インド風タンドリティッカ

IndianTandooriTikka_200904_00.jpg

とかいうものらしいんだが、まぁ、ダンドリー・チキンみたいな
もんですな。

インドも東南アジアも、エスニック系の料理って使うスパイスが
特殊だし、仮に買ったとしてもあまり使い道がなく、そりゃぁ、
頻繁に作るならまだしも我が家では特にそういうこともなく、
更には、そこそこ美味しく作れる保証もなく・・・

という訳で、こういう料理を家で作るときには、僕は既製品の
調味用ペーストを使います。

IndianTandooriTikka_200904_01.jpg

今回は『アジアンホームグルメ』のペーストを使用。
他にはプレーンヨーグルト。肉は鶏の手羽中。

作り方は、基本的には袋に書いてあるとおりにすればいい筈だが、
漬け込み時間は指定よりもはるかに長く20時間程度で、焼き方は
200度のナノスチーム+オーブンで20分にグリル5分という風に変更。
長く漬けるのは安い鶏肉を使ったからで、長く加熱するのは脂を
落としたいから。

でも、袋裏の作り方の説明文、英語と日本語で微妙に違うね。
まぁ、両方読むから別に構わないけど。

で、これは美味しいです。簡単なのに素晴らしく美味しい。
日本人の僕がスパイスを買いそろえても、たぶん出せない味なんじゃ?
調味ペースト様々って感じです。
まぁ、加熱調理の過程自体は、個人的な修練が必要なんですけど。
我が家の家庭料理的には、これで十分満足なのでした。

ところで、この『アジアンホームグルメ』のエスニック料理用ペースト、
いままで色々作って外れ無しです。MSG無添加というのも素晴らしい!
我が家的には「ナシゴレン」と「インド風鶏肉カレーマサラ」がイチオシです。

ああ~久しぶりにダバ・インディアに行きたいっ!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アジアンエスニック
ジャンル : グルメ

そば粉のクレープ、こしあん包み

soba_crepe_200904_00.jpg

秋田で買ってきたそば粉を

soba_crepe_200904_01.jpg

水で溶いて

soba_crepe_200904_02.jpg

スキレットで薄く焼いたので、

soba_crepe_200904_03.jpg

こしあんを包むだけ。

簡単!お手軽!!ぼくにもできるもん!!!

普通に和菓子ですな。
普通に作れば不味くなる要素がないです。美味。
それに、自分で作ると、あんこを惜しげもなく包める!

今回は撮影用に皿に乗せてみたのだが、いつもは
スキレットからそば粉クレープを取り出したら、
そのままあんこをまいて、その場で食ってしまう。
だって、食うのは僕だけやからね。

そば粉の料理は「妻のいぬ間に」でないと出来ない。
妻にはアレルギーがあるから。
だからそば粉を使うときには気を使う。
まき散らさないように、使った調理器具はよく洗い・・・

こしあんは三嶋大社の近くにある遠藤という製餡所で買う。
こしあんと粒あんをそれぞれ生餡と練り餡として、要するに
4種類のあんこを売っていて、500gを最小単位として小売り
してくれるので、僕は練りのこしあんをちょくちょく買っている。
500gで500円。甘さも控えめで丁度良い。
因みに小豆は北海道産だそうな。

で、そのこしあんを食パンで巻いて食うんだ。
そのほか、そのままスプーンですくって食ったり、牛乳に
溶いたり・・・

ところで、このお菓子には、なにか一般的名称はあるんだろうか?

関連記事

テーマ : 和菓子
ジャンル : グルメ

回鍋肉

うおっ!
「ほいこーろー」で変換押したら「回鍋肉」って出た!
ATOKすげぇっ!

というわけで、回鍋肉を作りました。

材料~

hoikooroo_200904_01.jpg

完成~

hoikooroo_200904_00.jpg

こういう料理は、どうしても僕は量を重視するので、
どっちゃりしたヤバイ盛りつけになってしまいます。
分けて盛ったり、小分けにしたり・・・めんどくせぇっ!!


ところで、我が家の回鍋肉には多少の改革が見られます。
一時期、油を控えめで作ってたあまり美味しくなくてね。
ましてや「油通し」ならぬ「湯通し」なんて・・・

一度だけ、キャベツを湯通しする方法で作ったんですよ。
湯通し!
そしたら、水気がジャブジャブで作っててブチ切れそうに
なりました!!もう、逆上ですよ!逆上!!!
北京鍋の中身をゴミ箱にぶちまけそうになりました!!!

と、いうわけで、油を控えるのは止め!!!にして、
そのかわりに

hoikooroo_200904_02.jpg

皿の中に網を置いて、その上に盛るようにしたんです。
こうすれば、余分な油はみんな下に落ちます。
味は充分に絡み汁気は殆ど出ないので、問題ないです。

が、まぁ、キャベツもピーマンも、そんなに油を吸うような
具材ではないんですけどね。ま、気分の問題。
回鍋肉って、プロ向けレシピ本の作例をみても、皿の中は
油の海ですもんねー。

でも、肉はやっぱりバラ肉が良いようです。
特売に豚肉のブロックが出ていたら、茹でて氷温室に入れて
おくのですが、今回は偶々肩ロースを茹でておいたのを始末
する為に使ったら、今回のは特に脂身が少なかったのですよ。

ところで、回鍋肉という料理を知ったのは、僕は「味の素」の
『クックドゥー』が初めてだったと思います。
青椒牛肉絲もそうだし、エビチリを作るようになったのも、
クックドゥーが出てからでした。麻婆豆腐も、料理屋風のが
作れるので驚きました。当時、僕は高校生くらいでしたが、
家でそういう類の料理を作るのは僕の役目でしたから、色々
作ったものです。

ちょっと調べてみたら、クックドゥーって、もう発売から
30年が経っているそうです。
今では、普通に手に入る中華食材や調味料の種類も増えて、
更に様々なレシピ本もあるし、「これはどうみてもプロが
匿名でやってるやろ!」というレシピ系のブログもあって、
中華合わせ調味料の類を使うことは滅多になくなったけど、
家庭料理における中華のヴァリエーションを増やしてくれた
クックドゥーの功績の大きさは認めざるを得ないです。


ところで、ところで、先日、中華定食屋っぽいところで
日替わりランチ食ったら回鍋肉だったんです。味加減とか
肉の量とか火の通し加減とかはよかったんですが、
何か物足りなくて。
原因は何だろうと考えながら食ってたら判りました。
ピーマンが入ってなかったんですね。
やっぱピーマンがなと、なんか、しまらないんですねぇ。
つー訳で、ピーマン必須で。

まぁ、本場ではキャベツではなく葉ニンニクだそうで、
ピーマンも入るかは入らないかは知りませんけど、ね。
関連記事

テーマ : +おうちでごはん+
ジャンル : グルメ

花豆

花豆の炊いたん

hanamame_200904_00.jpg

でも、これは既製品で、三島市安久の『村の駅』で売っているもの。

hanamame_200904_01.jpg

価格は200えぇぇぇ~ん

『村の駅』では、季節の農産物の他に農産加工品とか、
所謂「手作り系~」のお総菜類も売っている。んで、
僕は既製品の類はあまり買わないのだが、この花豆を
偶々買ったら美味しかったので、リピート中~

まぁ、一般的に言って、「手作り」だから美味しいとか、
それは単なる期待というか、売り手のイメージ戦略に
過ぎないのだが、これはうまい。
なんというのか、料理屋っぽくもなく、はたまた食品工業
製品っぽくもなく、ストレートど真ん中で、豆を炊くのが
上手などこかの奥さんが炊きましたって感じの、
素直に美味しい花豆。

貴重です。
関連記事

テーマ : ご当地グルメ
ジャンル : グルメ

サンデーランチ(BlogPet)

政の「サンデーランチ」のまねしてかいてみるね

ところで、前回ディナーに行ったのポタージュたまねぎのふたつが美味しい。
満足!!
一度、鯛の白子!!!!!!!問答無用系です!
ええ料理ですないや~売ってたら、鯛のパン粉焼き問答無用系のビールの店頭に禁止することが、アルコールは、アルコールビール飲んだけどね!!
ま、肉質が、、近日公開を食べるとはベリー系ですなぁ。
この前の使い方が美味しい。
久しぶりの寿司屋・割烹で・割烹でトロトロの日曜のですけど、あれって、喰ったノンアルコールビールの。

*このエントリは、ブログペットの「うさぴょん」が書きました。
関連記事

サンデーランチ

ところで、この前の日曜の昼飯は外へ食いに行きました。
通常は日曜が定休日の『BISTRO GAWA』さん。年に何度か
日曜日も営業することがあって、偶々そういう日曜日。

今回はちょっと控えめで、アルコールはなしで・・・

さて、喰ったもの

ホタルイカのマリネ

gawa_20090419_01.jpg

洋風酢の物ですな。

鯛の白子のキッシュ!!!

gawa_20090419_02.jpg

た、た、た、た、鯛の白子!!!!!!!
問答無用!!即注文ですってば。
鯛の白子は僕ら夫婦の大好物です。
この時期、京都や大阪の寿司屋・割烹では出す店もあり、
魚屋の店頭にもチラホラと見かけるものなのですが、
こっちじゃ見たことないや~
売っていれば、家でも簡単に食えるんやけどね。
焼いたり天麩羅にしたり。

久しぶりの鯛の白子。ああ、そうだ、この味だ。満足。

新玉葱のポタージュ

gawa_20090419_03.jpg

たまねぎの風味の使い方が美味しい。

豚の耳のパン粉焼き

gawa_20090419_04.jpg

問答無用系ですな。これって、ソミュールに浸けたのを
柔らかく炊いて、オーブンで焼いてるんだろうけど、
カリカリのところとゼラチン質でトロトロのところの
ふたつが同時に楽しめてお得です。

ええ料理ですなぁ。好きやねぇ、こういうのが。
一度、挑戦しようか?自作に。

せやけど、こういうのを食べると、酒なしはつまらんねぇ。
シャンパーニュとは言わんが、カヴァ、せめてビール・・・

ところで、キリンからでたノンアルコールビール飲んだけど、
やっぱり普通のビールの方がええわ。
でも、あれって、未成年でも飲めるよね?
積極的に禁止する明確な法的根拠はないでしょう。
ま、そんなん、どうでもええんやけどね。

本日のメイン。宮城産鴨の焼いたん。

gawa_20090419_05.jpg

ソースはベリー系の甘いの。

これは、前回ディナーに行ったときに、近日公開を予告
されていたものなんやけど、肉質がいいんです。
緻密でしっとりしていて、血っぽい香りも高く、美味い。

量もたっぷりで、素晴らしいです。

テリーヌショコラと紅ほっぺのムース

gawa_20090419_06.jpg

安心の定番


ところで、ガワさんって、ランチタイムには「パレット」という
ワンプレートランチがあって、それがお得なんですが、今回は
それと鴨にしようかとも言ってたんですけど、黒板メニュー見て
たら、結局、こんなに食べてしまったのです。

って、腹八分目ってところですが。
関連記事

テーマ : ご当地グルメ
ジャンル : グルメ

ちくわの磯辺揚げ

好きだろ!

chikuwa_isobeage_200904.jpg

喰へ!!

僕は小学校の給食で出会って以来、ずっとずっと
好きなのに、妻は食べてくれません~シクシクシク・・・

何故だぁぁぁ~っ!!!美味しいのにぃ~っ!!

因みに、たこ焼きミックスで作ると簡単~です~
関連記事

テーマ : +おうちでごはん+
ジャンル : グルメ

生節の炊いたん

久しぶりに炊いた。

namabushi_200904_03.jpg

これって、どうなんだろうか?
今でも家庭料理としてはポピュラーな料理なんだろうか?

僕の子供時代、実家ではしばしば食卓に上ったが、実は
僕はこの料理があまり好きではなかったのだった。
というのは、ちょっとぱさつくでしょう、生節って。
生節にはカツオの生節の他にトンボ節というビンチョウ
マグロの生節もあるが、やはりあのぼそぼそ感が嫌だった。
でも、僕も歳をとり、このようなものを好むようになった。

さて、このblogも一応は御料理のblogなので、作り方を一応
書いてみようかと思います。
当然、我が家風。他の家のことは知らない。

生節は骨を除いて鱗の残りを処理して、適当な厚さに切る。
って、僕の場合は大体1.5cm~2cmの厚さ。
厚すぎると味が染みにくいんですが、まぁ、お好みというか、
各々のご家庭風に適当でしょう、こんなものは。
皮が嫌なら剥いてしまってもいいでしょう。

で、我が家では焼き豆腐と炊きます。教科書的には蕗とか
色々あるんでしょうけど、焼き豆腐がいちばん馴染んだ味。
で、これも生節と同じくらいの大きさ厚さに切ります。

で、鍋の底に生節をならべて、その上に焼き豆腐を並べ、
酒と水を大体半々くらいで豆腐がかぶるくらいに注いで、
そこに砂糖を好きなだけ適当に入れたら火にかける。
「好きなだけ」って、まぁ、お菓子みたいな甘さにはしま
せんが、味見して決めればいいです。って、まぁ、炊いた
ら当然に加減は変わってくるんですが、何度か作れば判る。

namabushi_200904_01.jpg

で、沸いてきたらアクをとって、落としぶたをして、
大体30分ほど炊きます。火加減はクツクツ・・・って感じ。
って、30分後にちょっとだけ汁が減って、豆腐がひたひたに
浸っていたのが、半分強ほど頭を出している感じで。
って、こういうのは、鍋とコンロと内容量の相関関係なので、
やはり各自で個別的対応をするしかないです。

namabushi_200904_02.jpg

最後に濃口醤油を適当に入れる。量は味見をして決める。
尚、この料理は味が濃いめの方が美味しい。砂糖も醤油も。
たぶん。
でも、こんなものに薄味を求めたらあかんでしょ。

で、醤油を入れて味を決めたら火を消して冷ます。
どの程度まで冷ます?お好みの程度まで。

んで、盛りつけて完成。

namabushi_200904_00.jpg

尚、熱いのが食いたければ温めなおす。当然。

ところで、僕はこの汁を御飯にかけて食べるのが好き~
美味いんですよ。それが最強!!
関連記事

テーマ : +おうちでごはん+
ジャンル : グルメ

その後の麻婆豆腐

ピー県豆板醤を取り寄せてからしばしば我が家の食卓に
登場するようになった、って、僕が登場させているのだが、
麻婆豆腐であります。

maabootoufu_200904_00.jpg

以前は「妻がいぬ間に」系だったのですが、今では妻も好む模様。
要するに、唐辛子辛さを控えて作るようになったんですな。

それから、以前と大いに違うのが「炒醤」の使用。
これは、ミンチを甜麺醤やら紹興酒で炒めた肉そぼろみたいな
もんですが、これを使用したレシピに変更してから、なんだか
ぐっと美味しくなったみたい。
作っておくと、麻婆茄子にも使えるし、飯にトッピングしても
食えるし、なにかと重宝します。

今回は炒醤を、豚バラの薄切りから作りました。
ミンチを使うより美味しいんですよ、なんだか。

zaajan_200904_01.jpg

刻んだ豚バラを脂がにじみ出てくるまで炒めて、紹興酒と甜麺醤と
醤油を適当に入れたら、水気が飛ぶまで炒める。
zaajan_200904_02.jpg

ザルに入れて脂を切る。

zaajan_200904_03.jpg

容器に入れて保存。これは深型バットミニ号。
氷温室でかなり保ちます。
最終的には、自分の目と鼻と口と腹で判断するように。これ、常識。


それから、油の使用を控えない!!!というのも大きな変更点で、
妻が見ると気を失いそうな量の油を使いますが、なぁぁ~に・・・
食うときに余分な油をすくってほかしてますから、問題はない。

油と言えば、ラー油も重要なポイントだったらしく、唐辛子だけでなく
各種香辛料を効かした中国風のラー油を使い出したら、これまた
レベルアップすることができたのでした。

それから、やはり重要だったのは・・・

kashou_200904.jpg

「花椒」なのです。これを使うと使わないとでは、ほんと、全然違う。

というわけで、我が家の麻婆豆腐はピー県豆板醤・炒醤・中華風ラー油・
花椒によって大きく前に前進したのであります。

***

ところで、「花椒」って、日本語の音では「かしょう」と読むのだが、
妻が高畠華宵を知らなかったのには驚いてしまった。
え”?華宵って有名じゃないの?

知らないというのでネット検索で華宵の作品を見せたのだが、
病的とかさんざんな言われようでしたわ。

俺、好きなんだがなぁ。『馬賊の唄』とか、かっこいいでしょ?
関連記事

テーマ : +おうちでごはん+
ジャンル : グルメ

タケノコ

久しぶりに『村の駅』に行くとタケノコが出ていた。
朝堀のタケノコで、なるほど切り口はツヤツヤでしっとり。
この春はまだタケノコを料理していないので買って帰る。

takenoko_200904_01.jpg

1kgの大きさだが400円!

takenoko_200904_02.jpg

切り口も白くて濡れているので、いいんじゃないですか?

ところが、ここで重要なことを思い出したのだった。
糠がねぇっ!!!

タケノコは米ぬか汁で茹でるのが教科書的方法で、だから
タケノコと糠は一緒に売られていたり、ご自由にお持ち帰り
下さいとか、まぁ、米ぬかを別売にしている様なセコイ!!
糠くらいタダで配れや!と言いたくなるようなところもあるが、
まぁ、なんしか、タケノコと米ぬかはワンセットなのだが、
このタケノコの付近に米ぬかがあったかどうかは、さぁ?

が、朝堀の新鮮なものなら米ぬかは要らないという主張もあり、
それどころか、米ぬか・鷹の爪には科学的根拠はないという
主張もあるみたいだし、じゃぁ、まぁ、これは教科書的手法
から離れて、いっちょ水だけで茹でてみるかとゆーことにした。

takenoko_200904_03.jpg

それに掘ったばかりのを皮のまま直火に放り込んで蒸し焼きにするという
料理もあるし、あれってあく抜きはしていないので、ま、いいんじゃない?

で、茹であがり。

takenoko_200904_04.jpg

をををを~ゆで汁が茶色い。

で、とりあえず、作った二品。

1. 若竹汁

takenoko_200904_shiru.jpg

穂先の方の柔らかいところとワカメの吸い物ですな。
タケノコは出汁で薄味に炊いておき、ワカメも別に
薄味で炊いておき、両者をお椀に入れたら、吸い地を
そそいで完成。簡単。

ん~アクはどうかなぁ~っと・・・
妻はちょっとえぐみがあると言ってたけど、そう?
確かにちょっとあるけど、糠使ってもこの程度は残る
気もするし、まぁ、けっきょく、よぉわからんね。


2. タケノコ御飯

takenoko_200904_gohan.jpg

下の方の固いところで作る。
僕はタケノコを細かく刻んで、御飯にまんべんなく混ざる
ようにします。予め出汁でやや強い目の味加減で炊いておき、
いったん冷ましてから、洗った米に注ぎ入れて炊きます。
米には2割程度の餅米を混ぜます。
炊き込み御飯の味加減って、けっこう難しいもので、完成後の
味がもの足りずにぼやけた味になってしまうこともありがち。
炊く前の汁の味って、それなりに強めでないとあかんのですなぁ。
これは美味く炊けた方でした。

にしても・・・
こういうのに木の芽があるとぐっ!と画像が引き締まるのですが、
わざわざ買いに行くものでもないでしょう。
まぁ、映像だけの問題ではなく、木の芽の香りのすがすがしさは、
いかにも春!!!いい香りです、山椒ってのは。

こういう時のために鉢植の山椒でもあれば・・・と、過去何回も
植木屋で鉢植えの山椒を買い求めているのですが、何故か毎回
枯らせています。なんか、ある時以降急激に活力がなくなり、
葉っぱを落として枯れてしまうんです。水も欠かさず与えているし、
日当たり、風通しもVIP待遇の筈なんですが、さて?
他所のお宅で鉢植えの山椒が青々と葉を茂らせているのを見かける
こともあり、いったい何がコツなのかさっぱりです。

が、まぁ、木の芽は必要なときに買うのがいいのかもしれません。
が、この辺のスーパーには売っていなくて、『食遊市場』まで
いかなければ手に入らないのです。5km先の。使える直通バスがない!
関連記事

テーマ : 野菜
ジャンル : グルメ

生シラスのペペロンチーノ

近所のスーパーに日常の買い物に行ったら生シラスがあった。
珍しく、沼津港産で冷凍履歴無しだったので、昼飯に食うかと
買って帰った。

namasirasu_20090416_01.jpg

が、うぅぅ~ん・・・これは僕の求める生シラスではないなぁ。

というわけで、飯を炊くのはやめにして、パスタにした。

って、ペペロンチーノに乗っけただけやけどね。
ペペロンチーノは色々と蘊蓄のうるさいパスタだそうで・・・
シンプル故に奥が深いとか、ま、如何にもなフレーズですが。
ま、ぼくにはどうでもいいです。

namasirasu_20090416_02.jpg

やっぱ、魚体がちょっとだれてるよね。
もっとピンピンでぷちぷちっとしてなくては・・・

生シラスのペペロンチーノというと、平塚市の『アクアフィオーレ』
で食ったのが素晴らしく美味かったので、もう一度食いたい。
それとあそこは、生ハムと生シラスを合わせたのも最強だった。
ペペロンチーノにも生ハムにも、やはり生シラスはピンピンしていて、
ああ、やはり生シラスはああでなくてはならない。

「生で食えるから生シラス・・・」レベルのものを食うよりも、
釜揚げシラスを食ってる方が美味しいと、僕は確信しています。
が!釜揚げシラスにも、時々不味いものがありまして・・・
ま、精進するしかないようです。
関連記事

フレンチトースト

frenchtoast_200904_00.jpg

これは、個人的にはかなり年季の入った料理、つーか、
これも「料理」なんだろうか?まぁ、なんしか小学生
時代から好きでよく作っている料理なんだが、でも、
長く作っていても、要するに、低レベルで固まるだけと
いうこともあり得るわけで、それでも、まぁ、なんと
いうか、焼き色さえ上手に付けばそれでオッケーという
ことにしてもいいよね?って、美味しそうな焼き色という
もの自体が、人によってそれぞれなんやけどね。

で、これってフランスパン、要するにバゲットやらバタール
の類で作ったのが本当は好きなんやけど、今回は食パンで。

我が家では食パンは『アップワン』ってパン屋で切らない
ままで1本買いするので、結構厚めにきって、更に4等分。

玉子1個・牛乳200cc・砂糖は味見をしながら適当、に一晩。

frenchtoast_200904_01.jpg

それをじわじわと、6面きっちり焼く。分厚く切るのはそのため。

frenchtoast_200904_02.jpg

自分で立つくらいの厚みが必要。

だいたい、20分くらいかける。性急に焼こうとすると、
表面だけ焦げて、中がまだ冷たいまま、とか、駄目ね。
だから、作るのは休日の朝が多い。前の晩から浸けておいて。
んで、最後にバターをじゅわぁ~と溶かして絡めて香り付け。

食うときに、バターとメープルシロップをかけると最強!

でも、フレンチトーストって、買うのは馬鹿馬鹿しくない?
関連記事

テーマ : 簡単レシピ
ジャンル : グルメ

すき焼きの後は

久しぶりにすき焼きを食った。

sukiyaki_200904_01.jpg

先月だったか、久しぶりに食った焼き肉では激しく後悔したので
今回は!

sukiyaki_200904_02.jpg

霜降り万歳!!!!

そうだよ!すき焼きはこうでなくてはいけない。
霜降りの肉に砂糖と醤油をたらして炒りつけるべし!!

あぁぁ~

sukiyaki_200904_03.jpg

ぎらぎらてらてら~脂が光るよぉ~きゃはっ!
やっぱ牛でも豚でもフォアグラでも、脂と甘味は仲良し!

魯山人風すきやきってあるみたいやけど、僕はこっちがええわ。
はぁ???
肉の持ち味を殺すぅ~???
お黙り!!!!!!!!!!!!!!!!!!
それは脳内補正ですよ、屹度。
ぼくわそざいのもちあじがどうたらこうたらというおはなしわきらいでち。
料理として美味しく別物になったら、それはそれで正しいのです。
霜降り牛肉と砂糖と醤油と玉子が渾然一体となった美味しさ。問答無用。

で、とりあえず、食いきれなくても全部炊いちゃって・・・

sukiyaki_200904_04.jpg

翌日は

sukiyaki_200904_05.jpg

すき焼きおじや!!!
なんか、これもまた、この問答無用感がいいのね。

やはり、濃いめ且つ甘い目がおいしい。
ちょっと冷めて、ふやけたくらいのところが最強。

尚、スキレットからテフロンに中身を移し替えて作ったの。
ちょっと飯が多かった。
関連記事

テーマ : +おうちでごはん+
ジャンル : グルメ

富士山羊羹

幼少時の記憶が不意に思い出されることってありますね。

と!ゆー訳で!!

fujisanyoukan_200904_01.jpg

富士山羊羹であります。

いつのことか忘れた。たぶん小学生時代、それも低学年。
ということは30数年前のことだが、一度だけ富士山羊羹を
家で見たことがあった。
「見た」記憶はあるのだが「食べた」記憶はない。
そして見た記憶自体も、ずっとずっと忘れ去られていたのだが、
縁あって三島に越してきて、新幹線の土産物コーナーで見て、
富士山羊羹のことを一気に思い出してしまったのだった。

でも、富士山羊羹って、結構色んなメーカーから出ていて、
僕が幼少時に見たものがどこの富士山羊羹だったのかは、
今となっては知る由もない。だから、まぁ、どこのでも一度
買って食ってしまえば、この心の奥底に開いた小穴を埋める
ことが出来そうな気もするのだったが、三島駅で見たのは
高くはないんだが、安くもない微妙な値段で。
それに、僕もそれなりに色々と食ってきているので、
なんとなく、味が見えているような気がしたんですよねぇ。

で、今までうだうだと手を出さずにいたのだった。

それが先日、韮山反射炉のところにある観光土産屋で見た
富士山羊羹は500円台で、これはもう買わなあかんでしょう!
つーか、買えよ!ってケツをぶったたかれた気がしたので、
妻が他所へいってる間に速攻ゲット!!
だって、妻が見たら「やめとき!」とか言うに決まってるし。
リュックの奥にしまって、持って帰ればもうこっちのもんや!!

さて、買って帰った富士山羊羹は沼津の「ほさか」って製造者
のもの。ここって「栗せん」というせんべいが有名で、僕は
それが好きで徳用のをたまに買ってくる。茶に合うんだ。

で、包装を開けると・・・

fujisanyoukan_200904_02.jpg

ほぉぉぉ~結構渋いな。

で、蓋を開けると・・・

fujisanyoukan_200904_03.jpg

これだぁ~富士山羊羹!!
夢にまで見た富士山羊羹!!!
って、長い間忘れていたのですが、まぁ、なんしか富士山羊羹。
このツートンカラーがええんです。ぐっと来るね!

fujisanyoukan_200904_04.jpg

ん~せやかて宝永火口があらへんやんか・・・

で、食った感想はというと、ん~普通に安い羊羹の味やね~
でも安い羊羹の中では、ここのこれはおいしい部類やねぇ~
って感じで、ふぅ~やれやれ・・・

ということで、心の穴は埋まった、のか?

さぁ????不明。
関連記事

テーマ : 和菓子
ジャンル : グルメ

大美伊豆牧場

ちょっと前の話だけど、いいよね。

なぜか今回の冬は山歩きに全然行けませんでした。
天気が悪かったり、風邪をひいていたり、色々あって。
伊豆の山歩きなら、僕達は冬を好みます。
汗もあまりかかないし、虫もいないし、草も少ないし。
空気が澄んでいて遠望が出来る。富士山最強です。
そして、何よりも人が少ない!これ、最高!!!

でも、さすがにどこかへ歩きに行きたかったので、
リハビリ的意味も込めて、伊豆長岡の山の中へ。
大美伊豆牧場までソフトクリームを食いに行こう!!
という計画で出発したのでありました。

三島から伊豆箱根鉄道を使って伊豆長岡駅へ。
駅からは徒歩で約90分の道のりとなります。

途中で昼飯を食っていこうということで、『華々』という
中華料理屋へ。
そこは中華一般何でもやっている大衆的な中華料理屋さん。
何回か行ってますが、いつでも地モティで賑わっています。
まぁ、何を頼んでも無難においしいので安心なのですが、
我々は特に

hanahana_200904_01.jpg

エビマヨが好きですねぇ。これは毎回リピート中。
ちょっとカレーっぽいスパイスが香ってうまいです。

昼飯の後は「韮山反射炉」に。幕末の製鉄遺跡ですな。
僕達はまだ行ったことがないので、この機会に行って
おこうと。でも、「韮山」反射炉なのに、駅は伊豆長岡
なんやね。韮山駅ではなくって。

hansyaro_200904_01.jpg

で、反射炉の下には観光バスも来るような大きな土産物
屋があって、なにやら色々売っている。

反射炉の敷地内に入るには100円必要ですが、外からでも
反射炉は見えます。

hansyaro_200904_02.jpg

丁度桜がいっぱい。

で、後はひたすら、牧場を目指して・・・

全行程、アスファルト舗装の道なので大したことはない
のですが、まぁ、ひたすらだらだらと登りが続くのが、
ちょっとだるいですがね。

oomiizubokujo_200904_01.jpg

道の両側には山桜の木が並んでいて、こちらも花を
つけていました。里の桜のような派手さはないのですが、
ん~、寧ろ山桜の方が清々しくて好きかな?と。

oomiizubokujo_200904_02.jpg

だいたい1時間弱で蕎麦屋『三つ割菊』の前に到達。

mitsuwarikiku_200904_01.jpg

ですが、今回は妻が一緒なので入りません。
なんせ、ほんまに蕎麦しかないんですから、妻の食える
ものがありません。

「あんたこんなことまで歩いて来てるん?暇人やね!」

といわれました。

ここまで来ると登りはほぼ終了~
登り切ったら右へ。

oomiizubokujo_200904_03.jpg

で、「女塚」という史跡のところを左折して坂を下りると

oomiizubokujo_200904_04.jpg

『大美伊豆牧場』に到着。

早速、ソフトクリームを。

oomiizubokujo_200904_05.jpg

んん!!!まぁぁぁ~いい!!!
牛乳感がとても濃厚なソフトです。食べる牛乳って感じで、
正に「牧場のソフトクリーム」に期待するところのもの。

俺、2本食いました。

「オラッチェ」のもこんな感じね。
「いでぼく」にも行ってみたいです。

でも、はぁ~・・・
食べたら今度は歩いてまた駅まで~物好きだぁ~

でも、ここのソフトクリームは、実は牧場まで行かなくても
伊豆箱根鉄道・伊豆仁田駅、駅前の『カンパナッチョ』って
ところで直売しているんですよね。だから、ソフトが食いたい
だけなら、そちらに行くのがかしこいでしょう。
山の上まで行って閉まってたらひさぁぁぁ~ん!!ですから。
まぁ、詳細は各自ネット検索をどうぞ。

帰り道。
駅まの途中で雨に降られてしまいました。
まぁ、気楽な軽ハイキングでした。
関連記事

テーマ : ご当地グルメ
ジャンル : グルメ

天然ホタテの焼いたん

スーパーに大きな天然ホタテがあったので、買いました。

hotate_200904_01.jpg

春先にはスーパーでも大きな天然ホタテを見かける
ことがありますよね。だいたい、1個300円前後で。
まぁ、それなりに結構なお値段ではあります。
でも、季節のものだからいいよね~

うちではふたりとも、ホタテの茶色というか、深緑っ
ぽい肝を食べるのを好まないので、とっちゃいます。
当然、エラも取る。

hotate_200904_02.jpg

で、こういうものは変なことをしないで、シンプルに
食うに限るというわけで、焼きました。
生で食ってもいいのですが、貝や甲殻類はちょっとだけ
火を通してやった方が美味いと思っています。

捌いたホタテは貝柱とひもと生殖巣とで、好みの火の
通し方が違うので、時間差攻撃で焼きます。
ヒモはしっかり焼いた方が好きなので最初に入れる。
ヒモに火が入った段階で生殖巣を入れて、片面を充分に
焼いて裏返したところで貝柱を入れる。
片面からだけしっかり焼いていき、ぎゅ~んと反ってきて
火に当てていない面が白くなってきたら

hotate_200904_03.jpg

ひっくり返し、そこにバターを入れて強火にして、
バターがじゃぁ~っと溶けたらジャンジャンジャンと
フライパンをあおって完成。

hotate_200904_00.jpg

そんな感じで焼いている。

んで、フライパンに残った油で~

hotate_200904_04.jpg

ちょっとだけ焼きめし、というかバターライスというか。

hotate_200904_00_02.jpg

バター+炭水化物=最強

ところで、ホタテの殻の蝶番のところって・・・

hotate_200904_05.jpg

いっつも思うんだが、いやぁ、まじ、ほんと、ゴムっぽい。
なんだかとっても不思議。

関連記事

テーマ : 食材
ジャンル : グルメ

甘口ワイン

ところで、冷蔵庫も買い換えたので、野菜室の奥に放り込んであった
ワインを整理したら、意外にも色々とあったのでびっくりしました。
こんなのが出てきました。
僕は永遠にワイン初心者なので、全部甘口ワインです。

sweetwine_200904_G01.jpg

ドイツの甘口が特に好きなので、こういうのを買ってしまうのですが、
飲んだら無くなるのでなかなか飲めません。前のワインブームの頃に
読んだ漫画で、その中に出てきたワインコレクターが言っていた
「君はペットの金魚が可愛いかったら、それを食べるのか?」という
趣旨の台詞を思い出してしまいました。

sweetwine_200904_G02.jpg

うぅぅ~ん!黒鷲!!いいですねぇ~っ!
ショッカーみたいでカッコよろしす!!!!

このルーレンダーのTBAなんか、間違いなく美味いと思います。
やっぱ、ドイツ甘口はリースリングとルーレンダーですな。
シュペートブルグンダーのアウスレーゼも気になります。
でも、飲んだら無くなるので、
しかも追加で買えるかどうか不明なので飲めません!
(今、不慮の事故で死んだりしたら、きっと僕は化けて出ます。)

イタリアの甘いのも好きで~す!

sweetwine_200904_I01.jpg

パッシートとか。

sweetwine_200904_I02.jpg

この、ANSELMI の I CAPITELLI は間違いなく美味いです。
なんせ、これで4本目。
(このころは、まだ「レチョート・ディ・ソアーヴェ」ですな。)

ところで、普通の冷蔵庫・野菜室でのワインの保管に関しては、
マニアの間で色んな議論があるようですが、僕はマニアではないので、
そんなのどうでもいいです。よく言われる「野菜の臭いが移る」とかの
障害を感じたことはありませんし、実家の冷蔵庫の野菜室に5年以上も
放り込んであったブル赤とかドイツ白でも、問題なかったです。
(あはは!!味音痴でよかったぁ~っ!)
でも『リアルワインガイド』という情報誌でも、普通の冷蔵庫での保管は、
特に問題なしという結論だった筈ですし、ね。
まぁ、あの記事も、数年、十数年もの間の変化をトレースした訳では
なかったようですが。
ま、少なくとも、室温で夏を越させるくらいなら、冷蔵庫に放り込んで
おく方がはるかにマシでしょう。これに異論はないと思われます。
まぁ、極甘口なんか、マディラ化しても、それなりに美味いですが。

でも、まぁ、あんまり突っ込まんといてください。
僕のワインへの思い入れはこの程度のもんですので。
ワイン談義のお相手はできません。

ああっ!

ワインをフツーの冷蔵庫に保管する最大の問題点を思い付きました!!!

実家の冷蔵庫に入れていたMSRの黒鷲のRieslingの1983er TBA!!!!
母親に飲まれてしまいました!!!!!!!!!!!!!!!!!
飲んでもいいよと言っておいたワインもあったのですが、ワインに興味の
無い母にはどれも似たようなものなのでしょう。
でも、感想が「めちゃくちゃ甘かったで」
って・・・それだけかぁぁぃ!!!!?????

ま、しゃぁないんやけどね。
関連記事

テーマ : ワイン
ジャンル : グルメ

ローストチキン

roastedchicken_00.jpg

今まで使っていたオーブントースターレンジがぶっ壊れた。
電子レンジ機能は使えるようなのだが、トースターとオーブン
機能が使い物にならなくなったのだ。温度が全然上がらん・・・

ので、新しいのを購入する必要性が生じて情報収集に当たると、
ん~トースター付きのオーブンレンジって、あんまりないのね~
意外なことに、高機能の上位機種に限ってトースター機能が
付いていなかったり、貧弱だったりするのね~
それに、使っていたオーブントースターレンジは、トーストを
焼くのに時間がかかっていたし、それだけ余計に電気代を食って
いたということなので、だったら場所は取るけどトースターは
別に購入しようということになった。その方がオーブンレンジの
選択肢も増えるし。

というわけで、妻との協議を経て、って、殆ど僕の独断ですが、
新しく買ったのが日立のMRO-DV100って機種。ヘルシオ以降、
流行りの高温水蒸気加熱が出来る機種です。
ネット通販で5年間保証つけて、送料・税込で41,300円で買った。
注文して翌日に到来!

oven_200904_01.jpg

で、買う前に価格.comで最低価格を調べたんだが、なんか、もう、
量販店の値段と1万円以上違うし、はなしにならんね。

で、冷蔵庫(←これも、この機に新調~)の上に設置したら・・・

oven_200904_02.jpg

あかぁぁぁ~ん・・・逃げはりますぅ~
見上げる高さや~中が見えへん~
って、まぁ、椅子の上に乗るだけですが・・・

で、早速何か作ってみようというわけで、新しいオーブンの
使い初めに最も相応しい料理は何かと考えて、思いついたのが
ローストチキン!!!性能チェックも出来るでしょー

というわけで、丸鶏買ってきて~

roastedchicken_1.jpg

4%の塩水に10時間浸して~

roastedchicken_2.jpg

皮を綴じて

roastedchicken_3.jpg

焼いてみました~

尚、詰め物なし、下に敷く野菜無しです。
写真の様に、パイレックスのパイ皿に入れて焼いてます。

説明書の指示通りに加熱したのですが、火の入り方を観察して
いると、やはり奥の方が若干強めに感じたので、途中で3回
パイ皿を回して鶏の方向をチェンジしました。

完成~

roastedchicken_4.jpg

おぉぉぉぉぉ~

素晴らしぃじゃないですか!!
基本的に僕は嫌いな皮も香ばしく美味しそうに焼けております。


以下、写真はないのですが、素晴らしい焼け具合でした。
でも、4%食塩水10時間は、ちょっと濃かったみたいです。
次回は塩分濃度を2%にしてみます。

ローストチキンに合わせて、久しぶりにドイツワインを開けました。

roastedchicken_wine_00.jpg

Dr.THANISCH の 1997er Bernkasteler Badstube Riesling Spaetlese

ちょっとフレッシュさは無かったのですが、落ち着いた良い味でした。

さて、新しいオーブンレンジ、初期不良もなく順調に働いています。
なんか、もう、これで、あんなものやこんなものやそんなものまで
作れそうなので、ちょっとわくわくしています。
最近、blogのネタが地味になっていたので、ここらでひとつ、
ぱぁぁ~っと!派手な料理に挑戦して華々しく散ってみせましょうか!!

散ってどうすんねん???
関連記事

テーマ : 調理器具・調理小物
ジャンル : グルメ

小松菜の薹の腐乳炒め

炊いて食うばかりが薹の食い方じゃない!

という訳で、今年から作り始めた炒め物。

komatsna_tou_funyuu_00.jpg

炒め物には小松菜の薹がいちばん合うように思う、
いまのところ。

で、塩加減したお湯で下茹でしてから炒めるのだが、

komatsna_tou_funyuu_01.jpg

先の部分と下の部分とで太さが違う、ということは
火の入り方も違うので、

komatsna_tou_funyuu_02.jpg

時間差で鍋に投入するべくこんな風に切り分けておく。

ニンニクは刻む。白腐乳は紹興酒と味醂少々で溶いておく。

沸き立つお湯を塩加減したら、小松菜の薹の下の方を先に
入れて、だいたい30秒位で穂先の方をいれて30秒くらい。
トータルで1分程度。

ざるにあけて湯を切ったら、隣の火口で熱くなっている
筈の中華鍋にピーナツ油を入れて刻んだニンニクを投入。
香りが出て焦げない程度に火が通ったら小松菜の薹を入れて、
じゃかじゃかじゃか!と油をまとわらせたら、紹興酒と味醂で
溶いておいた白腐乳を鍋と薹の境界線のところから
じゃぁ~っと入れて、じゃかじゃかじゃか!と混ぜて完成。

そんな感じ!
関連記事

テーマ : 野菜
ジャンル : グルメ

皮蛋粥(ピータンのおかゆ)

ピータンのおかゆを初めて食べたのは、たぶん一昨年の帰省中のこと。
大阪心斎橋そごうにあった『老香港酒家』の飲茶バイキングで。
そこの飲茶バイキングはワゴンサービスで、回ってきたワゴンから
好きなものを欲しいだけ何皿でも・・・という感じ。

その中に皮蛋粥があった。
見た目、色がちょっと灰色っぽくて、ちらちらと琥珀色で透明な
皮蛋の白身部分が見える。へー皮蛋のおかゆ。生まれて初めて!っと
口に入れると、何とも言えない、独特の風味がむわぁ~んと広がって、
うまぁぁぁ~っ!!!!!クセがあるのが癖になるって感じ。

店によっては、唯の白粥に皮蛋をトッピングして皮蛋粥でござい
ってとこもあるそうですが、もうこの味を知ってしまったら、
皮蛋粥はこうでなくては許せなくなります。

んで、例によって、もっと食いたい・家でも食いたいとなったのだが、
何故かそのときはそのままになってしまっていた。
が、その後、手持ちの料理書をパラパラと適当に眺めていたとき、
『香港粉麺飯』(謝華顕 著 柴田書店)に、なんと皮蛋粥が載って
いるじゃない!しかも、皮蛋を練り込んで炊く方式じゃない!
素晴らしいじゃない!!
と、早速作ったかといえばそうではなかったのだった。

それは確か丁度中国食材が微妙な時期で、ちょっとアレだったので・・・
だって、皮蛋なんて、なんか、どうなってるの?あれ??って感じ。

でも、まぁ、騒ぎも収まり、まぁ、ええんとちゃうん?って感じに
なったので、ようやく作ってみたという訳。

さて、レシピですが、前掲書のまんまなので省略。
そんな、他人様の、しかも料理書のレシピなんかそのままでblogに
載せれる訳ないやないですか。

んで、そのレシピは、塩漬けの豚モモ肉を使うんやけど、
なるほど、だから「皮蛋鹹痩肉粥」というのね。
だから、豚モモのブロック買ってきて、塩漬けにしておいた。

peetang_kayu_01.jpg

塩気はかなりきつめで、下茹でしたのを刻んで使う。

んで、やっぱ、ちょっと衝撃的なのは、皮蛋を

peetang_kayu_02.jpg

こうやって

peetang_kayu_03.jpg


生米に練り込んだのを炊くってことではないでしょうか。
米の色は緑になるし、ちょっとこれはインパクトあります。

でも、出来あがった皮蛋粥は

peetang_kayu_00.jpg

うまぁぁぁぁ~っ!!!いです。美味しい。
正にあの味です。素晴らしいです。

トッピングなんて飾りです。

peetang_kayu_00_02.jpg

えらいひとにはそれがわからんのですよ

でも、たくさん食べるもんじゃないね。
1杯目でしびれまくった皮蛋の風味も、その感動はやがて鈍磨し、
三杯目になったら、もう、おなかいっぱい・・・


***

ところで『老香港酒家(OLD HONGKONG RESTAURANT)』というのは、
神戸の北野に本店のあった中華の名店で、「あった」というのは
もう閉店してしまったから・・・

去年の夏の帰省時に、久しぶりに心斎橋そごうの飲茶バイキングに
寄ってから帰ろうかと妻と意気投合し、新幹線の中から予約せむと
思ったらつながらない!
で、ケータイからネット検索をかけて調べたら、な!なんと!!
そごうの店が無くなっているじゃない!!!
なんで???あんなに流行ってたじゃないってばよ!!!

でも、その時は京都の烏丸に出店が出来ていることを知り、予定
変更できて助かりましたが。
京都の『老香港酒家』の飲茶バイキングも、とてもお得で美味しい
ものでした。次の帰省時には、屹度再訪するでしょう。
経営者が代わってごたごたしてたらしいけど、ね。
行ってみなわからんことやし。

でも、まさか北野の本店が無くなるなんて、ねぇ?
閉めたのは去年のことらしいですが、残念です。
上海蟹とアコウ(キジハタ)の蒸し物の特注コースが忘れられません。
季節柄、上海蟹のコースをすすめられたのですが、でもアコウの
蒸し物も食いたい、両方食いたい!というと、「かしこまりました」と、
両方入れて即時にコースを組んでくれたのでした。御代もお得にして。
そういう食い意地に対する臨機応変の対応にしびれ、上海蟹にしびれた。
アコウも美味くてねぇ。残り汁を麺に絡めて食わせてくれたの。最強!
そんなこんなで、我々の間では不動の要再訪店にリストアップされて
いたのですが、いやはや、ほんとに残念。惜しいです。
関連記事

テーマ : 作ってみた
ジャンル : グルメ

プロフィール

政

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク