政もほしいかな(BlogPet)

うさぴょんは心配がほしいな。
政もほしいかな?

*このエントリは、ブログペットの「うさぴょん」が書きました。
関連記事
スポンサーサイト

冷凍エビブロック再び

以前、エビの冷凍ブロックが割安なので買ったはいいが、
個別解凍が出来ずに、エビ強化週間になった話を書いた。
あれはアタマ付きのエビということで、適宜の箇所で
切断小分すると、頭を切断することは不可避であり、
解凍すればエビミソが流出してグロきこと甚だしきは
避けられまいとて、結局、全部解凍したのである。
が、今回はアタマなしのブロックを購入したので、

reitouebi_200911_01.jpg

小分けにしちゃる!そのための冷凍包丁も買ったし!

reitouebi_200911_02.jpg

苦闘十数分・・・

で、結局、糸鋸で切ったのだった。

reitouebi_200911_03.jpg

だって、冷食用包丁って、刃が細かすぎるのかして、
全然食い込みが足りないんですもの!安くなかったのに!
ま、将来的に使い道はあるのでよしとしましょう。

ところで、冷凍エビってブロックで買うと、箱にこんな
記号が書いてあります。

reitouebi_200911_05.jpg

この分数は『業務スーパー』で売ってる箱入りの冷凍エビ
にも付いていたように思う。
さて、この記号は何を表すか?

以前、気になるので調べてみたら、これはエビのサイズを
表しているということで、即ち、ブロック1ポンドあたりに
含まれるエビの個数を表しているということだ。
要するに、数字が小さいほどエビのサイズは大きい、と。

これは16/20なので、1ポンドあたり16匹から20匹のエビが
含まれている。即ち、このブロックは1.8kgなので、約70匹の
冷凍ブラックタイガーが入っていることになる。
で、その三分の一を切り出して解凍したのだから、だいたい
二十数匹のエビが出てくる筈だが、確かにその程度だった。

つーわけで、とりあえず、溶かしたエビで

reitouebi_200911_04.jpg

揚げそばのあんかけでも。

agesoba_200911_00.jpg

ん~ちょっと汁気がすくなかったかもしれん。
でも、既製品の揚げ中華そばに八宝菜をかけるだけ
やから、簡単やね。

でも、八宝菜って、下ごしらえに手間がかかる。

agesoba_200911_01.jpg

ウズラ玉子を茹でてむいたり、キクラゲを戻して茹でたり、
エビとホタテに下味付けて片栗粉コーティングしたり。
白菜の芯と葉っぱは別の切り方やしね。

ところで、こういうのにやたらと野菜を入れたくなるのが
家庭料理の性というか、いや美点なのか?
ブロッコリーだって、偶々冷蔵庫にたくさんあったから
いれてしまったものだし。野菜を食えという強迫観念が
ないといえば、それは嘘になる。

気分的なものとしては、白菜やらそういう日常的な野菜の
量が多いほど、ご馳走感からは遠くなるよね。そうでしょ。
やっぱ、エビとかカニとかホタテとかイカとかアワビとか、
野菜よりも多い方がご馳走でしょう。
外で食う料理は、そうあってほしい。

1食や2食、野菜が少なくても、どぉってことはなかろうに。


関連記事

テーマ : +おうちでごはん+
ジャンル : グルメ

袋裏を話したいなぁ(BlogPet)

きのう、付け汁も比肩したかった。
それできのううさぴょんが、氷水に行動したかったの♪
だけど、袋裏を話したいなぁ。

*このエントリは、ブログペットの「うさぴょん」が書きました。
関連記事

サーモンのラザニア


lasagna_200911_00.jpg

製麺というと、なんだか大げさなんだが、ほうとう、うどんの類、
何度か作ってしまえば何でもないです。
名店に比肩しうるなんてことまで言ってしまうほどお目出度くは
ないが、普通にスーパーで売っている市販の生麺、半生麺、冷凍
麺に劣っているとは思わない。使う粉を選べば、余裕です。

で、うどんを作るのになれたら、所謂「生パスタ」を作るのも別に
大したことはなく、自分とごく限られた身内の間で満足しうるもの
なら普通に作れると言っても、生意気でも何でもないでしょう。

というわけで、偶に作るわけですが、少しでも大量でも混ぜて
こねる手間は同じなので、「後はのばして切るだけ~」という
ところまでやった生地を冷凍しておくんです。結構保ちますから。
うどん、ほうとうも同じです。

で、今回はラザニアに。

lasagna_200911_02.jpg

数日前に作ったホワイトソース。

lasagna_200911_03.jpg

これを始末したかったから。
でも、ホワイトソースって、これほど一度作ってみたら感動する
こと間違いなしのソースもないのではないかしらん?
だって、市販のグラタンの素なんて使わなくても、ホワイト系の
グラタンが作れちゃうんですよ。簡単に。しかもうまい。
コツは小麦粉をよく炒めること。焦がさないこと。サラサラまで
炒めたら、いったん冷ました後で牛乳を入れるとダマにならない。
一度冷ますのは「教科書」で知った方法。冷ますのは氷水をあてる。

で、教科書的にはミートソースを使うらしいが、サーモンの缶詰で。
タマネギをバターで炒めて、サーモンとあわせて、ホワイトソースで
和えて、パイレックスの容器に・・・以下省略

lasagna_200911_04.jpg

完成!

まぁ、普通においしいです。家庭料理ですから。
反省点があるとすれば、パイ皿でもっと広く浅く作るべきだったかな、
と。そんな感じ!
関連記事

テーマ : パスタ
ジャンル : グルメ

鶏モモ強化週間 タンドリーチキン風

鶏モモ強化週間の最後は、タンドリーチキン風のオーブン焼きに。

torimomo_200911_tandori_01.jpg

終盤は臭いと言うほどではないがくせが出てくる感があるので、
こういう風にスパイスにつけ込んで焼くのはいい選択だと思う。

使ったのはこれ。

torimomo_200911_tandori_02.jpg

エスニック系の輸入食料品店でお目にかかるスパイスミックス。
これは無糖タイプのヨーグルトに混ぜて使うもので、それに
筋切りをした鶏モモを半日くらいつけ込んでからオーブンで焼く。
袋裏の調理時間はあくまでも目安でしかなく、個別的な工夫が
必要ではある。オートボタン等があっても、結局は使わなくなる。

オーブンで焼くと火の当て方のコントロールが難しくて、というか
出来ないんじゃないの?なんしか、皮が陥没してその部分の焼け
具合が気に入らないこともある。会心の出来には、なかなかならない。

久しぶりに、泡ものといっしょに。

fujixtuko_kyohouspa_200911.jpg

フジッコワイナリーの巨峰スパークリング。やや甘口でこういう料理
には適合的だろう。

因みに、こいつは瓶内二次発酵を採用した本格派らしい。
確かに、泡立ち等、シャンパーニュを彷彿とさせるものがある。
悪くない。国産ワインもがんばれ!
関連記事

テーマ : +おうちでごはん+
ジャンル : グルメ

鶏モモ強化週間「棒々鶏風」

鶏モモ強化週間中なので、ゆで鶏を棒々鶏風にして。

torimomo_banbanji-_200911_01.jpg

これも、本来的にはどうたらと、色々とあるようで。
第一に、蒸し鶏なのか、ゆで鶏でもいいのか?
 
僕はちゃんとした中華料理屋の前菜に出てくるような、
しっとりした蒸し鶏を家でも食いたくて、色々試した。
そして、最終的に行き着いたのは、蒸し鶏ではなく
低温調理の茹で鶏だっだ。そして、保温調理器を手に
入れたので、以来確定状態。蒸さなくてもいいやって。

シャトルシェフの鍋に1%の食塩水を沸かして、白ネギの
青いところと生姜を入れて茹で、火を止め80度に冷ます。
そこへ鶏モモをどぼんと入れて、保温容器で1時間。

その間に、別鍋で付け汁を作る。
スープを塩で飲んで美味しいくらいにまで加減したのを
冷ましておく。

1時間低温調理で茹でた鶏モモを付け汁に浸して冷蔵庫へ。
1日経った頃からが美味しくて、何日保つかは知らない。
個別的事情だから、そういうことは。

ところで、こういうのは、ネット上には類似例が幾らでもあるし、
そもそも、色んなレシピを見たり読んだり作ったりして、次第に
形成されてきたものなので、そういった恩みたいなものを忘れ、
オリジナリティを主張する気はない。

棒々鶏のソースは、おおざっぱには、砂糖酢醤油で練りごまを
溶いたものと言えるようなので、そのように。
と。
そこまできて練りごまがないことに気がついた。
が。
丁度、終わりかけのピーナツバター無糖タイプがあり、
容器ごと流用する。
すり下ろし生姜とみじん切り白ネギ入りの砂糖酢醤油で
ピーナツバターを溶いて、中国風ラー油を加えて練る。

torimomo_banbanji-_200911_02.jpg

新鮮な鶏を使った茹で鶏でも、数日おいておくと鶏臭さが
増していくようだが、棒々鶏ソースはそれをごまかせる。

torimomo_banbanji-_200911_03.jpg

優れた食い方だと思う。
関連記事

テーマ : +おうちでごはん+
ジャンル : グルメ

鶏肉強化週間

今、我が家の食卓は「鶏肉強化週間」です。

ある日ある時、『食遊市場』の肉屋で気がついたこと。
鶏モモ肉もまとめて買えば安い!

うちでは鶏肉といえばもも肉なのだが、もも肉というのは
鶏肉の中では一番高い部位になり、それなりの値段がする。
それから、スーパーで売っているのは、その切り分け方が
気に入らぬ。ちょっと細かすぎるのよ、あれでは。

というわけで、まとめ買いをしようと思ったのだが、気密
パックは2kgもあるので、二人で食うにはちと多い?
鶏肉は新鮮なうちに食うのが鉄則で、臭くなる前に食いきる
ことができるのか心配だったが、それでもまとめ買いの安さに
惹かれたので、まぁ、なんとかするさと購入。

で、以来、なんとかなりつつまとめ買いを重ねること数回。
今回は「宮崎産赤鶏」を奮発した。

miyazakiakadori_200911_01.jpg

それでも、100gに換算すると、
スーパーで買う「銘柄鶏」よか安いのよ!

さて、何を作るか?

とりあえず、鶏といえばからあげでしょう!
からあげにモモ2枚を回す。

miyazakiakadori_karaage_200911_00.jpg

僕の鶏からあげの味付けには、けっこう変遷があったけれども、
最終的にはもも肉の重量に対して1%の食塩と、蝦醤を少々、
胡椒少々という感じに落ち着いている。

この鶏の肉質はけっこう固くてしっかりしており、からあげ
には向かんというか、好みから外れた。
からあげは安い鶏でも、臭いのは論外だが、結構美味しく
出来てしまうので、その点からは普通の若鶏で十分だと思う。
柔らかい方がいい。臭くなければね。臭いのは絶対駄目。

他、ゆで鶏に2枚を回す。
関連記事

テーマ : +おうちでごはん+
ジャンル : グルメ

主夫的昼飯 ごんぶと釜揚げ風うどん

僕は昼飯に毎日何を食っているのかというと、
たいしたものを食っているわけではなくて、
圧倒的に麺類が多いです。
うどん、そうめん、らーめん、すぱげってー。
インスタントでも、気にはしません。

んで、最近のおきにはこれ。

gonbuto_kamaage_01.jpg

日清ごんぶと釜揚げうどん
調理したら、こんな感じ。

gonbuto_kamaage_02.jpg

主夫的昼飯には過不足なしで適切。
麺も柔らかいのがとてもよろしい。
ぼくはコシがありすぎるのは嫌いですし、
無理矢理なコシならば、ないほうがマシです。


ところで、僕は今まで「釜玉うどん」というものを
食ったことがなくて、このインスタントで食うのが
初体験だったのだが、案外美味いのね。
でも、これって玉子にちゃんと火が通って半熟状態で
なければ美味しくないんでしょう。
半端な生卵臭さがあるのはいただけなさそうだ。

因みに、この製品は電子レンジで簡単に調理できる
ことをうたっているのだが、鍋で作った方が、屹度
うまいであろうことは、他のカップうどんの類と同じ
でしょう。まぁ、でも、鍋とか色々とひっぱりだして
くるのは、インスタント麺の趣旨からは遠くなり、
そんなことをするならインスタントなんか使わずに
作ればいいだろうということにもなるが、とはいえ、
製麺から自分でするわけでもなく、既製品の麺、即ち
乾麺、生麺、半生麺、冷凍麺、どれを使おうが、結局は
既製品の麺はインスタントでありましょう?

って、まぁ、どうでもいいけど。
そんなこと気にしてたら、食うもんなくなりますよってに。

***

どうでもいいついでなんですが、最近、スパムが多くて
ウザイ!です。

  ウザイ!ああウザイ!!!

ウザイというのは、あまりお行儀のよい言葉ではないと
思うのですが、これほどスパムに対する僕の気分を正確に
表現しうる言葉も他になさそうです。実害はないけれども、
でも、うっとぉしい。丁度、靴の中に入った小石のような
いまいましさですな。

パソコンのメールのスパムフィルターはかなり性能が良い
ようで、スパムを目にすることは滅多にないのですが、
ケータイのスパムフィルターはザルなのか?ほぼ毎日、
スパムが到来します。9月頃から急に到来し出したのです。
それまでは、スパムなんかきたことがないのに!

で、スパム撃退!と思い、ネットでメールの仕組み等に
ついて、ちょっと調べたのですが、へーーーーーーーーっ!
宛先も送り主も偽装できるのね!誤配メールを装うという
ことも簡単にできるのね!と、驚くことがいっぱいでした。
本当に、PC・ネット関係にはブラックボックスが多いです。

スパムといえば、家の固定電話にもスパム電話がかかって
くることが多くて、困ります。固定電話が鳴れば、スパム。
僕はああいうのははなっから聞く気がないので、すぐに断り
切断します。と、すぐにかけ直してくる奴がいる。無駄なのに。

しつこい輩の相手をするだけ気分が悪いので、受話器をとっ
たら1時間ほど放置プレイが効きますね。放っておくだけ。
相手をする義務なんて、微塵もありません。勝手に喋ってろ。

電話に出る義務なんてないのだし、ましてや出たらスパム!
もう、気分が悪いので、固定電話の線は抜いたままです。
我が家の電話は、通話しか能のないタイプなんです。
それに、とりあえずケータイがあれば十分ですから。

それにしても、ケータイならば着信拒否番号の登録も容易で
あるのに、固定電話のあの手間はなんなの?カネも要るし。
そら、みんなケータイに流れるわ。

ところで、スパムなんて、あれは宣伝効果あるの?
あんなのをまともに相手にする人がいるの?
大いに疑問ですな。
というか、ありえない。理解できない。異世界。異次元です。
関連記事

花ニラと豚トロの炒めもん

どうも、気がつけば11月。
「文化芸術活動」も一区切りが付いたので~、
ちゃんと更新を再開しようかと思っております。

で、更新さぼってる間に作ったもののなかから、
美味かったものの中から

花ニラ!

hananira_tontoro_200911_01.jpg

これは初めて使った食材でした。浜松産のがスーパーで
1把100円だったのを試しに購入し、食ってみたら美味!
で、2回目は2把買って、しばらくして行ったら1把50円で
投げ売りされていたので3把買い~
それ以降は見てないけれども、有ればまた買うでしょう。

細切りの豚肉とオイスターソース味で炒めたりもしたが、
一番美味しかったのは塩味で豚トロと炒めたもの。

hananira_tontoro_200911_00.jpg

豚トロには塩を強めに振ってしばらく置いてなじませて、
脂を出すつもりでじわじわ・カラリと炒めるというよりは
焼いて、出てきた過剰な脂を除去したら適当な長さに刻んだ
花ニラを入れて炒める。最後に紹興酒で香り付け。

普通のニラは加熱しすぎるとくたぁ~となってしまうが、
こいつは強めに加熱してもしゃっきり感をキープ。
というか、結構強めに炒めた方が美味かった。でないと
しゃっきり感よりもバシバシ感の方が強い。まぁ、これが
花ニラ一般の特性かどうかは、今回初めて扱っただけなので、
断言は出来ないが。

だが、「さっと炒める」というか、そういう調理感覚への
盲従から解放されて炒めたものの方が美味かったね。

だから簡単。簡単で美味い。すばらしい!
関連記事

テーマ : 野菜
ジャンル : グルメ

プロフィール

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク