クラゲの頭

中華料理屋の前菜にはクラゲが定番だが、その形状は短冊というか
太麺状というか線状のものが一般的でしょうか。でも、ときどき、
色艶味はクラゲのようだが、見ためは慣れ親しんだクラゲではなく、
なんいうか、ふさふさ・びらびらの小さな塊で、これはいったい何?
なんとなく判る気がするが、確証はない。で、なにこれ?
と、以前の僕は思っておりました。が、数年前のある日ある時、その
疑問は見事に氷解したのです。

横浜の中華街に初めて遊びに行ったとき、食材店で「クラゲの頭」なる
ものを購入して帰り、店で聞いた通りに戻してみたら、やっぱ!
あの謎のふさふさした物体だったのでありました。

と、いう訳で

kuragenoatama_201003_01.jpg


これがクラゲの頭(の塩漬け)ですが、クラゲに頭なんかあるんかい!?
って、これはあれですよ。
近年、漁業の世界ではエチゼンクラゲ禍が問題になっていますが、
エチゼンクラゲって大きなまるい傘の下にふさふさがぶら下がっている
でしょう?どうやらあの部分を「頭」と呼んでいる。
まぁ、この塩漬けが何クラゲの塩漬けなのかは判らんけどね。
エチゼンクラゲも食用になるらしいが。

で、戻し方やけど、沸騰からちょっとだけ冷ましたお湯に放り込んで
さぁ~っと湯通しする。すると

kuragenoatama_201003_02.jpg

こんな具合に、いかにもクラゲの部品みたいな感じになるので、
これを水に浸して冷蔵庫に入れる。
毎日毎日、水を換えながら5日ほどで・・・

kuragenoatama_201003_03.jpg

こんな感じに、わぁ~クラゲの部品だぁ~って感じに戻るので、
後は適当に切って味付けして食う。

ところで、こういう固有の味が希薄というか、味がないというか、
水くさいというか、そういう食いモノは味を付けて食わねばならんが、
そのとき、外からの濃い味で食うか、中に味を染み込ませて食うかと
いう問題がある。
こんにゃくの田楽とか、珍しいところではマンボウなんかは前者だが、
でも、クラゲに関しては、教科書的には後者の手法が多いようだし、
確かにその方が美味しいだろう。

つー訳で、調味液を作ったら、それに漬け込んで食う。
調味液は中華スープベースに醤油、砂糖、紹興酒、豆板醤で好みに
調味。食べる直前に軽く絞って調味液を切り、ごま油少々を混ぜ込む。

kuragenoatama_201003_04.jpg

トマトとかキュウリをあしらうと奇麗かもしれんが、ないものはない。
キュウリとの相性は抜群でしょうけどね。

あ~でも僕はやっぱ甘酢が好きかも。同時に作ったけど、甘酢の方は
写真撮るの忘れますた。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : おうちごはん
ジャンル : グルメ

チキンラーメン

もし、インスタントラーメンをひとつだけ選べと言われたら、
やはり日清の『チキンラーメン』を選ぶかもしれない。
なんというか、インスタントラーメンに徹した割り切り方と
いうか、変な色気を出さないでシンプル一途なところがいい。

いや、2,3年前だったか、なにやらヴァリエーションを出して
いたのを見て買ってみたことがある。カレーはよかったが、
焼チキンは違うでしょう。あれは方向性を誤っていたんじゃ
ないかしら?

ところで、チキンラーメンのTVCFというと、あの麺の上で
奇麗な半熟に固まった鶏卵がものすごく印象的なんですが、
あれは実現可能なんだろうか?

大昔に試したときは麺から玉子が流れてしまい、あのような
形にはならなかったのだった。が、いつからかは知らないが、
玉子が流れてしまわないように今では窪みが付けてある。
そこで、久しぶりに生卵を乗せて作ってみたのだった。

って、お湯を注ぐだけやけど。

でも、使うのはこの丼で~す!

chikenramen_201003_01.jpg

ひよこタンかわゆす!!!
かなり前に衝動買いしたのを、使うと毀損の虞があるので
使わないでしまっておいたら、使わなければ捨てると妻に
脅迫されて、仕方なくひっぱりだしてスタンバイしておい
たのを、漸く使う気になったのである。

丼には予め熱湯を注いで温めておく。
しゅんしゅん沸いているお湯を入れて、蓋をして3分。

できた!

chikenramen_201003_02.jpg

うぅぅぅぅぅ~む・・・なんとも中途半端な・・・
湯の量が足りんかったように思われる。

ところで、みなさんは月見うどん、月見そばはどのように
食べますか?とりわけ黄身の処遇に関して。

僕は黄身が潰れて汁が濁るのが、もの凄っく!!嫌なので
そっとそっと食べます。最後まで潰れずに残った黄身を
しゅぽっと吸い込んで食べるのが好きです。
運がよければほどよい半熟状態で美味いっす!
関連記事

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

マグロ中トロ漁師盛り

やぁ~
最近、ニュースでマグロ、マグロって聞かされ続けて、
久しぶりに食いたくなったので買ってきましたよ。

maguro_201003_01.jpg

特にマグロという時には、僕は沼津港の『八丁水産』って
いうお店で買うことが多いです。
見るからに業務用がメインで、観光客的には地味な店構え。
しかも土曜日休み。それは魚市場が土曜休みやからね。
まぁ、買うだけなので店構えなんてどうでもよいのです。

で、そこのマグロはいつでも満足させてくれます。
写真の赤身と中トロの混ざってる1200円のをよく買います。
一部欠けているのは、調理者の特権を行使しただけなので、
気にする必要はありません~
それと、今回は久しぶりなので中トロのサクも一緒に。
例の案件否決のお祝いだぜ~。
将来にわたって食い続けるには、資源管理は必要でしょうが、
独善はうっとぉしぃんですよ。

おっと。
食卓で政治と宗教の話はタブーでしたね。失礼、失礼。

で、家で食うのは、

maguro_201003_02.jpg

問答無用でぶった切って積み上げるのがええですね。
ケンツマ無用で。


山葵は当然、おろしたての本山葵ですけどね。
伊豆に住んでいるんだから、当然!
山葵生産者さん応援!

いや、ほんと。

伊豆の和食屋、寿司屋は伊豆産の本山葵を使うべきだと思う。
で、本当に使っているなら、それを観光客にアピールすれば
いいんです。そして嘘がないなら、その分を価格に上乗せす
ればいい。。僕も旅行先では財布の紐は緩いですし、みんな
普通はそうでしょう?

って、まぁ、色々難しいんやろうけど、半分観光客気分の
住人的には、そう思うのであった。
関連記事

テーマ : おうちごはん
ジャンル : グルメ

五月はっさく(さつきオレンジ)

satsukiorange_201003_01.jpg

という品種があるわけではない。要するに「八朔」ですな。

妻がハッサクが好物ということで、美味しいのが食べたいというので、
去年、ネットで見つけた「木成りハッサク」というものを通販で購入した。
それは木に付いたままで熟すのを待って収穫したハッサクということで、
普通に売られているハッサクに比べて甘くておいしいという売り文句に
惹かれて購入してみたのだが、本当に甘くて美味しかった。だから、今年も
買おうと探したのだが、去年購入したのはどのサイトの、どのハッサクだっ
たか覚えていなかったのだった。
そこで、色々と調べて回ってみると選ぶのに困るほど出てきたのだった。
で、えいやっ!と選んだのが「さつきはっさく」だったというわけ。

で、どうも「さつき八朔」と称しているのは和歌山県由良町のものだけで、
同じ由良町産でも「木成りはっさく」というのもある。で、、「さつき」と
「木成り」の違いは収穫時期の違いにあるらしい。即ち、両者共に樹上で
越冬させるが、「さつき」は「木成り」よりも2ヶ月程度収穫を遅らせて、
更に樹上熟成を狙ったものらしい。
(要するにアウスレーゼ狙いってわけね。って、違うか?似た様なもんやろ。
TBAは狙わんか?って、いや、それ、やばいし。)

開封~

satsukiorange_201003_02.jpg

秀L10kgで35個入っていたかな。

satsukiorange_201003_03.jpg

食う・・・

!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

なにこれ!甘ぁぁぁぁぁぁ~っ!!!!濃いぃぃぃぃぃぃ~っ!!!!
ハッサクの香りと苦みはそのままに、甘いのと濃いのとがハイレベルに
バランスしているのだ。

マジありえねぇ~・・・僕が今まで食べていた八朔って、いったい何だったの?
フツーのハッサクの延長線上にあるんじゃなくて、存在次元そのものが違う!
カネがあったら買い占めたい位に美味しい!

10個くらい食べて、そりゃ農産物ですもの、多少の個体差はあるのが当然だが、
それでも全てがハイレベルで通常のハッサクの水準をはるかに超えるものだった。
それに農産物ですもの、年による差とか生産者の巧拙とか、色んな要因はあるで
しょうけどね。

とにかく、僕達は激しく気に入ってしまったのでした。リピート確定即決!


***

しっかし・・・
ネットがなければ、このような素晴らしい八朔に巡り会うこともなかったかも
しれないことを思うと、ネットって素晴らしいじゃないですか。
で、ネット通販の中に農業の未来がある様に思えるのだった。

って、まぁ、利用者の側からみると、まだまだ問題も感じるんやけどね。

例えば「!!!!」の多すぎる宣伝はいかがわしく思う。
「あの!!!○○○さんがどうしたこうしたでどうだぁぁっ!!」とか。
「あの!!最高級ナンタラカンタラが、驚きの!!!超!!!激!!!安っ!!!」
こういうのは、モノがマトモでも、絶対に損していると思うね。

あと、モノはいいのにサイトが見にくいとか、あるねぇ。
目的商品にたどり着くまでハイテンションなキャピキャピの広告文面をみながら
長々とスクロールせにゃならんとか。。
もう、何年も愛用している某shopが正にそれで、某大手通販モールサイトに出して
からひどくなった。相変わらずモノは素晴らしいので使っているが、初見だったら
使わないかも?


うん。ネット通販は、やっぱ難しいね。
関連記事

テーマ : 果物・フルーツ
ジャンル : グルメ

いちご

イチゴは中伊豆の特産品のひとつで、韮山から伊豆長岡の
あたりでは結構たくさん作られているらしい。で、観光
イチゴ狩り園も盛んで、広告・看板がとても多い。

実は、僕はイチゴ狩りというものをまだ一度もしたことが
なくって、一度くらいは体験してみたいとも思ってはいる。
が、大人一人1回1時間一千数百円で食べ放題・・・
うぅ~む・・・
そんなに食えそうもないし、摘みたてってぬるそうだし。

積極的に肩を押してくれる要素に欠けるなぁ。
値は張っても確かなものを買って家で食えばいいかなって。

で、まぁ、イチゴ狩りはともかく、この辺のスーパーや
直売所では、イチゴがかなり豊富に店頭に並ぶ。
ピカピカの立派なのから、ちんちくりんの細かいのまで。
直売所価格もスーパーの価格もあまり乖離が無いと思う。

僕達は3月に入る頃から、イチゴを食いまくっているのだが、
最近つくづく思うのは、イチゴって見た目で味は判らないと
いうことである。って、僕に見る目がないだけかも知れないが、
真っ赤っかのツヤツヤの姿にほれぼれして買って帰ってパクっ!
うえぇぇぇ~・・・水くさぁぁ~、味無い、しゃばしゃば~
だったり、格落ち格安品だから駄目っぽいよねぇ~と頬張ると
甘っ!あまぁ~い!
白っぽくても甘いのがよくあるので、ほんと難しい。

大粒か小粒かというのも、あまり味に関係がないのかも知れない。
一般的にみて、大粒のものの方が値段が高いのだが、偶に買って、
それが全然大したことがなかったりすると、当然にくたらしさも
数百倍!「大きいのは高いだけで甘くない」という安易な一般化に
判断が向かうこともあるかもしれない。

美味しいイチゴってどんなイチゴか?ということを外見で判断する
ことは難しいが、でも、美味しいイチゴのイメージというか理想は
確かに僕の中にはあって、それは甘くて酸もしっかりあって、
それがバランスしていること、という平凡で当たり前な要求。
で、水くさいくらいなら、甘くなくてもいいからせめて酸っぱく
あってほしいな、と。砂糖かけたらええんやし。
とにかく、水っぽいのは最低やね。

ところで、この辺で売ってるイチゴには、直売所に限らずスーパーに
売っているものでも、生産者の名前が表示されていることが多いようだ。
だから、美味しかったイチゴの生産者の名前はしっかりメモしておく。
その逆も、ね。

これは『さいとうフルーツ』で買ってきたやつ。

ichigo_201003_01.jpg

大きくてゴツゴツしているが甘い、濃い、酸も十分で美味しい。

さて、美味しいイチゴにあたったらそのまま食うのが一番だが、
ホイップクリームを添えると更に美味しい。そして、ホイップ
クリームに関しては、純乳脂肪のものがとどめであることに
異論は出ないと思う。いや。認めないから。うん。

で、地産地消のかけ声の下、当地ならではの生クリームはこれ。

itannna_namacream_201003.jpg

丹那の生クリーム。
ん?消費期限??
日付は気にしないで。ましな写真を引っ張り出したらこうなった。

んで、生クリームならタカナシやナカザワのが普通に売ってるけど、
僕達夫婦は丹那のが一番好きです。フレッシュ感が違うんやなぁ。
丹那の白いバター同様、牛乳感が強く香りがいいんです。
こういうのなら、バランスを失したロールケーキでもいいけどね。
難点はあんまり売ってないことやけどね。見かけたら是非どうぞ。
(更新日現在、販売確認しているのは、大場の『アオキ』と、竹原の
『マックスバリュー』)

丹那でも、牛乳需要の落ち込みとか後継者とか、色々難しい問題が
あるそうですが、重要なのは半端なものを作らないことでしょう。
僕は応援しています。みんなで買って応援しましょう。

で、生クリームにはイチゴの甘さを阻害しない程度の粉糖を混ぜて、
ゆるめにホイップする。

ichigo_201003_02.jpg

たっぷり付けて食う。最強!!

ところで、イチゴのケーキと言えばイチゴショートやけど、ケーキ屋、
今風にいうならパティシエさんは大変やねー
この食い方より美味しいのんが作れへんのやったら、イチゴのケーキ
なんか作る意味あらへんのやからね。
関連記事

テーマ : 果物・フルーツ
ジャンル : グルメ

京都祇園『甘泉堂』の羊羹と生菓子

帰省していた妻に買ってきてもらったもの~

kyoutowagashi_201003_01.jpg

愛想もなんもない包みだが、中身は半端な和菓子屋が裸足で
逃げ出す逸品揃い~

『甘泉堂』の栗蒸羊羹と生菓子、それと『祇園饅頭』の餅菓子。

『甘泉堂』の羊羹が僕は大好きで、夏の帰省時には水羊羹、冬には
栗羊羹を買い求めるのが常なのです。が、実は栗蒸し羊羹は今回が
初めて。年末年始の帰省時に栗羊羹は買い求めたので、今回は、
丁度いい機会と、栗蒸し羊羹を買ってきて貰いました。

kansendou_kurimushi_01.jpg

竹皮に包んで蒸してあるので、そのまま切ればいいということは、
デパ地下全国銘菓常連組であろう、加賀の「月よみ山路」からの
類推ですぐにわかります。

kansendou_kurimushi_02.jpg

味は、蒸し羊羹特有のむっちりした羊羹地とほっこりした栗の、
それら両者のテクスチャが口中で心地よくバランスして、とても
美味しい。そして甘さがクリアーです。すばらしく美味しい。

kansendou_kinton_03.jpg

上は、同時に買ってきて貰った「きんとん」ですが、両者に共通
していたのが甘さの透明感とでもいいましょうか、砂糖の甘さ
加減がとてもクリアーで透き通っているのです。薄いのではなく、
透明なのです。そして、この透明感は『甘泉堂』の他のお菓子、
「水羊羹」や「栗羊羹」、そして生菓子にも共通するものだと思います。

写真だけ撮っておいて、エントリし損なったのを使ってしまいますが、
こちら、「栗羊羹」と・・・

kansendou_201001_03.jpg

お正月の生菓子2種類。

kansendou_201001_05.jpg

kansendou_201001_04.jpg

ところで、ショートケーキというものは大体どこでも値段は似たり
寄ったりで、まぁ、だいたい、300円~500円なんですが、なのに
その内容の、質の、味の差というものにはしばしば驚かされるもの
であります。「なに、これ?こんなんでよくもまぁ・・・(以下略)」と、
荒れ狂うことはよくあるんですが、同じようなことは生菓子にも
あてはまります。ほんと。生菓子って見てくれだけのが多い様で・・・
食べて美味しいことが第一義であります。

こちらの生菓子は、値段的には寧ろ安い部類に入るでしょう。
でも、味わいは、トップクラスと言えるでしょう。うまーーーっ!


***

京都祇園つながりなんですが、僕は『秋紅堂』の豆板が大好き
だったのですが、廃業されてしまったそうです。
そういえば、去年の夏に帰省したときには既に無かったようで、
あのときは勘違いか気のせいかと思ってたのでしたが・・・

あそこの煎った大豆の豆板を食べて、口の中が甘々になったとこへ
濃い煎茶をすぴっ!と一服すると、んあぁぁぁ~という至福感が~

惜しいなぁ。悲しいなぁ。

やっぱね、後継者問題ってのがあるようでして。

そういえば烏丸丸太町の「春日の豆」のとこも、跡継ぎさんは
いやはるんでしょうか?こちらも、途絶えるには惜し過ぎる名品・・・
関連記事

テーマ : スイーツ
ジャンル : グルメ

菱岩

実家の用事でひとり帰省していた妻が

hisiiwa_201003_01.jpg

『菱岩』の折り詰め弁当を買ってきてくれました。
ここのお弁当食べるのは、超~~~っ!!久しぶりです。

わくわくしながら蓋を外すと・・・

hisiiwa_201003_02.jpg

ほぉ~っ・・・

う、美しいですな。具材の切り方・大きさのバランスといい、
彩りといい、なんとも目に心地よいです。
久々に素晴らしい盛りつけを見ました。
この食い意地の張った僕が、ちょっと恐縮してなかなか箸を
付けられませんでした。
あぁ~、僕もこのように料理を盛れるようになりたいなぁ。

で、この盛りつけですが、実に合理的に出来ていて、一番手前が
一寸豆で、白魚、海老、鴨ロース、八幡巻、(たぶん)鱒の木の芽焼・・・
と、奥へ奥へと立てかけるように詰めてある。そして出汁巻、食事。
当然、手前から食べていくのが食べやすいし、盛りつけを壊さない
順番なのですが・・・こ、これはっ!!


突き出し、酒肴的な料理からお食事まで、お弁当の中に流れがある。
過度に盛りつけを壊さないように箸を進めていけば、気分は料理屋。
(流れからは、てっぱい(ぬた)はもっと手前の気もするけど、しかし
弁当箱内での配置は、やはり右上隅が正しいでしょう。)

って、弁当なんて、原則は好きに食えばええんやけどね。
酒飲まん人には、また別の自然な流れもあるでしょうしね。
でも、酒を飲み乍らやったら、この流れに乗っておいたらええやん。

で、味も素晴らしーです。結構メリハリもあるしね。
飯蛸なんか、もう、冷めているのに美味い。
当然、冷めているのを食べることを前提に味加減しているのでしょうが、
それが決まっているのが素晴らしいんですよ。
出汁たっぷりなのに、底に汁が垂れていない出汁巻とか。
こういうのがカネを払う値打ちです。

量は、一見少なそうに見えますが、結構おなかがふくれて満足出来る。

この手の折り詰め弁当の類はそれなりに色々食べましたが、やはり
『菱岩』のんは美味しいです。同一価格帯で最強だと思います。

で、自前で蓬麩の吸い物を作って添えました。

hisiiwa_201003_03.jpg

弁当から木の芽を拝借したら、なかなか決まった感じ?

ところで箸袋に書いてある『羮宜』ってどういう意味でしょう?

妻は『辻留』の弁当の箸袋にも同じような字が書いてあった様な
気がすると言っているので、なにやら普遍的・一般的な意味が
ありそうなのだが・・・
ネット検索をかけても、そのものズバリ!ではわからずしまい。
どなたか確実な答えをご存じの方は、どうか教えてください。
関連記事

政(BlogPet)

きょううさぴょんが政は予定したかった。
それで政と付け根へ説明したかもー。
それで政は政はトンカツっぽい表現したいです。

*このエントリは、ブログペットの「うさぴょん」が書きました。
関連記事

Gras-double a la lyonnaise

トリップと豚タンの続き。

本棚の隅に紙袋があったので開けてみて驚いた。

GrasDoublealalyonnaise_01.jpg

『決定版ビストロレシピ』(柴田書店)

え”~っ!!???こんなん買ってたんやぁ~っ!!
中をパラ見して、もう、ああっ!
豚耳のパン粉焼のルセットが載ってるやん!!!
へぇ~一度油で焼いてからパン粉ふりかけでオーブンか~
とか、あと数日早く気がついていれば・・・

で、上掲書を参考にしてトリッパを料理して食ったのがこれ。

GrasDoublealalyonnaise_00.jpg

ぶっちゃけ、トリッパをタマネギと炒め合わせたもんやけど、
料理書から作り方をコピペするつもりはない。
でも、ワインヴィネガーを加えるというのは、料理書を参考に
しなければ知らなかったことだろう。
因みに、gras-double a la lyonnaise でググると、フランスの
料理レシピサイトを見ることが出来、やっぱ酢を使っている。
で、炒めて強すぎる酸味は飛ばす。セオリーやね。

サラダ風にしてパルミジャーノをトッピングするのは上掲書より。
やっぱ、偶には盛りつけに色気を出してみませんと・・・

これでトリッパは終了。少なっ!!今度はもっと仕込もう・・・
中華風の蒸し物も作って見たいのですよ。京都の『老香港酒家』の
飲茶バイキングで出てくるようなのを。

***

豚タンは、4本も仕込んだので、まだある。
今回は・・・

tontangenovese_201003_00.jpg

ジェノバペーストで和えて、EXヴァージンオリーブオイルをかけて、
パルミジャーノをトッピングしてみますた。これ、かなり正解。

***

因みに上掲書ですが、説明が丁寧で家庭料理用にも使いやすいでしょう。
食いたかったあんなものやこんなものに挑戦できます。
関連記事

テーマ : おうちごはん
ジャンル : グルメ

主夫的昼飯 つけめん/『麺まるい』

昼に食うのは、家でも外でも、やっぱ麺類が多いです。
家で食うのはそうめんとかうどんが多くて、蕎麦はあまり
食わない。乾燥パスタも食う。
ラーメンは専ら常温保存可能のインスタントかカップ麺の類で、
冷蔵インスタントはあまり食わない。

で、こんなのを食いました。

tsukemen_201003_01.jpg

冷蔵インスタントだけど、つけ麺って好きだから買ってみた。

tsukemen_201003_02.jpg

率直な感想。付け汁の濃度が薄すぎで、なのに甘い。
濃度が欲しかったので、鍋でちょっと詰めたら・・・

tsukemen_201003_03.jpg

激甘っ!

麺の太さには満足なんだが・・・
同じ値段で汁をもっと高濃度にして、砂糖甘さをぐっと
抑えたのなら、また食いたいんやけどね。


***

ところで、三島市安久というところに『麺まるい』という
ラーメン屋があるんですが、僕にとって、つけ麺といえば、
先ずはその店なのです。

marui_201003_01.jpg

8年前、越してきたときには、当地にはリピートしたくなる
ラーメン屋が無かったのですが、しばらくして『麺まるい』が
出来て、なんか気に入っちゃってリピートし出したのです。
わざわざ大場駅まで伊豆箱根鉄道に乗って!!
いや、勿論、買い物とワンセットですが。『コーエー』とか、
『Aoki』とか。後になって『村の駅』も出来ました。

開店当時は、醤油しか無くて、その後で味噌味が出来て、
一時休業した後で自家製麺とつけ麺をやり始めた筈です。
一時期だけ、確か金曜の晩限定で塩ラーメンもあった。
汁のないのも一瞬だけあったような。もやし山盛りの。

開店当時は店はいつも空いていて、隣の有名店との対比が
なんともかんともだったのでしたが、いまや県東部を代表
する有名店になられたようです。開店と同時に行かないと
並ぶこと必至。それにあそこは極太麺で茹でるのに時間が
かかり、客の回転がよろしくない。それでも並ぶ。

今では三島・沼津及び近隣地域には何軒もの若い店主の
ラーメン屋が個性を競っていて、どこに食いに行くか選ぶ
のに迷うほどですが、僕の認識が正しいならば
『麺まるい』が若手ニューウェーブの鏑矢だった筈です。
その後、急にぼこぼこっと!


さて、『麺まるい』のつけ麺は、豚骨魚介の濃厚系とか
なんとか表現するらしいです。まぁ、僕はラーメン
マニアではないので、詳しくは解りません。

marui_201003_02.jpg

で、ちょっと砂糖甘いのだけど、背景のエキス分とでも
いいましょうか、甘さをガシッと支える要素がしっかり
しているので、甘くても嫌じゃありません。(それが、今回、
家で食ったつけ麺のスープとの決定的な差でしょう。)

で、以前は特盛りでスープ割りまで飲み干していたのが、
いまでは大盛りしか食えないのが、なんとも悲しいです。
たぶん、特盛りは、今ではギブアップしそうです。
あ、熱盛りです。
蕎麦みたいに、箸でつまんだ麺の先っぽ1/3程度だを
浸して食うのが好きです。

あと、味噌ラーメンも好きです。
どっしりしたスープで極太麺をワシワシ食う感じですな。

marui_201003_03.jpg

葱トッピングで。こちらは特盛りでも食えます~。
味噌ラーメンは、僕はやっぱりこってりどっしりしたのが
好きだなぁ~。

それが4月に移転しちゃうんだなぁ。
大場駅からの徒歩ではかなり厳しそうな場所に。
路線バスのルートからも外れちゃうみたいだしなぁ。
かろうじて清水町の循環バスかなぁ?
でも、あれは本数が少なすぎるしなぁ・・・ブツブツブツ・・・
昼飯にラーメンを食いに行くときは、買い物とリンクして
いるので、新たな巡回経路を決めねばならないようです。
関連記事

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

豚耳のパン粉焼

先日、茹でておいた豚耳

butamimipanko_201003_01.jpg

を食った。

どのように食うか?についてちょっとだけ迷った。
適当に薄くスライスして、白ネギの刻んだのと醤油で和えて
ごま油とラー油で食ってもいいのだが、せっかくだから・・・

butamimipanko_201003_02.jpg

パン粉焼にした。

以前、bistoro gawaさんで似たようなのを食ったのが美味し
かったので
、それにインスピレーションを得たリスペクトの
一品です~

豚耳にパン粉をまぶす為に、マスタードを豚耳の上面に塗る。
ブレンダーで細かくしたパン粉にはみじん切りのパセリを混ぜる。
エルブドゥプロヴァンスがあればよかったのだが、手持ち無し。

ところで、こういうのに使うマスタードは、「和からし」とか
では駄目で、やはりディジョン・マスタードだろう。僕は普通に
手に入るマイユのを使っているが、他にもあるみたい~
でも、トンカツに塗って醤油で食うときには、ディジョンでは
全然で、やっぱ和からしなんだよなぁ~

で、本題復帰で、マスタードを塗ってパン粉をむら無く振ったら、
220度のオーブンで30分焼いてみたら、丁度よかったみたい。

ベビーリーフをあしらって完成~

butamimipanko_201003_03.jpg

あ~味は茹でるときに既に付いたので、無問題です。

でも、耳の付け根の巻いてるところは開いた方がよかったかしら?
そうした方が、カリカリとクリスピーな部分が増えるじゃない?

因みに、

butamimipanko_201003_04.jpg

食うときにははさみが便利だった。

で、スーパーで買ってきたカヴァを飲む。

butamimipanko_201003_05.jpg

やっぱパン粉ものに泡ものは合います。
で、こういうのにはビールではなくシャンパーニュ!といきたいが、
カヴァが手軽でよろしい。スーパーで普通に買えるようになったのは
素晴らしいことだと思う。

この料理は、久々の大成功で、要求水準の高い妻にも褒められますた!
さぁ、みんなもどんどん作ろう!
関連記事

テーマ : おうちごはん
ジャンル : グルメ

コーンド豚タン、トリッパのフライ

仕込んだ豚タンを食った。

cornedTonTan_201003_00.jpg

って、切っただけやけどね。
殺風景なので、ベビーリーフで飾る。
ミルで黒胡椒を挽いて、オリーブオイルをかける。

因みに、豚タンの皮は剥いた方がよろしい。
表面のぶつぶつ・ざらざらがリアリティーやからね。


他方、トリッパはフライにしてみた。
小麦粉をつけて溶き卵にくぐらせてパン粉をつけて油で揚げた。
要するに、単なるフライです~
フランスの地方料理にもあるそうだが、技法は異なるのかしら?

trippa_201003_01.jpg

フライにしても、元の網目模様がくっきし出るのが、なんだか
とってもラブリーっ!!

trippa_201003_02.jpg

で、やっぱマスタードが合う。
ソース、ケチャップが、案外合わない。

ついでに、今更ながらボージョレヌーボーを飲む。

Boujolais_200903_01.jpg

貰い物だけど、飲むの忘れてた。
関連記事

テーマ : おうちごはん
ジャンル : グルメ

トリッパ、豚タン、ブタの耳(下ごしらえ編)(BlogPet)

政の「トリッパ、豚タン、ブタの耳(下ごしらえ編)」のまねしてかいてみるね

久しぶりに・・・ポリ袋を輪ゴムで茹でる方法も、バレンタイン企画で、二人によって千差万別な内臓類入れたとブタさんの筆頭の柔らかさせずに茹でるの容量は腹を袋を使ってみたいとブタさんのか?わからんで馬の問題でお湯を輪ゴムでお湯を漬ける。
10分毎くらいだった子牛のレバーの濃い濃い濃い濃い濃い濃い濃い濃い濃い豚骨が食いものとして支持されるような芳香!で水洗したら10分くらいに浸してあるのでまとめて調理で東京にリストアップ中で豚骨が、如何にも消化液で閉じていて本茹で汁で豚タンとブタ耳があってから口を食ったの底にぶち込む。
)例えば、話を沸かし続けて帰って保存。
やはり類入れている筈な?湯を仕込んだが無難だから口をせずに茹でるのひとつにあるのでまとめてしまいましたので、その茹でこぼしてだいたい4リットルで!!
ローリエやらにんじんやらセロリのが、風味はなく、あの風味が苦手なのでまとめて開封したところにセットしたら新鮮な?わからんやけど、かまわない。
10%のあるけど、強いわ♪
そいえば先月、強いわ。
1週間寝かす♪
ローリエやら粒胡椒、いまはレバーが基本な臭い様な下ごしらえにあるけど、話を忘れているということは解凍しね!
豚骨があるけど、ああ、もしかしね。
次、また食いたい!店先が過ぎているのレバーが!
トリッパが苦手な店に茹でこぼしですが♪
保温調理してクンカクンカしたわ。
せやし。
やはり類のが臭いと臭い臭いほどよろしい。
僕は丁度いいな?湯を感じたら、好ましい芳香になるまで柔らかくなるが薄らいでもってみる?
僕らはトリッパがあるけど、あれは我が家に5%の容量は不要。
ブタ耳。

*このエントリは、ブログペットの「うさぴょん」が書きました。
関連記事

トリッパ、豚タン、ブタの耳(下ごしらえ編)

久しぶりに豚タンを仕込んだ。

10%の食塩水に5%の砂糖と、粒胡椒、ローリエ、クローブを
入れたのを煮立てて冷ます。

水洗した豚タンを漬ける。
こういう風に・・・

trippetontanbutanomimi_201003_01.jpg

ポリ袋を2枚重ねたのをボールにセットしたところに豚タンを
入れてソミュール液を注ぎ、空気をすっかり抜きだしてから
口を輪ゴムで閉じて、外袋も同様。
念のために更に全体を袋で覆い、冷蔵庫で1週間寝かす。

で、1週間が過ぎて、豚タンを茹でようかというタイミングで、
かなり前に買った牛トリッパとブタの耳がフリーザーから発掘
されたので、丁度いい機会なのでまとめて調理した。

トリッパは解凍して水洗いしたら、

trippetontanbutanomimi_201003_02.jpg

何度も何度も湯を換えながらゆでこぼす。そうしないと臭い。
トリッパにしろ、ミノにしろ、内臓類には独特の風味があって、
それが魅力でもあるが、過ぎたる臭気はやはりいけない。
いや、あの風味というか、かすかな臭気は、もしかしたら新鮮な
内臓には無いものなのかもしれない。(きっとそうだ。臭いはなく、
風味はある状態?なのかな??わからんね。)

例えば、『マノアール・ダスティン』なんかで食べる内臓料理は
全然臭くないしね。僕はレバーが苦手なんやけど、以前あそこで
食べた子牛のレバーのカルパッチョは、あれはすばらしーーーく
美味しくて、また食いたいものの筆頭のひとつにリストアップ中。
ああ、そういえば先月、バレンタイン企画で東京に遊びに行って、
有楽町に移転したときのオープニングパーティーにおよばれして
以来、初めて新しいお店にいきますた。二人で青首鴨を食ったの
でしたが、素晴らしー熟成でしたわ。なんという芳香!
あの芳香にしても、人によれば否定的な臭気の世界に突入している
様な気もするが。
と、すれば、トリッパにしろ、ミノにしろ、好ましいと思う臭いの
程度は人それぞれに違いない。
そういえば、以前、旅行先で馬のモツ煮込みのレトルトがあったので、
買って帰って、温めて開封したら、二人ともいきなりギブアップ!!!!
してしまいました。
商品として売られているということは、それが食いものとして支持
されている筈なので、ああ、やはりモツ類の臭いというか、それが
好ましくない臭気なのか、好ましい芳香なのかは、地域や人によって
千差万別なのでしょう。

臭いと言えば、ん~久しぶりにトンコツラーメン食いたいです!
店先が臭い臭い様な店の濃い濃い豚骨がいいな。
臭ければ臭いほどよろしい。
たぶん、僕は腹をこわすが、それでもそういうのが食いたい!

で、話を元に戻すと、トリッパの茹でこぼしですが、どの程度
お湯を換えるか?
湯を換えたら10分くらい茹でて、お湯を捨てて新しいお湯を注ぎ、
だから隣の火では大鍋でお湯を沸かし続けていなければならないが、
お湯を換えたときにトリッパを引き揚げて鼻を近づけてクンカクンカ
してみる。あの、如何にも消化液でございます的な臭いが薄らいで、
臭いの底に美味しそうな芳香を感じたら、あと1回だけお湯を換えて、
んでもって本茹でに入る。

trippetontanbutanomimi_201003_03.jpg

ローリエやら粒胡椒やらにんじんやらセロリの葉とかパセリの軸とか、
そういうそういうのを適当にぶち込む。
ここで、そういう西洋料理のブーケガルニ的なものどもの代わりに、
生姜と葱と花椒を入れると、中華料理的な下ごしらえになるが、
迷ったときは西洋料理的に茹でるのが無難だと思う。
なんか、生姜って、強いわ。せやし。
そいえば、中華的下ごしらえでかん水を使って茹でる方法もあるそうな。
かん水なら、買ったまま使わずに何年も放置しているのがあるので、
いずれ試してみたいとも思っている。

で、香草類入れたら、あとはトリッパが柔らかくなるまで炊けばいいが、
どこまで柔らかくするかは、これまた好みの問題で。
僕らはかなり柔らかいのが好きだからそうする。
モツ煮込みでも、モツ焼でも、いつまでも噛まされるような固さのものが
あるけど、僕はあれは勘弁。

そういえば、いまは我が家にも保温調理器シャトルシェフがあったのを
忘れていて、途中から保温調理に切り替え。
こういう臭いのあるものは蓋をせずに炊くのが基本なのだが、十分に
茹でこぼしてあるので、まぁ、かまわないだろう。

30分毎くらいに再沸騰させてだいたい4時間くらいだったとおもう。
好みの柔らかさになった。
煮汁のまま冷まして、トリップは煮汁に浸して保存。

trippetontanbutanomimi_201003_04.jpg

次、その茹で汁で豚タンとブタの耳を茹でる。

trippetontanbutanomimi_201003_05.jpg

1週間漬け込んだ豚タンと、奥にあるのがブタの耳。

豚タンの塩抜きは不要。保温調理器の容量は4リットルで、その中で
茹でると、我が家的には丁度いい塩加減になっている。
ブタ耳にも塩味が付いて好都合。
やはり保温調理で3時間茹でた。豚タンも、柔らかい方が好きやしね。

茹であがったブタさんの耳~

trippetontanbutanomimi_201003_06.jpg

以上、トリッパ、豚タン、ブタの耳の下ごしらえ編ですた。


関連記事

テーマ : おうちごはん
ジャンル : グルメ

伊豆山稜線歩道 3.

猫越岳から5分も歩くと、ルートからちょっと左に入る形に
なるが「火口湖」がある。

izusanryousen_201002_17.jpg

凍っていたけど、乗れるほど分厚くはなかった。

火口と言われても全然ピン!とこないが、昔々、猫越岳は
海底から海底から姿を現した火山で・・・とかなんとか。
でも、「湖」というよりは「池」だね、こりゃ。小さい。

因みに「猫越」と書いて「ねっこ」と読む。可愛い!!


で、先に進むと左手にすぐ展望台があるんだが、天気が悪くて
さっぱりなので、さっさと先を急ぐ。

この展望台からの下りが、難所といえば難所・・・かなぁ?

izusanryousen_201002_18.jpg

丸木で階段を組んであるのだが、丸木の下から土が出てしまい
棒だけが残っている箇所があって、それに足をとられると危険。
そこに足をつっこんだまま転倒したら、よくて捻挫、悪けりゃ
骨折って感じ?

いったん下りきると、再びちょっと登って後藤山(14:17)。

izusanryousen_201002_19.jpg

また下って、馬酔木の森を抜けるといきなり植生がかわる。
牧場の柵を越えて登り切ると

izusanryousen_201002_20.jpg

「鍋岩」の展望台(14:38)。


ここも天気がよければ富士山がすごいのですが・・・

izusanryousen_201002_21.jpg

でも、この写真の稜線の筋!

これは稜線歩道の先で戸田峠まで続いているんだ。
そういえばまだ全線歩いたわけではないので、いずれ補完せねば。
見るからに道がおいでおいでしているじゃないか。

izusanryousen_201002_22.jpg


下って「仁科峠」(14:49)。

ここからは車道を行く。稜線歩道ではバスに間に合いそうにないから。


途中にあった標識だが・・・

izusanryousen_201002_23.jpg

これって、ひょっとして鹿?
でも、角がおかしいし、顔が犬の横顔やん!!!
謎の不思議生物でも飛び出して来るのか????

izusanryousen_201002_24.jpg

風早峠(15:05)。

事前の計算では、風早峠に15時についていれば、持越温泉からのバスに
間に合う筈なので、順調順調。後は県道を下るだけだ・・・

izusanryousen_201002_25.jpg

立派な県道だーーー

izusanryousen_201002_26.jpg

と、思いきや、ちょっと下るとこれだ・・・

さっきの延長とは思えんね。
まぁ、山の中ではよくあるっぽいけどね。

にしても、山靴でアスファルト道は歩きにくい。

izusanryousen_201002_27.jpg

この期に及んで晴れてきたのが、にくたらしいわぁ。

持越温泉到着!!(16:30)

izusanryousen_201002_28.jpg

この時刻表を見よ!

izusanryousen_201002_29.jpg

因みに、ここには『もちこし来楽歩』という温泉施設があって、
過去に2,3回利用したことがある。山から下りてきて温泉に
入ってからタクシーで湯ヶ島のバス停まで帰るというのが結構
おきにのパターンになってたんやけど、今現在、温泉施設は
休業中で、ただいま再開のために温泉工事中らしい。
はやく再開してくれよ~
オートキャンプ場は開いてるらしいが、クルマないしなぁ。

バスで修善寺駅へ。イズパコで帰る。

以上は2月下旬のおはなしなので、もう稜線には雪はないでしょう。

以上


関連記事

テーマ : 登山・ハイキング
ジャンル : 旅行

伊豆山稜線歩道 2.

つげ峠では休憩せずに先を急ぐ。
しばらく南側斜面のルートを行く。

幾つかの橋を渡って

izusanryousen_201002_10.jpg

南側だけど、それなりに雪は残っていた。
やがてルートはなだらかな稜線のブナの林へ。

izusanryousen_201002_11.jpg

程なくして猫越峠に到着(13:00)。

izusanryousen_201002_12.jpg

ここはちょっとだけ注意を要する。

かつて猫越集落へつながっていたという古道と、西伊豆の
宮ヶ原方面への古道、そして猫越岳へのハイキングコースが
交差しているからである。

で、その古道が、まだ立派に道としての原形をとどめて、
なーーんか、誘っているのよ、我々を!

izusanryousen_201002_13.jpg

でも、なんも知らんと下りたら、やばいです。

以前、タクシーの運転手さんから聞いた話ですが、伊豆の山って、
意外にも遭難者が多いらしいんです。行方不明とかも。

低山だけども、雑木林がびっしりで、古道に廃れたハイキング
ルートがあって、崩落したまま補修されないとこも多いようだし。
雑木林が視界を遮り、山の形はみんな似たり寄ったりだし。
要するに、迷ったときに現在地が判らん。
で、なんか林道に出ても、ケータイ通じませんとか、閉鎖されて
いてタクシー入れませんとか。林道を歩くにも、どっちに行ったら
いいのかわからない。標識とかないしね。

それに、人に会わない。
天城峠から万三郎方面なら他の登山者に遭うことも多いのですが、
仁科峠方面に関しては、今まで他の登山者に遭ったことがないし。
結構、足跡はあるんですけどねぇ。みんないつ歩いてるの?

だから、トラブったら、色々とやばいのです。
コンパスやGPSを使って25000図を見ながら歩けないと。

でも、地図とコンパスなんて、あれは意識的に修練しないと絶対に
役にたたんでしょう。GPSだって事前の準備が必要で、地図に緯線と
経線を書き込まないと、使えないと言ってもいいかもしれない。
(今は直接地図上に現在地を出してくれる機種もありますが)

まぁ、なんしか、それなりにややこしい、と。
冒険には準備が必要ってこと。


今回、猫越方面への古道は、

izusanryousen_201002_14.jpg

有志の方が行き止まりの目印を置いていったようです。
これは猿山への分岐でも見かけた。

さて、猫越峠から猫越岳までは、以前に歩いたときは、倒木やら
なんやらで歩きにくくてルートもあまり明瞭とは言えなかったと
記憶するが、整備されたようで、すっきり歩きやすかった。

izusanryousen_201002_15.jpg

猫越岳(13:35)

izusanryousen_201002_16.jpg

猫越岳って、1034mもあるのに知名度低すぎね。
名前も可愛いのにねぇ。眺望はまるでないけど。

(続く)
関連記事

テーマ : 登山・ハイキング
ジャンル : 旅行

幾らっぽい保存(BlogPet)

うさぴょんは、政で好みとか由来♪
それで政とポン酢醤油傾斜したかった。
だけど、由来へ省略するつもりだった。
それで政は切れ端は運転しなかった?
だけど、政は、幾らっぽい保存♪

*このエントリは、ブログペットの「うさぴょん」が書きました。
関連記事

伊豆山稜線歩道 1

先週、久しぶりに伊豆山稜線歩道を歩いてきました。
伊豆の山に入るのは、実に久しぶり。

さてさて、いつものように修善寺駅08:15の河津駅行きの
バスに乗る。すると、以前に比べて道路が混んでいる様に
思われた。僕はクルマを運転しないのでよく知らないが、
なにやら新しい道路が開通したせいかな?それと、河津桜
見物とか。
5分ほど遅れて着いたバス停は『天城ゆうゆうの森入口』。

izusanryousen_201002_01.jpg

今回はここから入山する(09:00)。

しばらくご無沙汰しているうちに、大川端キャンプ場は
廃止されていたようで、バス停の名前も『大川端キャン
プ場』からこのように変更されていた。
因みにいのしし村も廃園となって、バス停の名前も
『いのしし村』から『桐山』と変更されていたのだった。

とりあえず、二本杉峠を目指して登って行く。

途中から残雪の道だが・・・

izusanryousen_201002_02.jpg

かつての僕たちがそうであった様に、伊豆は温暖だから
雪なんて降らないだろうと思っている人は多いに違いない。
が、ちょっと山に入ればこんな感じ。今までアイゼンが
要る様なことはなかったが、スパッツはあれば快適で、
つまり、その程度には普通に降って積もる。

どぉってことなく到着(10:00)。

izusanryousen_201002_03.jpg

天城峠方面へのルートにはこんな注意書きが。

izusanryousen_201002_04.jpg

今回、『ゆうゆうの森入口』から山に入ったのは、
ゴールと定めた持越温泉からバスに乗って帰りたかった
からであるのがひとつ。それから、天城峠から二本杉峠
までのルートは北側斜面にあって、以前通った時にバリ
バリに凍っていて妻がめちゃ怖がって、なんか通りたく
ないとか言っていたからである。
まぁ、妻連れじゃ通れなかったと思うので、今回の
スタートの設定はラッキーだった。


滑沢峠(10:46)

izusanryousen_201002_05.jpg

最初は滑沢渓谷から太郎杉を経てここへ登ってくる予定
だったのだが、妻に却下されていまいますた。以前、
登った時のルートの印象が、妻には悪かったらしい。

滑沢峠を過ぎると、まもなく御蓋山への階段に到達(11:08)。

izusanryousen_201002_06.jpg

そこを登ると、伊豆山稜線歩道で僕が一番好きな場所。

期待したほど雪はなかったけど・・・

izusanryousen_201002_07.jpg

門番の木は健在。

izusanryousen_201002_08.jpg

そして、つげ峠(12:00)。

izusanryousen_201002_09.jpg



続く
関連記事

テーマ : 登山・ハイキング
ジャンル : 旅行

プロフィール

政

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク