ロールケーキを作ってみた

初夏の頃から、たまにロールケーキを焼いている。
最初から具材や外装に凝るようなことはせずに、
ただ単にプレーンな生地にプレーンな生クリームを巻くだけの、
極めてシンプルなロールケーキを作ってきた。

それが最近、漸く自画自賛できる程度のものが焼ける様になり、
一区切りということで、当地の某有名ロールケーキの真似で、
栗を芯にしてパフ(シュー生地)で巻いてみたのがこれ。

201110_rollcake_00.jpg

十分に休ませずに切ったので、切断面のクリームが乱れている
のが、ちと悲しいのですが~

まともなスポンジを焼けるようになるまでには紆余曲折があった。
先ず、天板について、オーブン付属の天板は長方形で、しかも
大きすぎたのでバーベキュー用の20cm四方の鉄板にホットクッキング
ペーパーを敷いて使っていた。

それがうまく焼けない。

うまく焼けないのは天板が原因だと思ったので、ネット通販で
製菓専用の29cm四方のフッ素加工の天板を買って焼いたのだが、
ちょっとはマシになった気がしたんだが、やはり駄目。

何が駄目だったかというと、生地の底、即ち焼くときに鉄板に
接する部分が皮のように詰まってぺったりと焼けるのだった。

ところで、ケーキ作りは家庭料理の中でもかなり人気のある
ジャンルのようで、ネットにもレシピや製作記やQ&Aが
幾らでもある。
まぁ、ネットのQ&Aなんか、結構詳しく学んだジャンルを
見てみると、かなりいい加減な回答も多くて、
ちょっとウンザリすることもあるが、料理に関することならば、
まぁ、気楽に使ってもいいかな、と。

で、ロールケーキのスポンジの底が詰まって皮になってしまう
ことに関しては、同じような悩みがチラホラあって、納得したのが、
先ず、泡立て不足で、それから天板の温度上昇が遅くて
焼ける前に底の目が詰まってしまうから、というもの。

泡立てに関しては、全卵を共立てでやっているが、教科書的には
泡立て器で持ち上げて垂れた生地で、ボール内の生地の表面に
8の字を描ける程度とかいう説明が為されているのだが、うん、
俺ってばその程度まで泡立てているんだが、それじゃ駄目なの?
泡立てすぎると駄目とかゆーじゃんよーーーー。
でも、それではまだまだ足りないという意見もあるので、まぁ、
商売でも何でもないのだからのっかってみるかということで、
泡立て器ですくった跡が残る程度まで泡立ててみたら・・・

201110_rollcake_01.jpg

こんな感じね、あーーーら!上手く焼けたよママン!!

201110_rollcake_02.jpg

「底の皮」は見事に解消し、ぱさついてもいないし、気泡も十分。
だから、これでいいよねっ!!

まぁ、8の字にしろ、ひらひらリボンにしろ、こんもりにしろ、
要は文章表現の問題で、同一の状態が表現する主体によって
異なるのかもしれませんな。また、文章表現は、受け手によって
また違うし。説明文に表現された事象と、目の前で起こっている
事象の異同の判断も、個々人によって違うでしょう。

となれば、実演による最適な泡立ての状態を何度も見聞できるのが
一番いいのでしょうが。料理教室の値打ちがあるとすれば、正に
そこだと思うのですが、まぁ、僕は行かないけど。


そいえば、ホットクッキングペーパーよりもケーキ専用紙が
いいらしいんだが、いずれ買うとして、そうそう、あれです。

最初は粉を混ぜるのも、ダマになって困りましたです。
それは泡を潰さないようにびくびく混ぜるからですが。

それにも転機があって、丁度ETVで春から夏にかけて
和菓子の番組のシリーズものがあって、有名な和菓子の
製造所を訪問して製造過程を見せるのをやっていた。
その中に長崎のカステラ工房の回があって、それを見たとき。

カステラも泡立てた玉子に小麦粉を混ぜる訳ですが、なんと、
泡立て器で底から結構なモーションでぐるんぐるんと混ぜて
いたのでした。十分に泡立てた泡はそれなりに強いという
見解もあるので、僕も泡立て器で底から大きく混ぜるように
したら、ダマ無く混ざるようになったのだった。
勿論、粉を混ぜるのは手持ちの泡立て器ですが。
玉子を泡立てるのは電動です。当然!でないとやってらんない!!

焼成温度に関しては、200度で余熱をかけて5分焼いて、
そのあと扉を開けずに180度に設定し直してから8分焼く。
メインの温度は180度なんだが、扉を開けて天板を入れる
時の温度の低下のフォローと、天板を速やかに熱くする
ための200度5分です、趣旨的には。
まぁ、こういうのは、オーブンの性能はまちまちなので、
個別の対応・工夫・試行錯誤が不可欠な訳ですが。

そのような紆余曲折の後、今では失敗無く焼けるように
なりました。

生地の配合の内訳は、全卵L3個、上白糖60g、小麦粉60g、
バター30g、牛乳30mlに落ち着きました。


んで、今回は、

201110_rollcake_03.jpg

柔らかめのシュー生地にスライスアーモンドをトッピングして
焼いたので巻こうと。

生クリームの泡立ての程度もちょっと試行錯誤したけど、省略。

201110_rollcake_05.jpg

自家製の栗の甘露煮を

201110_rollcake_04.jpg

芯にして巻きました。

201110_rollcake_06.jpg

こんな感じね。

201110_rollcake_07.jpg

とりあえず、ロールケーキはこれでいいかなって気がする。
家庭料理だもん。素人だもん。売るわけちゃうしね。
作りたい時に、日常感覚でフツーに作れるようになったので、
結構な満足感がありますもんね。

さてさて、次は何に手を出しましょう。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 手作りお菓子
ジャンル : グルメ

薄切バラ肉酢豚

使うあてもないのに安かったから買って後悔することは、
まぁ、よくあることで・・・

201110_barasubuta_01.jpg

こういうのも小分けにして冷凍しておけば、焼きそば等
には支障がなく使えるが、今回は酢豚にしてみた。


酢豚には、普通は肩ロースのステーキ用なんかを使うが、
バラ肉でも油を落とすようにカリッと揚げて酢豚にすれば、
それはそれで結構美味しい。


普通の酢豚の下ごしらえをした後、1枚ずつゆるりとまとめる。

201110_barasubuta_02.jpg

低めの温度の油でゆっくり揚げる。脂身の油を抜く感覚。
んで、高温の油で二度揚げして、カラッと仕上げる。

201110_barasubuta_03.jpg

炸鏈(ジャーレン)って、使い慣れたらめちゃ便利ね。


あとはフツーに酢豚の調味をする。

201110_barasubuta_00.jpg

ところで、酢豚って、時々タレが固くなり過ぎて、涙目ぢゃ。
はなっからゆるめに作った方がマシみたいね。
関連記事

テーマ : おうちごはん
ジャンル : グルメ

ソルベ?グラニテ?

果物を買おうとするときに美味しいのを選ぶのはなかなかに
難しくて、これが結構失敗する。
固くて、しかも追熟してくれない桃とか、酸っぱい葡萄とか。
バリバリのラ・フランスとか。

でも、そういうのはシロップ煮にして凍らせてソルベだか
グラニテだかにしちまえばいいです。美味しく食えます。
両者の区別は、ググればいいので省略。
ま、僕的にはそんな区別なんかどうでもいいです。


で、まぁーなんしか、砂糖と白ワイン(安いの。水でもOK)で
適当に炊く。砂糖とかの量は適当。味見し乍ら作ればいいし。
素人家庭料理やからね。それで十分。

ブドウなんか、炊けば皮は簡単に剥けるし。
てか、皮は剥いても剥かんでもええし。

201110_sorbet_grape_01.jpg

ああ、でも種なしの方がいいよね。種はあかんでしょう。種は。
種ありの場合は、面倒でも取る。炊いた後でええから。

今回は皮が柔らかくなるまで炊いて・・・

201110_sorbet_grape_02.jpg

ハンドブレンダーでピュレにして、平型バットに流して凍らせる。
このとき、ピュレの濃度が濃すぎると凍らないけど、そのときは
水を適当に混ぜて薄める。
ハンドブレンダーが無かったら、普通のミキサーでもいいし、
それもなけりゃそのまま凍らせればいいし。
でも、ブレンダーにかけないなら皮は取り除いた方がいいかもね。
その場合は、皮入りピュレよりザクザクした感じになる。

201110_sorbet_grape_03.jpg

凍ったら、フォークでザクザクに砕いて削って食えばOK!

201110_sorbet_grape_00.jpg

正直美味いです。氷菓とかいってスーパーやコンビニで売ってる
類品なんかはるかに凌駕してます。簡単です。
要するに、こんなのは、自分で作るか作らないかの差ですな。


バリバリに固かった黄桃でも炊いて・・・

201110_sorbet_Ypeach_01.jpg

凍らせて・・・

201110_sorbet_Ypeach_02.jpg

崩せば・・・

201110_sorbet_Ypeach_03.jpg


うまーーーーっ!

201110_sorbet_Ypeach_00.jpg

まぁ、大抵の選択失敗フルーツは炊けば食えるでしょう。
凍らさなくても、ヨーグルトソースにすればいいし。
選ぶのをまずった時に、ほかす位なら試してみるのがいいです。

処分品で安くなってるので作るのもええですね。
関連記事

テーマ : 果物・フルーツ
ジャンル : グルメ

富士山日帰り登山 須走口往復 3.(完結)

ところで、過去二回の富士登山では、御殿場口を登ったのですが、
2回とも3000mを越えたところ辺りから息が苦しくなって、
赤岩八合館(3300m)を越えて頂上までは相当きつかったのです。

もうね、三歩程度歩いただけで心臓バクバクで息はぁはぁ~。
去年なんか10本程持っていった酸素缶を吸い尽くしてしまった。
(酸素缶って、あれ、吸った直後は確かに効果がありますね。
でも、長続きはしません。)

もう、息も絶え絶えで登ったのでしたが、今年は、あれ??
なんともない!全然ヘーキ!!寧ろ妻が酸素缶を必要とした位。
胸突江戸屋(3370m)から上へ行っても、そりゃ休憩は増えたけど、
3歩でひぃはぁってことはなかった。
過去2回はなにかの間違いだったの??
それとも、過去2回でおいらは生まれ変わったのかしら?

201109_fujisan_12.jpg

まぁ、体調とか、色んな要因があるので一概には言えないけど、
ちょっと自信を持ちました。
なんにせよ、御殿場口をもう一度登る必要がありそうです。


そうこうしているうちに・・・

201109_fujisan_13.jpg

頂上の鳥居が見えてきました!


この辺の登りは、「道」というよりも岩の「階段」って感じで、
1歩1歩が結構キツイです。歩幅が随意にならないし。階段だもんね。
それから、急に風が吹いてきて寒くなりました。

ところで須走口って、本8合目で吉田口と合流して、頂上までは
同じ道になるわけですが、ここが8月のハイシーズンにご来光
登山でびっちりと渋滞になるそうな。うぜぇですな。

そして・・・

201109_fujisan_14.jpg

やがて感動の頂上!!!となったのですが(15:30)、
頂上の標識とるの忘れてました!

すっかり静まりかえった頂上の山小屋街。

201109_fujisan_15.jpg

ここって、去年、お鉢巡りで通ったときには、ほんとに「街」って
感じで、7,8月の2ヶ月だけ富士山頂に出来る街ね。
ひぃこら登って行った先にうじゃうじゃと人がいるというのが、
何とも奇妙で面白い光景だったのでした。

須走口の頂上は、

201109_fujisan_16.jpg

剣ヶ峰と火口を隔てて丁度反対側にある。

もっと早く登れたらお鉢巡りをして白山岳にも登るつもり
だったのですが、今回は断念。

201109_fujisan_17.jpg

下山開始(16:10)

須走口・吉田口は最初は同じ下山道を下る。
階段でなくて道なので、ちょっとは楽です。

これが御殿場口だと、頂上からしばらくは登山道と下山道が
共通で、しかも岩の階段が続くので、足に結構きます。
でも、御殿場口は空いてるからそれでもいいのですが、
富士宮口は更に急峻な岩の階段で、しかも登山下山共通らしく、
なんか面倒だなぁ。しかも人が多いそうだし。
やっぱ、富士宮は登らなくていいか。

あーー富士宮の8合目と御殿場口を結ぶトラバースがあるので、
御殿場口を赤岩8合館まで下りて富士宮口に行くという手も。
これは登るときにも使えるようですが、この連絡道を無いことに
したがってる勢力もあるみたいね。
ま、使うときは無視するけどね、そんなの。

最近では富士宮口5合目から宝永火口を通って御殿場口という
ルートも人気のようですな。御殿場口の5合目から登るよりも
1000mほど楽ですもんね。
これは下りにも使えて、過去2回の観察によると、御殿場口の
砂走りから宝永火口を通って富士宮口へ行く人も多いよう
でした。てか、御殿場口の5合目まで下りる人が少なすぎ。

で、話を今回の下山に戻しますと・・・


フツーのジャリジャリした粗い砂の道を下って行くのですが、
これが足に来ます。特に膝の上の筋肉に来る感じ。
僕は体重が105kgあるので、ちょっとキツイです。

って、同世代の男性よりは少しは脚部の筋力はある筈と思って
いるのですが。筋トレでスクワットもしてますし
メインは140kgをフルで6repsを5発なので、体重の割にはショボ
ショボですが、同世代の男性諸氏よりはちょっとは強いかも?

まぁ、体重が重くて下半身を鍛えてない人にはキツイかもです。
膝と腰に来るかも知れません。

過去3回を通じて思うのは、登りよりも下りの方が厳しい印象
です。特に、足の指に肉刺が出来たら、もう、涙目です。


下山中

201109_fujisan_18.jpg

見事な「影富士」が出来ていました。

この後、暗くなってからは写真はないのですが、途中、吉田口
方面への分岐は須走口へ向かう者としては何の問題もなく、
でも、砂走りへの入口が、なぁ~んか、見事に崩落というか、
先に来た台風の影響か知らんけど、かなり崩れていたんですな。
砂走りの真ん中もえぐれて沢になっていたし。

それに、須走口の砂走りは御殿場口に比べて砂の層が浅くて、
すぐに固い層で靴底が滑ってしまって、全然快適じゃないです!
やたら岩も多いし。それが御殿場口のより斜面が急なんだから!
ペースダウン。

やがて日没で真っ暗!
ルート自体は目印のロープが張ってあるので問題なしですが。
ただ、路面の状態がよく判らんので、昼間のようにはいかない。

森に入れば更に真っ暗で、あれは照明なかったら涙目~
ってか、無理です。

そういえば、ヘッドライトを使っていたんですが、森にはいると
灯り、即ち顔めがけて様々な生き物たちが突進してくるので、
あれはうざくてまいりました。ピロピロピロピロ~って。
ムシが嫌いな人なんか涙目~ですな。

でも、あれ、須走口って、下の森の中まで登下山道を分ける意味
なんてあるのかなぁ?登りの道の方が歩きやすいじゃないか。
だから途中から登山道を下りた。広いし、木の根も少ない。

で、登山口に戻ったのは、時既に19:45。
去年、キノコを食いに行った『東富士山荘』で、キノコの晩飯を!
とか思ってたんですが、もう閉まってて・・・

でも、隣の『菊屋』がまだ開いてたので、なんにせよ腹ぺこ。

201109_fujisan_19.jpg

キノコうどんを食った。
こっちもシーズンにはキノコの同定をやっているそうなので、
ちょっと期待してたんですが、さすが!
タマゴタケとかイグチの類とかがぞろぞろ入ってて美味かった。

で、飯を食ってる間に呼んで貰ったタクシーで御殿場駅まで。
大体6000円ちょい。御殿場線で下土狩駅まで。沼津まで行くと
面倒やしね。タクシーで帰宅。楽ちん料込みと思えば安いもんだ。


そんな感じで、9月の中旬、富士山に登ってきたのでした。

感想としては、須走口はかなり快適なのではないかと。
上の方で吉田口と合流した後で渋滞したらだるそうですが、
ハイシーズンを避ければ結構快適な登山になるんじゃ?

でも、僕は御殿場口が一番好きだなぁ。あの荒涼感が最強!!
あーーー
来年も登りたくなってきました。
でも、もうちょっと身体を絞るかなぁ。ちょっと走るか?
ハンマー投げの室伏選手のBODYが理想です!!!


(以上)
関連記事

テーマ : 登山・ハイキング
ジャンル : 旅行

富士山日帰り登山 須走口往復 2.

40分ほどで森を抜けると視界が広がる。

201109_fujisan_06.jpg
スカーーーーっと頂上まで見える。
あの先っぽまで登っていくのかと思うと、ちょっと興奮もの。
でも、斜面は結構なだらかに見える。


もう少し進むと、向かう先の低木の中になにやら謎の物体が?
近づいてみて驚いたんだが

201109_fujisan_07.jpg

鯉のぼりだった!誰が?なんで???

この疑問は程なくして解決した。

201109_fujisan_08.jpg

新6合目の長田山荘の庭に立ってたのでした。
目印かな?時刻は0940。悪くないペース。

ところで、山小屋のトイレは200円なので、富士登山に際しては
100円玉をそれなりに多く持っていくのがいいでしょう。

更に先へ。

瀬戸館到着

201109_fujisan_09.jpg

時刻は1020。ここは既に今期営業終了。標高は2620mらしい。

ここのちょっと上に「お中道」といって、富士山の中腹を1周する
古道があるらしい。一度歩いてみたいと思っているのだった。
なんでも、昔は、っても江戸の昔らしいが、お中道を歩くには
富士山を3回以上登らねば許されなかったそうで、ほんなら僕らは
丁度3回登ったことやし、見事に資格GETだぜ!やったぁ~

更に先へ。


大陽館(2920m)到着。

201109_fujisan_10.jpg

頂上が近い!!

ここは営業中。時刻は1130。

まだまだ余裕がある。特に呼吸が苦しいこともないしね。
かなりゆっくり目に歩いてきたのがよかったのかも。

時々、とんでもないハイペースの人が追い抜いていくんだが、
須走口は道幅に余裕があります。下山道も別だから、尚更。

ここまで登ると下界の眺めもちょっとしたもんです。

201109_fujisan_11.jpg

なんか、ふわふわもこもこした雲がかわいいじゃない?

ん~

この先も淡々と登っていくだけで、特に面白いお話はありません。
なんやかんやで本8合目の胸突江戸屋に到着したのは時刻は1330って感じ。
標高は3370m。呼吸は普通にできる。
ちょっと長めの休憩。

(たぶんあと1回続く)
関連記事

テーマ : 登山・ハイキング
ジャンル : 旅行

富士山日帰り登山 須走口往復 1.

もう2週間になるんですが、富士山に登ってきました。

本来の計画では、所謂「閉山」前の8月末に登る予定だったのですが、
超鈍足台風とか、その他諸般の事情が重なりお流れに・・・

まぁ、別に僕は「閉山」ってのを気にするタマじゃないんですが、
さすがに積雪期に入るスキルはないのですが、
閉山すると山小屋が閉まってしまい、するとトイレが使えない。
それを非常に重大視する人がいるので、まぁ、そういうもんか。

それでも悔しいので調べてみると、須走口や吉田口の幾つかの山小屋は
9月の半ばまで開いていて、標準的な所要時間を当てはめてみると、
山小屋に立ち寄りつつ日帰りも十分に可能だということがわかった。

と、なると、登らない理由なんかないじゃないか。
で、天気予報とにらめっこ!台風が来る直前の日曜日にはバッチリ晴天
となるっぽかったので、今期ラストチャンス!とばかりに決行となった
次第でした。

因みに、富士山に登ったのは今回で3回目で、過去2回(2007年、2010年)は
御殿場口からの徹夜の登山でした。今回、初めての登山口の日中登山ね。
ちょと新鮮。

さて、須走口5合目ですが、僕たちにはクルマがないので御殿場駅から
バスを使う。このバスは9月下旬まで出ているので便利に使えます。

で、山には早く登り始めるのが原則なんですが、始発は御殿場駅0710で、
そのためには三島駅を0545に乗って、沼津で御殿場線に乗り換えて・・・
ああ、それでも須走口の5合目に着いたら8時を過ぎているんだから!

御殿場線車中からの富士山

201109_fujisan_01.jpg

いい天気

須走口行きのバス。

201109_fujisan_02.jpg

乗客は10人程度。楽々~


バス代は片道1500円。往復だと割引で2000円だが、はなっからタクシーを
使うつもり。帰りは間に合わないでしょう。

ところで、富士登山には、タクシーは有効に活用するべきだと思います。
4人くらい一緒なら、最初からタクシーを使うつもりでいる方がいいです。
シーズン中には三島の駅前からも登山口行きのバスが出てますが、
あれってフツーの路線バスの車両なんですもん!
しかも混んでる!座りきれずに立ってる人もいるしねー。
で、それで2時間くらいかかる。
登る前に疲れちゃうぜ?

御殿場駅からタクシー使っても、人数割りにしたら殆ど変わらんしね。
まぁーーバスでも往復券買ったら安いけど。
まーー、価値観とか、色々あるけど、一考の余地ありでしょう。

で、須走口5合目に着く。

201109_fujisan_03.jpg

既に標高は約2000m。御殿場口から登ることを考えると、ずっこいなぁ。

201109_fujisan_04.jpg

天気はいまだによし。


0820、登り始める。

201109_fujisan_05.jpg

須走口の最初は森の中を行く。


(続く)
関連記事

テーマ : 登山・ハイキング
ジャンル : 旅行

プロフィール

政

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク