富士山


ますます真っ白になった!

@御殿場市街
関連記事
スポンサーサイト

富士山真っ白!


これから御殿場で筋トレなんだが、富士山真っ白や~

@富士岡駅
関連記事

メヒカリの干物

安くて美味いんだよ、これが。

201411_mehikari_00_01.jpg

って、自家製ですが。

冬の駿河湾ではトロール漁をやっていて、深海魚があがるのだけれど、
メヒカリはその中では手軽な価格で買えて、しかも美味いです。

でもね、なんか、フツーのスーパーではまず売ってないみたいですねー。
なぁぁぁ~んか、三島に越してくる前に、隣が港町である沼津なんだから、
フツーのスーパーにも店頭には駿河湾の新鮮な魚がずらぁぁーーーっ!と
並んでいるのだろうと勝手に期待していたのだった。

期待は見事に裏切られたけどなっ!!!

でも、いまはどこにいけばどのようなものがあるのかをだいたい把握して
いるのでOKOK。三島なら田町駅前の『カドイケ』が、スーパーにしては
鮮魚に強いように思います。

で、メヒカリですが、沼津港の観光魚屋にもありますが、日常生活的には
清水町の『食遊市場』に行って買い求めるわけです。
中には鮮魚店が3軒あって、3軒回れば、まぁ、なんなっとあるでしょう。

って、まぁ、「メヒカリ食いてぇ~っ!!」って感じで買い求めるのではなく、
「あーーーまぁーーーぱっと欲しいもんもないからメヒカリいっとくかぁ~」
って立ち位置の魚ですが、我が家的には。

っても、確実にうまくて裏切りません。

で、メヒカリの食い方ですが、天ぷらやフライもええんですが、
干物が一番かなぁーっと。で、自作するわけです。簡単です。

つーわけで!メヒカリです。

201411_mehikari_01.jpg

20匹ほどで、これで600円。

んで、ハラワタごと頭を落としちゃう。頭食わんしね。

それと、これが結構重要なんだけど・・・

201411_mehikari_02.jpg

こんな小魚でも鱗はしっかりあるので、きっちりとりましょう。

既製品の干物で気に入らないのはウロコが残っていることですよね。
カマスの干物なんか、皮も美味いのにウロコを残したまま干してあるので、
皮が食えません。ウロコは口に入れたくないんです。

でも、自家製ならウロコをきっちり掃除して干せます。
といいますか、自家製だからこそきっちり掃除しなくっちゃぁねぇ~
それこそが自作する値打ちなんだよ!

んで、腹腔の中を綺麗に洗ったら・・・
ここで開いてもいいんですが、今回は丸干しにしました。
って、頭は既にとってありますが・・・

3%の塩水を作って、中に酒をちゃぁぁーーっと適当に入れます。
振り塩よりも立て塩の方が楽だし、満遍なく塩って失敗知らず。
血抜きにもなるね、たぶん。臭み抜きにもなるのかもなぁ、知らんけど。

塩分濃度は3%って決めてます。アジでも、エボダイでも、カマスでも。

因みに一番好きな干物は、ズバリ!!カマスです!!!
塩焼きより干物がいいです。

201411_mehikari_03.jpg

だいたい2時間くらい漬けときます。
開きだったらもっと短いのだけれど、ま、適当に、自分で決めて下さい。
塩が薄かったら醤油かけて食えばいいのだし、3%くらいの塩水なら
塩辛すぎて食えないということもないので、ま、適当です、適当。

で、問題の干す工程なんですが・・・

201411_mehikari_04.jpg

水気を拭いたらこんな風にバットの上に置いた網に並べて、
ラップ等で覆わないで冷蔵庫に入れちゃうのが楽でいいです。

冷蔵庫の中って、結構乾燥しているでしょう。
よくチーズなんか乾いてかちかちになっていたりして、
僕はあの乾いたチーズが好きなので、わざと乾かして食いもしますが、
まぁ、なんしか、冷蔵庫の中は乾燥気味なんで、塩をした魚をラップ等で
覆わないで突っ込んでおくと、結構いい感じに乾いてくれます。

まぁ、ねー、これからの季節なら金串に刺したのを針金ハンガーに引っかけて
ベランダに一晩吊してもいい感じなんですがね。

でも、冷蔵庫内は天候にも左右されないし、ホコリとか虫の心配も無いしね。
家庭でちょっと作るだけなら、結構使える現実的な方法だと思います。

天日干しとか、あんま、興味ないです。あれは管理が難しそうやしね。

で、一日冷蔵庫内に放置したら・・・

201411_mehikari_05.jpg

結構いい感じの乾き具合です。

あとは焼いて食うだけ。

201411_mehikari_06.jpg

あーーー電気式の魚焼き器が欲しーと思う今日この頃。
うちのガス台は『RTS-2CT』というリンナイの名器(廃版)なんですが、
グリルが着いていないのが欠点と言えば欠点なんですなぁ。

自慢の魚焼きシステム(→これね!)も最近面倒で。歳かもなぁ~
これも結局バーナーキャップの直径の問題は克服できないし、
油落ちに起因する炎上の問題は、やはりゆゆしきことです。
味覚的にも、事後の掃除的にも。

だから焼き魚専門に電気式のフィッシュロースターの導入を考えて
いるのですが、あれも結局、掃除していても汚れて臭くなるのは
不可避みたいなんで、適当に安いの買って、買い換えていった方が
いいんじゃないかしらん?と思っているところなのでした。

ちころで・・・メヒカリの骨ですが・・・
腹骨とかは気にならんレベルなんですが、背骨は無視するにはウザイです。
だから外して食うに限ります。

201411_mehikari_00_02.jpg

でも、こいつは骨からの身離れが結構いいので、楽に食えます。
食いやすさも美味しさのうちですもんね。

んぢゃ!
関連記事

テーマ : 鮮魚
ジャンル : グルメ

クラムチャウダー

この前、山歩きから帰って、なんか作るんめんどくさいし、
改めて外へ食いに出るのも億劫だという訳で、
うちにある適当な即席食品でも食っておくかということになり、
牛乳でのばして温めるだけ的なクラムチャウダーを食ったのでした。

まぁ、味とかそんなもんは最初からも予想通りで、
それ以上でも以下でもないものだったので、
特筆すべきことは何も無いのですが。

ただ、あーーーーっ!久しぶりにクラムチャウダーでも
作ってみっかぁぁぁーーーっ!という気になったので・・・

201411_clamchowder_00.jpg

作ってみますた。

まぁー作り方は色々あるでしょう。

僕の方法~

201411_clamchowder_01.jpg

アサリ、5mm厚のベーコン、タマネギ、ニンジン、ジャガイモ

んで、僕はアサリ等、二枚貝の砂が許せないんだ。
食ってるときに砂をかんだ、あの!あの!!あの!!!
あのガリッ!!という食感!!
あれが許せなくて許せなくて、もうね。

だから~
加熱して蓋を開かせたアサリは、汁を漉したら~

201411_clamchowder_02.jpg

水の中へぶっ込む!ぶっ込んで洗う!!

いいんだよ!!これくらいで抜ける風味なら最初から無いのと同じなんだよ!!

201411_clamchowder_03.jpg

・・・

201411_clamchowder_04.jpg

刻んじゃえ!!!!

いやぁーーー
俺、味だけでええんよ。アサリの身ぃ~とか食わんでもええし。

後は、野菜等炒めたとこへぶっ込んで・・・
煮汁も漉して入れるのだ!当然!!!

201411_clamchowder_05.jpg

これ圧力鍋だから、加圧してガーーーっと!

201411_clamchowder_06.jpg

その間にホワイトソース作ります。

201411_clamchowder_07.jpg

ソース作りの参考書はこれがおすすめです!

201411_clamchowder_08.jpg



上柿本勝 著 『ソース』(柴田書店)

フレンチのフォンとジュとソースについて基礎知識と作り方が網羅的に載ってます。
で、基本的なソースをどのように発展させると何々になるとかの説明と作り方。
解説書でもありレシピ書でもあるという、結構、お得な料理書かと。

まぁ、一応、プロ向けの筈なんだが、んでもって、そういう料理書というのは、
家庭料理で使うには極めて非現実的な分量だったりするわけです。
が、この本に関しては家庭で参考にするにも極めて現実的な分量です。

とはいえ、最も基本的なフォン等に関しては、家庭料理的には非現実的な量ですが。
でも、フォンドヴォーとか、そういうのは家庭料理的には既製品を使えばいいんだからさ。
ハインツのシェフソシエシリーズなんか、結構いけるんじゃないですか?

まぁ、ね。こういう料理の専門書を手にしたからといって、直ちにあのレストランで
食ったのと同じ味があなたの家庭でも!!ということにはならないのは当然なのだが、
製法に関して何も知らないのと知っているのでは天と地の隔たりがあるのだし、
作ってみたら案外、結構おいしいものが出来ちゃった!!てへっ!!!というのは
家庭料理的には成功としたと言っても良いのだから、この手の専門書に手を出すのを
躊躇する理由はありません。

それに、なんちゅーても、こういう本は見ているだけで楽しいですから。
レストランで未知の料理にトライしてみるきっかけにもなるしね。
でも、店で質問するときは何も知らん振りしておくのが吉です。
どんな説明してくれるかというのも楽しみのひとつではあるね。

で・・・

201411_clamchowder_09.jpg

バターで小麦粉炒めて~

201411_clamchowder_10.jpg

牛乳入れてしっかり練り上げるとゆー

バターで小麦粉を炒めてると、ある時点でサラサラになるのがおもろいんですなー。
焦がしたらいけないのだけれども、炒めが足りないと粉臭いというか、なんというか。
サラサラになるまで炒めたら、たぶん大丈夫だが。

そういえば、なんか、小麦粉を炒めないでレンチンで作る手抜きホワイトソースとか、
レンチン・カスタードクリームとかあるみたいだけど、あんなの美味いの????
あと、片栗粉使ったやつとか・・・それ、ただの澱粉ノリちゃうん?

ゆうたらなんやけど、
小麦粉炒めてホワイトソース作るくらいの手間を惜しむんじゃねぇぇっ!

ホワイトソースって僕は高校生くらいの時に初めて作ったのですが、マジで感動しました
バターと小麦粉と牛乳と塩だけで、どうしてこんなにうまいものができるのかっ!って。
まぁ、どんなレベルのものが出来たのかは覚えていないのですが、確かに感動したこと
だけは覚えているのです。で、その感動がきっかけで!!!

いや、別に料理の道に行こうとは思わなかったのです。はい。


あとは柔らかく炊けた他の具材と合わせて、塩で味を決めて完成。
ここでブナシメジ入れときますた。フレッシュのマッシュルームは高いんだよ!!

201411_clamchowder_00.jpg

と、いうのを2日間かけて食い続け、3日目はさすがに飽きたので・・・

茹でたマカロニぶっこんで

201411_clamchowder_G_01.jpg

チーズ乗せてパン粉振りかけて焼いて

201411_clamchowder_G_00_01.jpg

グラタンにして食いました。

201411_clamchowder_G_00_02.jpg

目先が変わってよろしかったです。

以上!


そういや、クラムチャウダーって、こういうホワイトソースタイプの他に
トマトベースタイプのもあるそうやね。食ったことないけど。

関連記事

テーマ : +おうちでごはん+
ジャンル : グルメ

箱根外輪山周回歩道西側縦走(箱根峠~三国山~湖尻峠~丸岳~乙女峠~金時山~金時登山口) 4. 最終回

例によって間延びしてます。
ま、適当にはしょってやっつけ仕事でOK、OK~

んで、長尾峠からは丸岳への登りとなります。

まぁ、どぉってことのない、フツーの登りで、特筆することはないかもです。

で、フツーに丸岳頂上~

201410_hakonegairinzan_37.jpg

時刻は1415だったので、1500までに乙女峠は、まずOKでしょう。

山頂には電波塔が建っていて

201410_hakonegairinzan_38.jpg

これって下界からも目立っています。

特に何も無いので通過~
乙女峠へ下りて行くのですが、ちょっとだけウザイ下りです。

つーのはですな、
ルートが雨水で丁度靴の幅位に掘れていて歩きにくい箇所があるのと、
乙女峠に近づくにつれて、ちょうど踏んだらウザイくらいの大きさの石が
ごろごろし出すんですよ。

そういえば、乙女峠から御殿場側への下り道も、避けるには大きめだし、
上に乗れば不安定はいやらしー大きさの石がごろごろしていて、あれは
気分が悪いわーー。2度下りて、2度ともイラッ!!としました。

乙女峠到着は1442でした。

201410_hakonegairinzan_39.jpg

乙女峠にはかつて茶店があったみたいですが

201410_hakonegairinzan_40.jpg

いまじゃ廃墟です。

ふーーん・・・
こんなとこにわざわざ落書きしに登ってくる暇人がいるのか?

予定通りに乙女峠に到達できたので続行しました。

201410_hakonegairinzan_41.jpg

箱根峠から乙女峠まで、殆ど登山者と出遭わなかったのに、
乙女峠からの登りでは何組ともすれ違ったので、金時山の人気が判ります。

これが結構急な登りで、なんか、金時山から乙女峠に下りるのは嫌だな~って
思ってしまいました。膝の保護的には。
登るのには木の根っこ階段とかあるので楽なんですけどね。
まぁ、僕は登りの方が得意です。

途中~

201410_hakonegairinzan_42.jpg

なんもない長尾山山頂を通過~

ここから少しだけ下りになって、ひょこっと右前方上方に金時山の頂上が
見えた箇所があったんですが、そんときはえぇーーーあそこまで行くの?
って感じになったのですが、実際は大したことなかったです。

つーわけで!

201410_hakonegairinzan_43.jpg

時刻1548に金時山頂上に到着!箱根峠から6時間半ってとこでした。
富士山が結構すばらしーーーーく見えたのが嬉しかったです!

続きを読む

関連記事

テーマ : 登山・ハイキング
ジャンル : 旅行

箱根外輪山周回歩道西側縦走(箱根峠~三国山~湖尻峠~丸岳~乙女峠~金時山~金時登山口) 3.

湖尻峠からは登りになります。

が!

ここから先はちょっとだけいやらしぃ~感じです。

つーのはですねぇ

201410_hakonegairinzan_26.jpg

とりあえず、登る。

ここは雨の後なんか湿ってると滑ることがあるのでいやらしぃ~です。

で、登り切った!と思ったら!!

201410_hakonegairinzan_27.jpg

えぇ~まだ先があんの!!??

って、登り切ったら!!!

201410_hakonegairinzan_28.jpg

うわぁぁぁ~まだあんだけ登るのかよっ!!!

201410_hakonegairinzan_29.jpg

とまぁ、2回ほどがっかりさせられる訳です。

それがやらしーーー!

201410_hakonegairinzan_30.jpg

とりあげず、登りはここで一段落。

到着は1244。湖尻峠を出たのは1222だから22分ですな。

実はここ、今年4月にも来てるんですが、その時は21分でした。

でも、その時は道の駅0910スタートでここは1221到着。
今回は道の駅0915スタートでここへは1244到着。

この20分の差は!!!

やっぱ、のんびりソフト食ってたのが効いてきましたなぁ。
ちょっと焦りだしました。

つーのは、今回の予定は4月の行程記録が前提になっていたからです。
4月のは乙女峠まで縦走して、そこから静岡側へ下山したのでしたが、
乙女峠到着は1425でした。

参考タイムによると、そこから金時山頂上へは約1時間で、金時神社
方面への下山も1時間程度。神奈川側からの御殿場駅行き最終バスが
1715頃なので、乙女峠1430発ならいい感じですよね。

でも、乙女峠1500を過ぎると、ちょっとカツカツ気味です。
だって、疲れも出てきている筈だし、まだ歩いたことのないルートですから。

つーわけで、湖尻峠から長尾峠までは、ちょっとだけ焦って、
膝に注意しながら妻を追い立てるようにして進んでいました。

続きを読む

関連記事

テーマ : 登山・ハイキング
ジャンル : 旅行

プロフィール

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク