梅雨の晴れ間の富士山登山(須走口~頂上~宝永火口~富士宮口)3. 完結

例によって例の如く間延びしてますが、完結させます!

なんてエクスキューズもマンネリでありますが、
まぁ、いいぢゃないか、いいぢゃないか。
そんなもんです。

で、5時間も切れずに登頂したワタクシ。

須走口も公式にオープンした後だからってんで、
頂上の山小屋が開いていることを期待してたんですが、
まだ開いてなかったのでかなりがっかりしちまいますた。

コーラー飲みたかったんですよ。コカコーラ。
頂上では500円もするけど好きなんだよ。

で、妻とこの後どうするかと協議。

ほんまは剣ヶ峰まで行くつもりやったんですが、なんか、2人とも疲れてしまい。
んじゃぁ、白山岳行っとくと聞いたら却下されたんで、んじゃぁ、まぁ、下山。

下りは御殿場口から宝永火口を抜けて富士宮口の予定。

で・・・

御殿場口頂上へお鉢をとぼとぼ移動開始~

にしても!
201407_fujisan_20.jpg

富士山頂上は火口の景色が値打ちですよねぇ~

201407_fujisan_21.jpg

この雄大な火口が見れてこその頂上だと思うのです。

201407_fujisan_22.jpg

201407_fujisan_23.jpg

30分位で御殿場口頂上。

201407_fujisan_24.jpg

このとき(7月12日)は、まだ静岡県の公式では閉鎖中だったんだけど、
べつにどぉ~ってことなく通れるのは、各種ネット情報で判明していたので、
迷うこと無くGO~

続きを読む

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 登山・ハイキング
ジャンル : 旅行

梅雨の晴れ間の富士山登山(須走口~頂上~宝永火口~富士宮口)2.

『大陽館』を過ぎた辺りから・・・

201407_fujisan_05.jpg

山頂方面がスカーンと晴れて見通しがよくなったのでした。
やっぱ、こういうのがいいよね、富士山登山。

201407_fujisan_06.jpg

本七合目「見晴館」到達は1022でした。

ここからちょっとだけ登ったところに

201407_fujisan_07.jpg

溶岩流の上端があって、ここまでよじ登ってこれるそうです。
もちろん、一般登山道ではないバリエーションコースですが。

そこからずっと登ったところで・・・

201407_fujisan_08.jpg

パワーシャベルと・・・

201407_fujisan_09.jpg

荷揚げブルとすれ違いました。

そう。この辺はブルと登山者が共通の道を使ってるんですが、
特に危険はないようです。今まで何度もすれ違ってるけど、
なんともないしね。

吉田・須走の下山道もブルと共通の区間があるのだけれども、
それもなんともない。つーか、御殿場口の上の方の岩階段を
下りるよりもよっぽど膝・脚に優しいです。

そういや、僕は富士宮口を使ったことはないのだけれども、
あそこは登山下山共通ということだが、ブル道を使わせない
そうだ。御殿場口も上の方は登山・下山共通なのだが、
今なお結構すいているのだからまだしも、
結構混むらしい富士宮口なんだから、下山者にブル道を
使わせればええのにと思うのだがなぁ。何か不都合でもあんの?

八合目『下江戸屋』到着1054。

201407_fujisan_10.jpg

去年の実績ではここから頂上まではま、まだ更に100分ほどかかるので、
負け~は確定になってしまいますた!5時間切るのもヤバイとゆーーー。

ここから次の山小屋まではすぐです。

201407_fujisan_11.jpg

次の山小屋のとこから吉田と合流します。

201407_fujisan_12.jpg

本八合目『胸突江戸屋』に到達したのは1119。
ここで、今回初めてのちゃんとした休憩~。

201407_fujisan_13.jpg

ども!ブログ主アラフィフ180cm108kgです!!!

アラフィフで体重100kg超ですが何か?
それがどうした!!!文句があるか???!!!

因みに今回のウェアは上はアンダーアーマーのヒートギア長袖1枚のみ、
下は同じくUAのインナーショーツとレギングスとショーパンでした。
サイズは3XLだけど、ちょっとパツパツ・・・

特に上は1枚だけだったけど、全然寒くないよ。
富士山でも夏の日中晴れてて、特に強風でもなければ、そんなもんでしょう。
もちろん、重ね着はリュックに入ってますけどね。

そういや、今年はアンダーアーマー製のウェアを着ている人が
非常に多かったです。特に若い人達にその傾向は濃厚で。
あと、トレラン方面のウェアを参考にしている人もとても多い。
俺もおっさんくさい山ズボンとか大嫌いなんだよ~。
まぁ~夏富士とかそんなもんでええんとちゃいますか?

さて、続行!

201407_fujisan_14.jpg

全登山道中でもっとも賑やかだという須走・吉田の合流地点を1129発
ここが夜中に御来光登山で大渋滞になるところだということですな。

201407_fujisan_15.jpg

1145『御来光館』を通過~

201407_fujisan_16.jpg

今年は雪渓が大きく白く残っています。

九合目通過~

201407_fujisan_17.jpg

時刻は1217なので、あと11分で5時間だ!!!わぁーーーーーっ!!

っても・・・

201407_fujisan_18.jpg

ぎゃぁぁぁ~ん・・・ちょっと無理だよなぁーーー

へぇぇーーーい・・・

201407_fujisan_19.jpg

頂上鳥居通過1243~結局、5時間15分かよっ!

4時間半切るなんざ、たいしたビッグマウスだったぜ!!!

(続く)
関連記事

コーンポタージュ

うん。

このブログは飽くまで家庭料理のブログなんです!

つーわけで、富士山のレポに割り込む形でなんか料理ネタ。

で、初夏のこの時期、毎年必ず作るのがコーンポタージュであります。

201407_corn_00.jpg

これはフレッシュなトウモロコシを使ってこその美味しさなのですよね。
缶詰のコーンを使ったものとは違う美味しさがあります。

簡単やし、えーマジでこんだけ?ってくらい材料も単純なんだが、
毎年、何回作っても、やっぱ、マジで美味いです、はい。

で、作り方ですが、過去にも何度か載せてるんですが、反復を厭わずに、
って、厭うほどの内容でも分量でも無いんですが、

201407_corn_01.jpg

材料はフレッシュな旬のトウモロコシと、タマネギと、バター、牛乳、塩。
以上!

トウモロコシをばらす。

201407_corn_02.jpg

ニトリルの手袋はめて、ぱぱぱっとラフにやっちゃうのが楽です。
気を使うのも、怪我をするのも馬鹿馬鹿しいですから。

ばらしたコーンとスライスしたタマネギを

バターで

201407_corn_03.jpg

蒸し焼きにします。

201407_corn_04.jpg

タマネギが柔らかくなり、コーンが食べて美味しくなったら火を止め、
あら熱をとって牛乳を加えてミキサーへ・・・

201407_corn_05.jpg

充分に回したら漉します。

漉さないのはあり得ないです。テクスチュアも味のうちです。
マズイの嫌でしょ?

目の粗いザルで1回漉してから、

201407_corn_06.jpg

目の細かい裏ごしにかけると

201407_corn_07.jpg

減耗も少なく、ちょっとだけ楽に漉せるでしょう。

っても、ほんまはムーラン使いたいんですが。

あぁー

買っちまおうかなぁ~ムーラン

鍋にいれて、好みの濃度に牛乳で伸ばしたら火にかけて加熱。
塩で好みに味付けしたら完成~

201407_corn_00.jpg

いや、まじ、ほんと、美味いです。

作り込むようなスープ、ポタージュとは別趣の美味しさとでいいますか。

でも、ちょっと、穀物らしい風味も欲しいかなぁという気がせんでもない。
最近のコーンはフルーツ的に甘いでしょう。

昔のトウモロコシって、もっと穀物穀物してた気もするんですよ。
穀物的な臭さとでもいいましょうか?

いや、もちろん、僕は何でも昔がいいなんていう気はまるでないです。

「昔の・・・」というと、ほれ、なんかしらんけど、フルーツ系の甘いトマトのことを
「昔の味のトマト」とか言っちゃう向きもチラホラなんですが、
はぁ??????って感じですな。
昔のトマトなんて、酸っぱくて青臭くて、不味いもんの方が多かったでしょ。
で、桃太郎という品種が出てきて、おぉぉ~ってなったんじゃないですか?

僕は昔のものの方がええかげんで低品質だったことの方が多いんじゃないかな
って思ってるんですけどね。

でも、トウモロコシはもうちょっと穀物っぽくてもいいよな。

そういや生食できるトウモロコシもあるようだけど、あんなもん、生で食いたくないなぁ。
食えても。

食いたくないといえば、茶殻なんか食いたくないんやけど、
高級茶葉の茶殻を食わせたがるのって、誰がはじめたん?

僕は遠慮するわ。

ああ、そうでした。

トウモロコシ等、材料の分量は適当でよろしく。
うちでは2本で2人前です。

家庭料理なんてラフで適当でええんですよ。
俺と身内さえ満足すればそれでええんですから。
味見しながら作ってたら、まず変なモノにはなりません。

そんな感じですな。
関連記事

梅雨の晴れ間の富士山登山(須走口~頂上~宝永火口~富士宮口)1.

先日、12日の土曜に富士山に登ってきました。

須走口から登って、下りは御殿場口から途中で宝永火口を抜けて
富士宮口へ下りました。

まぁ、ケータイからリアルタイムで更新していた通りなんですけど、
ちょっとレポします。

で、須走口五合目への移動なんですが、
うちはクルマが無いのでJRとバスを使うしかない。
っても、早朝のJRは思い通りの運行ではないのがこまりもんです。
というのは、御殿場駅から須走口五合目への一番早いバスは
0735御殿場駅発なんですが、それに間に合うように乗るには、
結局、三島駅0545の列車に乗って、
沼津駅で0600の御殿場線に乗り換えるしかないんですよ。
そしたら御殿場で1時間待ちです。

次の三島駅発は0622なんですが、それに乗ると御殿場駅着が0740でアウト!!!
何ともひでぇ話なのが0622が沼津に着くのは0627で、な!なんと!
0626発の御殿場線があるんだよ!!!それだと間に合うんだよ!!!!
ひでぇぇぇぇぇぇ~っ!!!!!!サイテーだぞ!この野郎!!!!!

まぁ、ねぇ、沼津駅発0626は下土狩駅0635発で、
下土狩駅ならうちから歩いて三十分なんで、
それに乗ってもいいんだが、それにしても、ひでぇーーーよね?

まぁ、山は早立ちが基本なんで、結局、御殿場駅からタクシーです。

御殿場駅から須走口五合目までのタクシー料金は小型なら6000円弱ですが、
中型なら更に1000円ほど高いです。でも、御殿場のタクシー乗り場って、
中型も小型も一緒になってるので、中型だったら嫌だなーって感じで。
うん。去年は中型に当たってしまったんだよ。

で、御殿場駅から須走口五合目までタクシーではだいたい40分位です。
これがバスだと1時間くらいになります。

さて、須走口の五合目に着いたら、なにやらもう既に登山客がわんさか
いていて、結構賑やかでしたん。特に、なにやら大学生くらいの若者の
40人くらいのグループがいて、若々しくってやべぇ~
あんなのの後について行くのは嫌だぜぇ~ってんで、とっととスタート
したのでした。

201407_fujisan_01.jpg
登山口の神社通過は0728でした。

んで、その日は、一応、目標があったのです。

去年、須走口登頂で5時間を切ることが出来たので、今回は4時間半を
切ることが目標だったのです。ってことは、だいたい正午前に登頂
出来れば勝利!だっあのですが、負けちゃったのはリアルタイム更新で
うpしていた通りなのでありました。

なんせ、5時間すら切れなかったんですものねぇ。ひでぇ~

うぅぅ~ん・・
なにがあかんかったのかなぁ?
加齢?
いやいやいや・・・

最初の樹林帯の中で若者グループの中の早い一団に追い抜かれてしまいますた!


長田山荘到着0820。

201407_fujisan_02.jpg

1時間かかってないので、まだOKでした。

瀬戸館到着は0853。

201407_fujisan_03.jpg

まぁ、だいたい、去年と同じくらいやね。

201407_fujisan_04.jpg

瀬戸館を0858に出て、次の大陽館には0940に到着したので42分かかった。
去年は44分かかっているので、まぁ、大差ない。

いったい、どこから遅れだしたのかなぁ?

体重だって去年より太ったって訳でもないよ?
だって108kgしかないもん!この2ヶ月で2kgも絞ったんだぜぇ~


(続く)
関連記事

富士山山頂~


負けた!

五時間すら切れなかった
関連記事

本八合目ナウ


勝てる気がしねぇ~
関連記事

大陽館ナウ


今日は正午までに頂上なら勝ちでつ!
関連記事

須走口六合目ナウ!


ちょっと登ってくる!
関連記事

とんでもないものを見た!

たったの今さっき、御殿場駅前でカモシカのこどもを見た!

人だかりができていたので、何かと思って見てみると
な、なんと!カモシカ!あの天然記念物のカモシカのこどもだったのさ!

市の職員ぽい人達が網でつかまえようとしたんだが、すり抜けて逃げてしましました

僕も写真撮り損ねて残念です
関連記事

当たった!


いま、御殿場です。ジムへ歩いてるとこ!

今日はクソ暑いのでガリガリ君食いながら歩いてたら、
当たりが出ますた!
関連記事
プロフィール

政

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク