帰省中~


帰省してます
四条烏丸で飲茶の昼飯どす
鶏足やっぱ美味い~
関連記事
スポンサーサイト

「シベリア」もどき

「シベリア」というお菓子があって、
それはカステラに餡子か羊羹を挟んだものということだ。

なんか美味そうじゃないですか。
まぁ、カステラとか餡子自体の美味しさが大きいだろうが。

でも、食ってみたいので・・・

201412_siberia_00_01.jpg

もどきを作って食いました。


カステラは『福砂屋』の「五三焼き」を使って・・・

201412_siberia_01.jpg

これですね~五三焼き
頂き物ですが。有り難や、有り難や・・・

餡子は僕の定番である、三嶋大社脇の遠藤製餡所のこしあんです。

で、なんで「もどき」かと言いますと、なんでも、シベリアの餡子なり
羊羹は、カステラ生地にぴったり密着していなくてはならないそうで、
そのためにはカステラの上にまだ熱くて流動的な餡子・羊羹生地を
流さねばならない。でも、そんなのやってられねーーーーー。

それに『福砂屋』のカステラって、いつの頃からか、数年、いや、
10年以内のことだと思うのだが、予めスライスしてあるようになった
でしょう。始は通常のカステラだけで、五三焼きは切ってなかったとも
覚えているのだが、今は五三焼きもスライス済みだ。

小さく切ってなければ大きく切り出したところに、再加熱して柔らかく
したこしあんを流して挟んで・・・ってことをしてもいいのだが。

ま、いいじゃないか、もどきで。

で、味?

201412_siberia_00_02.jpg

メチャ美味い!!!!!
五三焼きのシベリアもどき最高ですた!!

次いただいたらまた作ろう!!!!

『美濃忠』の羊羹を挟んでみるとか・・・
関連記事

テーマ : スイーツ
ジャンル : グルメ

ローストビーフ

201412_roastedbeef_00_01.jpg

クリスマスイブにはローストビーフを焼いて食いました。

国産牛(交雑種)のランプ肉1kgです。

201412_roastedbeef_01.jpg

やっぱ、ローストビーフは赤身ですよね。
しかも割安だし。これで5000円ほどでした。

201412_roastedbeef_02.jpg

塩胡椒してから表面を全方位的にしっかり焼きます。

201412_roastedbeef_03.jpg

アルミホイルでぴっちり包んでオーブンへ入れますた。

201412_roastedbeef_04.jpg

170度で30分。

肉内部の肉汁が落ち着くまで休ませてからスライスしました。

201412_roastedbeef_00_02.jpg

僕はレアよりもこれくらい火が入ってる方が好きです。
これで500gくらいかしらん。ちょっと控えめですな。
まぁ、1kgくらい食い切れたのですが、翌日にも回しときました。

201412_roastedbeef_00_03.jpg

20年ほど前のダンチュウに載ってたソース、
牛ミンチと香味野菜で作るグレービーソースをかけて食いました。
もちろん、ホイルの中ににじみ出ていた肉汁も混ぜましたが。

201412_pommes frites

ガルニはフライドポテトの別添えです。
キタアカリとメークインを混ぜて揚げました。


なんか秘蔵というか死蔵とというか、まぁそんな感じのワインを
飲むつもりだったのですが、妻が風邪気味なので上等なのは
勿体ないというので・・・

201412_nerodAvola.jpg

お手軽系を飲んどきました。
っても、2000円前後のイタリアワインはかなり美味いのが
よりどりみどりですな。これも良かったです。バランス良好。

ってな感じのクリスマスディナーでした。
関連記事

テーマ : +おうちでごはん+
ジャンル : グルメ

ヤリイカの細造り

201412_yariika_00_02.jpg

御殿場のジムの帰りに『アオキ』に寄ったら沼津港産のヤリイカがあった。
パックの上からイカの体表をすっとなぞるとサァーっと色素胞が反応した。
値段も手頃だったので買って帰ったという訳。

ああ!ヤリイカ!!美味いよね!!!!
スルメイカより高いけど、確実に美味いよねっ!!!

201412_yariika_01.jpg

んで、まぁ、こんな新鮮なヤリイカはお造りに限るよねえ~ってんで・・・

201412_yariika_02.jpg

ばらして・・・

201412_yariika_00_01.jpg

お造りにしてみますた。

因みに後ろに見える色の濃い部分はエンペラの部分刺身です。
コリコリシャクシャクした食感がいいんですよ。

山葵はもちろん伊豆の本山葵です。
当地は手頃な値段で冷蔵庫に常備できる環境なんですなぁ。
いいだろっ!!??

んで、イカの表皮、色素胞のある皮を剥いだすぐの白い身の表面なんですが、
ここは皮なのか違うのか、まぁ、どっちにしろちょっと硬くて、その硬さは
細造りにしても変わりなく口に障るのが難点だと思うのです。
で、それはまるで肉の硬いスジのように味わいを損ねると僕は思うので、
それを回避するべく・・・

201412_yariika_03.jpg

んな風に内側の身の方から硬い表の方を残して削いでしまってから細造りにします。

切り取った硬い皮の部分はゲソと一緒にバター炒め等にするので無駄になりません。

まぁ、馴れてしまえばこんなの別にどぉってことはないのであります。
僕は料理の手が遅いのですが、そんな僕でも捌き始から完成まで10分ほどです。

ちょっとの手間で絶品のヤリイカ刺しがあなたの食卓に!!!
マジ!
魚介等、自分で捌ける様にならないのは人生を損していると思います。
これ、かなりマジです。

んじゃ!
関連記事

テーマ : 鮮魚
ジャンル : グルメ

御殿場の魚がし鮨ナウ


今日は三島の自宅から御殿場駅前目指してジョグ&ウォークなんですが、
図らずも魚がし鮨の前を通りかかってしまい、以下省略…
関連記事

コプリーヌ

201412_coprine_00.jpg

御殿場のジムでの筋トレの帰りにスーパー『あおき』に寄った。
『あおき』と言うのは静岡県東部を中心とする所謂「ご当地スーパー」で、
あ~近年では東京の豊洲と横浜にもあるそうだが、
まぁ、なんしか、この辺では高級スーパー的位置づけだろう。
この辺ではあちこちにぼこぼこあるイオン系とは異なる品揃えがGOOD!

ただねー寄るとあれこれついつい買ってしまうので、
ただでさえ異常に高い我が家のエンゲル係数がぁーーーーーーー

って、まぁ、それはさておき、久しぶりに寄った『あおき』、
時間的余裕があったので隅から隅までじっくり陳列商品を眺め徘徊して、

気になったのが「コプリーヌ」というキノコなのだった。
うん。
なんか、よぉ、わからんもんやったんで、カゴに2個放り込んだのです。

で、

201412_coprine_01.jpg

201412_coprine_02.jpg

コプリーヌです。

全然知らんキノコだったので、ネット検索でお勉強したら、
標準和名「ササクレヒトヨタケ」というキノコの幼菌とのこと。
食用にするのは幼菌で、成菌はあっという間に黒くなって溶けてしまうらしい。
(幼菌だけを食用対象にするというのは、ホコリタケなんかもそうですね。)

割ってみると・・・

201412_coprine_03.jpg

中はこんな感じ。

で、どうやって食うかだが、ま、とりあえず

201412_coprine_04.jpg

バターで焼いてみることにした。

それにしてもバター売ってないね!
うちは常に業務用のをストックしてあるからまだ大丈夫だけどな!!!

で、キノコって、一般的にしっかり焼いた方が美味いと思うぞ。
サッとじゃなくって、水分飛ばすようにしっかりとな。
エノキだって焼肉の鉄板の端っこで茶色くカラカラになったのが美味いでしょ?
だから、うちではキノコはしっかり焼くことになっております。
炒めるんじゃなくって焼くんだ。

でも、こいつはあんまり水っ気は出てこなかった。
縮みも少なかったしね。マッシュルームなんか、割と縮んじゃうんだけど。

焼けますた!

201412_coprine_00.jpg

で、食ってみたら、なにこれ!めちゃ美味いやん!

マッシュルームの美味しいとこをぎゅぅぅぅ~んと凝縮した感じ。
こりゃぁ~リピート確定だね。

でも、これを栽培しているとこは少なくて、日本で2業者しかないらしい。
そのうちの1軒が伊豆の国市にあって、その地の利というやつで
『あおき』に並んでいるのであろうか?
それに、ああいう高級志向スーパーの方が新規の食材に興味を持って
手を出す客が多そうだもんね。

ま、とにかく、これはまた食いたいです。

***

珍しいキノコといえば、去年、ご当地食材イベントで手に入れた
「タマチョレイタケ」というキノコも美味かったのだが、見ないなぁ。

201412_tamachorei_01.jpg

栽培している業者が通販もしているんだが、送料がなぁ。
やっぱ、スーパーで売ってくれた方がいいや。

201412_tamachorei_00.jpg

最近、当地ローカルTVにでたみたいだし、どっかに並ばんなかぁ?
『あおき』に期待。
関連記事

テーマ : +おうちでごはん+
ジャンル : グルメ

サービスエリア


ラーメン食ってます

このあと、原駅まで歩いて電車で三島で終了でつ
関連記事

愛鷹山山頂ナウ


今日は富士山見えへん~

これから沼津方面へおりるです
関連記事

桃沢郷~


さくっと愛鷹山に登ってくるです!
関連記事

ボジョレヌーヴォー Jean-Claude LAPALU 

12月になってしまいましたが、
今更ながら、ボジョレヌーヴォー飲みました。

うちではもう何年もボジョレヌーボーには手を出していなかったのですが、
今年はなんとなく飲んでみようかという気になったのでした。

んでもって、どうせ超~~~~~~~っ久しぶりに飲むのだから、
ちったぁ~張り込んだの飲んでみようかと思い、こんなん飲みますた。

201412_BeaujolaisN_01.jpg

Jean-Claude LAPALU のヴィラージュでおます。

ん~とね、能書きは興味のある人が自分で検索して調べたらいいと思うよ。
なので省略でよろしく。

で、これがかなり美味いんだ。濃くてバランスが良くて。

201412_BeaujolaisN_02.jpg

って、まぁ、ボジョレ・ヌーヴォーとしてはかなりお値段高めなんで、
美味しくなくては困ります。

問題はガメという品種に対する好みなんだが、
まぁ、僕はガメを云々するほど飲んだこと無いしね。

それと、この値段だしたら、ブルのピノ・ノワールでも結構美味いのに
出遭えたことも結構あった気がするので、更に悩ましいところかもな。

でも、これは結構美味いワインだったので、もう、それでOKでいいや。
そもそも、ボジョレヌーボー縛りだったからね。OKOK。


因みに、アテにはお肉を焼きました。

201412_DryageingBeef_01.jpg

関西人が「肉」って言ったら牛肉に決まってるんぢゃぁぁぁーーーっ!!

で、これは富士宮の『さの萬』のドライエージングビーフでおます。

いまやフツーのグルメ系情報誌でもフツーに見かけるようになりましたね、
ドライエージングビーフっての。

まぁ、能書きは興味のある人が自分で・・・って、こればっかですが・・・

焼き方は、もう、とくにこだわりませんで。

201412_DryageingBeef_02.jpg

肉の周囲をしっかり目に焼いたら、強めの火で片面じゅーーー、
ひっくり返してじゅーーー。
網をセットしたバットに入れて100度のオーブンで5分ほど休ませたら、
もういちど両面じゅーーーっと。
再び、100度のオーブンで5分ほど休ませたら、最後にも一度じゅーーっとな。

ま、きょうび、一般家庭でも休ませながら焼く程度のことはこだわりでも
なんでもないでしょう。

そしたら

201412_DryageingBeef_00.jpg

こんな風に極めてジューシィーに焼き上げることが出来たのですた。
うん。これくらい火ぃ~入ってる方が好きやわ、俺。

んで、この肉ですが、極めて美味しいものでした。

前回、妻は熟成香からネガティブな印象を受けたようですが、
今回は好評でした。うん。確かに今回は熟成香は控えめかもしれない。

焼き方も良かったんだよっ!!!と自画自賛もしておきますが!!!!
わはははは!!!!!

まぁードライエージングビーフの熟成香、質や程度には好みの問題が
あるのでしょうなぁ-。物珍しい間は脳内補正も大きく働くでしょうから、
主体的に正当に評価できるようになるのは、まだまだ先のことでしょう。


因みに、お肉の筋切りには・・・

201412_DryageingBeef_03.jpg

こういうハサミ使ってます。

料理用ではないです。

以前から、お肉の筋切りには悩んでいたのですよね。
包丁や料理ばさみでは細かい細工が出来ない、或いはしにくいでしょう。

例えば豚肩ロースの生姜焼きの筋切りとか。
あれって筋を結構あちこち切ってやらねば焼いたときにグニャグニャに
そっくり返って火が上手く当たらん箇所が出来てくる。
そこが蒸れて煮えた様になってしまうのが、僕は大っ嫌いなんです!!
だから細かい筋切りをしたいのですが、包丁も料理ばさみもちょっと
大雑把すぎるので、そしたらもっと細かい細工のできそうなハサミ・・・

ん!!医療用ならいいのがあるんじゃねぇーーのっ!!!!

と思ってネットを探したのですが、あんまり上手く見つからなくって。
それに医療用なんて、屹度高いよね!
そんなことに高いカネだすの馬鹿馬鹿しいよねっ!!
ってんで、じゃぁ~もう~工作用でもなんでもいいじゃん!
なんしか刃先が細くて細かい作業の出来るハサミならなんでもいいや!
でも素材はステンレスでよろ!!

って感じで探し出したのがこれ!




精密金切ハサミって、金物工作用なんやけど、
金属が切れて肉の筋ごどきが切れん訳が無いのだっ!

結構、重宝しているのでした


そういや、御殿場アウトレットにもドライエージングビーフのステーキを
食わせる店ができたそうな。いっぺん行ってみたいどす。はい。


関連記事

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

プロフィール

政

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク