鉄火巻き ・焼津ツナコープ

ミナミマグロで鉄火巻きを作って食いました。

201402_textukamaki_00_01.jpg

鉄火巻きっても、太巻きの鉄火巻きだけど。
もちろん!『新橋鶴八』リスペクトです。

201402_textukamaki_00_03.jpg

この強烈な色のんは血合いを巻きました。
でも、新鮮だから美味いんです。
あの、しっとりぷりとしたテクスチュアであるとか、
赤身よりも更に更に濃い血の味であるとか、結構いけます。

2合の米から酢飯を作って、巻いたのは6本。

もちろん!

201402_textukamaki_04.jpg

本山葵をおろしてつかうのが当然!
伊豆ですもんね。当然でしょ!

それでも余った分は

201402_textukamaki_00_04.jpg

刺身で食いましたが、
こういうのは料理屋の盛りつけにかなうものでなし。
でも、ケンツマなんて用意してらんない!

で、使ったミナミマグロですが、これは

201402_yaidu_tsuna_01.jpg

ここで!

201402_yaidu_tsuna_02.jpg

焼津の『ツナコープ』で買いました。

201402_textukamaki_01.jpg

ここって、前は焼津駅からほど近い焼津港にあったのですが、
今は新しい港の方にあって、駅からは結構遠いんですよね。
でも、美味いミナミマグロの中トロが手に入るので、
静岡市に行ったときには、なんやかんやで焼津まで足を伸ばす
のでありました。

で、マグロは冷凍ブロックで売っているので解凍せにゃならんが・・・

201402_textukamaki_02.jpg

今は40℃程度の塩水、濃度は海水程度、つまり3%程度の温塩水で
3分ほどつけたら~
水気を拭きとって、ふきん等で包んで

201402_textukamaki_03.jpg

後は冷蔵庫で溶かすってのが主流なんだろうか?
確かにうまくいく方法ですよね。

他にハラモのところの溶かしたのも買ったんだが・・・

201402_textukamaki_05.jpg

これは中トロの勝ちでしたな。
単位あたりの値段的には中トロの方が高いもんなぁ。
やっぱね、魚は値段に正直なことが多いですよねぇー。

201402_textukamaki_00_02.jpg

残しておいても不味くなるだけなので、夫婦で一気食いしました。
っても、たったの正味700g程度ですから、軽い軽い~
お魚だもんねー
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : おうちごはん
ジャンル : グルメ

ミズナ

関西人的に「ミズナ」といえば・・・

mizuna_01.jpg

これだと思うんだが、

いや、これはちょっと古いタイプの水菜で、今現在主流なのは
もっと色が黄緑色で細くて、袋の中にチョコチョコっと入った
ものなのかもしれんが、いやいや、本当の水菜というのは上の
写真のように大きな株で緑色の濃いものだった筈です!!

おあげさんと炊いて美味しいんは、こういうんやと思うよ。

で、今回はこの水菜のはなしではなくて、当地、即ち静岡県
東部での「ミズナ」のことなんですが、まぁ、なんしか、ここで
「ミズナ」というのは・・・

201402_mizuna_01.jpg

これのことなのだった。
これって、水かけ菜っていう菜っ葉の漬けもんですわ。
御殿場、小山町方面の特産品やそうです。

原材料は・・・

201402_mizuna_02.jpg

すっきりシンプルで、余分な旨味等はありません~

201402_mizuna_03.jpg

刻んで食います。

スグキみたいに、刻んだのに醤油かけて白飯に乗っけて食うのが
美味いです。とはいえ、スグキには味の素をかける僕ですが、
こいつには合いません。

ところで、このミズナ(の漬けもん)ですが、これは富士山の麓の
御殿場市や小山町の特産物なんですが、先日の大雪で大打撃を被
ったそうです。収穫期に入ったところを大雪に埋められてしまい、
収穫量は大きく減少する見込みだそうで、あらあら、おあやおや、
手持ちのこれも今期は貴重品になってしまいました。
関連記事

テーマ : 美味しいもの
ジャンル : グルメ

雪中ハイキング(桃沢郷~林道経由~一服峠敗退)

先週の雪はやばかったですねぇ~
なんか、もう、あんなに雪に降られたのは実家の方でもこっちでも
初めてのことで、おいらはひゃっはぁーーーっ!状態でした。

んで、雪が上がって日曜日はめちゃ晴れ天気ということだったので、
こりゃぁーどっか山に行って雪の斜面をごろごろしたぁぁーーい
と思ったんですよ。

んぢゃぁぁ~どこへ行くかってはなしになるんですが、
芦ノ湖西岸の稜線は魅力的なんですがバスが運休してたし、
まぁ~鎌倉古道を歩いて行ってもよかったんやけど、
天城峠方面もバスは運休していた・・・っというわけで、
でも、富士急バスの桃沢郷はフツーに動いているということで、
んじゃぁ~愛鷹山方面にいきましょうということで、行ったのでした。

んで、三島駅0740発のバスに乗った訳です。
平日なら0655が始発になるのですが、休日だからね。
で、50分くらいで終点の桃沢郷について、
そこから歩いて10分もしないうちに公園があるので、身支度を調える。
んで、公園発は0850なのでした。

そこからあとは舗装林道をフツーにテトテト歩いて行くんですが、
クルマのある人は先の水神社のとこまでサクッと行けるんですよね。
でも、うちはクルマないからなぁー毎回歩くんですが、なぁーに、
プチ坂道を1時間かからんレベルの距離なんで大したことないです。

で、あんな大雪が降った直後だというのに、道には雪が全然なくって、
正直いって拍子抜けで~

でも、

201402_snowhike_01.jpg

「金岡橋」を越えた辺りから急に残雪が出てきて~

水神社のゲートの先から

201402_snowhike_02.jpg

雪の重みで折れた木が道をふさいでやがったりして。
いや、すごいわ。

ここどこ?状態ですが、

201402_snowhike_03.jpg

先行者さんのトレースをちゃっかりいただいて~

201402_snowhike_04.jpg

いつもの林道ゲートに到着したのは1000だったので、公園から1時間チョイ。
まぁ、大して雪の影響はなかったといえますな。

でも、そっからが凄かったのです。

201402_snowhike_05.jpg

何度も通った林道ですが、ここどこ?

201402_snowhike_06.jpg

先に見える赤いのは桃沢橋のとこのつるべ落としの滝入り口ですが、
ほんと、ここどこ???

ここから更に雪は深くなっていきました。

201402_snowhike_07.jpg

そこでも先行者さんのトレースをいただいてたんですが、
なぜか知らんが僕が乗ると更にずぶっ!と沈んでくれやがります!!

まぁーーおいらは体重が110kgあるしなあーーー

で、ずぼっ!ぎゃぁーっ!ずぼっ!うひゃぁぁーーっ!って感じで

201402_snowhike_08.jpg

一服峠への白梯子に着いたら1100になってました。
そこでだいたい標高が750m位です。

梯子を登ります。
はじめのほうは先行者さんのトレースがあったんですが、

201402_snowhike_09.jpg

途中で消滅!!

201402_snowhike_10.jpg

でも、俺は負けない!!

201402_snowhike_11.jpg

ラッセルだ~

201402_snowhike_12.jpg

程なくして絶滅!!!!

なんかもうね、雪で太ももまで埋まる様になったので敗退しました!!

1時間ちょいかけて到達した標高はたったの890m!
目標地点は1300m超!
スノーシューでもなければんなもん無理ですーーーー

因みにウェア、上はアンダーアーマーのコールドギアのメタルっていう
ちょっと前のヴァージョン1枚で充分でした。気温が高かったので、
それ以上着ると汗だくになります。
冬の山歩きにアンダーアーマーのコールドギアは最強です!

っても、本格雪山にはどうかなんて、俺は知らんけどなっ!!!!

ま、敗退したけれど、

201402_snowhike_13.jpg

景色はいいよねーーー

201402_snowhike_14.jpg

遠く伊東の大室山まで見えてますー。

本当は一服峠から雪の富士山を観て、写真におさめたかったんですよねー

さて、時刻は1220で、桃沢郷から帰るバスは1500。
それを逃すと次のバスは1810までないのでした。

っても、白梯子まで2時間で登って来たのだから~、
下りは余裕で楽勝でした。

時間が余ったので、公園の東屋でお着替え~

よぉぉぉーーーし!
更新をサボってたお詫びに、オイラのガチムチ豊満ボデーを公開しちゃうぜ!!

201402_snowhike_15.jpg

てへっ!おとこアラフィフ180cm110kgでぇぇーーす!
胸囲は120cm、力こぶは43cmですー。
ベンチプレスがずっと伸び悩んでいるのが悩みですー
160kgでうだうだしてます。悲しいです!
スクワットも200kgで進歩してません~
去年後半は50肩に泣かされてました!!!

ところで、ねぇねぇ?俺って別にデブって訳じゃないよね?
妻にはデブデブって言われてるんですが・・・
せめて「デブマッチョ」と呼んでおくれよぉ~

まぁーーーー、夏までに、もうすこしおなか周りを絞りたいです~

んで、三島までバスで帰って、腹が減ってたので、ステーキ系ファミレスの
『ブロンコビリー』で遅い昼飯ですた。

おいらはがんこハンバーグ500gを食いました。

201402_snowhike_16.jpg

妻は250gですた。

これって、ナイフで切り分けたりせずに、お箸でつまんでぱくついて
2口、3口くらいで食った方がうまいです。


まぁー敗退して富士山を観れなかったのは残念でしたが、
雪ん中をずぼずぼ歩けたのは楽しかったです。

以上!
関連記事

テーマ : 登山・ハイキング
ジャンル : 旅行

すぐき

なんか、もう、
既に更新が月1回ペースに突入してしまいそうな感じではありますが、
へぇ、まぁ、それはさておき

201402_suguki_01.jpg

「すぐき」でおます。

酢茎菜の酸っぱい漬けもんですが、今や知名度は全国区でしょうかねぇ?
僕はちっちゃい頃からこいつが好きで、帰省の度に買ってくるんですが、
持ち帰ったすぐはピチピチの包装なんですが、すぐ食うのが勿体ないので
大事に冷蔵庫に締まっておくんですよ。すると、そうしている間にも
乳酸菌発酵が進み、気がつけば包装が発酵ガスのせいで膨らんでパンパン
になります。そして、妻に「スグキはよ食べな膨らんでるやん!」と言われて、
ようやく食べるのでした。

201402_suguki_02.jpg

で、これって

201402_suguki_03.jpg

好みで適当に刻んでですなーーー、
あーーっと、葉っぱのとこは細かい方がええです。

んで、こいつを食うのに忘れちゃなんねぇのが!!!

201402_suguki_04.jpg

じゃぁぁぁーーーん!!!!
味の素でおますぅぅぅぅ~っ!!!

うん!!

かつての自分への当てつけも大いに込めて、叫ばせてもらうわ。


スグキに味の素かけたくらいで大騒ぎするんじゃねぇっ!!!
うっとぉぉぉぉぉぉ~しいわ!!!

なんつーのかなぁ?

化学調味料、今は旨味調味料と呼ぶべきなんだろうけど、
これってグルメ系っていうかそっち系では結構微妙な話題だったり
しちゃってますような気がするのですよねぇ。

僕が無化調教信者でないことは何度も触れてますが、実は20歳代後半から
40歳代前半までは、意識的に無化調生活してたんですよねぇ。
単体はもちろん、加工食品も「アミノ酸等」と書かれていないものを
探したりして。このブログの記事にしても、はじめたばかりの頃は、
そういう感じの記載があったような気がしますが、40歳代も半ばを過ぎ、
齢アラフィフを意識する頃から、なんかどぉぉぉぉ~でもよぉなったと
いうか、なんつーか、食い物に関してはおおらかでありたいと思って
おります。なんか食品添加物に関しては、非科学的なオカルトじみた
ほとんどいちゃもんレベルの言説もありますしねーーー
あーーーもぉーーうんざり~!

で、まぁ、話をスグキに戻しますが、無化調教生活の中ではスグキも
味の素はかけずに食ってた訳ですが、正直、なんか物足りんかった気も
してたのかも知れませんな。
で、2,3年前のあるとき、ふと思ったのですよ。そういや年寄りはみんな
味の素かけて食ってたよなぁ。あれってうまかったのかなぁ?って。

でも、手元にはもう十年以上旨味調味料なんてものはないので、
蛮勇を奮って味の素を買ってきて、スグキにかけて食ってみたら、

   うまぁーーーーーーーーーっ!!!!!!!!

なんつーの、うますぎ!
正にであいもんというか、マリアージュというか、相性よすぎですわ。

そういや湯木貞一も酢のもんには味の素を使うのを否定していなかったよな。
酸っぱいのと合うんやよ、きっと。

で、ここで旨味調味料を否定して、調味料を使わずになんとか
グルタミン酸の旨味をスグキに纏わせたいとなると、例えば昆布で
挟んじゃったりとかする?でも、それって昆布くさぁなりませんか?

せやし、やせ我慢せんと、味の素なりハイミーなりかけたらええやん!

でもね!

だからちゅぅ~ても、予めメーカー段階で添加するのはやめてね。
旨味調味料も調味料なんだからさ、お加減には好みっちゅーもんがある。
えてして、使いすぎなんですよね、既製品ってのは。
特に漬け物は旨味が強すぎて不味いレベルになってるものもあるよね。

って、まぁ、味の素単体ぶっかけるのはスグキが少数の例外で、
味噌汁には煮干しやイワシ節、混合雑節で出汁とりますしーー、
煮物は昆布と鰹節や混合雑節ですしーー

出汁をとるなんて簡単です。

難しいことにしたがってる蘊蓄親父もいるかもしれんけどな!
プロでも出汁を引くのは難しいので、ご家庭では大変!!!
だからうちの出汁の素を買いなさい!!!とかいう商売とか。

はぁ???何言ってるの?

プロの世界で出汁を引くのが難しいというのは、それは色々変化する
諸条件の元で常に一定の味と品質の出汁をひくというのが難しいという
意味なんじゃねぇの?
家庭料理でちょっと汁物とか煮物に使うのに使う出汁を引くくらい、
そんなもん、なんのこともないです。

つーか、その程度のことは、何の手間でもありません。
昆布と鰹節等で出汁をとる程度のことが手間なんて、意味不明です。

でね、普段から昆布で出汁ひいてなければ、昆布出汁の旨味密度が
どんなもんか知らんやろうから、旨味調味料を使いすぎるということも
あるでしょう。
インスタントのスープの素だって、あれって、鶏ガラやくず肉と野菜で
スープをとった経験が無いと、メーカー指定の分量がいかに多すぎるか
判らんのではないかな。第一、あんな派手な味にはならんでしょう。
裏で支えてりゃいいものを、具材を押しのけて表に出てきやがるしね。

だからといって、無化調は美味を保証してくれるもんじゃないが。

あーそういや、一時期、高級中華では無化調注文してたこともあるけど、
あれもあほらしなってだいぶ前から止めた。

だって、ちゃんとした料理人なら適切に使えるでしょう、旨味調味料だって。
あんなもん、ただの調味料のひとつに過ぎんのだから。塩加減とかと同じ。
で、馬鹿な使い方の味加減してたら再訪しないだけのことですから。

そうそう。
豚骨ラーメンとか、過剰な旨味に舌を浸すのが却って快感なこともあるよね。

偶にそういうのが食いたくなるし、偶にそういうの食ったからといって、
舌がどうなるもんでもなし。

っていうか、別に俺は自分の舌が馬鹿舌でもあほ舌でも貧乏舌でも、
そんなことどうでもええです。あほらしいです、そういうの。

もうね、とにかく、食いものに関してはおおらかでありたいですーー

って感じで、最近、食生活してます。


で、味の素をパラリとしたスグキですが~

201402_suguki_05.jpg

あとはお醤油かけて~

201402_suguki_06.jpg

ご飯にのっけて食うです。うまいです!

201402_suguki_07.jpg

お茶漬けにしても美味いんですわ、これ。
お茶は番茶がええですね。
番茶って、京都風の焙煎のキツイ、あれですが。
番茶っても、地域によってそれが指し示すお茶が異なったりするのが
ややこしぃですな。

因みに妻はスグキを食べませんのですわ。
奈良では食わへんのかなぁ?
関連記事

テーマ : 美味しいもの
ジャンル : グルメ

気合いの入ったホウレンソウのおひたし

なぁぁぁぁーーーーーんか・・・

既に週最低2回のエントリーとかいう新年の誓いはどこへやら~???

なのですが、

久しぶりに気合いの入ったホウレンソウのおひたしを作ったのでした。

201402_hourensou_ohitashi_00.jpg

えーとですね、「おひたし」な訳ですから、茹でて晒して絞ったのに
醤油とかつぶしかけて完成~って訳にはいかんのですよね。

出汁とったのに塩を淡口醤油で味付けて地を作ります~

201402_hourensou_ohitashi_01.jpg

味加減は好みです、そんなもん。
味付けたら、鍋ごと水に浮かべてとっとと冷やす方が良いです。

201402_hourensou_ohitashi_02.jpg

ホウレンソウを茹でて水に晒します。

なぁぁーーーんか、最近ではホウレンソウを晒さないどころか
下ゆですらしないで使っているレシピもけっこうあるようですが、
そんなので美味しいの???口の中がキシキシしないの?

そりゃぁーサラダ用とかのアクの少ないホウレンソウもあるし、
使う量が少なければ下ゆで等なしで直接使うこともあるだろうけど、
ホウレンソウってのは、基本、下ゆで&晒しは必要だと思うぜ。
栄養分が流れても気にすんな。アクアクして不味い方が嫌でしょ?

でーーー、水に充分さらした後は、ちょっと絞ったら~

201402_hourensou_ohitashi_03.jpg

つけ汁を一部取り分けて、ホウレンソウをしゃらっと浸して絞ります。

これって、要するに、水くささの排除ね。
そりゃぁ、少々のつけ汁は無駄になるけど、仕方ないじゃん。

そして、本漬というか、本浸しか。

201402_hourensou_ohitashi_04.jpg

ちゃんと根元をそろえて浸した方が、後の盛りつけが楽です。

で、適当な時間、浸したら完成~

201402_hourensou_ohitashi_00.jpg

適当に切って、盛ったら、食う!

ホウレンソウって、葉っぱより軸の付け根の方が美味いよね?
それを意識した盛りつけとなっております。

そんだけ。

残った分は、地に漬けたまま冷蔵庫に入れて翌日くらいなら食えるが、
3日4日経っても食えるかどうかは僕は知らんわ。

201402_hourensou_ohitashi_05.jpg

そういうのは舌と鼻と腹と相談して自己責任で決めることでしょうな。

ん~

新年からこっち、筋トレもジョギングも山歩きも再開してるので、
近日中に様子をうpします。ちょっと待っててくだしあ。
関連記事

テーマ : おうちごはん
ジャンル : グルメ

プロフィール

政

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク