もあったりする。

鎌倉時代の建築物で、しかも国宝というのに
周りに誰もいない~

でも、そういうところが奈良の懐深さなのだと、
そう思うのであった
関連記事

帰省中~


奈良徘徊中~

ここは猿沢池畔です
関連記事

富士登山2015 1回目 (最終回 御殿場口頂上~富士宮口五合目)

なんとか帰省前に完結させられました。

さてさて…

須走口頂上に着いたら、早速コーラを1本買って飲むことが
ここ何年かのお楽しみになっている。
500円もするけど、まぁ、街中の喫茶店でもそんなもんでしょう。
なにしろ、炭酸飲料なんて担いで持って行ったとしても、
早速飲んでも美味いもんじゃないでしょう。

にしても、7月25日の頂上は結構空いておりましたわ。
そういや、ついつい先日の報道では、今年の富士山登山者は
大いに減少したとか。
原因が色々推測されていたのですが、
ま、減らしたかったから良かったんじゃね?

で、まぁ、下山は御殿場口からと決めていたので…

201507_Fujisan_down_01.jpg

お鉢を移動です。

201507_Fujisan_down_02.jpg

多少のアップダウンはありますが…

201507_Fujisan_down_03.jpg

フツーに歩けたら20分もかかりません。

何故か御殿場口頂上の郵便局が開いていたので…

201507_Fujisan_down_04.jpg

やー開いてるの見たのは初めてだーー。
だから登頂記念切手を買ってみました。

で、下山の前に…

201507_Fujisan_down_05.jpg

富士宮口頂上へ回って、トイレに行っておきました。
山頂トイレの中では一番綺麗なんじゃないかな?
ここって御殿場口の頂上からでも、ほんと、すぐです。

で…

201507_Fujisan_down_06.jpg

御殿場口に戻って下山開始が1502だったのだが、
1840の富士宮口五合目発三島駅行きに乗るつもりだったので、
まぁ、時間的余裕は充分なので、ゆっくり降りる。

っても、僕は下りが苦手です。
体重重いし、膝に不安があるし、もう、ぐでぐで。
去年なんか須走口へ降りたとき、頂上直下の吉田口との
共通部分のスロープでぐにゃぐにゃになりました。
妻には置いてけぼりを食らうしさぁ~ひでぇ~

で、今年の年明け早々に膝が痛くなって鵞足炎と診断され、
初夏頃までランニングも山歩きも控えていたのです。

今回の富士山の直前期にちょろっと山歩きはしたのでしたが、
ほんと、下りには大きな不安がありました。

若い人達がどんどん下っているのを見ながら、
おいらはトボトボと…

201507_Fujisan_down_07.jpg

この九十九折りがはるか下まで続いているのですな。

201507_Fujisan_down_08.jpg

降りるにしても登るにしても、心が折れそうになる処。

すると、二人の若者がスタスタと降りて降りてきたのです。
めっちゃ軽装で、どうやら富士登山駅伝の練習かなと。
で、彼らが僕を追い抜いてスタスタと下っていくのを上から
見ていて気づいたことは、彼らは小刻みな一定のステップで
降りて行ってるということ。
ズンズンじゃなくって、スタスタと歩みを刻んでいるのだ。

んで、ちょっと僕も彼らの下り方を真似してみたんだが…

あれ?楽!
めっちゃ楽なのです!!

それまでポールでバランスをとりながら、
大きめの歩幅で足を運んでいたのを、
ちょっと不安があるけどポールを原則使わないこととして、
足運びを小刻みに、一定のペースで降りたら、
あぁーら不思議!楽だし、膝も痛くならないし、しかも速い!

上の方で随分と追い抜いて貰いましたが、赤岩八合館に着く前に
同じくらいにスタートした人達に追いつき追い抜けました。

ちょっと開眼!苦手の下山を克服できたのかも!

ま、克服できたかどうかは次の機会に判るでしょう。

『赤岩八合館』到着は1550。

201507_Fujisan_down_09.jpg

以前よりずっと速いです。

続きを読む

関連記事

テーマ : 登山・ハイキング
ジャンル : 旅行

『福砂屋』のカステラを「シベリア」に改造してみた

201508_siberiya_00_01.jpg

シベリアというのは、
平たく言えばカステラで餡子を挟んだお菓子で、
カステラ大好き餡子大好きな僕にとっては、
夢のようなお菓子です。

で、以前、『福砂屋』の「五三焼き」でシベリアもどきを
作ったのでしたが(→過去ログはこちら)、
今回は割ときっちり作ったのでした。

つーのは、カステラと五三焼きをそれぞれ2本ずつ戴いて、
暑い夏のこと故、さっさと食べてしまわなければ傷む!
ということで、なにか目先の変わった食い方もしてみるかと、
だったらシベリアやってみたらいいんじゃないかと。

つーことで、こんな感じで作りました。

『福砂屋』のカステラです。

201508_siberiya_01.jpg

いつの頃からか…

201508_siberiya_02.jpg

デフォで切り分けてあるようになりました。

これを厚みを半分にして…

201508_siberiya_03.jpg

ラップを敷いたバットに敷き詰めます。

こしあんの練り餡を買ってきて…

201508_siberiya_04.jpg

ちょっとだけ水を加えて弛めて炊き直します。

201508_siberiya_05.jpg

バットに敷いたカステラの上に塗ります。

201508_siberiya_06.jpg

その上に、やはり厚みを半分にしたカステラを載せていきます。

201508_siberiya_07.jpg

ラップで包んで、ちょっと押さえて餡子とカステラを馴染ませます。

201508_siberiya_08.jpg

盛夏のこと故、冷蔵庫へ入れて数時間。
切り分けて完成~

201508_siberiya_00_01.jpg

んとですね、これ、うまーーーーーーーーっ!!!
大成功です!!!
餡子から染み出た砂糖蜜分がカステラをしっとりさせて、
そして、餡子とカステラのマリアージュ!!!

シベリア最強!!!

って、まぁ、カステラが上等やもんなぁ~

ところで、3切れだけで済むわけがないですよね。
さっきのは撮影用。

201508_siberiya_00_02.jpg

これが俺様用です!!!!!

んぢゃ!
関連記事

テーマ : 手作りお菓子
ジャンル : グルメ

富士登山2015 1回目 (その3. 『大陽館』から頂上まで)

続けます

須走口七合目『大陽館』では10分休憩し、出発したのは1133のこと。
休憩っても、僕は座らないけど。座らない方が良いみたいなんです。

で、ここから先の登り…

201507_Fujisan_subashiri_18.jpg

ここまでの登りとはちょっと雰囲気が変わる気がします。
毎回、そのように感じるんですな。

201507_Fujisan_subashiri_19.jpg

ここいら辺りの高度がだいたい3000mで、
この高度3000mというのが、高山病の発生する境目らしいんですよ。

ってことは、『大陽館』から先の登りで、毎回なにやら普通とは
違う感覚になるというのは、身体が高山モードに切り替わるから
かもしれませんな。平地とは違うんだ!と身体が叫んでるとゆーか。

この先から道ばたでへたり込んでいる人も多くなってきます。

そういや、若い人達に抜かされたりするんですが、
気にせずこっちは淡々と一定調子で登っていると、あれれ、
さっき追い抜いていった若いのが道ばたできゅぅぅ~っと。
しばらくするとまた追い抜かれるんですが、そのまた先で
ぐでぇ~。やがて、彼らに追い抜かれることはなくなった…

ということを毎年経験するのであります。

上の方でガラガラ音がするので見上げると…

201507_Fujisan_subashiri_20.jpg

荷揚げのブルがガタガタと。

このルートは一部ブル道と重複しているのだけれども、
あれの横を通るのはあまり気持ちの良いもんじゃないです。
結構上の方を通過していったので、今回は安心です。

で、

201507_Fujisan_subashiri_21.jpg

次の山小屋

201507_Fujisan_subashiri_22.jpg

『見晴館』に到着!時刻は1211なんで、『大陽館』から38分!
昭文社山地図参考タイムは50分だから、勝った!メデタイ!!

実際、ちょっときつくなってたんですけどね。

ここでは休憩は8分で、続行~

201507_Fujisan_subashiri_23.jpg

ここから次の山小屋までは結構歩きやすいです。

201507_Fujisan_subashiri_24.jpg

20分で次の山小屋『下江戸屋』

201507_Fujisan_subashiri_25.jpg

妻の希望で5分休憩。

この『下江戸屋』と次の『胸突江戸屋』の間の登りが、
実は結構うっとぉしぃ~かもしれません。

201507_Fujisan_subashiri_26.jpg

下山道と共通の箇所なので、下山者が降ってくるし、
砂利が結構深いので足をとられるし、岩盤露出箇所で滑るし…

『胸突江戸屋』1304

201507_Fujisan_subashiri_27.jpg

3分だけ休憩して再開。

続きを読む

関連記事

テーマ : 登山・ハイキング
ジャンル : 旅行

塩ウニの冷製カペリーニ

料理のブログと言っておきながら料理ネタが最近少ないので、
最近、っと言っても1ヶ月くらい前に作ったものの中から、
記述量が少なくて済みそうなものを引っ張り出してみますた。

201508_uni_cappellini_00_02.jpg

で、まぁ、へぇ、冷製パスタでおます。

201508_uni_cappellini_01.jpg

塩ウニ使ってみました、アルコールの添加量の少ないやつ。

っても…

201508_uni_cappellini_02.jpg

氷温スペースに賞味期限切れまくりで放り込まれていたんですが、
味見したらまだ食えたので、おいらは助かりました。

なんせ、かつて、冷凍庫の奥底に賞味期限を1年以上徒過した塩ウニが
発見されて、味見したらぎゃぁぁぁーーーーっ!!!不味くて食えない!!!

塩ウニは妻の大好物やからね、特にアルコール無添加のもの。
やっぱ塩ウニはアルコール・フリーのんが一番美味いですもんね。
んで、よりにもよって、ダメにしたのはアルコール無添加ものだったとゆーーーーっ!!

その事実を妻に知られてしまい、めくるめく阿鼻叫喚の地獄絵図が繰り広げられたとゆー

まぁ、それはさておき、
つーわけで、こいつを一気に食う方法として、冷製パスタにしてみるかと…


で、冷製パスタなんですが、何度か作ってもみて、何度か外でも食ってみて、
なぁぁぁ~んか、なかなか美味しくないなぁ~って感じで、
なんで不味いかなぁ~と考えてみて思いつくのはとりあえず

半端に冷たいのが不味いし、水っぽいのが不味い、味がぼやけたのが不味い

とりあえず、その辺に注意してみるかということで…

先ず、塩ウニを煮きり酒少々で伸ばして、塩少々を加えて調整。

201508_uni_cappellini_03.jpg

これが味のベースなんだが、冷たい料理は塩気が強めに感じられるので、
ハッキリした味を指向するとしても、ちょっと注意がいるのかな、と。

パスタはカペリーニを使い、固めに茹でる。

201508_uni_cappellini_04.jpg

氷を使ってしっかり冷やす。

201508_uni_cappellini_05.jpg

ここはけちらずに市販の氷を使う。

201508_uni_cappellini_06.jpg

ザルで水切りしてOKとするのではなく、ペーパータオルで拭くようにしてでしっかり水気を排除。


そういや、分量も重要かもしれない。

今回は塩ウニ自体が少量だったのでパスタも必然的に少なくして、
2人前で乾麺80gだったのだが、60gでも良かったかもしれないのだけれども、
そもそも冷製パスタというものは少なめの量を提供するべきモノなのでは?
キャビアの冷製パスタなんか、皿の真ん中にパクッと一口レベルでしょ?

201508_uni_cappellini_07.jpg

そういや僕はパスタは一皿で1食を完結させようとする傾向が強くて、
1人前あたり乾麺で200g以上使ったりするんだが、その量で冷製パスタを
作ると、水切りもあまくなるし、結局、味をつけると麺から水っ気は
出てくるモノだし、なんやかんやで、半端に冷たくて、味のぼやけた
訳のわからんものになってしまっていた気がしたのだった。


んで、更に味がぼやけて一様のものになってしまわない様に…

201508_uni_cappellini_08.jpg

別の塩ウニをトッピングしてみました。

201508_uni_cappellini_00_01.jpg

一応、完成だ!

なんかね…

201508_uni_cappellini_00_02.jpg

海苔の味わいは屹度欲しいものなんだが、海苔をぶちまける前の
写真も撮っておくべきだったと思いました。

味ですか?

悪くない。でも、最高ではない。まだまだ要努力でした。

でもね 

塩ウニなんざ、そうそう滅多に使えるもんじゃねぇぇ~んだよっ!!!
最高なんか到達できそうにもないよね。

しっかし、量が少ないのは腹の足しになんねーのがあかんね
関連記事

テーマ : 作ってみた
ジャンル : グルメ

富士登山2015 1回目 (その2. 『長田山荘』から『大陽館』まで)

例によって間延びしてしまいましたが、続けます。
帰省するまでには完結させておきたいですぅ~

ところで、8月1日土曜日は満月の翌日ということで、
御殿場口の夜間登山を予定していたんです。
月明かりに照らされた荒涼とした御殿場口を
とぼとぼと登りたかったのですが、
天気予報が悪かったので止めました。

っても、今月末の土日がまた満月っぽいので、
まだチャンスはあります。

因みに、僕の初!!富士登山は御殿場口の夜間でした。
その時の模様は当ブログの過去ログ参照→こちら!

***

で、須走口新6合目の『長田山荘』をでたのは0955のこと。

201507_Fujisan_subashiri_07.jpg


次の山小屋は本6合目の『瀬戸館』で、昭文社の山地図によると
標準タイムは50分だが、さて!

とにかく、標準タイムには負けたくないんだよっ!!

この辺は、まだ森林限界では無いです。

201507_Fujisan_subashiri_08.jpg


っても、低い樹木ばっかりになってますが。

201507_Fujisan_subashiri_09.jpg

まだ随分と遠くに見える…

201507_Fujisan_subashiri_10.jpg

樹木のトンネルを抜けたりしているうちに、

201507_Fujisan_subashiri_11.jpg

右奥にブル道が見える木の段を上って、
かくっと左へ90度曲がって抜けた先の右側を見上げると

201507_Fujisan_subashiri_12.jpg

唐突に『瀬戸館』がすぽーんとあるのでした。

201507_Fujisan_subashiri_13.jpg

『瀬戸館』到着は1024なので、ぎりぎり30分切った!!
めでたい!!!

休まずに行こうとしたら、ここで妻に休憩を要求される。
5分間の休憩中に妻はエナジー系サプリを補給。

いつの頃からか、
僕たちの山行では弁当を食うという行為は廃されて、
単にスポーツ用のサプリを補給するだけになりました。
別に不満とか、そういうのはないですねぇ。
寧ろ、運動中にちゃんと飯食うのは腹にたまるのが嫌なんです。

因みに、この須走口本六合目の『瀬戸館』の裏から吉田口の方へ
御中道が延びてます。小屋が開いている期間は山小屋に一言
声をかけてから行った方がよいそうです。
今まで2回だけ行ったり来たりしたんですが、その時は所謂
閉山期だったからなぁ~

尚、御殿場口方面への御中道はちょっとだけ登って、
ルートファインディングせなあきません。
特にブル道のとこで入るとこがややこしいんやけど、
それも過去ログにあるんで、興味のある人は探して下さい。

吉田口~須走口~御殿場口の御中道は非公式ルートやしね。
自己責任で行くとこなんで、自主性は必要ですもんね。

で、『瀬戸館』出発は1030で、

201507_Fujisan_subashiri_14.jpg

次の山小屋は『大陽館』!
山地図標準タイムは80分だ!

やがて…

201507_Fujisan_subashiri_15.jpg

樹木はスカスカに…


岩石の間に緑がチラホラと見える、
荒涼とした気持ちの良いルートをトコトコ登って行きます。

201507_Fujisan_subashiri_16.jpg

山小屋が段々と大きく見えてくる。

201507_Fujisan_subashiri_17.jpg

『大陽館』到着!時刻は!!!???

1123!!標準タイムに勝った!!1時間切った!!!サイコーだっ!!!

(続く)
関連記事

テーマ : 登山・ハイキング
ジャンル : 旅行

プロフィール

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
07 | 2015/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク