真鶴でウミウシを探した

春になったら真鶴でウミウシを探して遊ぶのが、
ここ何年かの我が家の行事となっているのでした。

つー訳で!

201404_manaduru_01.jpg

ちょっと前になるけど、今年も行ってきますた!

真鶴って三島から近いね~
減っちゃったけど、沼津発東京行き各停に乗ったら乗り換え要らんし。
ほんと。すぐに到着!

で、いつものように

201404_manaduru_02.jpg

バス道から階段下りてショートカット!

いつも向かうのは漁港の少し先にある琴ヶ浜です。

201404_manaduru_03.jpg

で、色々省略して、その日の収穫はというと・・・

磯に下りてしばらくしていきなり妻が見つけたのがこいつ

201404_manaduru_yamatoumiushi.jpg

ヤマトウミウシっていうらしんだが、すげーーーいぼいぼ!!!

因みに、この写真は水中撮影です。
水中撮影っても、潜ってるわけじゃないですが。
ニコンのAW100っていう水につけても平気なコンデジを使って、
適当に撮ってます。

この機種は生産終了で、現行機種はマイナーチェンジされた
AW110・・・まだあんまり安くなってないなぁ~。



へぇーーーAW120ってのも出てるんだ。




僕はAW100をアマゾンで16000円程度で買いました。最安値レベルだったのね。
この値段で水中撮影が出来て、しかもGPS付きなんて凄いよね。

山歩きに行楽に重宝してます。
なんつっても、ラフに扱えるのがいいんですよねー。
アマゾンのレビューでぶーたれてる人もいるけど、
ほんと、細けぇ~なぁ~。求め過ぎちゃう人って、いるのよねぇー。
ま、俺の知ったことちゃうし、どうでもええわ。

で、ウミウシに話を戻しまして、しばらくして、また妻が発見!

201404_manaduru_biwagatanameguji.jpg

この緑色の小さなアメフラシっぽいのはビワガタナメクジというそうな。

「ナメクジ」かよっ!って、まぁ、ナメクジも殻が退化した貝なんで、
ウミウシみたいなもんだね!って、これはウミウシでしょうが!!
名前だけナメクジなんだよ、きっと。

それにしても・・・

俺のアイドルであるところもアオウミウシがいません!
全然いません。見つけることが出来ませんでした。

結局、アオウミウシを見つけたのは2009年の一度だけとゆー。

その頃はまだ水中撮影が出来なかったんだよ。
だから、アオウミウシを水中撮影でくっきり撮りたいんですよねぇ~。

仕方が無いので・・・

201404_manaduru_amefurashi.jpg

アメフラシを真正面からド!アップで撮っておきました。

201404_manaduru_ebi.jpg

なんか、エビも撮れてた。

オマケに去年見つけたウミウシの写真も貼っておきます。

201304_manaduru_kuroshitanashiumiushi.jpg

クロシタナシウミウシとゆーそーです。
結構シックなデザインだよね。


磯で2時間ほど遊んだら昼飯時になったのですが、
あぁーーーなんということだぁあぁーーーー
うちがいつも使っていた磯料理屋であるところの『かわはぎ』が
無くなっているじゃないか!!!

201304_manaduru_kawahagiato.jpg

カワハギの絵の跡がかなしーーー

って、去年に来たときにも既に廃業していたのですが、
あぁー好きだったのになぁー『かわはぎ』・・・

つーわけで、別を探さねばならんのですが、
結局、安全パイということでへたへたと岩まで歩いて・・・

201404_manaduru_iwachuu_01.jpg

『岩忠』にしときました。

ここって、あんまり予算をけちらずにですな、
一人あたり5000円位出すつもりで行ったらこんなの食えますが、
今年は東北で遊びまくった後なので・・・

201404_manaduru_iwachuu_02.jpg

フツーの刺身定食と

201404_manaduru_iwachuu_03.jpg

金目の煮付けにご飯で済ませましたです。

やっぱ、キンメの煮付けは姿煮に限るね!
尾頭付きってのがいいのよ!
最後は汁かけご飯ですね、当然!!!


昼飯食ったあとは、途中にあった魚屋に寄って帰宅しました。

帰るのも楽やわーーー。三島近いわーーー。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 日帰りお出かけ
ジャンル : 旅行

田子の浦のシラス

田子の浦のしらすの春漁が始まって、
最近は漁獲が安定しているという情報をゲットしたので、
しらすを買いに行ってきました。

JRで!!
っても、吉原の駅から漁協までは2.5kmほどあるけどね。
歩いて30分くらいですな。たいしたことないです。

でも、まぁ、本来ならば田子の浦は家から、
最低でも沼津港からジョギング&ウォーキングで行かねばならんのですが、
いや、ほれ、今回はシラスがメインだから・・・
売り切れちゃぁ~かなしいし。

あれだよ。ジョギング兼食い意地で走って行って、
売り切れじまいだった時の絶望感というのは、あれは相当のものがあるね。

以前、うちから三島市山中にあるウナギの『竹屋』まで鎌倉古道を駆け上がって、
店に着いたら「売り切れじまい」だったんですよ!!!
あれにはまいった!!!
妻なんか座り込んでしまって、なだめすかして街まで下りましたわぁ~

そういや『竹屋』ですが、山中は4月で営業を終了し、
6月から裾野市で新装開店なんですね。オフィシャルHPに出てました。

営業終了といえば、清水町の『麺まるい』も、
5月7日で現行メニューでの営業は終了し、
5月9日からはがらっと新しいメニューで再開するそうですなー。

今や県東部を代表するレベルの有名ラーメン店なのになぁ~
人気のメニューを総入れ替えしちゃうなんて、すげぇ~勇気があるなぁ~
まぁーー僕は安久で出来たばかりのガラガラ時代からのファンですから、
通い続けるでしょうけど。食遊市場の巡回コースでもあるしね。

とりあえず、現行メニューは全部食い納めしておかねばということで、
あぶら麺とつけ麺と味噌ラーメンは食っておきました。
つけ麺は久しぶりに特盛にしましたが、
案外すんなり腹におさまったのが嬉しかったです。

俺はまだまだいけるぞっ!!!
若いもんにはまだまだ負けない!!



で、話を元に戻して、田子の浦のしらすですが、
うちでは生しらすより釜揚げの方がいいねっということになっています。
そりゃぁ~生しらすも年に2,3回は食いたいですが、
やっぱ、正味で美味いのは釜揚げでしょう。
生しらすは難しいです、色々と。

で、田子の浦の釜揚げ製造業者も色々あって、結構、方々食いましたが、
うちでは『進悦丸・加藤しらす店』のが好きだぁーっということになってます。
店は漁港前にあって、釜揚げは時価ですが、その日は大1枚2300円でした。

もうね、その日も包んでもらっている間にも電話は鳴るし、
お客は次から次からやってくるはで、
ほんと、この辺の人は釜揚げが好きなんだなーと。


で、その後、折角だから漁協食堂で生しらす丼でも食って帰るかと・・・

ああ、この『漁協食堂』ってのは、季節営業で屋根の下に机と椅子を
並べただけのもんです。どっかの漁港によくあるような食堂を想像しちゃ
いけません。それにメニューは生しらす丼と釜揚げ丼、及びそれらに少しの
アレンジを加えただけのものしかありません。

10時半からの営業ですが、昼飯には早いのに、結構並んでたなぁ。

201404_gyokyousyokudou_01.jpg

その日の生しらすは、ま、フツー。
やっぱ、あんまり感動は無くなってるねー、準地モティーみたいなもんやからね。

やっぱ、ほれ、あれだ。

生しらすのセリの前に仲買人がカゴから直接すくって味見してるやん?
ああいう食い方してみたいわ。まだビチビチはねてるようなやつを。
そしたら新鮮な感動があるかもしれんね。

で、買って帰りますた。

201404_kamaage_01.jpg

速攻、オンザライス!!!

201404_kamaage_02.jpg

釜揚げと・・・

201404_kamaage_03.jpg

吉原駅前のスーパーで買ってきたアジを造りにしたのと、
漁協で買った生しらすをオンザライスして!

201404_kamaage_00_01.jpg

三色丼ですわぁーーー。


結局、こういうのは近くに住んでたらうちで食うのが一番ということになるね。

ありきたりの結論だが。



翌日は!

201404_kamaage_00_02.jpg

釜揚げパスタ!

こんなの、所謂ペペロンチーノに釜揚げ載せてEXVオリーブオイルを
多めにかけるだけですわー。

ご飯に釜揚げが美味いように、
ペペロンチーノに釜揚げも似たような感覚で美味いです。

生しらすでやると、なんか臭みが出る気がするんですよねー。

以前、平塚のイタリアンで食った生しらすパスタはめちゃ美味かったんですが、
家では釜揚げでやるのが無難です。

結局、2人で2日で食い切ったんですが、
まぁ、美味しいのは当日と翌日まででしょうから、いいのいいの。

お祭りみたいなもんなんだから、コレステロールとかとりあえず無視して
食っちゃえば良いのよ。

んな感じですね~

関連記事

テーマ : 美味しいもの
ジャンル : グルメ

若竹煮

春なので、やっぱ何度かはタケノコを食わなければなりませんな。

つー訳で・・・

201404_wakatakeni_00_01.jpg

「若竹煮」を作ったのであります。

これって、要するに「タケノコとワカメの炊いたん」でありますから、
タケノコとワカメを炊くだけなんで簡単!

なので、省略、色々省略!

ああ、でもね、ワカメはタケノコを炊いた煮汁で、タケノコとは別に
サッと炊くに留めた方がいいでしょうな。

って、まぁ、そんなんお好みでしょうけど。

ワカメが煮溶けてずるずるになったのが絡まってるのが好きな人も
当然いるでしょうし、家で食うのやったらどぉでもいいし~。
味加減も自由自在ですなぁ~。

ああ、それから、木の芽は欲しいです。是非とも欲しい。

201404_wakatakeni_00_02.jpg

家庭料理ではこういうもんにカネをかけるのは、ちょっとアレなんですが。
せやけど、香りといい、見た目といい、やっぱ初めて食う時には欲しいですね。

おまけ。

201404_wakatakeni_00_03.jpg

姫皮のごま和え、美味いっすねー。

刻んだ姫皮を醤油で味付け、醤油を若竹煮の煮汁で割ったのでもいいでしょう、
煎り胡麻混ぜるだけです。

そういやこのタケノコって・・・

201404_wakatakeni_01.jpg

当ブログでは頻繁に登場する『食遊市場』で買ったのですが、
米ぬか付いてこなかったんですよ~。
でも、まぁ、タケノコ茹でるのに米ぬかなんか要らんという説もあるし

201404_wakatakeni_02.jpg

そのまま茹でるだけでいいや。

それよか・・・

201404_wakatakeni_03.jpg

4本も入る大鍋なんかない方が問題なのでした。
なので、うちにある鍋、大きい方から2つ使って茹でましたん。

かかる観点からは、タケノコは産地で掘ったばかりのを速攻で適切に茹でて
あるのを買えるのが一番良いということになりますね。
京都からの到来物の白子筍といえども、掘ってから時間が経ってしまえば
値打ちも下がるでしょうし、更に茹でるにしても大鍋がないということは
フツーにあるでしょうしね。

でも、既に茹でてあるのは、得てして茹ですぎが多いような気もしますな。
えぐ味とかいいますが、タケノコにはちょっとくらいあった方がいいです。
茹ですぎて味がスカスカになってしまったものはよくないっすね。

って、まぁ、些細なことを引っ張るのは相変わらずです、はい。
関連記事

テーマ : おうちごはん
ジャンル : グルメ

ラム肉の焼いたん

201404_lamb_00_1.jpg

なんか4月になって新年度が始まったわけですが、
心機一転!相変わらずの当ブログでございます。

で、ようやくジョギングやら山歩きに最適な季節となりました。
っというわけで、先日もちょっと走りにと、妻と二人で御殿場
目指してスタート!

いつものように芙蓉台入り口のエースの裏から三菱アルミの裏を
通って、茶畑マックスバリュから農免道路を進んでいったのですが、
なんか、もう、なんやかんやで、1ヶ月ほどブランクがあったので、
おまけに御殿場まではだらだら登りだぜーってんで、岩波でリタイア!

丁度来た御殿場行きのバスに乗ったのですた。

で、最近知った『quan』って中華屋で昼飯食って、
『アオキ』で買い物して、『泉屋酒店』の試飲会に寄って終了~。

で、『アオキ』なんですが、なんか、ラムの、ほれ、あれだ、
所謂「ラムチョップ」が売られてて、見たらにわかに食いたくなった
のだけれど、たった1パック3本しか店頭に出てなかったので、
そんなの足らなさすぎるのでーーーーーもっとないかと尋ねれば、
なんか奥から出してきたのが切ってない塊だったのさぁ。
まぁ、店で切り分けて売っているなら当然なのだけれども・・・

なんだ、ええのんあるんやん!!!そのままくれや!
と売ってもらったのですた!

201404_lamb_01.jpg

まぁ、こんなの持ってたのはさすがに県東部を代表する高級スーパー
なのだけれども、
だけどさ、俺は思うんだけれども、ラム肉ってさ、ばらしたりせず
こういう風に塊で並べた方が実は売れるんじゃないかしらん?

だって、ラム肉を家で食いたいやつらって、塊で焼きたいんじゃ?

まぁ、あるのが判ったから、今度から声かけてみるからええんやけれど。

って訳で、焼いて食ったのですが、
ラムに限らず、肉の塊を焼くに関してはうちではフライパンで焼く
という方法に落ち着いています。

こんな風に

201404_lamb_02.jpg

弱火で各面を返し返ししながら焼いて、

201404_lamb_03.jpg


直接フライパンに触れない曲線部はアロゼしながら加熱

これって700g程度やから
10分焼いたら100度のオーブンで10分休ませて計40分くらい?

201404_lamb_04.jpg

まぁ、100度のオーブンっても、実際は70度くらいにしかなってないが

最後にバターで強めの火で5分焼いたら10分休ませて~
まぁ~なんやかんやで1時間ほどですか、そんな感じで焼いてま。

でけたーーー。

201404_lamb_00_1.jpg

なんか、焼きっぱなしを切り分けて皿に積み上げただけですが、
僕の思う家庭料理の方向性は、やっぱこういう風かなーと。

家庭料理でガルニやソースに凝るのは現実的ではないし、
だったら焼きっぱなしで食ってそれが美味い!という方向を
追求するのが吉なのではないかと。
で、その方向なんだが、それは当然、身内と自分の好みを満足
させることが目的なのですよね。

ところで、この休ませながら焼く、焼けても食う前に更に休ませる
っていうのは、昔はそんなこと思いもしなかったのだけれども、
いまでは結構広く家庭にも通用している技法なのでは?

確かに、所謂「焼肉」っ!というのは焼きたての熱々を食うものなの
だけれども、焼きたての熱々を食うことばかりが焼いた肉の美味しさ
ではないよねーという認識。

まぁ、ちょっと考えれば、かたまり肉の焼きたてなんかは、
肉の内部では温度上昇によって圧力が上がっているので、
そこにナイフを入れたら肉汁ダダ漏れ!!あとはスカスカの
肉が残るばかりってことになりがちなのは容易に解ることだが。

で、まぁ、休ませながら、最後に休ませてから切り分けると、

201404_lamb_00_2.jpg

こんな風に内部をジューシーに保ったまま食えるわけですな。

めでたしめでたし・・・


暑い季節か来る前に我が家の野菜室セラーからはみ出しそうな
ワインを飲んでしまう方向で

201404_lamb_05.jpg

こんなの開けてみました。

201404_lamb_06.jpg

このワインは沼津西武の閉店セールで買っておいたものだーーー。
内容は省略!ラベル見て検索すればいいことやしね。

やっぱーーー

201404_lamb_07.jpg

骨付きラム肉はいいですね!
この食った後から骨骨が積み上がっていくのがなんともいえずたまらんです!
俺は生きてるぜっ!!て感じがします。


ってまぁ、こんな感じで、相変わらずです、はい。

今月は先月よりも多く更新したいとは思っておりますですはい。

でわでわ~
関連記事

テーマ : おうちごはん
ジャンル : グルメ

プロフィール

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク