技術革新のアカザエビのパスタ

冬の間は駿河湾のトロール漁があって、アカザエビもその獲物。
このエビって、活けの大きいのは結構高いんやけど、あがって
小さいのは一盛り幾らでそこそこ安い。

201202_akazaebi_01.jpg

でも、これって小さいうえに、メインの可食部である尻尾の中の身は
更に小さいのだが、まぁ、パスタソースの出汁には十分でしょうと。

201202_akazaebi_02.jpg

一緒に買ったホッキ貝も入れちゃうことにしてですな~

201202_akazaebi_03.jpg

エビの殻の水分を飛ばすようにカラッと炒めて、白ワインを
じゃぁ~っとしたところでなんとなく・・・

201202_akazaebi_04.jpg

小鍋にうつして、マルチクイックで潰してみる気になったのだった。

エビやカニのガラを炒めてパスタソース等に用いることは、普通に
何度もやってきたことだったが、この様にしようと思ったのは初めて。

って、こんなの手法的にはありふれていることなんだけど、ビスクとかで、
でも、何となく自発的に出てきたところを自画自賛したい気分なのだった。
これは技術革新ですよ!僕的にはね。

漉したら、

201202_akazaebi_05.jpg

綺麗にしたフライパンに戻して、トマトペーストと生クリーム、
塩コショウで味加減。

別途、バターで炒めた海老の身とホッキ貝をフライパンに入れて、
ゆでたてパスタと絡めて完成。

201202_akazaebi_00.jpg

ん~やっぱ、イタリアンパセリでも散らした方が好印象なんやけど、
ないものはしゃぁ~ないですなぁ。

味は、狙い通りで濃厚でおいしい。ガラを潰しながら炒めるより
エキスが良く出るみたい。甲殻類アレルギーの人は無理だろうけどね。

小さい小さいケガニなんかも安く売られてることもあるので、あれで
同じように作っても美味いのとちゃうかな?見たらやってみたい。

ところで、アカザエビの身って、火を入れたら柔らかいよね?
あんまりプリッとしてへん。味は良いけど食感の点において、
加熱調理は次点かなぁと思う。活けの刺身が最高。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : おうちごはん
ジャンル : グルメ

箱根の関西人 2.

あれぇ~

随分と間延びしちゃいましたが、続けます。

『竹屋』で鰻を食った後、再びバスに乗って元箱根港へ。
バスを乗り継いで向かった先は芦の湯温泉の『鶴鳴館・松阪屋本店』。

箱根の温泉は初めてやってんけど、ここは良かったです。
って、写真は殆ど撮ってないんですけど。
先ず、源泉かけ流しなのが素晴らしー。
部屋風呂も温泉なのが素晴らしーー。
料理もいけてました。

201202_matsuzakayahonten_01.jpg

食べかけで申し訳ないが、これ

201202_matsuzakayahonten_02.jpg

えんどう豆の炊いたんですけど、これ、ああ、美味い。
味付けが際々な感じで、これもっと、小鉢に一杯食いたかった。

いや、他にも造りとか焼いたんとか炊いたんもあったんですけど、
妻もこれが一番美味かったと言ってました。

それと、これ

201202_matsuzakayahonten_03.jpg

『ルイ・ロデレール』のNVなんですけど、結構なお値打ち価格!
だったので奮発しちまいましたよ。和食にシャンパーニュは実に
合いますしね。この銘柄も好きやし。


ここはリピート有りやなぁと。

***

翌日は、芦ノ湖で海賊船に乗って、

201202_kaizokusen.jpg

桃源台からロープウェイで

201202_oowakudani.jpg

大涌谷、それから強羅に出て・・・という、箱根観光のお決まりコースですな。

こういうお決まりコースは、基本的には避けるのが我が家流ですが、
今回は実家の母がメインゲストですから。

そうそう。これって、全部「箱根フリーパス」だけで乗れる。
余裕で元が取れる。一々チケットを買う手間も要らないしね。

その後は、『箱根彫刻の森美術館』に行きました。

僕はただの観光美術館なんだろうと思ってたんですが、
これが予想よりはるかに良かった。

展示作品の中では・・・

201202_hakone_chokoku_01.jpg

これが一番好きかな。これって・・・

201202_hakone_chokoku_02.jpg

ちょっとグロ系なんですけどね。好きなんだから仕方がない。

***

2泊目は芦ノ湖畔の『ザ・プリンス箱根』にしました。

ゆったりとした優美でゴージャスな造りね。

201202_PrinceHakone_01.jpg

なんつーか、如何にも湖畔のリゾート・ホテルって感じで、

201202_PrinceHakone_02.jpg

湖畔のホテルの白いバルコニ~♪

なんか、とっても昭和な雰囲気だなぁと、そう感じて調べたら
建物は昭和53年竣工だそうで。凄く良い建築だと思ふ。

晩飯は和食を選んだのだが、まぁ、普通。
お酒の値段が極めてホテル的。
昨夜と同じ『ルイ・ロデレール』があったが、あの値段で
飲んじゃったら、ちょっと手を出し辛いなぁ、と。

朝食のビュッフェは、極めてホテルのビュッフェ的で満足。
温泉は、前泊のとこのが良すぎたんだよなぁ~

(続く)
関連記事

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

箱根の関西人 1.

先日、実家の母と妹に来て貰って、箱根に行ってきました。

三島に来てもうすぐ10年になるというのに、実はいまだに箱根の
温泉に入ったことがないのだった。遊びに行ったことは何度も
あるのだが、箱根の温泉に浸かったことがない。

その最大の理由は、三島と箱根は近すぎるからなのだが。

やっぱ、温泉というのは旅行とワンセットで、旅行といえば移動
距離が長い方が旅行っぽいので、僕らにとって温泉といえば、
先ず東北なんですが。それも冬の東北!雪の東北!!
今年も東北に温泉旅行に行く季節になりました!
今年も行くぞ!!!冬の東北!!!

あ、なんだか話が逸れましたが、まぁ、なんやかんやで、
箱根の温泉に初めて行ってきたのでした。

三島駅で母と妹と待ち合わせて、バスで箱根方面に移動。

先ずは昼飯ということで、山中バス停で途中下車し、鰻の『竹屋』へ。
ものすごく久しぶりなんですが、僕たちが初めて行った頃よりも
益々有名になったようで、予約を入れておかないとやばいかもです。
実際、僕たちが着いた14時頃で、既に売り切れの札がかかってたし。
予約を入れておいて、ほんとよかったです。

201202_takeya.jpg

久しぶりの『竹屋』の鰻は、やっぱ美味いものでした。
ルックスも良いし。ここのはタレがあっさりしていて好きなんです。
肝吸いも無駄に旨みが強いということもないし。
そして、骨が障らないってのが素晴らし~
身が柔らかいほど骨は邪魔ですもんね。

我々夫婦的には、この辺では今のとこ一番っぽいです。
僕は沼津の『冨久家』も好きなんですが。

丁度タイミング良く、1時間後のバスに乗って、元箱根港へ。

ところで、この旅行には「箱根フリーパス」ってのを使いましたが、
これはめちゃ便利でお得です。箱根地域内のバスもロープウェイも
芦ノ湖の海賊船にも、全部使えるんですなーこれが。すぐに元が取れる。
但し、伊豆箱根鉄道、つまり西武系のには使えませんが。
つまり、あれですか。
所謂「箱根山戦争」ってやつの影響がいまだに残ってるんだ。

三島駅の東海バスの券売所で売ってるので、バスに乗る前にちょっと
買うだけ。お手軽!

(続く)
関連記事

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

ラーメンのスープを作ってみた

先日、主夫的昼飯にと、ちょっと思いつきで作ってみたのが
予想以上においしくて、んでもって、どこにも行かなかった
休日の昼飯に再現してみたら、やっぱ美味い。普段あんまり
ラーメンを食べない妻にも好評でまた作ってと言われたので、
ちょっと晒してみます。

っても、極めて即席で単純でありきたりなのですが・・・

中華出汁の素とモモ肉を掃除したときに出てくる脂や筋や
肉の切れ端と煮干しと白葱の青いところ、

201202_ramen_01.jpg

それから冷蔵庫に入っていた剥きすぎて使わなかった人参とか、
バランスを失さず、変な味になりそうにないものなら適当に・・・

でも、干し貝柱とか、常備してるけど、使うのは嫌だな。
なんだか勿体ないンんですもの!


で、そいつら適量を適当に煮込むだけなんですが。

201202_ramen_02.jpg

ほんと。適量を適当に。こんなの、この程度のもんです。
家庭料理はおおらかにね。


まぁ、注意するのは、最初に水を沸かして中華出汁の素を
入れるときに味見をして、その時点では薄すぎるくらいに。

スープキューブや出汁の素の類は、あれは予め溶かしてから
使うのがコツで、そのときには薄すぎるくらいが丁度良くて、
単に溶かした時点で美味しく飲めるくらいの濃さがあるのは、
それは多すぎです。最終的な完成品の味が単調になるでしょう。

まぁ、ラーメンスープなら、濃くても良いと思うんですが、
結局、お好みですかねぇ。

そもそも出汁の素なんか使わなくてもいいかもしれんが、
ま、お家でラーメンなんで、いいんじゃない?

それと、生姜を使うなら、かなーり控えめに使うのがいいです。
生姜は強力で、すぐに前面に出てきて、全体のバランスを乱す
気がします。

んで、30分~1時間ほど、微妙にこぽこぽ沸く程度で炊いて~、

201202_ramen_03.jpg

漉してとって、塩なり醤油でお好みに味付けしたらスープはOK。
あとは茹でた麺と合わせるだけね。

麺はこれが気に入ってるんです。

201202_ramen_04.jpg

『こだわりの味協同組合』ってとこが販売してるんですが、
この辺じゃ沼津駅前のしずてつストアで売ってる。
でも、なんか最近何時行っても1袋しかねーーーっ!

でも、こういうこだわり系というか自然系というか、
なんしか、そういう系の食材が、何でもかんでも良い
訳じゃないけどね。ひでぇーーーのもあったわ!!!!
ここでは敢えて秘すが。

ま、要するに麺なんて好みのでいいんですが、
なんしか茹でた麺と合わせて完成~

201202_ramen_00.jpg

肉っぽいのは、偶々炊いてあった豚バラ軟骨ですな。


んで、まぁ、これって1時間程度で作った即席スープですが、
これが、ほんと、意外なほど美味くてびっくりなんです。
ほんと。家で食うラーメンなんてこの程度で十分だよねと、
その程度には十分においしい。
一応、自分の作ったモノを突き放して評価する程度のことは
出来ますんで、かんべん。

まぁ、もっと良い材料と細やかで複雑な手順を採用してる
自作派の方々は幾らでもいらっしゃるのでしょうが、
僕にはこの程度で十分満足です。

でも、豚骨スープなんて、少なくとも僕ん家ぢゃ絶対に
無理です。大量の豚骨を強火で何時間も煮込むなんてね!
ああいうのは、外でないと絶対に食えない。
ああーーー臭くて濃い濃い濃い豚骨ラーメンが喰いたい!!!


ところで、ラーメンにコショウを入れるか否かってことが、
時々ネットでは話題になるようなのですが、僕は入れる派。
要するにコショウが入ったラーメンの味が好きなんです。

コショウを入れたらスープが台無しとか、繊細な味がどうたら
こうたらとか、ほんと勘弁してくださいよ。うっとぉしい。
ごめん。
俺、そう言う話というか表現には「イラッ!」とするんだ。

あ、でも、味噌ラーメンなら一味がいいです。
白味噌ラーメンなら山椒がいい。


あーーーー

ラーメンなら化学調味料の話題も避けて通れないのですが、
これってラーメンに限らずとても大きなテーマなんですが、
とりあえず、僕は許容しときます。
要するに、使う対象と使い方の問題と考えます。

無添加でも、無化調でも、まずいもんはまずいです。
僕は脳内補正してまで喰いませんし。そんだけ。
関連記事

テーマ : おうちごはん
ジャンル : グルメ

シフォンケーキ(BP不使用バージョン)

うぅ~む・・・

どうも、ひとたび調子が狂うとズルズルべったりですなぁ~
やっぱ、新年早々に風邪をひいたのがあかんかったのかなぁ?

で、漸く更新ですが、超!久しぶりにケーキを焼きました。

シフォンケーキなんですが、あちこちで色んなレシピを見て、
ベーキングパウダーを使わないのに興味をもちまして。
ついでにサラダ油ではなくてバターと、それに牛乳でどないだ?

って感じで作ってみたのでした。

今回の分量は、20cmのシフォン型を使って・・・

卵黄7個分+砂糖90g+バター50g+牛乳90g+薄力粉120g

卵白7個分+砂糖50g+ワイン酢小さじ1/2

180度で35分って感じですた。

卵黄パートに関しては、マヨネーズでも作る感じで、
温めた牛乳にバターを溶かしたので、乳化狙いで
かなーり混ぜました。もちろん、小麦粉入れた後は練らない。

卵白パートは、ま、フツーに。
ああ。卵白を凍らさないでやってみますた。

んで、ま、あとは、フツーに。

で、まぁ、フツーに膨らんでくれました。

201202_chifon_01.jpg

こんな感じ。

201202_chifon_02.jpg

チラシが生活感丸出しでええ感じですなーーーー
ラップを敷いているから安心して!

キメも、まぁ、フツーじゃないかな?
味は、もっと甘くても良かったような、
いや、もっと甘いのが好きです。
でも、バターの風味は良いです。サラダ油より美味しい。

やっぱ僕は軽いのより、濃くてどっしりしてるのが好き。
あと、乾いてるのよりしっとりしてる方が。

今年はパウンドケーキとか、ザッハトルテとかも焼いて
みたいです。ヤバイくらいに濃くて重たいやつを!!

***

そんな感じで、やっと復活なんですが、
2月はもっと更新できたらいいなーー。

帰省からこっちに撮りためたネタも結構ありますし。
タイムリーさなんてはなっから指向してないので、
小出しにしていこうかと思っています。

***

そういえば、やっと筋トレを再開しています。
右足首がまだまだ怖いので、テーピングは欠かせませんが。

スクワットに関してはまだまだフルパワーでトレーニング
できませんが、レッグプレスは出来るので助かってます。

ベンチはメイン重量を130kgにしています。

デッドも真面目にしています。いままで殆どやっていなかった
種目なので、使用重量がショボイのが恥ずかしいですが。
180kgでもキツイです~しかもニーレベルやしね。
そういえば、僕にはナロースタンスよりスモウデッドの方が
強いと思っていたのが、実はナローの方が挙げやすいことが
判ったのが意外でした。
早く、体重に見合った重量を床から挙げたいですなぁ。

***

カンケーないけど、新年早々、メガネを新しく作ったんですが、
とうとう!!!多焦点レンズになってしまいますた!!!!!
うわぁぁぁぁぁ~っ!!!俺はまだまだ若いぞぉっ!!!

ちょっとショックです、正直。
関連記事

テーマ : 手作りお菓子
ジャンル : グルメ

プロフィール

政

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク