トムカーガイ


tomkaagai_200907_00.jpg

「トムヤムクン」はタイ国の有名なスープだが、
「トムカーガイ」というのも、タイのスープだそうな。

『アライド』というところから出ているスパイス・
調味料セットを使ったんだが、これが結構おいしい。

tomkaagai_200907_01.jpg

セットの他に準備するのは、鶏肉とシメジだけ。

tomkaagai_200907_02.jpg

添付の煮出し袋に入れて、このスパイスを煮出すと、
普段とは違うエスニックな香りがたち上ってくるのだ。

おなじところから出ている「トムヤムクン」のセットは、
妻には辛すぎて食べられないものだったのだが、こちらは
からさもひかえめ。偶に普段とは違う風味の、香りの、味の
料理を食卓にのせたいときには、良い選択だと思った。
ちょっと酸味があって、ココナックミルク風味で、スパイシーで、
くせになりそうなおいしさがある。

リピート有り。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アジアンエスニック
ジャンル : グルメ

ガリガリ君は神!!

夏の買い物の帰り道のガリガリ君は神である!

garigarikun_cola_200907.jpg

こういうのは炎天下で立ち食いするから美味いのである!
因みに、こいつはコーラ味!

ではどうしてガリガリ君が神なのか?というと、それは安いから!
コンビニで62円でっせ!62円!!缶飲料一本よりも安い。
そして安い値段の故か味がしゃばしゃば薄いのがいいんです。
暑いときに濃厚・リッチテイストなんて要らんでしょう。
偶にガリガリ君でもちょっとお値段高めの濃厚テイストのが出て
くるけど、僕としてはああいうのは要らない。味の薄いのがいい。
それから、ガリガリ君というネーミングが示すように、大きな氷の
ガリガリ・ザクザクしたテクスチュアが涼感を呼ぶんですなぁ。
でも、昔よりも氷の粒が小さくなったそうです。もっとザクザクで
いいのに。

ところでガリガリ君って、味のヴァリエーションが結構あるんですが、
何故か、何故だか盛夏のまっただ中にはソーダ味しか売ってない様な
気がしています。去年はそんな気がしてました。今年の今の時期は、
ソーダ味、コーラ味、マスカット味、グレープフルーツ味を確認して
ますが、これが8月も半ばになると、さぁ、どうでしょう。
因みに、僕は葡萄味が一番好きやなぁ。

ところで、ところで、僕がガリガリ君を買うのはコンビニなんですが、
最近、三島市内からコンビニが減りました。
本町交差点のが無くなったし、三嶋大社の近くのは、もう去年に消滅。
大場の駅前のもなくなって、僕はいつもガリガリ君を買ってたとこが
減ってしまいました。

そういえば、伊豆箱根鉄道の駅の売店も無くなっています。
三島駅、広小路駅、三島田町の売店が無くなりました。伊豆長岡は
健在で、修善寺にはしばらく行ってないので知りませんけど。

まだまだ不況なのであろうか?

関連記事

バジルペースト(BlogPet)

政の「バジルペースト」のまねしてかいてみるね

買ったまま隅っこに、上出来。
酢とニンニクと思い買ったまま隅っこに大きく作用すると宝の容易性である?
クイジナートで、買ったことを何に使われるか??という問題に入れたマルチクイックでいいの一般名称はタコだけに切ってみようか??頻繁に出来。
2日目に、同じような?
だから、商品名はBROWNの買ったマルチクイックっていうの一般名称はBROWNの持ち腐れです♪
しまいこんじゃったら、焼くんやね。
と抜けて目に使わんだがあって和える♪
普段目に出来?
やっぱ、刻んだが重要!!
やっぱ、その存在すら判らなくなったんだが重宝するか?まぁ、商品名はサラダに出来。
酢と刺身用ホタテ貝柱に使わんやね。
クイジナートでいいのでしたことではなんだろうか?

*このエントリは、ブログペットの「うさぴょん」が書きました。
関連記事

バジルペースト

買った調理器具が重宝するか?頻繁に使われるか??
という問題に大きく作用するのは、それは屹度たぶん、

   当該調理器具へのアクセスの容易性

でありましょう。しまいこんじゃったら、まず使わん。
だから、すぐ目に付くところにあることが重要。
普段目に付かないところに置いておいたりすると、
買ったことすら忘れてしまう虞も大である。

と、いうことで・・・

multiquick_200907_01.jpg

ん~こんなの買ったの忘れていた。すぱん!と抜けてた。
凄く欲しくて買ったんだけど、調理スペースが狭いので、
一度使った後で箱に入れたまま隅っこに置いていたら、
その存在すら判らなくなっていたんだ。

で、最近、僕はサラダに、ドレッシング作りに目覚めていて、
ほぼ毎日何やら怪しいことをしているのですが、偶々今回
フレッシュのバジルを使ってみようと思い買ってみたのを、
刻んだぐらいでは・・・じゃぁ擂り鉢で・・・あ~っ!!!

と、コイツの存在を思い出したのでした。

で、これはBROWNのMR5550MCAってやつなんだけど、商品名は
マルチクイックっていうのね。で、同じようなものに
バーミックスというのがあって、これも商品名。クイジナート
ではハンドブレンダーとか呼んでいるみたいで、ややこしい。
って、別にこの程度ややこしくないんやけどね。
で、こいつらの一般名称はなんだろう?ハンディ・フードプロ
セッサーってところでいいのだろうか?

まぁ、どうでもええけど。

で、それで、発掘されたマルチクイックで、バジルとニンニクと
パルミジャーノレッジャーノとオリーブオイルとワインヴィネガー
をがぁーっと、混ぜたら・・・

multiquick_200907_02.jpg

おぉぉぉ~と言ってる間に出来ちゃいました。素晴らしい。
酢と塩をちょっと加えて調製する必要はあったけど、上出来。
あとこれに松の実を加えたら、所謂ジェノバ・ペーストやね。

で、これを何に使うか?

蒸しダコと刺身用ホタテ貝柱にオリーブオイルを絡めたのを
直火の網でちょっと炙ったのを、焼くんじゃない、ちょっと
炙るだけ、それを適当に切って和える。

multiquick_200907_03.jpg

味的には予想以上の出来。拍手喝采。大絶賛。

翌日。

multiquick_200907_04.jpg

具材はタコだけになったが、トマトとグリンアスパラと一緒に。
2日目でも瓶詰めの既製品なんかより、よっぽど美味しいです。

やっぱ、調理器具は使わんと宝の持ち腐れですな。
以降、箱から出して目に付くところに置いておきたい。
のだが、さて?
関連記事

テーマ : +おうちでごはん+
ジャンル : グルメ

ピータン豆腐

ルックス重視でタレをかける前の状態の写真

peetantofu_200907_01.jpg

豆腐の上をちょっとくりぬいて、ピータンの黄身をのせる。
白身は刻んで散らす。
葱と生姜のみじん切りを薬味として散らす。

にしても、皮蛋なんて不思議な食べ物、だれが発明したのやら?
ちょっとネット検索して調べたら300年前には既にあったそうな。

ところで、豆腐なんやけど、僕は『男前豆腐店』の豆腐が好き
なんだが、最近、全然、三島のイトーヨーカドーで売ってない!
前はちょろちょろあったんやけど、無い!!まるでない!!!!
三和豆水庵のばっかで、男前豆腐店のがない。
それとも、僕の見落としか??

マックスバリューには男の三連チャンと日本列島改造の3連のが
あるんやけど、ああ、マサヒロもあるけど、ちょろっと、
でも他にも色々あるでしょ!
僕はジョ二男とか、ブラウンとか食いたいの!

とにかく、僕は男前豆腐店の製品開発のノリが好きなのっ!!!
三和豆友時代からのファンなんですってばっ!!!
「風に吹かれて豆腐屋ジョニー」に出遭った時の衝撃は忘れられんね。

どなたか、三島市、沼津市、駿東郡で男前豆腐店のアイテムが
ずらーーーっ!と並んでるスーパーとかがあったら教えて下さい!!

でも、取り寄せまでする気はあまりしないんですよねぇ。
そういうもんでしょう。豆腐って。

ところで、ピータン豆腐やけど、食うときには当然タレをかける。

peetantofu_200907_02.jpg

醤油と紹興酒と甜麺醤と葱と生姜と胡麻油を混ぜ混ぜしたもの。
ぐちゃぐちゃに潰して食べると美味い。
つーか、そうやって食うべきものでしょう、これは。
関連記事

テーマ : +おうちでごはん+
ジャンル : グルメ

コーンポタージュ

生のコーンから作れる期間はそんなに長くはないので、

cornpotage_200907_01.jpg

一度作っておこうと思った。

cornpotage_200907_02.jpg

作り方は色々あって、ネット検索なんかしたら選択に
迷うほどだが、まぁ、それぞれに主義主張があるのだろう。

cornpotage_200907_03.jpg

ところで、この料理って、やっぱミキサーがなければ
まともに作れん、というか、めんどくさくて大変でしょう。
ああ、「ミキサー」って、「ブレンダー」とも呼ぶらしいが、
というか、料理界では寧ろ後者の方が通称らしいが、昔々、
「ジューサーミキサー」ってワンセットの家電として売って
いた時の印象が強くて、それに日本じゃ「ミキサー」で通用
するでしょ。だから僕は「ミキサー」でいこうとおもうが、
まぁ、「ブレンダー」ということもあるかもしれん。
が、まぁ、んなこと、どうでもええわ。

で、ミキサーにかけた後で、更に裏ごすかどうかという問題も
あるのですが、コーンポタージュに関しては裏ごし必須でしょう。
ヴィシソワーズやカボチャにカリフラワーのポタージュならば
裏ごさなくても問題ないのですが、コーンの場合は裏ごさないと
ザラザラしすぎで積極的に嫌です。でも、裏ごしの後で更に布で
漉すことまでは、僕はそこまでやる気はしません。

でも、裏ごすと必ず出てくる絞りかすの問題。

cornpotage_200907_04.jpg

これの扱いについては、さぁ、どうでしょう?
要するに、どこまで漉すの?絞るの??絞り上げるの???

cornpotage_200907_05.jpg

僕はこれをもう一度だけ牛乳で溶いて、もう一度裏ごして終了。
これを捨てるのに何らかの罪悪感でも感じるのならば食えばいい
んやろうけれど、そこまでせんでええでしょ。だって、絞りかす
を口に放り込んでもごもごしても、別に美味しい味が沢山残って
いるわけではないしね。クッキーの生地にでも混ぜたら食えそう
やけどね。

料理をしていると、野菜の皮に切れ端とか、魚をおろすときにも
どこまで残すか等々、勿体ない精神をどこまで発揮するべきかと
いう問題は常に発生するわけですが、倫理性というか道徳というか、
そんなものを過度に持ち込むと美味いもんも不味くなる。

裏ごした後は、牛乳で適当にのばして、温めて塩加減して完成。

cornpotage_200907_00.jpg

胡椒もスープの素も使いません。
それに、パセリの香りが合うとは思えないので散らさない。
クルトンは欲しいが、なくても気にしない。

以上
関連記事

テーマ : 野菜
ジャンル : グルメ

政と政と扱いしたかった(BlogPet)

きょうは、政と政と扱いしたかった。

*このエントリは、ブログペットの「うさぴょん」が書きました。
関連記事

揚げ昆布

agekobu_200907_01.jpg

これは子供の頃から好きな食べ物だったのだが「吹き寄せ」というのか、
数種類のあられ、揚げおかきがひとつ袋に詰められている、あの袋入り
あられに入っているものしか知らなかったので、たくさん食べたい僕は
袋の中から揚げ昆布ばかりを拾い出しては食べて、しばしば「やらしぃ
食べかたしなさんな」と母から小言を言われてた。

が、たぶん十代後半くらいだった筈だが、何かを揚げていた時に、
なにを思ったか昆布を素揚げしてみようと思い立ち、揚げてみたら驚いた!
あの大好きな昆布になってしまったではないか!!!

なぁ~んや!!!出汁こぶ素揚げするだけやったんや!!!!

おかげで、今では食べたいだけふんだんに作って食べることが出来る。

作り方

出汁昆布を乾いたまま素揚げにする。

加減は、何度か作ればわかる。

以上
関連記事

テーマ : 野菜
ジャンル : グルメ

カツカレー

カレーは、ここではインド系ではなくて洋食系のカレーだが、
所謂「ホームフリージング」の対象として優れているのは
今更言うまでもなく、うちでも時々行うのだが、ちょっと
だけ考え方を変えた。
フリージング自体を否定しないが、フリージングの対象と
するべきカレーについて考えを変えたのだった。
家庭料理のカレーについては、大きめのジャガイモや人参が
入っているのが良い感じなのだが、あれを冷凍するとそれらに
味が染みこみすぎて、どうもよろしくない。それから、これは
冷凍保存にかかわる事項ではないが、ジャガイモ入りのカレーを
何度も温めなおして食べると、どうしても、あぁ、どうしても、
ジャガイモが潰れて砕けてカレーに混入していき、テクスチャが
変わる。あのジャガイモの砕けて混入した粉々感が僕は嫌なのだ。
そこで、先ずは、野菜は玉葱だけのカレーソースを作り、それを
冷凍保存し、ジャガイモや人参に関しては食べる都度茹でるなり
蒸し焼きにしてカレーソースに混ぜればいいんじゃないかと。
新タマネギの時期なんかは、幅広の輪切りにした新玉のソテーを
加えてちょっと煮ると、これまた美味いし。

それに、これなら、基本「食いきり」なので、砕けたジャガイモが
混じった粉々感あぶれるカレーを食わなくて済む!!!

って、それだけかい!!!いや、実はそれが最大の理由で、
「味が染みこみすぎる」なんて、そんなの後付に決まってるじゃぁ~
ないですか!!!ただのカッコ付けなんですよ!!!


というわけで、フリーザーから引っ張り出してきた自家製冷凍
牛すじカレー

katsucurry_200907_01.jpg

(深型バットにラップを敷いてカレーを入れてから包んで凍らせると、
バットから出しても四角いままなので、フリーザーの中で扱い易い。)

んで、鍋で溶かしたのを見ていたら、カツカレーが食いたくなった。
ので、カツカレーのカレーは野菜の塊は入っていない方が好ましいと
思うので、丁度良いので野菜を入れるの止めた。

で、折も折、スーパーで期限ぎりぎりで半額の肉があったので~

katsucurry_200907_02.jpg

正真正銘のカツカレー!

katsucurry_200907_00.jpg

そうですねん!!
やはりカツカレーのカツはビーフが正しいんです!!!
ビフカツにビーフカレーちゅうのがええんです!!
こうやないとあかんのです!!!

因みに、カツカレーのカツは柔らかく薄い方がバランスが良いので、

katsucurry_200907_03.jpg

ビール瓶でぶっ叩いてのばします。

katsucurry_200907_04.jpg

やっぱりビールはサッポロ黒ラベル。
関連記事

テーマ : +おうちでごはん+
ジャンル : グルメ

プロフィール

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク