富士登山2015 1回目 (その1.須走口から登る)

先週の土曜日にこの夏1回目の富士山に登ってきたのは
モバイルで更新していた通りであります。

今年は、年明け早々に膝関節が痛み出して、
冬から春にかけてジョギングがまともにできなかったので、
有酸素能力・持久力に不安があったのですが、
結果的には悪くなかったので、ちょっと安心しました。

つーわけで、ちょっとレポしてみます。
これから登ろうとしている方々の参考になるかしらん?

***

で、僕はクルマを持ってないので、御殿場まではJRなのですが、
今年も三島駅からの接続がひでぇ~もんです。

御殿場駅発須走口五合目行きの始発バスが0735なんですが、
それに乗るには沼津駅発0626の御殿場線に乗らねばならん。
で、それに乗るには三島駅発0545!!!!
次の三島駅発は0622で、沼津着が0627!!!!サイテーだなっ!!

つー訳で、御殿場線下土狩駅までタクシーで行きました。
1000円するけど仕方ないよね…

で、御殿場駅には0703に着いて、富士急の切符売り場へ。

そこで「富士登山バス・フリーきっぷ」を買いました。
これは登山バスの発着駅と4つの各5合目登山口を自由に
選べて3100円という、ルートによってはお得な切符です。

「ルートによっては」というのは、この切符を使うのが
却って損になることもあるってことです。
例えば同じ駅から往復だったら、普通の往復切符が安いし、
御殿場駅から登って須走口で下り御殿場口だったら、
登山下山別々に払った方が安いとゆー。

今回は登り須走口で、下りは御殿場口から宝永火口を経て富士宮口、
そこからバスで三島駅へ直行というコースをとったので、だったら
フリー切符の方が安かったのです。

そういや三島駅~富士宮口五合目往復は3100円やったね。
ということは価格的にはフリー切符と同じなのだけれども、
フリーの方が下山口と駅の自由度がはるかに高いよね。

ま、詳しくは富士急バスのサイトを見て自己責任で決めて下さい。
俺の勘違いとかもあるかもしれんし。知らんで。

僕たち夫婦が切符を買ってバス停に並んだ時には、
まだ前に5人くらいしか並んでなかったけれども、
0720過ぎから急に登山客が増えました。
切符売り場にも長蛇の列。1台じゃ乗り切れないレベル。

でも、そうなることは富士急バスも想定済みらしく、
早々に増便が手配されたみたいです。

登山口まで1時間だもんねぇ~立ってるの嫌だもんねぇ~
でも、増便の運用がいつもあるかどうかは知らんので
あしからず。

で、須走口五合目には0830頃到着!

相変わらず、須走口はのんびりしたもんでした。
ちんたらしてたら、同じバスで来た人達は殆ど出発したようです。

201507_Fujisan_subashiri_01.jpg

ども!

ブログ主でございます。
とうとう51歳になりました。
体重は108kgです。体脂肪は26%程度です。デブでごめんねっ!!!
身長はちょっとだけサバ読んで180cmってことになっております。

当日のウェアは、上はアンダーアーマーのヒートギア長袖、
下はインナーショーツにヒートギアのレギングスにショーパンでした。

ほんと、アンダーアーマー着用の人が増えました。
いまや富士登山御用達ですかっ!!

で、我々もやっとスタート。
0852古御岳神社。

201507_Fujisan_subashiri_02.jpg

ここをタイム計測のスタートとしています。

201507_Fujisan_subashiri_03.jpg

須走口は、最初は森の中です。
写真で見たら良い雰囲気なんだけど、実際は蒸し暑い!!!

201507_Fujisan_subashiri_04.jpg

風が通らへんしね。むんむん蒸れ蒸れですわ!

でも…

201507_Fujisan_subashiri_05.jpg

森を抜けたら頂上方面がスカッ!と見える。

ここで頂上が見えると見えないとでは気分が違うんですよね。
え~っ!あそこまで登るん!?と思わないでもないが。

更に進んで、樹木のトンネルをもう少しだけくぐり抜けると…

201507_Fujisan_subashiri_06.jpg

最初の山小屋『長田山荘』に到着するです。

ここまでの所要時間で本日の調子がわかるもんなんだが、
今回は0950到着だからぎりぎり1時間切りました。
まぁ、悪くないです。

なんか、今回、妻はぐだぐだだと言ってましたが、
彼女も2分遅れで到着。客観的な身体能力には問題なさそう。

(続く)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 登山・ハイキング
ジャンル : 旅行

バス車中~


富士宮口五合目から三島駅行きバスに乗って、本日終了~
関連記事

富士宮口頂上~


結局、須走口頂上までは5時間20分でした

でも、51歳体重108kgにしては上出来だよね?

で、富士宮口まで回ってきました

御殿場口に戻って下山します
関連記事

大陽館!


今年一回目にしては悪くないタイムと思われ
関連記事

須走口五合目


いまからちょっと富士山登ってくる!
関連記事

生のガパオでガパオライス

201507_gapao_00_02.jpg

先週~久しぶりに東京へ遊びに行ってきたんです。

で、ずっと行きたかった新大久保駅前に行って、
なんやかんやとエスニック食材を買ってきたんですよぉ。

んとね、新大久保駅前のイスラム横丁なんだけど、
やっぱ、馴れてないと結構ハードな使い心地だと思う。
通い慣れて、各店舗の傾向がハッキリ判ったら別だと思うが。
いや、別に怖いとこと言ってる訳じゃ無いです。
なんやかんやで、結局、店員さんはフレンドリィやしね。

今の僕のレベルでは蔵前の『アンビカ』が使いやすいです。
てか、アンビカが輸入してるのが並んでたし。

で、新大久保駅前はイスラム横丁で、新宿方面にかなり離れて、
ネットで見つけておいた『アジア・スーパー・ストア』で
タイの食材・調味料を色々買い求めました。

びびったのは昆虫の「タガメ」が食材として売られていたことだな。
タイではタガメを食うことは知っていたんだが、本当やねんね。
まぁ、僕はどこの国で何を食おうと、どうでもいいんだけれども。
とりあえず、僕は昆虫はよぉ食いません。

でも、まぁ、エビなんか蟲みたいなもんやし、馴れたらなんでも
ないのでしょうけれども。

でまぁ、なんやかんやと買って、リュックに詰めて帰りました。
総重量10kg以上になったかもしれんが、背負っちゃえば軽い。

***

で~とりあえず~前から作ってみたかったガパオライス。

即席合わせ調味料で作るガパオライスならば、以前から時々
昼飯に作って食っていたことは、既にエントリしました→ここ

でも、合わせ調味料は辛すぎるので、妻には食えないということで、
一度、合わせ調味料ではなくフレッシュのガパオと個々のタイ調味料を
使って、一から作ってみたいと思っていたのでした。

それが漸く叶ったという訳です。

買って来たタイの調味料~

201507_gapao_01.jpg

左からナンプラー、シーズニングソース、ブラックソイソース。

さすがにナンプラーはこっちのスーパーでも買えるのだが、
『アジア・スーパー・ストア』には何銘柄ものナンプラーが並んでいたので、
全然見たことのない銘柄からチョイス。

残り二つに関しては、売ってるのは初めて見た。

それから、重要なのがガパオ
201507_gapao_02.jpg

ホーリーバジルともいうのだけれども、これは売ってるの初めて見た。

こっちでは売っていないものだから、種を取り寄せてプランター菜園でも、
と思っていたのだけれども、僕にはプランター菜園ですらめちゃ困難だし。
それがフツーに売ってるし、しかも安い!この分量であれ?
値段忘れたけれども、400円はしなかったのは確かだ。

にしても、どうも一般にハーブ類はぼられている気がしてならんわ。
イタリアンパセリにしても、シャンツァイにしても、売ってるのは所謂
高級スーパーやし、そういうとこのは袋にお行儀良くちょろっと
数えられる程度の本数が入ってるのが200円だ300円だって!
高すぎやろっ!!

でも、件の店にはシャンツァイもあったけど、袋にごそっと入っていて、

あれ?値段忘れたけど、全然高くなかった。

あんな風にフツーに売ってたら、プランター菜園なんかする必要も無いのに。
欲しいときに買いに行けばいいだけのことなんだからさぁ。

つーわけで、材料~

201507_gapao_03

因みに、このレシピはNHKの今日の料理で谷原章介がやってた番組のやつです。
せやし、それを探してみてください。
まぁ、素人が適当にアレンジしますた系なんちゃって版ではないことだけは確かでしょう。
番組ではタイの女性がテキパキ作ってたし。

とはいえ、使う材料は厳密にはトレースしてませんが。

でも、調味料の分量はきっちり倣ってます。

つーのは、シーズニングソースにブラックソイソースなんて未知の調味料やし、
加減なんか全然わからんしね。印象的だったのはブラックソイソースの分量が
全体に比してとても少なめだったことです。これだけは控えめに使うものらしい。

あと、

201507_gapao_04.jpg

これは鶏モモの皮と脂身を炒めてるのですが、それは僕が鶏の皮が嫌いだから。
このまま、皮がカリッとするまで炒めて、それをそのまま炒め油としてフツーに
調理に入ります。皮をカリカリに炒めることによって食感のいやらしさと
皮と脂の生臭みを飛ばすと同時に、鶏脂に好ましい香味を与えるわけです。
要するに、即席のチーユを作ってるみたいなもんですな。

なんやかんやで完成どす。

201507_gapao_00_01.jpg

1回目は唐辛子抜きで作りました。

そしたら、全然物足りなかったので…

201507_gapao_05.jpg


辛みを後から入れました。
これは『サドンデスソース』っていうんだけど、激辛です。やばいです。
ほんの少しだけでじゅうぶんなのです。

やっぱね、この料理は辛くないと、程度の差こそあれ、辛くないとダメです。
妻も辛みを入れた方が圧倒的に美味いと言ってました。
それと、上述の合わせ調味料でつくるよか遙かに美味しいそうです。

因みに、黄身は、もっと黄色い方がルックスがいいのはわかっているんだけど、
生々してるのが嫌なんですよね。だから食味重視で加熱すると、どうしても
黄身の表面には白い膜が出来てしまいます。はい。


2日後に2回目。

201507_gapao_00_02.jpg

2人分に朝天唐辛子を1個入れてみたんですが、まだ辛さは足りない。
でも、全然、唐辛子が入らないよりは遙かに美味かったのでした。

ここでガパオが終了してしまったので、とりあえず、終了~

ん~こっちでもガパオがフツーに売ってたらええんやけどね。

なんせ、僕は雑草的に育つはずのシャンツァイやニラもダメにしちゃうしね。

それよか、タイ調味料の使い道を探さなあかんなぁ~って、

そんな感じです~
関連記事

テーマ : 作ってみた
ジャンル : グルメ

富士山丸見え


今日は御殿場で筋トレなんだけど、
富士山丸見えで凄い!

今、登ってる人が羨ましいどす

風は強そうだが
関連記事

カスタードプリン(圧力鍋を使って)

おっさんの手作りスゥィーツ!!

201507_prin_00_01.jpg

プリンを作ったのだった。

201507_prin_01.jpg

丹那の低温殺菌牛乳を使って地産地消~

因みに、僕は牛乳200mlに対して玉子L1個と決めている。
今回は牛乳400mlだから玉子は2個。
砂糖は適当。味見したらええだけの話ですから。
玉子を溶いて砂糖を溶かして、
一度沸かした牛乳を少しずつ混ぜる。

201507_prin_02.jpg

カラメルシロップを流して固めておいた容器に注ぐ。

カラメルシロップの説明は省略だが、
ま、砂糖を鍋で焦がして作るだけ。

尚、プリン容器が白っぽいのは、フリーザーでカラメルを
速やかに固めたかったから。固まってないとプリン地と
混ざっちゃうしね。夏は固まりにくいんだよ。


ここで、圧力鍋の登場!

201507_prin_03.jpg

圧力鍋を使うと、失敗無く簡単に作れるそうなんだ。

圧力鍋の説明書に従い、加圧2分の後で10分放置。

10分後、ピンが落ちて減圧されたことが確認されたので蓋を開けて…

201507_prin_04.jpg

容器を取り出して、水を張ったバットであら熱を取ったあと冷蔵庫で
冷やして完成~

やっぱ…

201507_prin_00_01.jpg

プリンはこういう形で食うのが気分ですよねぇ~

おーーーーー

201507_prin_00_02.jpg

火加減とかまるで無頓着に作ったのにスが入ってないじゃん。

それは、たぶん、加圧してるからでしょう。
加圧されているから、プリン生地内部に気泡が発生しないのではないかな?


因みに、僕はカラメルをかなり焦がして苦めにしたのが好きです。
そして、量はたっぷりというのがいいんですよねぇ~

プリン生地もみっちり詰まった固め固めのがいいです。
どうせなら牛乳ではなくって47%の生クリームだけで作りたい!!
って、それはクレーム・ブリュレになるのか?

でも、妻はカラメルは焦がしも量も控えめで、プリン生地は
フルフルも柔らかいのがいいといいます!!!!何故だっ!!!!
俺は固いのが好きなんだよ!!!!
スプーンですくおうとスプーンを突き立てたら、
スプーンの先がバァァァーーーーン!!と割れるくらいのがっ!!!
指でつついたら、指の先がばぁぁぁーーーんっ!!

はい、そんなの既にプリンぢゃないです。すんまへん。

まぁ、なんしか、プリンなんか、買うことないです。
これだって、6つ分の材料費は200円程度なんだぜ?
しかも簡単ときたもんだ!

ホームメイドお菓子としては、材料費は安いし、簡単だし、
かなり優れたモノということが出来るんぢゃないかな。

圧力鍋を使えば更に簡単だっ!

んぢゃまた。
関連記事

テーマ : 手作りお菓子
ジャンル : グルメ

ジョギング中に発見!タマゴタケにキイチゴ

今日はずっと雨かな?と思っていたのだが、
午前中は雨が降らないっぽい感じだったので、
妻とちょっとだけジョギングをしてきたのでした。

コースは、ローカルネタになるのは仕方ないのだけれども、
いつものように平安鎌倉古道に入るルートと同じ様に、
富士見台行きのバス道沿いを登り、旭が丘上から更に先へ、
伊豆縦貫道を跨いでゴリラのゴルフ練習場ところを左折、
清掃工場の裏から韮山辻までずっと登りです。

韮山辻からは、右折すれば元山中を経て鎌倉古道を別荘地
といういつものルートなのだが、左折したら後は下り。
再び縦貫道を跨ぐ橋を渡ってすぐに右折して沢地に降りて、
あとは街中へ~HACとキミサワとJAで買い物して帰宅…

という約7km+買い物3kmのぬるいのコースでした。

途中で、妻がすげぇ~ものを発見!!!

うおぉぉぉ~

201506_tamagotake_01.jpg

キノコ!キノコ!!

201506_tamagotake_02.jpg

タマゴタケやん!!!

まぁ、食える状態ではなかったのが残念なんだが、
実は生えてるのを観たのはこれが初めてだとゆーーーー。

すげぇーなぁ~。

んで、更に!!

201506_nawashiroichigo.jpg

道ばたの茂みの中にキイチゴが大量に!!

キイチゴには何種類かあって、これはナワシロイチゴだと思う。
ちょっと食ってみたが、まぁまぁ、そこそこ食える。

まぁ、必死こいて集めて食いまくりたいとは思わんけどね。
食っても怒られそうにないところで、ちぃっとつまめば満足。

そういえば、今年はキイチゴ類の当たり年なのか知らんが、
毎年、何回も通ってる山道で、今まで気がつかなかった箇所に
キイチゴが赤や黄色の実を付けてることに気がつくのだった。
なにしろ、街中の新幹線高架沿いのフェンスの中にもぼこぼこ
実がなっていたんだから、ほんと、びっくりだ。

そんな感じでした。
関連記事

テーマ : 今日の出来事。
ジャンル : 日記

久しぶりにロールケーキを焼いた

おっさんもケーキを焼こうシリーズ

201506_rollcake_00.jpg

久しぶりにロールケーキを焼いてみたのだった。

なんだかんだで、今はこんな配合でやっている。

201506_rollcake_01.jpg

玉子L … 5個
薄力粉(アンシャンテ) …90g
グラニュー糖  …100g
水飴 …小さじ1杯程度
牛乳 …40g

玉子を湯煎にかけながら泡立てるとかいう教科書も多いけど、
面倒だから僕は最初にお湯に玉子を浸して温めちゃいます。

そこへグラニュー糖と、湯煎にかけて柔らかくしておいた水飴。

201506_rollcake_02.jpg

泡立てます。

これは共立てなんだけど、
これって、もう、はっきりいって、
電動泡立て器が無いとやってらんないでしょう。

そういや、昔々、僕がお菓子作りに目覚めた40年ちかく昔のこと、
別立てでやってたんですよね。だって、それしかお菓子本には
載ってなかったし。

別立て方の方が共立てに比べて泡立てが楽な筈なんだが、
卵それでもかなりしんどかった覚えがある。
ましてや共立てなんか、手動でやってらんないでしょう。

まぁ、ようするに、なんだ。
何が言いたいかというとですな。

電動泡立て器無しではやってらんねぇ~っ!!!

ってことです。

つーわけで、スゥィーツ作りをしたいおっさんは
電動泡立て器を買いましょう。

僕の使っているのはブラウンのマルチクイックなんで、
専用機では無いけど、いまんとこ、これでいけてます。

そういや、いまやってるNHK朝ドラで、
ヒロインが手動でメレンゲをこさえていたけど、
あれってリアリティあんのかなぁ?
プロの現場では電動使うのが当たり前なんじゃないの?

で、数年前、ロールケーキを作り始めた頃には、
なんか固い、全然膨らまない、なんともとほほなスポンジ、
つーか、
スポンジとはとても呼べない代物を焼いていたんですが、
あるときその原因は泡立て不足にあると気づいたのでした。

電動では泡立てすぎに注意とかいうのですが、それを恐れて
泡立てがあまいと綺麗に膨らまない、冷めたらぺしゃんこです。

で、僕の泡立て完了の目安は…

201506_rollcake_03.jpg

こんな感じ。泡立て器ですくうとヒラヒラっと流れ落ちる程度。

まぁ、こういうのは表現の問題もあるし、自分で判るしかないんだが。
でも、いちど判っちゃえば、後は失敗しません。

そうそう。地味な存在だけど

201506_rollcake_04.jpg

ボールの下に敷いて傾きを維持せしめるこの器具は是非買いましょう。
はっきりいって、これが無いと泡立てるの嫌ですわ。

小麦粉を混ぜ混ぜします。
予めふるっておくのは当然だ。

んで、僕は手動の泡立て器を使ってぐるんぐるん混ぜます。
教科書的にはゴムべらなんだけれども、まぁ、いいぢゃないか。
これで問題なく作れているのだし。

因みに、泡が消えるのをおそれて混ぜが足りないのはダメだそうです。
つーか、しっかり泡立ててあったら、そんなに泡がつぶれるモノでは
ないらしい。

だから、しっかり泡立ててしっかり混ぜるというのが
スポンジのコツということになるのだろう。


最後に、牛乳を混ぜる。

バターよりも牛乳の方がおいしい気がするんだ。

201506_rollcake_05.jpg

クッキングペーパーを敷いた30cm四方の専用天板に生地を流します。
ハッキリ言って、ロールケーキ用の専用天板を買うべきかと。
使いやすさも仕上がりも違うんだよ。
オーブン付属の天板には、かなりイライラさせられましたしね!!!!

クッキングペーパーはシリコン加工の高温調理用ですな。
グラシン紙より使いやすいと思う。

200度余熱で、余熱後5分。その後、180度に落として12分で終了~


網の上で冷ましますが…

201506_rollcake_06.jpg

冷めたら皺になるのが悲しい。

きっちり冷めたら、クリームを巻き込みます。

201506_rollcake_07.jpg

丹那の生クリームで地産地消~生クリームは47%だよね~

砂糖を入れて、僕はかなりしっかり目に泡立てちゃいます。

201506_rollcake_08.jpg

流動性を失う程度に。

生クリームを塗り伸ばします。

201506_rollcake_09.jpg

はっきりいって、専用道具を買いましょう。
以前はお好み焼きのコテで塗ってたんですが、
使いやすさが全然違います!!!!

天板に敷いてあったクッキングペーパーを上手に使って巻きます。

201506_rollcake_10.jpg

このときなんですなぁ、グラシンよかこっちが良いのは。
丈夫だから綺麗に巻けるんですよ。

巻き方のコツとかは、ごめんなさい。知らんわ。
なんかしらんけど、最初からそこそこ上手く巻けたんです。
だから、コツとか知りません。
まぁ、いいじゃないですか、適当で。
売り物にするわけじゃ無し、そのうち上手くなりますって。

にしても、焼き色面を表にして巻くのはどうするんでしょう。
つーか、焼き色ムラが無くて皺の無い焼き色面が表になった
ロールケーキには憧れがあります。
家庭用オーブンではあのムラの無い焼き色は無理なんかなぁ?

そして、ラップで包んで冷蔵庫へ。


さて!!!

201506_rollcake_11.jpg

作った人の特権!!!

クッキングペーパーにこびりついた生地をカードで剥がして

201506_rollcake_12.jpg

残ったクリームをのせて食うのです!!!

丁度、カステラの底紙に付着した生地を剥がして食うのと
同じ喜びと美味しさがあります。


冷蔵庫できっちり冷やしたら、切り分けて完成です。

201506_rollcake_00.jpg


ん~ナイフを温めて湿らせるのサボったら、
やっぱ切り口が乱れてしまって、ちょっと後悔です。


最後に、久しぶりのアフィリ活動、
大いに参考になったお菓子レシピ本を紹介しときます。




『小嶋ルミの決定版ケーキレッスン』(柴田書店)

収録レシピは少ないのですが、説明が丁寧です。
過程の写真も多数載っていてとても判りやすいです。
でも、「簡単」をウリにしているレシピ書ではないです。
道具の使い方、混ぜ方等の技術的側面について、
とても細かい指示と説明がなされています。
そういうのが面倒に思う人には向かないでしょう。

って、紹介文が使い回しやけど、まぁ、いいよね。

でわでわ~
関連記事

テーマ : 手作りお菓子
ジャンル : グルメ

プロフィール

政

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
06 | 2015/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク