サワラ三昧(焼霜、なめろう、カマ焼き、アラ汁)

当ブログでは毎度お馴染みの『食遊市場』に行ったら、丸ごとのサワラが
あった。釣りものらしいが結構デカかったの。んで、ちょっとイイお値段。

でも、久しぶりにサワラも食いたいし、この大きさなら調理法を変えて数回に
わたって食うことが出来るから、それを考えれば高くはない。

だから、買っちゃった。
でも、大きいのでそのままもって帰れないし、仮に持って帰れてもまな板から
大きくはみ出すことは必定。
つーか、そもそもサワラは身が割れて傷みやすい魚なんで、頭と尻尾を落とし、
ワタを出して、んで筒切りで3当分してもらったのでした。チャンチャン

sawara_201011_01.jpg

ところで、広い市場と狭い台所とではものの見え方も大違いで、持ち帰ってから
買った食材の意外な大きさ・量にびっくりするのはよくあることなのだが、
今回のサワラも正にそれで、測ったら全部で3kgもありましたん。
でも、これくらい大きい方がサワラは美味いでしょう。魚種として相当でかくなる
魚は、ある程度の大きさに育ったものでないと味わいが十分ではないらしいのね。
確かにそう思うこともあって、サゴシはサワラの若いのだけれども、やっぱもの足り
ないもの。でも、サゴシのキズシは美味いですな。鯖よりも上品で。
ん~味に上品も下品もあるものかともと思うが、まぁ、ええでしょう、この表現でも。

まぁ、なんしか、サワラは小さいのより大きいのが美味いので、切り身を買うとき
でも、元が大きいやつの切り身を買う方がいいようです。ああ、マナガツオもね。

さて、とりあえず、おろして・・・と。

sawara_201011_02.jpg

先ずはお造り。

sawara_201011_03.jpg

もう、我が家ではサワラのお造りは焼霜と決まっています。
たまらんのですなぁ。炙った皮の香ばしさとやや火の入った皮下の脂と、そして
芯の生の部分のグラデーションといいますか。山葵と呼び合うんやねぇ。
素人包丁でも問題にならんくらい美味いサワラでしたわ。

んで、こういうのもやっぱある程度の量がなければもの足りません。外だったら
1人前でせいぜい5枚もあればいいところではないかしらん?
今回は2人前で300gですわ!!


次に「なめろう風」

sawara_201011_04.jpg

はじめから割れてたんか、僕の包丁が下手くそなんか、まぁ、よぉ判らんけど、
なんしか身の割れてたとことか、中骨から外したすき身を細かく刻んで、みじん
切りの白葱、生姜を薬味に味噌で和えてみました。飯に合いました。


んで、かま焼き

sawara_201011_05.jpg

大きな魚のカマ焼きは最強のご馳走ですな。上身よりカマ!これですわ。
真鯛は当然、白甘鯛とかも美味いよね、カマ焼き。

料理屋でカマ焼きを出して貰えたらラッキーか、それとも上客にされてるか、
まぁ、そういうこともあるでしょう。その代わり、上手に食べる義理が生じるかもね。

このカマ焼きは最強でしたん。妻も、今まで食べたサワラのなかで最強と申して
おりましたわ。


んで、アラの味噌汁。

sawara_201011_06.jpg

時々ね、時々、港系つーか漁師系つーか、まぁ、そういう感じのとこでアラ汁とか
食ったら、ああ、誠に申し訳ないが、これはだしが出てるというよりも、生臭い
でっせ!とかいうのに出遭ってしまうこともなきにしもあらずですが、やっぱねぇ、
アラ汁、アラ味噌汁に関しては、新鮮さが命ですな。

ま、こういうのは基本的に家で食ってたらええんです。
外食には別に求めるところがありますしね。

しっかし、こんだけ食ってもまだまだある!ああ、すごい。

残りは、翌日の造りと塩焼きの分を確保しておいた後に、味噌漬けと味醂糟漬けと
幽庵にする。身が分厚いので、漬かるのに数日かかるでしょう。
僕達はご飯のおかずにするので、結構しっかり漬かりきったのが好きやね。

しばらくの間はサワラを食い続けることになりそうです。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : おうちごはん
ジャンル : グルメ

晩秋の富士山中腹ハイキング(水ヶ塚~宝永火口~宝永山~御殿場口)

先週のこと、ちょいと富士山方面にハイキングに行ってきました。

御殿場駅までJRで行って、御殿場駅前からタクシーで水ヶ塚公園駐車場まで。

houei_201011_01.jpg
タクシー代は6000円。


houei_201011_02.jpg

須山口登山道を登って行くのは2006年の時と同じ。

あんまり有名じゃないようだが、実はこんな登山道もあるのだ。
っても、頂上まで行けるわけではなくて、途中の宝永火口の縁で富士宮口か
御殿場口に回らなくちゃいけない。

それでも、2300mちょい手前位まで森の中を行くのが面白いです。

その他、色々が前回と同じなんだが、今回、大きく違っていたのは、たぶんこれだ。

houei_201011_04.jpg

標高2070mくらいの所で、写真のように大きく登山道が侵食を受けていた。
たぶん雨水なんだろうけれど、前はこんなになってはなかったような気がする。

宝永第2火口の手前から後はガレガレの砂利道をザクザクと歩いていく。

houei_201011_05.jpg

第1火口の縁から宝永第1火口の中に降りる。

houei_201011_06.jpg


嗚呼っ!!いいなぁ!!この荒涼とした風景がたまらなく好きだ。
宝永火口は三島からもよく見えるが、なんか大好きなんやなぁ。
この火口のお陰で富士山の魅力は何倍にもなっていると思うのである。
って、前にも書いたわ。


火口内部の歩道を歩いていると、山頂側の岩壁の方からガンガラガンガラと音が
するので、そちらに目をやると・・・

houei_201011_07.jpg

岩が激しい勢いで転げ落ちているのでした。
遠くだからあんまり大きく見えないけれど、音といい、巻き上げている砂埃といい、
実は結構な大きさがあるのかしら。あんなのにぶち当たられたらひとたまりもないね。
火口内を歩いている間に、2,3回落石があったように思う。まぁ、歩道まで来ることは
希らしいのですが、注意するにこしたことはないでしょう。

ところで、予想されたとおりに火口内部では大きく妻にリードされてしまった。
見る間に先へ先へと突き進む妻。

houei_201011_08.jpg

なんか、僕は呼吸があかんのです。

実は、エントリはしなかったけど、今年の8月末に富士山の山頂まで行ってきたんですが、
そのときにもやっぱ呼吸がやばかったんですなぁ。大体、赤岩8合館を過ぎたところから
やばくなってきて、あれよあれよと妻に後れをとる。
でも、なんとか頂上まで行って30分ほど座っていたらなんだか急に楽になってきて、
念願のお鉢巡りも達成できたのでした。

でも、僕の方が妻よりも体力的に劣っているなんてことは絶対にありえないので、
やっぱ高所で妻に後れをとるというのは酸素濃度以外に考えられんなぁ。僕は
筋肉量も結構あるので、それだけ酸素が多くいるんですよ。そういうことにしておこう。

それにしても、宝永火口内は登りにくいです。
一歩毎にズリズリ足元が崩れるんだから嫌になります。

やがて、宝永山山頂。

houei_201011_09.jpg

なぁ~んか、前よりも頂上の標識が立派になってました。

で、晴天と眺望を期待して登ってきたものの、雲に阻まれ下界はまるで見えない。
その代わり雲海は見れたので良しとしましょう。

後は、御殿場口に降りて

houei_201011_10.jpg

タクシーを呼んで御殿場駅まで(大体5500円)。
JRで三島で終了。


ところで、昨日の午後に富士山が見えたが、いきなり山腹が白くなっていたのだった。
そろそろ富士山は玄人の世界ですな。
でも、雪で真っ白になった宝永火口に入ってみたいもんだ。


関連記事

ホワイトロリータ

おっと!びっくりした!!
11月になったと思ったら、もう10日を過ぎているじゃないの!

ところで、先日スーパーの棚の間を回遊してたときに、ふと目に
入ってきたので超~~~~~~~~~~っ久しぶりに買ってみた。

whiterolita_01.jpg

うん。ブルボンのホワイトロリータ。

昔々、もう30年以上昔、小学生時代とかにはかなり頻繁に食って
いた覚えがある。買い食いって訳でなく、家のお菓子箱の中に常備
してあるのを勝手に食っていたのだが、『ブルボン』、ああ、当時は
『北日本食品』だったか、まぁ、なんしか、そのメーカーの袋菓子が
入っていることが多かった様に思う。

「昔はブルボンのお菓子をよく食ってたよな!?」

と妻にふってみると、全然とか言うんだ。へんなの~。

で、僕は『ブルボン』を非常に高く評価しています。
だって、値段の割にはけっこういけるんだもの。
中でもチョコレート系が好きやね。
アルフォートとか、シルベーヌとか、値段考えたら、けっこういけてる。

ところで、『ホワイトロリータ』なんだが、発売開始は昭和41年らしい。
なんという超!ロングセラーなのであろうかっ!
で、「ロリータ」なんだが、いつのころからか「ロリータ」を
"LOLITA"と思い込んでいたんだけど、今回、このエントリのためにじっくり
観察してみると"WHITEROLITA"なんだね!ああっ!少女ではなかったのか!
ぼくはずっと「白い少女」だと思い込んでいたのだった。

ところでところで、これ

whiterolita_02.jpg

ホワイトロリータの断面なんだが、一時期、一本の穴が通っていた記憶が
あるんですが、同じ記憶がある人はいますか?
昔々はなかった筈で、ある時突然穴が開通している製品に出遭い、そして
今のにはないようだが、穴。開いていた時期がある筈なんだがなぁ。
穴を開けたから口溶けがどうたらこうたら書いてあった気がするんだが。

ああ、それからTVCFも覚えてたりするのだ。

欧風系のオネイチャンがホワイトロリータ食ってるシーンなんだが、そこに
男声ナレーションで「ああ、ロリータ、今日も君はそのお菓子だね~」とか
なんとかかんとか。そういえば、『ブルボン』のTVCFって外人女性モデルを
起用していることが多かったように覚えているんだが、外人といっても、
アメリカンじゃなくて、なんというかヨーロピアンね。そんな気がしてた。

でも、やっぱ、値段の割にうまいよ、これ。



とまぁ、さぼった後のくせにほとんど水増しだね、このエントリは。
関連記事

テーマ : スイーツ
ジャンル : グルメ

プロフィール

政

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク