おしらせ

帰省します。

更新再開は、新年第2週末頃からの予定です。

それではみなさま、良いお年をお迎え下さい。
スポンサーサイト

パローレ旋風!!

非料理ネタの連発ですが、
先日、CATVで"KILLBILL"を観て以来、
我が家では「パローレ旋風」が吹き荒れています。

「パローレ」というのは、言うまでもなく、
70年代にヒットしたフレンチポップだが、
ま、原題は"PALORES PALORES" なのだが、
どうして映画『キルビル』からパローレなのか?

キルビルの終わりに梶芽衣子の『恨み節』が流れていた。
梶芽衣子といえば『女囚さそり701号』である。梶芽衣子は
僕よりも一回り上の世代のアイドルだが、20代の頃にTVの
深夜映画で『女囚さそり』シリーズを観て以来、もうすっかり
僕はさそりの虜になってしまった。
で、『女囚さそり』シリーズの中に、田村正和と細川俊之が
競演している問題作があり、細川俊之といえば『むしまるQ』
だよな、聞きたいなぁ~ネットに転がってへんかなぁ~と
探していたら、発見してしまったのが"PALORESPALORES"の
日本語ヴァージョンの『あまい囁き』で、歌は中村晃子なんだが
ささやきが細川俊之!!

ヤバイです。ほんとアブナイです。強烈すぎます。
妻もきゃぁきゃぁ言ってます

以来、我が家ではパローレ旋風が吹き荒れているのです。

さて、"PALORES PALORES" にはイタリアのMINAとフランスの
DALIDAと、そして日本語のがあるが、女声ヴォーカルの好み
からはダリダが最強ですな。
でも、男の絡み具合から総合的にはイタリア語のやつ。
アランドロンの声は流れてしまう。
日本語版の中村晃子は若すぎますな。
MINA、DALIDAとは貫禄が違いすぎる。
でも、細川俊之は神です。異次元の存在。

で、たぶん子供時代の記憶の奥底にこびりついていたのは
ダリダ&アランドロンのフランス語版だろう。
ヒットしていたのは知っていたようだが、日本語版の存在は
知らなかった。ま、子供でしたからね。
誰か日本語版で新録音をする歌手はいないのか?
若いのは不可。女も男も40代がええな。


それにしても、今やネットには、たぶん10年前には欲しくても
入手困難・不可能な音楽・映像が溢れているのには驚いた。
存在すら知ることが出来なかったであろう映像の数々。
一時期はまっていた Mylene FARMER やJEANNE MAS なんかは
フランスのvarieteだからあっても不思議ではないが、トルコの
YONCA EVCIMIK や NAZAN ONCEL が動いているし、アゼルバイ
ジャン出身のジャズピアニスト AZIZA の映像もあったし・・・
なんか凄いことになっている。
以前は輸入CD屋にあるかないか?だけが全てだったのが、
いまや何でもかんでもネット検索でイッパツ。
検索言語を英語にしたら更に情報は拡大し、つーか、ネットの
公用語は英語なんだから、今の時代、英語に堪能でないことは
確実に人生を損しているという他はないなと、猛省する。

かなり長い間、もう音楽はグールドのバッハだけでいいやと
確信していたのですが、ちょっと蘇ってしまいそうです。

映画なんかでも、Eric ROHMER のDVDがぼこぼこ出ているのね。
仏語を勉強し直そうかいな?

なんか一気に回春してしまいそうです。

家庭料理に関する僕の考え

当ブログは
「箱根西麓に妻とふたりで住んでいる関西人の専業主夫の料理日記」
です。

家庭料理のレシピがメインコンテンツなので、
僕の家庭料理に関する考えを述べます。

基本的には、家庭の料理だからといって
簡単である必要もお手軽である必要もない
と僕は考えます。
手間がかかろうとも、特殊な食材が必要でも、
作ってみたいから作る。食いたいから作る。
訓練する。工夫する。調べる。考察する。
それだけのことでしょう。
故に食材、調理器具、技法等の観点から、
一般的には専門料理と思われてることでも、
自分が可能と思うなら手を出します。
だから、鱧の骨切りも自分でします。

家庭料理でも、
工夫も苦労も失敗もせずにぱっと出来ることを願うのは
アマイでしょう。 

家庭料理だからといって、
原則的には手を抜くことはしたくありません。
「手間はかかるが美味い」方法を可能な限り採用したい。
なにしろ家庭料理では手間暇に原価は発生しないのだから。
(余談だが、よく「旅とグルメ系」のTV番組で
「手間暇を惜しまず・・・」とか言うが、
そんなことをウリにするのは止めて貰いたいものだ。
それなりのお代を取っている筈なのだから。
そもそも、家庭では出来ないような手間暇をかけてこその
料理屋ではないか。
アタリマエをウリにして欲しくないと言うことなのである。)

和食にはインスタント出汁の類を使うことはありえません。
だって、美味しくないから。
出汁はその都度とります。
昆布と鰹節、混合削り節、鰯節、煮干し、材料は色々。
妻の弁当の出汁巻きやお浸しを作る場合でも、
朝からそのようにします。
だって、その方が美味しいから。
こんなことは、慣れれば大したことではありません。

僕は基本的に材料や調味料の計量はしません。
故に当ブログにおけるレシピでも量は明示出来ません。
その点からいえば、
当ブログは役立たずの「料理・レシピブログ」です。

しかし、料理のお加減は味見をしながらすればいいので、
何の問題もありません。
和食の汁物・煮物では「お加減体得主義」が重要だと思います。
自分と、その料理を食べてくれる身内が美味いと思うお加減に
すればいいだけのこと。

いつもの鍋で
いつものコンロで
いつもの調味料で
味見をしながら
自分が作る。

何度も作っていれば自ずと適当なお加減を感得できます。
難しいことではありますまい。

僕は「教科書料理」が好きです。
作るのも、店で食べるのも、
「料理の教科書に載っているような基本的な料理」
が好きなのです。
だから昔から作り続けられている「教科書料理」を
上手に美味しく作れるようになることが僕の望みです。

僕は盛りつけが苦手です。
だから料理の写真はど!アップで誤魔化しています。

等々・・・

とまぁ、なんだか気取ったことを色々書いていますが、
今のところはこんなことを思い乍ら、毎日の料理を作っています。

定期巡回していただいている皆様、
一見さんの皆様、
これからもどうぞよろしくお願いします。

当ブログは専業主夫にとっては社会へのささやかな窓であります。




ブログのタイトルを変更しました

ブログのタイトル『西伊豆の関西人』を
『伊豆の関西人』に変更しました。

開設当時は、当地が「伊豆」であるのはいいとして、
東か西かと問われれば西だし、
とはいえ中伊豆と言えば少なくとも修善寺以南のようなイメージもあるし・・
ということで『西伊豆の関西人』としたのでした。
しかし、「西伊豆」といえば「海」というイメージが強く、
当地で『西伊豆の関西人』というのはやはり・・・
と違和感が累積していきました。
 
ということで『伊豆の関西人』にしました。

副題に『割烹 政』とつけました。

ブログ開設当初は、
   関西人から見た当地の生活
を総合的に記述していくつもりだったのですが、
気がつけばメインコンテンツは
所謂「料理・レシピブログ」になっていました。
ならばいっそのこと料理ブログっぽいタイトルにしようと
サブタイトルとして『割烹 政』を付けました。
これはコメントを戴く常連さんとのやりとりで
戯れに使っていた名称です。
『伊豆の関西人』を残したのは、
とてもその響きに愛着があるからです。

大袈裟にも「割烹」とつけたのは、
大好きな関西料理、割烹料理屋への憧れ故です。
我が家の台所で関西の割烹のような料理を作れるように
日々精進したいと思っています。
プロフィール

政

Author:政
アラフィフ主夫

最近のコメント
一応参加中


カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク