キンメダイ

ん~

これって本当は、しらぬたの池~稲取~河津の流れの中のお話なんですが、
ずいぶんと間延びがしてしまいました。
が!まぁ、当ブログではよくあることです。

で、河津の駅前には静岡県東部を代表する高級スーパー『AOKI』があるので、
修善寺駅行きのバスを待つ間にちょっとお買い物。

そしたら鮮魚コーナーにキンメダイがあるじゃない!
丁度、稲取と言えばキンメダイだよね!キンメダイ食いてぇ~って感じに
なってしまっていたので買っちゃうことにしました。

で、その日はキンメには加熱用と刺身用の2グレードがあったのですが、
買うべきは当然に刺身用です。で、一番大きいのを買いました。
201406_kinme_01.jpg

こういうのはなるべく大きいのを買った方が美味いことが多いです。
っても、ほら、1m位ありそうな鯛とか、ああいう老成魚は味くないらしが。
でも、そんなのフツーは一般小売りに出てくることはないのでしょうが。

まぁ、なんしか、魚ってある程度はでかいほうが美味いようです。

で、キンメダイの食い方ですが、こいつは1kg弱あったので2種類に食いました。

先ずはお造り!

201406_kinme_00_01.jpg

これは焼霜です。当然!山葵は本山葵をおろしています。伊豆だから当然!

キンメに太刀魚・・・このへんは皮を引かずに焼霜で食うのが一番美味いと思います。

で、ガスの青い火で炙らずに・・・

201406_kinme_02.jpg

こういうふうにセラミックコーティングの金網を強火に乗せてカンカンに熱した
ところへ、串を打った切り身の皮目を際際に寄せて一気に加熱します。

で、教科書的には氷水に放ち入れるんでしょうけど、僕は・・・

201406_kinme_03.jpg

バットに並べて、これをフリーザーの中で一番冷風が当たるところへ入れて
しっかり冷えるまで置いておきます。

金目鯛の皮は弱いので氷水に入れると皮がグニグニになるのが嫌なんです。
それと、炙ったコゲ風味が山葵と呼び合うのが好きなんです。
だから冷風で冷やすわけです。


それから煮付けですな。

201406_kinme_00_02.jpg

これはウロコをしっかり掃除したところをテフロンフライパンに入れて、
日本酒どばどば水ちょろり砂糖少々で紙ぶたしたところを加熱して、

201406_kinme_04.jpg

がーっと沸いてきてしばらく炊いたら醤油をじゃーーっといれて、
最後にミリンを入れたら弱火にして、煮汁をかけ回しながら少々詰めたらOK。

ところで頭はほかしました。
だって、キンメって頭は食うとこほとんどないもん!
目も鯛ほど美味くないしね。

鍋の大きさ等、諸般の事情を勘案すれば、頭は調理せずにほかしてええやん!
ということになっております。


夫婦でさんざん食って、材料費は3000円程度です。外で食うより安いわー。

酒はこんなの開けました。

201406_kuroushi.jpg

和歌山の銘酒『黒牛』の純米吟醸!

ぼくらこれ好きなんですわー。

そういうたら外でこいつを頼んだら劣化してひねてたのを出されたことが
ありましたなー。もう10年ほど前のこと、近隣県某所の和食屋でしたが。
当時は和食飢えてまして~ネットで結構評判のよかったとこへ行ったら、
まぁ、たいしたことないし、おまけになじみの日本酒は劣化しまくりで、
ほんと、さんざんでしたな。わざわざ行ったのになぁ。

なんか、日本酒の銘柄を色々置きたがる店がフツーの昨今でありますが、
適切に管理が出来ないなら置かなきゃいいのにって感じですな。
それに酒なんか仕入れて置いてるだけですやん?
そんなもんが店の格やら箔になるとでもゆーのでありましょうか?
あと、品揃えに比して料理がイマイチとか~

もちろん、酒の値付けの高すぎる料理屋にもウンザリでありますが。
4合瓶で1千数百円程度の銘柄が、冷酒1合で1千数百円とか。
そういうのも勘弁だよなぁ。

同じようなものとしては、ケーキ屋併設のカフェの飲みもんの値段とか。
大して美味くもないコーヒーとか紅茶がケーキとおなじ値段してたり。
あれもなんだかなぁーって思うのだった。

1から作ってるケーキは自信があってこその値付けに違いないのだが、
そんなケーキとたいしたことのない飲みもんがおなじ値段ってのはなぁ。
コーヒーとか紅茶なんかもっと安くしたら、ケーキをあとひとつふたつって
食いたくなるもんだし、その方が菓子職人冥利ってもんじゃねぇの?
まぁ、ただの素人客である僕の知ったところではないのですが。

ん~

料理屋で一番問題にしたいのはサービス料なんですが、これはまたいずれ。

んじゃ!
関連記事
スポンサーサイト

ひけるもんならひいてみな! (伊豆稲取駅前で力試し)

しらぬたの池ハイキングの帰り、
河津駅からバスで修善寺駅を経由して三島に帰る予定だったので、
これはちょうど良い機会だと言うことで伊豆稲取駅に寄ったのでした。

と、ゆーのはですねぇ~

伊豆稲取駅の駅前広場に「ひけるもんならひいてみな」と称して、
巨石の石曳き体験コーナーが出来たということを、ずぅぅ~と前に
静岡ローカルの情報番組で知って以来、ずっとずっとずぅぅ~っと
試してみたかったからであります。

でも、なんで、そんなもんが稲取の駅前にあるのかというと、
なんでも江戸城の石垣用の石を伊豆から切り出していたので、
それがどうたらこうたら・・・面倒やから省略や!!省略!!!

まぁ、なんしか、石曳いて力試しする無料アトラクションなのさ。

201406_izuinatori_01.jpg

石の重さは約3.4トン!

っても、石の下にはコロが付いてるし、ちょっとは楽かも!

201406_izuinatori_02.jpg

っても、「6人でチャレンジ」だぁ~???

201406_izuinatori_03.jpg

「ひとり、ふたりではうごかないよ」だぁ~???

馬鹿野郎!!!

1人で曳くのがオトコってもんなんだよう!
1人でひいてこその値打ちなんだよう!!!

ってことで、早速挑戦したんですが!!!!

ん~途中で止まる・・・
ばかやろう!!!
最後の1コロ分がどうしても動かん!!!

それは屹度、山から下りてきたばっかりだからに違いないと、
いったん駅の待合に引っ込んで、ドリンク飲んで休憩~

しっかり休んで再挑戦となりました!!!

つーわけで!

動画を撮ってきました。ご笑覧の程を・・・


[広告 ] VPS


また最後で引っかかったんですが、仕切り直しとてロープを下ろしたら、
妻が撮影中断しちゃうんだもんなぁ~見くびられたもんだぜ!!

ロープを巻き付け直して再開だ!!

うおぉぉぉぉぉ~っ!


[広告 ] VPS


やったぁぁぁぁ~男アラフィフ、最後まで1人で曳ききってやったぜ!!!

よろこんでたら駅のおっちゃんが声かけてきて、1人で曳ききったのは
おいらが最初だと言われますた!!!
って、まぁ、おっちゃんの観ていた範囲内ってことでしょうけど。

因みに僕は身長180cm、体重108kg。体脂肪率26%付近をふぅーらふら

筋トレではマックスはあまりやらないので正確な数値は判らんのですが、
ビッグ3ではスクワットとデッドリフトは200kg、
ベンチプレス170kgはクリアーしてます。
マスターズでもこの程度ならいくらでもいるでしょうから、
引き切れる人は他にいくらでもいるでしょう。


つーわけで、皆さん!

これから伊豆方面に観光旅行に行かれる方も多いでしょうから、
伊豆稲取駅に行った時には是非是非挑戦してみてください。

見事!ひとりで引ききれば、家内安全、夫婦円満!!
パパすごぉぉぉ~い!とか、アナタすてきよぉぉぉ~ぅ!とか
言ってもらえるかもしれませんぜ!!

やっぱ、男には力試しが必要なんですよ!!

草食系男子だぁ?細マッチョだぁ~?

ばかやろう!!!ふざけんじゃねぇっ!!

男ってのはなぁ~ガチムチでなきゃぁいけねぇんだよ!
デブマッチョは正義!ゴリマッチョこそが至高なんだよっ!

つーわけで

僕としては、次の機会には一息で引き切れるように精進したいです。

八丁池口から三筋山通って伊豆稲取駅ゴールというのも結構好きなコースなんで、
そのときにもまた引っ張りたいと思っています。
関連記事

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

梅雨の晴れ間ハイキング 片瀬白田駅~しらぬたの池往復 その2.

要害橋は丁度中間地点くらいですかねぇ。

201406_shiranuta_11.jpg

まだまだ登りです。

201406_shiranuta_12.jpg

スカーンと森が伐採されたとこを通過します。

別荘地の最初の建物が見えたら、
天城ハイランドの外れの分岐に到着します。

201406_shiranuta_13.jpg

休まずにスタスタ歩いて、ここまで駅から2時間でした。
僕らの山歩きは、最近は1時間2時間くらいは休憩無しです。

しらぬたの池へはまっすぐ行きます。

201406_shiranuta_14.jpg

だいたい15分くらいで

201406_shiranuta_15.jpg

しらぬたの池入り口に到着~
ここからは森の中の遊歩道を~

201406_shiranuta_16.jpg

ちょっと下ります。つまり帰りは登りですな。うへぇ~

201406_shiranuta_17.jpg

この吊り橋、揺れますよぉ~楽しい~

201406_shiranuta_18.jpg

入り口から15分でしらぬたの池に到着~

201406_shiranuta_19.jpg

カエルさんを探します~

201406_shiranuta_20.jpg

がぁ~

201406_shiranuta_21.jpg

卵塊はすぐにボコボコありますが

201406_shiranuta_22.jpg

イモリもフツーにいるんですが
モリアオガエルさんがいません!

あぁー遅かったんだーーー

と、妻が池の中の立木の幹で寝ているカエルさんを発見!

201406_shiranuta_23.jpg

コンデジの望遠でなんとか撮って見ることが出来たのでした。

201406_shiranuta_24.jpg

201406_shiranuta_25.jpg

結局、この日、会えたカエルさんはこの2匹だけでした。
やっぱ、ちょっと遅すぎたんやなぁー残念~

***

帰りは来た同じ道を戻るだけなので省略しますが、
しらぬたの池入り口から軽くジョギングモードで1時間35分でした
駅に着いたのが14時だったので、だいたい往復と滞在で5時間。
まぁ、行楽には程よいレベルだったと思います。

後は伊豆急に乗って、伊豆稲取の駅前で力試しをして~、
また伊豆急に乗って河津駅で降りて、駅前の『アオキ』でお買い物、
東海バスと伊豆箱根鉄道を乗り継いで帰宅したのでした。

以上
関連記事

テーマ : 登山・ハイキング
ジャンル : 旅行

梅雨の晴れ間ハイキング 片瀬白田駅~しらぬたの池往復 その1.

先日の梅雨の晴れ間、折角の青空に遠出しないの勿体ないので、
東伊豆はしらぬたの池までハイキングに行ってきました。

モリアオガエルの産卵シーズンでもあるしね。
前回は時期的に早くて、モリアオガエルの卵塊を見れなかったのだが、
今回はどうでしょう?

で、目的地である「しらぬたの池」は東伊豆町にあって、最寄り駅は
伊豆急の片瀬白田駅なんですが、駅からは約10kmの山の方にあります。
で、バスとかないのでクルマなら自家用車かタクシーとなるのです。

で、前回は片瀬白田駅からタクシーを使ったのですが、
今回は往復をフルで歩いちゃいましょうという企画でした。
基本的にずっと登りなんですが、まぁ、何とかなるでしょうって感じ。

で、駅からしらぬたの池に行くには2つのルートがあって、
一つは「天城ハイランド」という別荘地を抜けていくコースで、
前回、タクシーはこっちを通って行った。
が、僕はクルマを運転しないので、こっちの説明はようしません。
ただ、別荘地の中がちょっとややこしい気がせんでもない。

で、もう一つのルートは、川久保川の左岸を延々と登っていくコース。
これはルートは明瞭で迷う余地なしなんですが、クルマにはまるで
オススメできないコースです。
と、いうのは、一応、ずっとコンクリの舗装道路なんですが、
ずぅぅぅ~っと狭いです。対向車が来たらすれ違い不可能レベルな
細さがずずずうぅぅ~と続いて、んでもって、ガードレール無いし。
んで、ヘアピン曲がったらいきなり超!急登だったりする。
だから、タクシーもこっちは通らないんでしょう。

っても、フルで歩くならこんなに判りやすいコースも無いので、
だって迷う分岐とか無いし、こっち一択でしょう~

つーわけで、三島から熱海へ、熱海で伊豆急にのりかえて
片瀬白田で下りて0910スタート。

201406_shiranuta_01.jpg

駅を出たら右へ道なりに行くと、橋の手前にセブンイレブンがあるので

201406_shiranuta_02.jpg

ちょっと補給して再出発が0920

201406_shiranuta_03.jpg

橋を渡ったら~

201406_shiranuta_04.jpg

あとはひたすら~

201406_shiranuta_05.jpg

登って行くだけです

201406_shiranuta_06.jpg

201406_shiranuta_07.jpg

201406_shiranuta_08.jpg

201406_shiranuta_09.jpg

セブンから1時間で「要害橋」に到着~

201406_shiranuta_10.jpg

ここって東伊豆で有名な心霊スポットってことだけど、ふぅ~ん・・・

どうしたらそういうの信じれるの?俺には解らんわ。

(続く)
関連記事

テーマ : 登山・ハイキング
ジャンル : 旅行

ニンジンの葉っぱの天ぷら

所謂「産直系」の野菜販売では、結構よく葉っぱ付きの
大根やら人参が売られています。

大根の葉っぱなんかは、菜飯にすると美味いもんですが、
ニンジンの葉っぱは天ぷらが美味いと思います。

先日も葉っぱ付きのニンジンを見かけたので、
葉っぱの天ぷらを食いたくなったのでした。

つーわけでニンジンの葉っぱですが・・・

201406_ninjin_01.jpg

これは太い軸から枝分かれして行ってるので、
適当なところで適当なサイズにちぎっておきます。

201406_ninjin_02.jpg

ニンジン本体間際にある若い葉っぱは別扱いでしょう。

で、あとは衣を付けて揚げるんですが、問題は衣の付け方ですな。

なんつーか、もったりした塊にはしたくないんですよ。
衣の塊の中でニンジン葉っぱがかたまってパシパシの生煮え状態とか、
そういうのは勘弁・・・

で、僕はこうしている。

201406_ninjin_03.jpg

大きめのボールにニンジンの葉っぱを入れて、そこへ衣を入れて
手でかき混ぜる。葉っぱの一筋一筋に薄く衣がまぶさることを
イメージしながら混ぜます。

これを高めの温度でシャッと揚げる。

因みに衣は薄力粉を水で適当に溶いただけです。玉子は入れません。

で、まぁ、こんなんできました。

201406_ninjin_00_01.jpg

201406_ninjin_00_02.jpg

ニンジン本体近くの若い葉っぱは・・・

201406_ninjin_00_03.jpg

山菜なんかでよくやるように、衣をまぶしたのを油の中で揺すって放してって
感じね。って、こんなんで判るんかいな?

一緒に揚げたのはソラマメとニンジン本体。

201406_ninjin_00_04.jpg

ニンジン本体は薄切りにしたのを葉っぱと同じ要領で薄く衣付けしたのを
パリパリになるまで揚げました。


因みに、僕の目指すおうち天ぷらってのは、要するに衣を薄くしたいわけです。

201405_sansai_00_01.jpg

上は今年の5月に乙女峠の茶店で売っていたウドとコシアブラの芽

201405_sansai_01.jpg

を天ぷらにしたもんですが、これは結構良い感じにできたと自画自賛しています。

201405_sansai_00_02.jpg

こんな感じに余分な衣が落ちた薄さを目指しているわけです。

まぁ、適当にやってるんで、こんなもんでも満足してます。
関連記事

テーマ : おうちごはん
ジャンル : グルメ

小田原駅~旧東海道~箱根峠~平安鎌倉古道~三島市自宅 3.箱根峠~平安鎌倉古道~三島市市街地

間延びしたけど、終わらせときます。

さて、箱根峠から三島市の市街地へ下りるのには、
所謂「旧東海道」が人気のコースでありましょう。

けど、僕は嫌いですね、あれは。
だって、石畳が歩きにくいし、頻繁に交差する国道1号線の
クルマがうっとぉしいしね。

なので、ぼくらは殆ど全ての場合に「平安鎌倉古道」という
コースを使って下ります。

このコースも以前は極めてマイナーなコースだった様ですが、
ここ最近ではちょっとだけメジャーになっている感があります。
草ぼうぼうの荒れ放題だったルートも整備されているようですしね。

まぁ、こういうのはそれなりに歩かれた方がルート維持の為にも
よいことなので、歩いてみたいという方のために、ちょっとだけ
詳しく箱根峠からのアプローチを説明したいと思います。

で、箱根峠の「エコ・パーキング」公衆トイレ裏から、
ゴルフ場・別荘地方面へ向かいます。

201405_odawara_mishima_kodo_01.jpg

ここは「旧東海道コース」と共通でして、5分も歩くと・・・

201405_odawara_mishima_kodo_02.jpg

「旧東海道」下りの入り口となります。

「平安鎌倉古道」入り口は、もっと先にあって、まだ25分程歩きます。

その先、ずっと道なりに・・・

201405_odawara_mishima_kodo_03.jpg

ゴルフ場の建物を目指して歩いて行きます。

201405_odawara_mishima_kodo_04.jpg

この標識をみたらちょっと安心するでしょう。

坂を登るとゴルフ場と別荘地の分岐点があります。

201405_odawara_mishima_kodo_05.jpg

別荘地の方へ進みます。

しばらく行くとまた分かれ道ですが、左です。

201405_odawara_mishima_kodo_06.jpg

なんしか、別荘地の外周部を進んでいきます。

エコパーキングから30分程度で、「平安鎌倉古道」の入り口に到着します。

201405_odawara_mishima_kodo_07.jpg

ゆっくり歩いたら40分くらいかもしれませんが、ま、個々の体力の問題なので、
なんとも言えませんな。

201405_odawara_mishima_kodo_08.jpg

あとは下るだけですが・・・


最初は尾根っぽいルートですが

201405_odawara_mishima_kodo_09.jpg

すぐに右へ下ります。

201405_odawara_mishima_kodo_10.jpg

んーとね、僕の記憶では以前は下りないでずっと進んでいた気がするんですが、
ルートの付け替えがあったのかもしれないです。

因みに、この辺りはかつての山城の遺構ということです。
街道沿いなので不思議では無いですね。

標識はチラホラですが・・・

201405_odawara_mishima_kodo_12.jpg

まぁ、迷わないでしょう、たぶん。

201405_odawara_mishima_kodo_11.jpg

保証はしません。自己責任でよろしく。

そうそう。

ここって、結構、走れますよ。あんまり人いないし。
最近、なにかと話題のトレラン。
僕たちもちょこっと走りますが、あんまり人のいないことが大前提、
他の登山客がうじゃうじゃいる山域で走る気にはなりません。
お互いウザイもんね。

せやけど、
山は走るものではないという主張は意味不明です。
理解不能ですわぁ~
走らないと感じられないこともあるんですよねぇ~


さて、林道と3回クロスします。

1本目

201405_odawara_mishima_kodo_13.jpg

2本目

201405_odawara_mishima_kodo_14.jpg

って、実は同じ林道

しばらく植林の中を進む

201405_odawara_mishima_kodo_15.jpg

この辺、下草が気持ちいいから好き

201405_odawara_mishima_kodo_16.jpg

んで3本目

201405_odawara_mishima_kodo_17.jpg

最後の林道は「箱根やまなみ林道」といって、国道1号線の分岐点から
御殿場まで続いている立派な舗装林道です。

と・・・

201405_odawara_mishima_kodo_18.jpg

いつの間にやら公衆トイレが出来ていました。
三島市は力を入れて整備しているようですねぇ。
まぁ、数ヶ月後に地獄のようなトイレになっていないことを願うばかりです。

ここから扇平という「桜の名所」らしいのですが、確かに桜の木はいっぱい
ありますが、荒れ放題です。ほんとに桜の名所なんですかぁ?

201405_odawara_mishima_kodo_19.jpg

ここは右です。

この先は数年前まで草ぼうぼうで廃車が転がっていて、結構ヤバイ
雰囲気のところで面白かったんですが、整備されてすっきりしてます。

201405_odawara_mishima_kodo_20.jpg

でも、おそらく、今年の大雪の影響がまだ残っているのでしょう。

201405_odawara_mishima_kodo_21.jpg

笹類のトンネルがあちこちに出来たままになっていてウザイのなんの!!

201405_odawara_mishima_kodo_22.jpg

本当はまっすぐ山神社のところまで下りて行けるんですが・・・

201405_odawara_mishima_kodo_23.jpg

先もめんどくさそうなんで舗装道に下りました。

201405_odawara_mishima_kodo_24.jpg

山神社を経て・・・

201405_odawara_mishima_kodo_25.jpg

あとは舗装道路をずっと行きます。
ここから先は、気持ちのいい下りなんで、ずぅぅぅ~とまっすぐ行って
しまいそうになりますが、次の四つ辻を右です。
ここで間違える人が多いのでしょう。

201405_odawara_mishima_kodo_26.jpg

いつの間にか標識が出来ていました。

曲がったら、あとはひたすら道なりです。
しばらく行くと・・・

201405_odawara_mishima_kodo_27.jpg

「小沢の里」への分岐があります。そこは市の施設でトイレがあります。

そしてさらに道なりに行く。

201405_odawara_mishima_kodo_28.jpg

ん??

201405_odawara_mishima_kodo_29.jpg

「茶臼山展望台」なんてものが出来ていましたわ。

そういや、数年前までここの向かい辺りに産廃の集積場みたいのがあって、
なんか犬が放し飼い同然になったんですよ。んで、通る度にそいつが
吠えて襲ってきそうになりやがるので、僕も応戦態勢でいつでも撃退
してやるぞ!ってわくわくてかてかしてたんですが、いつの間にか
なくなってましたわ。蹴り飛ばしたかったのでちょっと残念。

因みに僕は無駄吠えする犬は大嫌いですね。
外でどこかの飼い犬に吠えられたら、「あぁぁんん!なんじゃこらっ!!」
といってにらみつけてやります。犬のくせに調子こいてるんじゃねぇっ!!
誰に向かって吠えとるんじゃ!う゛ぉけがっ!!!って感じ。

うん。変なおっさんですな。マジで。

で、ここからすぐにルートは車道の上を陸橋的に跨いだら・・・

201405_odawara_mishima_kodo_30.jpg

すぐに「韮山辻」とよばれる分岐点になります。

で、今はまっすぐ行っても道が整備されているので、問題ないのですが、
僕は左に行った方が家が近いので左に行きます。

三島の清掃工場の裏門を過ぎて程なく

201405_odawara_mishima_kodo_31.jpg

ゴルフの練習場のゴリラが見えたらもう街です。

右に曲がってしばらく行くと、

201405_odawara_mishima_kodo_32.jpg

植木屋の前に初めての自販機があります。

鎌倉古道入り口からここまで2時間弱ってところです。


あとは市街地なんで、適当にやってください。


結局、僕たちが帰宅したのは1730頃だったので、小田原駅からは休憩等
オール込みで8時間ということになりますね。まぁ、程よい感じでした。

以上!
関連記事

テーマ : 登山・ハイキング
ジャンル : 旅行

プロフィール

政

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク