ソラマメ

今年もソラマメを食べるようになった。
ってのは、安くなってきたからね。
出始めの鹿児島産から、段々と産地が近づいてきて、
それと呼応して、値段も手頃になってくるのだ。

で、なんでも「初物」ってのは、特別なことはせず、
フツーに食うのが一番でしょ!ってことで、

soramame_201005_01.jpg

焼くというか、炒めるというか、熱したスキレットに
ピーナツ油を薄く流したところに剥いたソラマメを入れ、
塩をパラパラしたら蓋をして加熱。
僕は5分ほど焼くね。で、蓋を外してしばし。
つまり、水分飛ばして味を凝縮させたい訳。

そういえば一時期鞘ごと焼いてしまうのが流行ったと思う
んだが、あれはちょっと外連味いっぱいな気がする。
料理屋なんかでは客に対するアピール力が強そうやけど、
あれはぶっちゃけ食いにくいもん。剥くのも熱い思いせな
ならんし。カニやったら、剥きながら食べるのも嬉しいが、
ソラマメ剥きながら食うてても嬉しないしね。

ああ。あれは鞘ごと焼いて出したら、印象が強いし、それに
剥きながら食ったら時間もかかるし、そんなこんなで、鞘1本
中身2,3粒食っただけで結構満足感がある?せやから、料理屋
なんかでは結構使えるのかもしれんね。

せやけど僕は最初から剥いてるのがええわ。料理屋でなら尚更。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 野菜
ジャンル : グルメ

こしあぶら

こしあぶらは山菜だが、山菜っても、街中じゃあフツーに栽培ものだよね。
仮に山中に分け入っても、他人様のお山で勝手に採っていいものではないし、
入会権とかもあるしさ。結局、買うしかないんやなぁ。

koshiabura_201005_01.jpg

山菜類は、天ぷらがいちばん美味い食い方だと思うのだが、天ぷらってのは
かなりハードルの高い料理だと思っている。だから、あんまり作らないので、
結局上達しないままだ。
だから・・・

koshiabura_201005_00.jpg

こんな風に上新粉をつけて揚げてみた。

小麦粉ではパリッとしないし、片栗粉の仕上がりもちょっと違うと思ったのだが、
これはかなり正解だったと思う。
関連記事

テーマ : 野菜
ジャンル : グルメ

ニンジンの葉っぱの(BlogPet)

政の「ニンジンの葉っぱの」のまねしてかいてみるね

どうも、すぐに買わへんのを入れない!!
ほんと。
ビールもすすみます?
つーかのか、即断即決即GET!!!としてかき揚げという方法は小麦粉を入れただけですなぁ?こんな感じに水気が水気が高すぎるので、更新を湿らせてあげるので、ボールに水気が上出来の直売でパリパリに買わへん♪
卵はよっぽど好感を水では小麦粉をまぶしてしまいました。
ビールもすすみます。
卵はお年頃なんやけどねぇ!!
つーことですわ♪
実に簡単なんおいしさをさぼってみたら、葉っぱをそのまま油へ投入して水洗。
簡単♪
固さですが高すぎるので、絶対にするだけですわ♪
ビールもすすみます。
ほんと。
***ところで、その天ぷらに万遍なくまぶさったところへ、たまらんです?
いや?
***ところで、参考に最小限のようですなぁ?こんな泡沫で粉を入れたところに水気が高すぎるので、ぱりんぱりんです?
定期巡回した途端、こちらの方が上出来の生地を湿らせて水洗♪
実に簡単。
つーことですわ!
卵は小麦粉を湿らせて食うの衣をまぶして食うの量は小麦粉を振って水洗!
ほんと!
つーゆーゆ~40代は難易度がたまらない様に買わへん。
こんな感じに万遍なくまぶさったんおいしさですなぁ。
つーことですなぁ?こんな感じに最小限の衣というと思うんですわ?
いや。

*このエントリは、ブログペットの「うさぴょん」が書きました。
関連記事

ニンジンの葉っぱの

どうも、更新をさぼってしまいました。
定期巡回してくれたはる皆様方、どうもすんまへん。
や~オトコ40代はお年頃なんですなぁ。
ま、なんやかんやで、、今日から再開します。

と、ゆ~わけで、先日、JAの直売で葉っぱ付きの人参を見たんです。
で、ゴワゴワの葉っぱを見た途端、その天ぷらの美味しさを思い出し
即断即決即GET!!と相成りました。

ninjinba_201005_01.jpg

で、葉付き人参なんですが、人参の葉っぱは大きな軸から外して水洗。

ninjinba_201005_02.jpg

これを天ぷらにするのですが、包丁等で更に細かくして天ぷらの生地で
まとめてかき揚げにしてもいいのでしょうが、僕には難易度が高すぎる
ので、かき揚げという方法は採用しません。

では、どうするのかというと、言うなれば「姿揚げ」にします。
こんな感じに。

ninjinba_201005_03.jpg

これって、要するに、葉っぱに天ぷらの生地を薄くまぶし着けたのを
そのまま油へ投入してカラリと揚げただけです。
で、前回は小麦粉をまぶして霧吹きで粉を湿らせて衣としたのですが、
今回は大きなボールに少量の葉っぱを入れたところへ、天ぷらの生地を
適量入れたのを和えてみたら、こちらの方が上出来のようです。
生地の量は、葉っぱに万遍なくまぶさった状態で、ボールの底に余分が
たまらない様に。
生地は小麦粉を水で溶くだけです。固さは適当。卵は入れない。

人参の葉っぱ自体が水気が少なくてパシパシと固いところに最小限の
衣を着けてあげるので、すぐに水気が飛んでパリパリになります。

ninjinba_201005_04.jpg

もう、ぱりんぱりんです。なんかの透かし模様みたいねー。

実に簡単。簡単なのに美味しい。いや。ほんと。
塩を振って食うのですが、たまらんおいしさです。ビールもすすみます。

***

ところで、アフィリって儲かるのかなぁ?
こんな泡沫ブログで宣伝するだけ無駄やと思うんやけどねぇ。

つーか、僕はよっぽど好感を持ってるアフィリ主さんとこでしか、
絶対に買わへんしね。憧れとか、好きとか、おもろい、参考になる。
そういうのがないと、儲けさしたる義理なんかあらへんのやからね。

ま、そーゆーことですわ。
関連記事

テーマ : 野菜
ジャンル : グルメ

政(BlogPet)

うさぴょんは興味がほしいな。
政もほしいかな?

*このエントリは、ブログペットの「うさぴょん」が書きました。
関連記事

ホワイトアスパラ

漸く、今年初めてのホワイトアスパラを食った。

っても、GETしたのはたったの2本!!!

whiteaspara_201005_01.jpg

ホワイトアスパラは下茹でするのが教科書的なのかもしれないが、
2本くらい茹でたのでは味が抜けるだけの様な気がするので、
そのまま焼いてしまうことにする。

当然、皮は剥くのだが、ピーラーを使うのが断然便利!

whiteaspara_201005_02.jpg

このピーラーはアマゾンの通販で買っんだが、アスパラを剥くの
には最強ですな。

普通、ピーラーにはI型とT型とがあるけど、これは、刃を動かす
方向からはT型に分類されるのだろうか。
でも、通常のT型とは異なり、刃のすぐ近くを親指と人差し指とで
つまんで使用する。これが何を意味するかというと、刃の動きの
細かいコントロールが可能ということ。
T型の場合は、ハンドル部分と刃の部分が離れているので、コント
ロールがちょっと面倒になる。
で、どうして刃のコントロールを気にするのかというと、それは
ですねぇ~
皮を剥くのは必要最小限度にしたいからで~す!!

まぁ、厳密に剥くには、包丁でかつらむきの要領で剥くのが一番
なんだが、アスパラを長いまま剥くのには、僕の腕が未熟だから・・・

で、あとは焼くだけ。
アーモンドオイルで焼いて、仕上げにバターを落とす。

whiteaspara_201005_00.jpg

ちょっと焦げ目が付くくらいが美味いと思うぞ。

***

関係ないけど、さっき、ネット見てて知ったんやけど、
長崎には「鯉菓子」というものがあるそうな。
ぶっちゃけ、鯉の形をしたでっかいあんこ系生菓子らしい。
あんこ大好き!うおぉぉぉ~っ!!食ってみたい!!!!!
関連記事

テーマ : 野菜
ジャンル : グルメ

やられたぁぁぁ~っ!!!(主夫的晩飯)

妻が晩飯不要というので、いつもとは違う時間にいつもとは違う
スーパーに行ったら、夕方割引でお寿司を売ってたので買った。

一番安いのでいいかな?と思ったんだが、それにはネギトロ(もどき)が
入ってたので、大嫌いだからやめにして、仕方がないけど次のにした。

sushi_201005_01.jpg

が、蓋を取って、やばい!!!と思ったのだった。

sushi_201005_02.jpg

ワサビの小袋・・・ま、まさか!!!
ネタを片っ端から剥いていくと

sushi_201005_03.jpg

やだ!なにこれ?怖い!!!
さび抜きやぁぁぁぁぁ~んっ!!

あぁぁぁ~
やっぱスーパーの握り寿司(もどき)って、サビ抜きがデフォなのね。
ひっかかったのは2度目で、前回もエントリした筈やけど、
なんか、もう、うんざりやなぁ~
ワサビもどきでも使ってると使ってないのとでは全然違うんやけどなぁ~
つーか、美味しくないでしょ?サビ抜き?
(質問形使ってても、例によって、異論を認める気はないけどさ。てへっ!)

しゃぁ~ないので、ワサビをつけてネタを張り直す。

sushi_201005_04.jpg

本山葵は常にキープするようにしてるけど、こういうのには使わないのさ。

にしても、案の定、鯵の血合い骨は取りこぼしがあるし・・・ブツブツブツ・・・
あぁ~生姜の種類も考えた方がよろしい。この生姜は辛すぎる。
それから、甘エビに海苔を巻くのは結構だが、海苔の下に殻がついたまま
っていうのはどうよ?それはなに???

神経が興奮状態にあるので、ほとぼりが冷めるまでしばらく放置。
だって、すぐに食ったら、なんだかとってもすっごく悲しい~

にしても、はぁ~何やってるんだろ?ぢぶん・・・
美味しいお寿司が食いたいですぅ~

因みに、僕ら夫婦が一番好きなお寿司屋は、新橋の駅前ビルにある鶴八です。
美味しくて気楽だから好きなんですが、年に2,3回しか行けないのが残念。
もう、ここ5,6年、東京でお寿司と言えばあそこしか行かないんです。
他を探して冒険する気もないしね。
基本的に、有名店渉猟にはまるで興味がないんです。軍資金もないけど。


しっかし・・・
スーパーの持ち帰り寿司におけるサビ抜きの件。
あれって、ほんとに広く支持されてるのかなぁ?
子供が食べられないとかいう理由なら、食べさせなければいいだけじゃぁ~ん!
関連記事

テーマ : おうちごはん
ジャンル : グルメ

政もほしいかな(BlogPet)

うさぴょんはスジがほしいな。
政もほしいかな?

*このエントリは、ブログペットの「うさぴょん」が書きました。
関連記事

麻婆茄子

野菜高い~茄子も高い~でも食いたいなら仕方がない!

つー訳で材料~

maabounasu_201005_01.jpg

乱切り茄子。みじん切りの大蒜と生姜と白ネギ。ピーシェン豆板醤。
それから、作り置きの豚ミンチの味噌炒め~

「炒醤」とか言うらしいが、ミンチを炒めたのに紹興酒と豆板醤と醤油を
加えて、汁気が無くなって脂が滲んで流れてくるまで炒めたもの。
油を切って深型組バットにストックしておくの。
豚ミンチ500g程度の量で作っておく。色々使えて便利。麻婆豆腐とか。
でも、牛ミンチの方が美味いかなぁ?牛ミンチは値がはるなぁ。

あと、水溶き片栗粉と、醤油、砂糖、中華スープ、各々適当。中国式ラー油。
で、例によって、作り方は省略して

maabounasu_201005_00.jpg

完成!!!

皿の中がオイリーだけど、これはもう、この程度は仕方ないよね。
教科書的料理書の作例写真でも、結構オイリーやしね。
麻婆豆腐とか回鍋肉も、お皿の上はかなぁ~りオイリー!

でも、皿の中の油を全部すする訳じゃないでしょ?
要するに問題なし!
茄子にくっついて来る分まで考えてたら、神経がまいってしまいますよ?

上記の料理等、一時期、油を控えて作るようにしてたことがありました。
麻婆茄子だったら、揚げずに、フライパンで焼いていたんですよ。
でも、それって、本当に油を控えたことになるのかなぁって、そういう
疑問があって、油で揚げる方式に戻したら、明らかに揚げる方が美味しい
んですものっ!!!もう馬鹿馬鹿しいから減油はやんぴ。

そういえば、回鍋肉の減油調理法には、キャベツを下ゆでする方法があって、
それを一度試してみたんです。が、俺、ぶち切れ!!!!大激怒!!!!!
なんじゃこりゃぁぁ!!!ばしゃばしゃのべしゃべしゃやんけっ!!!!
いつから回鍋肉は煮物になったんじゃぁい!!!???って感じ。

そりゃぁ、まぁ、僕の腕が未熟なのかもしれないけど、あれは駄目だ。
いただけない。湯切りがあまかったのかなぁ?冷めるまでザルに広げて
おいたら、よく湯切りできるかもしれんが、キャベツが不味くなりそうだ。

キャベツ下茹法で上手に美味しく作れるものなら、実演を見てみたいし、
試食して美味しかったら、再考するかもやけどね。まぁ、そんな機会は
ないでしょう。

まぁ、とにかく、屹度、油は使うべき所では使うべき量を使った方が美味
しいんですよ。摂りすぎと思うなら、別の料理で調整すればいいし。

それに、ある程度歳をとったら、太り気味の方が健康的とかいうじゃない。
そういう主張もあるでしょ。

因みに僕は40代半ばで180cmで105kgです。ね!!健康的でしょ!!!
でも、見た目はデブじゃないと確信してます。年相応に腹は出てるが。

妻には「毎週ジムに行っててそれは何??」とか言われるのですが、
目標はガチムチおやぢなんだから仕方がない。
まぁ、おなかの分だけひっこめて100kg以内に絞ってもいいけど、
標準体重?BMI?なにそれ??意味不明!!!って感じですな。
関連記事

テーマ : おうちごはん
ジャンル : グルメ

説明(BlogPet)

きのう政の、程度とか説明するはずだった。

*このエントリは、ブログペットの「うさぴょん」が書きました。
関連記事

牛肉のしぐれ煮

牛肉の切り落としというのは、ものによってはお買い得ですね。
まぁ、中にはどうしようもないのもありますが・・・

で、牛切り落としは牛丼の具にしたり、肉じゃがに使うのが
最適かと思うのですが、しぐれ煮もいいですね。

飯も食える、酒も飲める。しぐれ煮万歳!


で、作り方は、生姜を入れて炊いたのを煮つめる。簡単!!!

gyuuniku_shigureni_201005_00.jpg

はい、完成。

一応、偶には料理系のブログっぽく補足説明でも~

牛切り落とし肉は適当な大きさに切って、適当な大きさの鍋に
入れて、酒と水を適当にひたひたに入れる。

gyuuniku_shigureni_201005_01.jpg

後で煮詰めるので、鍋は広くて浅い方が良いです。水と酒は
半々くらいでやってますけど、まぁ、適当でいいんじゃない?
量が多いと詰めるのに時間がかかるけど、少ないのも駄目ね。
煮汁がうまく全体に回らないから。だから、ひたひた。
このとき、団子に固まっている部分はほぐしてばらしておきます。

中火にかける。でも「中火」って何?
さぁ、最大火力と消えかけのとろ火の真ん中位じゃない?
でも、火加減なんて、結局はバーナーの火力と鍋の大きさと
鍋の中身の相関関係の問題なので、個別具体的な問題。
だから、まぁ、中火は中火でしょ。ん~意味不明だ。

で、温度が上がってくると肉がくっついたりするので、時々軽く
優しく肉を箸で捌きます。

やがて、アクが浮いてくるけど、沸き上がってくるまでそのまま。

gyuuniku_shigureni_201005_02.jpg

こんな風にアクを寄せながら沸き上がってきたら、アクをすくって
ほかします。こういう沸き上がり方ってのは、火加減が肝要でして、
要するに、鍋の中をうかがいながら火を調整するのですね。

でも、「アク」って、ほんまにほかす必要あるんかなぁ?
焼き肉とかでは気にしないで食ってるしね。
まぁ、こんな風に炊くんだったら、仕上がりの見た目には大いに
影響する訳ですが。でも、醤油で煮詰めるなら、あんまり意味が
無いような気もする。でも、まぁ、昔からしてるからそれでいいや。

アクをすっかり取ったら、って、すっかり取り除くなんて、たぶん
無理なんだが、そう、素人の家庭料理なんておおらかに作ってれば
いいんですよ、うん。
で、なんしか、アクをとったら、醤油と砂糖で適当に味付け。
後で煮詰めるので、その分を勘案して味付け。

後で味を濃い方へ調整することは出来るが、薄くすることは出来
ないと思っておく方がよいので、最初は薄めにしておくのが吉。
で、どの程度が適当で美味しいかなんてのは、完全に好みの問題。
何度か作れば判ります。一度で出来ると思う方がおかしいと思います。
まぁ、商品ではないので、許容範囲内におさまればいいのですから、
難しくなんかありません。他人様からお代を頂戴する訳でなし~

で、ここで生姜の千切りを入れます。

gyuuniku_shigureni_201005_03.jpg

最初から入れないんですよ、僕は。
だって、生姜がアクの衣を纏ってしまいそうでしょ。

それから、生姜の千切りは、出来るだけ細く奇麗に刻んだ方が
仕上がりもよくなるようです。

それから、煮詰めます。

gyuuniku_shigureni_201005_04.jpg

こんな風に、ホットクッキングペーパーで落としぶたを作って
かぶせます。こうした方が煮汁が上手く回るし、表面が乾かない。
勿論、落としぶたをしない方が早く水分が飛ぶのですが、ある程度は
煮込んだ方が筋も柔らかくなるし、脂も適当に抜けて好きなんです。

でも、薄切り肉なんかは、煮込みすぎるとぼろぼろでモロモロに
なっちゃうので、まぁ、要するに、適当にという感じですな。

煮詰まってくると音が変わってくるので判ります。
そしたら落としぶたを取って、味醂を適当に加えて、あおって仕上げ。
肉を箸でかき分けて鍋底を露出させて、汁が流れてこなければOK。

gyuuniku_shigureni_201005_04-2.jpg

このとき、使った肉によっては油がかなりにじんで流れてくることも
あるけれども、そん時はザルにあけて油をきるとか、鍋の中にクッキング
ペーパーを丸めて放り込んで油を吸わせるとかした方がいいかも。

ほら。これって常備菜なので、冷蔵庫に入れておくことが予定されて
いる訳ですが、すると油が固まる。で、牛脂は溶けにくい。
だから、味わいを損ねる。
まぁ、でも、その都度温めるならいいけれど、しぐれ煮は温めないのが
デフォなんじゃ?

で、出来たら、なんらかの保存容器に入れる。

gyuuniku_shigureni_201005_05.jpg

ステンレスの深型組バットが最強でしょう。


と、こんな感じで適当にやってます。
誰かの参考になればよろしいのですが ・・・
関連記事

テーマ : おうちごはん
ジャンル : グルメ

カラスミスパ(食材墓場からの救出)

珍味とか、何かで見聞きして興味を持ったちょっと珍しい食材とか、
そういうものをつい買ってしまう癖がある。
で、何故かすぐには食べないことがよくある。大好きな珍味酒肴の
類など食べるのが惜しく思えたり、新規の食材なんかはもう少し
勉強して心技体が充実するのを待とう!(←意味不明)とか。
そして、それら哀れな食材達は、食品ストッカーや氷温室の奥や、
冷凍庫の底、それら食材墓場で眠り続けることになるのだ。

で、かなり後になって発見される。

どう見ても食えそうになくなっていたり、試食して後悔したり、
或いは食えても、さぁ、果たして本来の色・味・香りなのかどうか
疑わしかったり。

見なかったことにしたり・・・ははは

つーわけで!
氷温室の奥底から奇跡の脱出を遂げたカラスミ!

やばいね。買ったのはかなり、かなり、かなぁ~り以前だね。
熱海の魚屋さんで買ったの。街中の一見フツーーーの鮮魚店だが、
実は自家製のカラスミがでっかくて立派で美味いのね。
だから、うちではリピートしてるんだが、二人とも好物なもんで、
後から大事に食べようとか思ってる間に期を逸してしまったんだい!

で、発見されても、大丈夫かどうか不明だと、結局なかなか手を
つけづに、それでまたずるずると~

で、そんなカラスミ、えいや!と手を出してみたのさ。

karasumi_201005_01.jpg

とりあえず、食ってみるかと、真ん中からスライス。
そうだよ!オトコは真ん中から食うべきなんですっ!
トンカツを食うのも、当然、真ん中からだぜ!

さて、お味。
ん~ほう!美味い!!大丈夫~

つー訳で、とりあえずスパゲッティーにしてみた。

作ったことが無かったんだが、一番簡単そうなのは、あのニンニクと
赤唐辛子のにカラスミをふりかけるやつみたいだったのでそのように。
カラスミを刻むかおろし金でおろすか考えたんだが、おろし金の方が
細かくなって良さそうだったのだが

karasumi_201005_02.jpg

確かに細かくなったが、付着した分がツライ!!
高級食材ぢゃぁ~もったいねぇ~
と、こびりついた分もなんとか奇麗にこそげ落として出来たカラスミ粉。
細切れ混じってるのは、使い残しをしまうのにすり下ろし面をカットした
のを刻んだからね。

karasumi_201005_03.jpg

これをアリオ・・・ああ全部打つのは面倒だ!に混ぜて、飾りにスライス少々
で完成!!

karasumi_201005_00.jpg

うん。何とも言えん旨みがある。とても美味しい。
タラコよりも上品やね。

でも、やっぱちょっと勿体ないかな?
カラスミはお茶漬けが一番やないかな?ちょっと炙って。
それか、純粋に酒肴とか。


そういや、イタリアにもカラスミみたいなマグロの卵巣の塩蔵品があって、
大きなデパートのイタリアンフェアなんかでは見かけますな。
あれも結構なお値段がする。元々が高い料理なのかもしれんね。

でも、ほんと。食えて良かったカラスミ。僕、命拾い~
関連記事

テーマ : おうちごはん
ジャンル : グルメ

プロフィール

政

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク